クスリのアオキを辞めたい薬剤師の方へ|みんなの悩みと解決策

クスリのアオキを辞めたい薬剤師 薬剤師

クスリのアオキを辞めたい

薬剤師から転職する場合、何をすればいいの?

このような悩みを持っていませんか?

今回の記事では、クスリのアオキを辞めたいと考えている薬剤師の方に向け、実際のお悩みや解決方法をご紹介します。

お仕事で悩んでいる方の助けになると思うので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

クスリのアオキを辞めたい薬剤師の理由を徹底調査!

クスリのアオキを辞めたい薬剤師の理由を徹底調査!

クスリのアオキを辞めたいと感じている薬剤師の理由をご紹介します。

インターネットを用いて、働いている方の退職理由をリサーチしました。

ご自身にも当てはまる理由はあるでしょうか。

異動が多い

「1ヶ月で異動となる人も多くいる」

「新店舗が増えているため、それに伴い、異動する人も多くなってしまう」

クスリのアオキは8月1日に新たに7つの薬局が新規開局をしています。

7月1日、6月1日にも5つの薬局が新規開局と公式HPに記載がありました。

このように、どんどん新局ができるため、異動せざるをえない薬剤師さんがいるということですよね

地域にもよるのかもしれませんが、1年で異動するのは早いような気がします。

住居の関係もあるため、異動が多いと退職を考える理由になってしまいますよね

人手が足りていない

「休日出勤や残業がある」

「休みが少なく、疲れが取れない」

先ほどの、新規開局が多いことと関連していそうですね。

採用される人の数と、新局の数が比例していなければ、人手不足はより深刻化するでしょう。

給与はいいようですが、その分働いていると生活の充実感とは結びつきにくいです。

上司との関係性

「利益に重きを置く方針と、患者様のことを1番に考えたい自分の考え方が合わない」

もちろん、利益の追及も大切な観点ではありますが、あまりにも業務における方向性が違いすぎると、職場内の人間関係が悪くなってしまう要因ともなります

人間関係が悪いところで働き続けたい人はいないと思うので、退職の理由としては当然でしょう。

クスリのアオキを辞めたい薬剤師の対策は?

クスリのアオキを辞めたい薬剤師の対策は?

