仕事を辞めたい新人の方へ。辞めたい理由や辞めるメリットデメリット

新人 仕事辞めたい 辞めたい

新人だけど仕事を辞めたい。

そのように考える方は 意外と多いです。

社会人になれば 当然楽しいことばかりではないでしょう。

今回の記事では、 新人で仕事を辞めたい理由や早めに辞めるメリットデメリットを詳しく解説していきます。

社会人になったばかりで既に仕事を辞めたいと言う方はぜひ参考にしてみてください。

新人で仕事を辞めたい理由とは?

そもそも新人で仕事を辞めたい理由とはどのようなものがあるのでしょうか。

社会人になりたてというのは慣れないことも多くなかなか辛いと感じることも多いでしょう。

以下では新人で仕事を辞めたいと思う理由について詳しく解説していきます。

職場の人間関係が辛い

まず初めに挙げられるのは、職場の人間関係が辛いという理由です。

やはり人間関係は社会人を悩ませる大きな悩みの1つです。

職場の上司と馬が合わなかったり、同僚と馴染めなかったりするとストレスの源となってしまうでしょう。

新人は仕事をまだまだ覚える段階であり、わからないことがあれば上司や先輩に逐一相談する必要があります。

しかし人間関係が辛いと感じていれば、そういったコミニケーションも取りづらいはず。

するとわからない仕事も尋ねることができず、さらにきつい状況になりかねません。

職場の環境に慣れていない新人だからこそ、より人間関係で悩みやすいと言えるでしょう。

このように職場の人間関係が辛いということも新人を悩ませる理由の1つと考えられます。

労働時間が長すぎる

新人が仕事を辞めたいと思う理由として、 労働時間が長すぎると言うものも挙げられます。

勤務時間については実際に働き始めてみないとわからない部分もあるでしょう。

事前の募集要項や説明では適正な労働時間と 公表していたとしても、現場では異なることもあります。

残業が多かったり、 休日出勤等が重なれば新人だとしても仕事を辞めたいと思ってしまうこともあるようです。

残業代が支払われればまだマシかもしれませんが、会社によればサービス残業をしているところもあります。

もしそのようなブラックな環境で働いているのであれば、新人だとしても転職を考えた方が良いでしょう

思っていた仕事と違った

こちらも新人の方で辞めたいと思う主な理由の1つです。

就職するまでは自分が目指していた職業だったとしても、実際に働き始めると自分が思い描いていた社会人生活とは異なるということもあります。

現場の裏側などは入ってみないとわからないこともあるでしょう。

社会人となり良い面だけではなく悪い面も見ることで辞めたいと思う方もいらっしゃるはず。

もしどうしてもやりたい仕事ではなかったという場合には転職を検討してみても良いかもしれません。

正しい仕事を継続してみる中で見えてくることもあります。

吐きそうになるほど辛いと言うのであれば話は別かもしれませんが、なんとなく面白みを感じない程度であればもう少し続けてみても良いかもしれませんね。

新人で仕事を辞めるメリット

新人で仕事を辞める場合、周囲から見れば好ましくないと思われがちです。

しかし実際には仕事を早めに止めることでメリットもあります。

以下では新人に仕事を辞めるメリットについて詳しく解説していきます。

向いている仕事を探すことができる

やりたくないと思う仕事を早めに辞めることによって、自分に適した仕事を探すことができます。

現代では 転職者も非常に増えており、いくつかの色を経験して自分に向いている仕事を見つける人もいらっしゃるでしょう。

そのためできるだけ早めに仕事を辞めることによって本当に適した仕事を探し出せるかもしれません。

ただし、一つ一つの仕事と 真剣に向き合い、自分に適した仕事とは一体どのようなものなのか考えることが大切です。

適当な気持ちで仕事をこなしていても、いつまでたっても中途半端の状態に終わってしまう可能性があります。

そのようなことにならないためにも、転職する前によく考えることが重要になるでしょう。

より良い環境を探すことができる

あまりに長い労働時間の職場や人間関係が劣悪な職場などで働いている方もいらっしゃると思います。

もしそのような職場で働かれているのであれば、転職することでより良い環境を探すことが可能です。

特に残業代が支払われなかったり、休日出勤が当たり前になっているような会社では体を壊してしまう危険性があります。

新人の間に早めに辞めてしまうことでホワイトな会社を見つけることができるかもしれません。

現在ブラックな労働環境で働かれている方は転職を検討した方が良いでしょう。

様々なスキルを身に付けることができる

早めに仕事を辞めていろいろな職場を経験することで様々なスキルや経験を身に付けることができます。

世の中には1つの会社でしか働かない人もいらっしゃいますが、たくさんの現場を見ることによって人として成長できることもあるでしょう。

また複数の会社を見ることにより、それぞれの会社の違いやより良い環境を見極める力も身に付くはずです。

もし、自分のスキルを高めたい方は、市場価値の高い能力を身に付けられるような会社を求めて転職してみても良いかもしれません。

新人で仕事を辞めるデメリットとは

上記では新人で仕事を辞めるメリットについて解説しましたがもちろん良いことばかりではありません。

以下では新人で仕事を辞めるデメリットについて解説していきます。

周囲から甘えていると思われがち

現在では転職する人もかなり増えました。

しかし日本ではまだまだ転職に対する偏見があるといえます。

新人で仕事を辞めてしまうことによって甘えだと思う方もいらっしゃるでしょう。

ただし、もし本当に自分がやりたいことがあるのであれば、そうした意見は気にせず転職しても問題ありません。

結局自分の人生は自分でしか責任を取れませんので、人の評価は気にせず自分の意思でどうするか決めることが大切です。

一時的に収入が下がる

仕事を辞めてしまうと当然ですが収入がなくなります。

無職の期間を設けてしまえばその期間中は給料が入らなくなるでしょう。

また事前に転職活動を行い無職期間を作らずに就職したとしても、また1からのスタートになります。

そのため一時的ではありますが収入が減ってしまうことも考えられるのです。

しかし継続していけばまた収入は上がりますので、続けられる仕事をするのが良いでしょう。

まとめ

社会人になれば仕事を辞めたいと思う事は誰しもあるはずです。

特に新人の間は仕事に慣れていないことが多く、辞めたいと思っている人も多いでしょう。

本当に辞めるかどうかは自分にしか決められませんが、メリットデメリットをうまく見極めどうするかしっかりと決めることが大切です。

The following two tabs change content below.
カケル

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました