薬剤師をミスで辞めたい|辞めたい時の対策5選

薬剤師のミスで辞めたい 薬剤師

薬剤師なのにミスが多くて辞めたい・・・

過誤や調剤ミスが多発して嫌になる・・・

このようにお悩みではないでしょうか。

今回の記事では、薬剤師としてのミスが多くて辞めたいと考えている方に向け、具体的な対策をご紹介していきます。

薬剤師としてのミスが起きる原因とは?

薬剤師としてのミスが起きる原因とは?

薬剤師としてのミスが増えてしまう原因にはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

ここでは、その具体的な理由について解説していきます。

仕事が覚えられていない

まず、仕事が覚えられていないことが要因として挙げられるでしょう。

まだ現場に入ったばかりの新人や新卒採用、経験はあるものの、転職してから時間が経っていない方の場合、仕事をうまくこなせないというケースも多いです。

入ったばかりですぐに仕事をこなせないのは仕方がありません。

しかし、患者様からすればベテランの方も新人の方も関係がないため、クレームをつけられたり怒られたりすることもあります。

最初の頃は、ある程度のミスは仕方のないことです。

しかし、いつまで経ってもミスが無くならない場合には、今の職場は向いていないかもしれません。

現場に慣れていない

薬剤師として、どのような現場に勤めているかにもよりますが、現場に慣れていないことがミスの要因になっていることもあります。

例えば、患者様に薬を渡し忘れることや、調剤のミスなど、ケアレスミスを繰り返してしまう人は多いでしょう。

こうしたことも、現場のスキルを磨いていけばなくなっていくものです。

1日のスケジュールを確認したり、その日ミスしたことを後で反省する時間を作ってみましょう。

何度も反復して改善していけば、次第にミスをする回数も減らすことができます。

フォロー体制が整っていない

ミスが続いてしまうのは、現場のフォロー体制に原因があるかもしれません。

あなたの職場には、しっかりとした教育体制や研修制度があるでしょうか。

  • 先輩薬剤師や上司からやり方を教わることができない
  • 研修もないままに現場に出された
  • ミスした時に他の人がカバーしてくれない

など、充実したフォローアップがなければ入ったばかりの職場で仕事をこなすのは難しいです。

もし、十分な教育体制やフォローがないのであれば、もっと安心して働けるような環境を探す方が良いかもしれません。

今の職場が合ってない

薬剤師としての仕事でミスが続く場合、今の仕事が合っていないこともあります。

薬剤師といっても、その働き方は幅広く、病院や調剤薬局、ドラッグストアや企業薬剤師など、さまざまな仕事が存在します。

現状、いつまでもミスが続いているのであれば、その職場が向いてない可能性が高いでしょう。

また、技術的な問題だけでなく、周囲の人と合わないという問題もあるかもしれません。

もし、今の仕事に違和感を感じているのであれば、以下で解説するような対策を行ってみましょう。

薬剤師としてのミスで辞めたいと考える時の対策とは?

薬剤師としてのミスで辞めたいと考える時の対策とは?

ここからは、薬剤師としてのミスで辞めたいと考える時の対策について解説していきます。

現状、お悩みの方は以下の対策を行ってみてはいかがでしょうか。

自己嫌悪に陥りすぎない

まず、大切なのが自己嫌悪に陥りすぎないということです。

ミスを連発していると、どうしても自分を責めてしまいがちになりますよね。

「なんでこんなことでミスをしてしまうのだろう」

「どうして同じミスを繰り返してしまうのか・・・」

など、責任感が強い人ほど自分を責めてしまいます。

しかし、働き始めて間もない方であれば、ある程度のミスは仕方のないことです。

あまり自分を責めすぎず、同じミスを繰り返さないよう、反省しながら業務を進めてみましょう。(そうは言っても落ち込んでしまうとは思いますが・・・)