ここからは、クスリのアオキを辞めたいと感じている薬剤師の方に向け、具体的な解決策をご提示いたします。

お悩みの方は、以下のことを行ってみてください。

休職する

一度、休んでみてはいかがでしょうか。

仕事が続き、休日出勤や残業もあるという環境の中では、体も心も休まりません。

辞めたい・辛いと思うほど精神が疲れているのであれば、何もしなくていい日を設けてみましょう

心身ともに疲弊している状態では、良いイメージが湧きにくいと思います。

転職するにしても、まずは心と体が健全な状態でなければ、自身にとって最適な方法を探すことは難しいでしょう。

そのため、一度休暇を取り、心と体を休めてください

どうしても辛いのであれば、一度休職してみるのも選択肢です。無理をせず、ご自身のことを最優先に考えてください。

また、派遣社員やパートとして限られた時間で働いてみるのも選択肢です。

紙とペンを使い辞めたい理由を書き出す

辞めたい理由を紙に書き出してみるのも良い方法です。

殴り書きでもいいので、思いつくままに辞めたい理由を紙に書いてみましょう。

例えば、

  • 上司とコミュニケーションを円滑に取れず辛い
  • 仕事と休日のバランスが悪い
  • 残業が多すぎる
  • まだ1年しか経っていないのに、異動になりそう

という風に、今の悩みを箇条書きで、ご自身の言葉で書き出してみましょう。

可視化することで、より客観的に現状を把握できます。

今後の対策を考える上でも、何に悩んでいるのかを把握しておくことは重要です。

また、書くことによって心が落ち着くという方もいらっしゃると思います。

転職活動をする際に、書き出した問題点を解決できるような職場選びができれば、今より快適な環境で働くことができるでしょう

頼れる人に相談する

自分1人で解決できそうにない問題を抱えている方もいるでしょう。そんな時は誰かに相談するという選択肢もあります。

職場の人間関係や、日々のシフト、業務について悩んでいるのであれば、自分1人の力ではどうすることもできない場合もあります。

信頼できる、頼れる人が周りにいれば、相談してみてください。

思いがけないアドバイスや、手助けが受けられるかもしれません。

上司に相談できると良いのですが、上司との関係性そのものに悩んでいる方は、ご自身が頼れる人に相談してみてください

相談しても、現在の職場がご自身の望む方向へ改善されない場合もあるでしょう。

そんな時は、転職も視野に入れることをおすすめします。

求人をリサーチする

今すぐにでも転職を望んでいるわけではないという方にも、求人のリサーチはおすすめです。

求人情報に目を通しておくことで、次のようなことが分かるでしょう。

  • 働ける場所は他にもある
  • 好条件の職場
  • 自分の市場価値

すぐに転職しないとしても、求人情報をチェックしておくことは大きな意味を持ちます。

また、他にも働き口があると知ることで気持ちも楽になります。

気軽に求人情報をリサーチしてみてはいかがでしょうか。

 次に解説する薬剤師の転職サービスは無料で利用できるため、まずは登録して確認してみましょう。

▶︎派遣から正社員まで求人が充実!転職サービス【ファルマスタッフ】で求人チェックしてみる

薬剤師専門のコンサルタントに相談する

今の仕事が辛いと感じているのならば、薬剤師専門のコンサルタントに相談してみましょう。

薬剤師に特化したサービスが、多く存在しています。

どのサービスについても無料で利用できるため、まずは気軽に相談してみるのがおすすめです。

コンサルタントに相談することで、

  • 今の悩みを聞いてもらうことができる(無料)
  • 薬剤師の転職に詳しい、専門家の意見を聞くことができる
  • 悩みを話すことで精神的に落ち着く

といったメリットがあります。気軽に相談してみると、何かのきっかけになるかもしれませんよ。

現状が辛い方に伝えたいこと

現状が辛い方に伝えたいこと

現在の職場で辛いと感じている薬剤師さんに向け、お伝えしたいことがあります。

これまでの経験は無駄にならない

これまで、薬剤師として様々な経験を積んできたことと思います。

日々の業務に追われ、疲れ果てている方もいらっしゃるかもしれません。

心身ともに疲れていると、

  • 薬剤師なんてならなきゃよかった
  • 自分はなにもできない
  • 時間を無駄にした

などと、考えてしまうこともあるでしょう。

しかし、あなたがこれまで培ってきた経験やスキルは、決して無駄にはなりません

転職活動においても強みになりますし、何よりも努力したという事実が今後の人生を支えてくれるはずです。

悲観的に考えることはせず、これまで頑張ってきた自分を褒めましょう。

働ける場所はたくさんある

仕事に悩んでいると、

  • 今の職場でうまくいかないから、他でも同じことが起きる
  • 今の環境でしっかりと結果を出さないと
  • とりあえずあと3年は頑張ろう・・・

と、とにかく我慢して、努力を続けようと思ってしまいがちです。

しかし、悩みの原因は努力不足ではなく、環境のせいである場合が多くあります。

例えば、職場内に上手く関係性を築けない人がいたとしましょう。

その人が、明らかに他の人に迷惑をかけるような人であれば、自分がどう努力しようとも、その人とうまく関係を築くことは難しいです。

そのため、我慢し続けるような職場で努力するよりも、働きやすい職場に身を移した方がいいのです。

働ける場所はたくさんあるのだということを忘れないでください

転職先を探してみましょう

先ほどもお伝えしましたが、現状お仕事で悩んでいるのであれば、まずは転職先を探しておくのがおすすめです。

転職先を探しておくことは、やはり精神の安定に繋がります。

  • 今の職場以外でも、自分はやっていける
  • 他の環境と今の職場環境を比較できる

転職先を探すこと自体にメリットがあるため、まずは転職サービスに登録しておくのがおすすめです。

ただ、転職サイトにはいくつかデメリットもあるので、事前に以下の記事を参考にしてみてください

ストレスを感じやすい薬剤師の方へ

ストレスを感じやすい薬剤師の方へ

中には、「自分は他の人よりストレスを感じやすいのかもしれない」と感じている方もいらっしゃるかもしれません。

例えば、

  • 他人の評価をいつも気にしてしまう
  • 注意されるとしばらく気にしてしまう
  • 人から嫌われたくない
  • 些細な変化がストレスに感じる

これらが当てはまる場合、HSP気質があるかもしれません。

HSPの症状があると、働き方にも工夫が必要です。

上記の特徴に当てはまるものがあれば、以下の記事でHSPの薬剤師向けに対策をご紹介しています。参考にしてみてください。

まとめ

今回の記事では、クスリのアオキを辞めたい薬剤師の方に向け、具体的な解決策をご紹介しました。

  • 心と体を休める期間を設ける
  • 紙に辞めたい理由を書き出す
  • 転職先を探しておく
  • 薬剤師に特化したコンサルタントに相談する

対策は色々ありますので、取り組めそうなものから行ってみてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました