教員ママを辞めたい|元教員が転職を成功させる方法を解説

教員ママを辞めたい

※本ページにはプロモーションが含まれています

「教員ママを辞めたい・・・」

「これから教員を転職したいけど、具体的にどうしたら良いの?」

「教員の転職を成功させるには?」

このようにお悩みではないでしょうか。

今回の記事では、教員ママとして働いている方向けに転職のポイントを解説します。

これから教員の転職を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人
カケル

元高校教員。激務により体調を崩して退職。
そこから会社員に転職し、現在はWEBライターとしても活動。

教員の転職なら「教員転職コンシェルジュへ!」

教員の転職なら、教員転職コンシェルジュへお任せください!

教員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

目次

教員ママが辞めたいと思う理由とは?

この記事を執筆している私自身も、教員としての生活に疲れ果てて退職した経験があります。ここでは、教員として働いているママの方が、なぜ教員を辞めたいと思うのか、その理由について解説します。

土日も出勤しなければならない

まず、土日も出勤しなければならないことが挙げられるでしょう。中学や高校で部活動を受け持っていると、基本的に休みがありません。実際、私自身もバスケットボール部の主顧問を担当していたため、土日は休みがなかったです。

修学旅行と部活の大会が重なった際には3ヶ月休みがなかった時もあります。中学高校だけではなく、小学校教員の方も土日は出勤している先生が多いのはないでしょうか。

こうしたブラックな環境下で子育てをするのは非常に難しく、辞めたいと思われる方も多いでしょう。

有給が取れない

次に、教員独特の文化によって有給が取れないことも辞めたいと感じてしまう要因です。有給は与えられているものの、現場の空気感によって実際に使用するのが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

実際、私自身も夏休みや冬休みに有給を取得したいと考えていましたが、なかなか取ることが許されませんでした。これは勤務校の空気感によるかと思いますが、私が配属された学校は田舎で、まだまだ昔の文化が残っている学校でした。

そのため、20代であれば基本的には先輩よりも先に帰ることは許されず、有給を取ることもだめでした。こうした環境下で辞めたいと思うようになってしまう方もいらっしゃるでしょう。

子育てと両立するのが難しいと感じる

私自身は20代のうちに退職しましたが、正直教員としての生活を子育てしながら続けていくのは本当に難しいと思います。

現場でも子育てしながら働いている女性教員の方も多かったですが、部活などを見ている方などは土日も基本的には出勤しているため、かなり忙しそうでした。

ある先生の人は自分の子供が熱を出しているのに、仕事が忙しすぎて迎えにいけないということも多かったです。

基本的に子育てをしながら教員生活を両立させるのは難しい環境だと思います。

教員の転職なら「教員転職コンシェルジュへ!」

教員の転職なら、教員転職コンシェルジュへお任せください!

教員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

子育てと仕事を両立するには?対策を解説!

ここからは、子育てと仕事を両立するためのポイントについて解説していきます。

雇用形態を見直す

教員といってもさまざまな働き方があります。正規教員としての働き方に不満を持っている場合には、

・臨時教諭
・教科担任
・非常勤教員
・支援員

など、別の働き方を模索してみるのもおすすめです。

また、教員免許やこれまでの教師経験を生かして塾や講師業などにシフトしてみるのも良いでしょう。

現在とは別の雇用形態にすることで、時間的にも余裕を持って働くことができるようになります。

教員とは違う働き方を考える

現状、正規教員として働くのが難しいのであれば、別の業種で働いてみるのも良いでしょう。

例えば、

・業務委託社員として部分的に働いてみる
・派遣社員として9時〜17時の働き方をする
・パートで働く

などの働き方が挙げられるでしょう。派遣社員として働く場合には、法的に条件が定められているので、残業などは決められた時間しか発生しないのがメリットです。

また、業務委託として限定的な働き方をする方法もあります。

なお、本サイトでも運営している教員転職コンシェルジュでは派遣社員や業務委託としての求人についても広く扱っています

気になる方は、以下のリンクよりお問合せいただければ無料でカウンセリングを行いますので、お気軽にご相談ください。

教員の転職なら「教員転職コンシェルジュへ!」

教員の転職なら、教員転職コンシェルジュへお任せください!

教員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

教員を辞めたいと思った時に利用すべきサービス

これから教員を辞めたいと思った時に利用すべきサービスとしては、以下のようなものが挙げられます。

教員転職コンシェルジュ

教員転職コンシェルジュは、元教員の私自身で立ち上げた教員特化型の転職サポートサービスです。

・教員の方におすすめな転職エージェントの紹介
・元教員による無料カウンセリング
・適職や退職時の相談

などについて完全無料で行っております。

以下のリンクより無料でご相談いただけますので、気になる方はまずはお気軽にご相談ください。

教員の転職なら「教員転職コンシェルジュへ!」

教員の転職なら、教員転職コンシェルジュへお任せください!

教員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

転職エージェント

転職エージェントは私自身も転職時に利用しました。現在ではdodaやマイナビなど複数の転職エージェントがありますので、複数に登録しておくのがおすすめです。

転職エージェントを活用すると、

・無料でカウンセリングをしてもらえる
・求人について無料でチェックすることができる
・適職についての相談を無料で聞いてもらえる

など、メリットが大きいです。今現在の働き方が合わずに悩んでいる場合には利用してみることで、複数の求人を確認することができるため、かなり便利でした。

大手だとdodaなどがエージェントと転職サイトの両方を利用できるので、とりあえずアカウントを登録しておけばいつでも求人をチェックすることができます。

適職診断アプリ

今の働き方が合わないと感じている場合、もっと別の職種が向いている可能性もあります。ただ、カウンセリングなどを受けるのが面倒だと考える場合、適職を診断できるアプリなどを活用するのがおすすめです。

現在ではアサインなどの適職診断ツールもありますので、こうしたサービスを活用することで3分ほどで適職分析が行えます。手軽に適職診断をしたい方は利用してみると良いでしょう。

教員を辞めたい時はまず誰かに相談しよう

これから教員の転職を検討されている方は、教員転職コンシェルジュへご相談ください。

教員転職コンシェルジュでは、

・元教員によるお悩み相談
・転職エージェントやサービスの選定
・働き方の相談

などを無料で行っております。

以下のリンクよりご相談いただければ、無料でカウンセリングを行っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

教員の転職なら「教員転職コンシェルジュへ!」

教員の転職なら、教員転職コンシェルジュへお任せください!

教員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

The following two tabs change content below.
日々POSレジに関する情報を発信し、POSレジ導入の支援を行っています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次