周囲の人に相談してみる

自分自身のキャパを超えていると思うなら、信頼できる人に相談しましょう。

職場の同僚や上司、先輩など、どのような人でも良いので話を聞いてくれる人にアドバイスをもらってみてはいかがでしょうか。

特に先輩薬剤師などはあなたと同じような悩みを抱えた人も多いはず。

適切なアドバイスをもらい、改善を加えていけばミスも減っていくはずです。

ただし、他の人がフォローしてくれない場合や、相談しても話を聞いてくれないなど、そもそもの関係性が悪い場合には退職も視野に入れた方が良いでしょう。

業務手順書を確認する

薬局などであれば、職場に備え付けられている業務手順書を確認してみましょう。

業務手順書をしっかりと把握し、マスターすることができればミスの回数も減らすことができます。

ミスの原因となるのは、業務の全体像を把握できておらず、自分自身の行動が曖昧になっていることです。

全ての流れを熟知し、スムーズに進めることができればミスの回数も減らすことができます。

そもそも、職場に業務手順書がない場合、その職場は危険です。

業務手順書は必ず備えておく必要があり、危機管理意識の低い職場の可能性があるでしょう。

そうした職場であれば、転職も検討しておくことをおすすめします。

自分に合った職場に変える

短期的なミスだけではなく、あまりにも長期でミスを連発しているのであれば、今の職場が向いていない可能性があります。

調剤が苦手である方が調剤薬局などに勤めていると、いずれは重大なミスに繋がりかねません。

働き方を変え、ドラッグストアなどに転職してみるのも選択肢です。

ただし、自分自身がどのような職場に適しているのか、よくわからない方も多いでしょう。

そのような方は、まず薬剤師専門のコンサルタントに相談してみましょう。

お仕事ラボなどのサービスを利用すれば、無料でコンサルタントに相談できます。

まずは相談してみて、ヒアリングの中で自分がどのような職場に転職すべきか考えていくのも選択肢の一つです。

薬剤師のミス!調剤過誤が起こるのはなぜ?

薬剤師のミス!調剤過誤が起こるのはなぜ?

薬剤師の代表的なミスである調剤過誤。

こうした医療ミスが起こってしまう原因とはなぜなのでしょうか。

ここでは、調剤ミスの要因となる事象について詳しく解説します。

知識量の差によるヒューマンエラー

当然ですが、現場の薬剤師にも知識量や経験値の差があります。

新人薬剤師とベテラン薬剤師では、その差も顕著になるでしょう。

人間だからこそ、プログラムと同じように完璧な作業は行えません。

どうしても知識量の差が生まれてしまい、調剤過誤の要因となってしまいます。

集中力のなさ

どれほど優秀な薬剤師であっても、集中力が切れてしまうことはあります。

例えば、

  • 午後から急に眠気がきた
  • 患者様の対応をしながら作業をしていた
  • 体調不良

など、さまざまな要因で集中力が切れてしまうことはあり得ます。

人間であるからこそ、いつも完璧に作業をこなせるわけではありませんよね。

調剤のチェック欄が多すぎてきつい

調剤業務を行う際、チェック項目の多さに嫌気が差した方も多いのではないでしょうか。

例えば、患者様の氏名2位始まり、相互作用や嗜好品の有無、妊娠状況や保険番号など、さまざまなことを確認しなければなりません。

こうしたことを毎日100人以上確認する業務の中で、ミスを発生させないのは至難の業です。

作業の中で疲れ果ててしまい、ミスが起こる原因となることもあります。

現場のフォローができていない

調剤過誤の原因となるのが、現場のフォローがしっかりと行われていないことです。

例えば、

  • スタッフのコミュニケーションが足りていない
  • 資料の取り扱いが煩雑になっている
  • マニュアルが徹底されていない

など、小さなことの積み重ねが、大きな調剤ミスを発生させてしまうことは多々あります。

薬剤師が求められる2つのスキルとは?

薬剤師が求められる2つのスキルとは?

薬剤師として働く上で求められるスキルは、いくつかあると思います。

ここでは、基礎知識と調剤スキルの観点から、薬剤師に必要なスキルを確認していきましょう。

薬剤師としての基礎知識

基礎知識と言っても、2種類あると思います。

まず、薬剤師という職業柄、知っておくべき知識。

言ってしまえば薬剤師としての常識です。

薬全般に関する知識はもちろんのこと、薬物治療や疾病に関する知識が必要です。

次に、実務を通して身につける知識。

こちらは教科書にあるような一般論に加えて、働く中で得る、技術や知識です。

分包機の使い方や薬歴の書き方、医薬品の取り扱い等は、実際に働いていく中で、知識として蓄積していくことが必要です。

調剤スキル

薬剤師は、医師から発行された処方箋が正しいことを確認し、処方箋に基づいて、医薬品を患者さんに交付します。

指示通りに医薬品を交付するという簡単な作業に見えるかもしれません。

ですが実際は、似たような医薬品が並ぶ中から、処方箋に記載の医薬品をピックアップし、さらに記載通りの量を交付できるよう、計量しなければなりません。

簡単そうに見えて、大変な作業です。

正確さはもちろんのこと、スピードも求められます。

薬剤師を辞めたいと思った時、退職の判断基準とは?

薬剤師を辞めたいと思った時、退職の判断基準とは?

様々な理由から、薬剤師を辞めたい、辞めようと思っている方がいることでしょう。

ですが、せっかく勉強して取得した国家資格は、そう簡単に手放すべきではありません。

まずは、退職の判断基準について、みていきましょう。

教育環境が整っているか

教育環境の重要度は高いでしょう。

薬剤師としての資格は持っていても、まだ実務経験が浅いという方は多いのではないでしょうか?

今の職場は、そんなあなたに、仕事の基礎を徹底的に教えてくれますか?

答えがNOであれば、退職を検討しても良いかもしれません。

仕事が一人前にできるようになるには、時間がかかります。ミスもするでしょう。

それでも、根気強く、一生懸命に教えてくれる職場であれば、あなたは成長できます。

それができない職場環境であることは、十分に辞める理由になるでしょう。

助けてくれる人がいるか

あなたがミスをしたとき、悩んだとき、フォローしてくれる人が職場にいますか?

薬剤師の仕事は、時には、人の命に関わります。

そのため、自分の仕事内容に不安があるとき、わからないとき、迷ったとき等、周りの人がフォローしてくれるかどうかで、あなたのストレスは格段に違ってくるでしょう。

フォローしてくれる人がいないのであれば、退職を検討しても良いかもしれません。

不安な気持ちを抱えたまま、今の職場に残り続けることは、あなたにとってもマイナスです。

不満が改善されるか

あなたが抱えている不満は、ひとつひとつ解消されているでしょうか?

働いていれば、不満に感じることが多々あります。

そのようなとき、現状を変えようと、まずは先輩や上司に相談するでしょう。

訴えかけた後、状況は改善されましたか?

うやむやにされた場合、職場はあなたの不満に向き合っていないということになります。

あなたができる限りのことをして、それでも不満が改善されない場合、あなたの意見に耳を傾けてくれる会社を探してみてもいいかもしれません。

悩みが長期化していないか

不満だけでなく、悩みを抱えている方も多いことでしょう。

あなたが抱えている悩みは長期化していませんか?

同じことで半年も悩んでいないでしょうか?

悩むことは決して悪いことではありません。

あなたの成長に繋がることもあるからです。

ですが、悩みを相談しても話を聞いてもらえなかったり、解消される見込みがなかったりするようであれば、あなたをもっと大切にしてくれる会社を探してみてもいいでしょう。

薬剤師の転職を成功させるには?

薬剤師の転職を成功させるには?

いろいろな葛藤を乗り越えて、転職すると決めたら、成功させたいですよね。

新しい環境でがんばることを決めたのですから、その次は、転職を成功させるためのポイントを理解しておくことが大切です。

希望条件に優先順位をつける

まずは、希望条件に優先順位をつけましょう。

あなたが会社に求める条件はいくつかあると思います。

全ての希望が叶う職場を見つけるのがいちばんですが、なかなか難しいのが現実です。

そこで、いくつかある希望条件に優先順位をつけましょう。

給料なのか、残業時間なのか、福利厚生なのか…

優先順位が決まれば、必然的に会社の選定基準も決まるので、ブレない軸を持って、転職活動を進められるでしょう。

コミュニケーションスキルを磨く

薬剤師に限った話ではないですが、コミュニケーションスキルは大切です。

ただし、コミュニケーションスキルと言っても、話の上手い下手は関係ありません。

目を見て話すとか、質問に的確に答えるとか、そういった当たり前のことができていれば良いでしょう。

それに加えて、相手の話をしっかりと聞く姿勢を持てているかも見直してみてください。

コミュニケーションスキルとは、なにも話をすることに限った話ではありません。

積極性をアピールする

積極性をアピールしていきましょう。

あなたはこれまでの経験の中で、積極的に行動したことはありますか?

転職を決意できるあなたですから、これまでにも、自らの意思で行動したことがあると思います。

業務の効率化のために新しい作業方法を提案した、チームリーダに立候補した、というようなことはないでしょうか?

また、仕事に限らずとも、学生時代の経験でも良いでしょう。

これまでに、積極的に行動できたと思えることがあれば、それをしっかりアピールできると良いですね。

薬剤師専門のコンサルタントに相談する

転職には、自分の努力も必要ですが、充実したサポートを受けることも同じくらい大切です。

薬剤師の転職となると、普通の会社員とは事情が異なることも多いですから、薬剤師専門のコンサルタントに相談することをおすすめします。

もしあなたが、薬剤師を専門としていないコンサルタントに相談しているようであれば、一度、薬剤師専門のコンサルタントにも相談をしてみてください。

より具体的で、確実なアドバイスをもらえると思います。

薬剤師が転職を検討する時に利用すべきサービスは?

薬剤師が転職を検討する時に利用すべきサービスは?

では、薬剤師が転職する際に、どのようなサービスを利用するのが良いのでしょうか?

ここでは、お仕事ラボ、ジョブデポ、アプロ・ドットコムという3つのサービスについて、特徴を見ていきましょう。

ファルマスタッフ

  • 専任の担当者が徹底サポートしてくれる
  • 利用者の満足度が96.5%以上
  • 正社員や派遣など、幅広い求人に対応可能

ファルマスタッフは、薬剤師を専門とした転職エージェントです。

丁寧な面談により、要望に合わせた求人に応募することができます。

正社員だけではなく、派遣やパートなど、幅広い求人の取り扱いがあります。

働き方も柔軟に選べるので、まずは無料登録して求人を探してみると良いでしょう。

マイナビ薬剤師

  • 利用者満足度No.1
  • 対面での面談を重視した徹底したサポート
  • 企業の内部事情に詳しくミスマッチが防げる

マイナビ薬剤師も、薬剤師を専門とした転職エージェントです。

利用者満足度は業界トップで、実績に定評のあるサービスとなっています。

企業の内部事情に詳しく、転職先のミスマッチを未然に防止可能です。

こちらも、利用は完全無料となっているので、まずはお気軽に登録してみましょう。

▶︎マイナビ薬剤師に無料登録してみる
The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました