クリエイトエス・ディー(SD)を辞めたい薬剤師|みんなの悩みと解決策

薬剤師

「クリエイトエス・ディー(SD)を辞めたい」

「薬剤師から転職を考えているけど、何をすればいいの?」

このようなお悩み、ありませんか?

今回の記事は、クリエイトエス・ディー(SD)を辞めたいと考えている薬剤師の方に向けたご紹介です。

現場の方が抱えているお悩みや、それらに対する解決方法をお伝えすることで、何かのきっかけになればと思います。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

クリエイトエス・ディー(SD)を辞めたい薬剤師の理由を徹底調査!

実際に、クリエイトエス・ディー(SD)を辞めたいと感じている薬剤師の方々の理由をご紹介します。

インターネットで、働いている方の退職理由を検索してみました。ご自身にも当てはまる理由があるのではないしょうか。

深刻な人手不足

「1日中勤務をする日がある」

「希望休や連休が取りにくい」

「薬剤師であっても、食品の品出し等行う場合がある」

「レジ業務を任され、薬コーナーを離れなくてはいけない」

望んだ職であっても、朝から晩まで働いたり、希望通りの休みが取れないのは身体的にも、精神的にも疲れてしまいますよね。

また、本来薬剤師の業務内容ではない仕事を担当している方も。

働ける人員の1人としか見られていないと思うと悲しい気持ちになり、退職したいという考えにもなるでしょう。

希望が通らない

「調剤からOTCに行くチャンスは半年に一度。2年前から希望を出していても通らない」

「OTCと調剤を選べるからいいと思っていたが、会社の方針が変わってしまった」

希望がなかなか通らないことは、仕事に対する意欲減退にも繋がりかねません。

希望を出していても、担当が変わることで話が振り出しに戻ってしまったという方もいました。

こんなにも希望が通らないのであれば、希望を聞いてくれる職場に行きたくなるのは当然です。

転勤が多い

「1年で社員がほぼ入れ替わるため、やりたいことができない」

チームとして、時間をかけて取り組んでいきたい事柄や目標はありますよね。

1年で総入れ替えになってしまっては、やりたいことができないという状況になります。

さらに今の社員も来年には変わると思うと、そもそも目標を立てる気にもなりませんよね。

同じ業務に飽きる

「毎日毎日、同じことの繰り返し」

「成長を感じられない」

働いている以上、スキルを向上させたいと思う方は多いでしょう。

そんな方々にとって成長できない職場というのは、それだけで気分が滅入りますよね。

反対に、同じことを行い続けることに魅力を感じる方には向いているのかもしれません。

クリエイトエス・ディー(SD)を辞めたい薬剤師の対策は?

クリエイトエス・ディー(SD)を辞めたいと感じている薬剤師の方に向け、具体的な解決策をお伝えします。

取り組めそうなものから、行ってみてください。

休職する

思いきって、仕事を辞める。というのも1つの方法です。

朝から晩まで勤務、希望休や連休もとれないという環境の中では、休んだつもりでも疲れは残っているでしょう。

仕事が辛い・辞めたいと思うほど精神が疲れているのであれば、何もしなくていい日を作ることをおすすめします。

心と体が元気でないと、今後の良いイメージが湧きにくいと思います。

転職するにしても、まずは心と体を健全な状態にしてから、自身にとって最適な方法を探し始めてください。

一度休暇を取り、心と体をゆっくり休めましょう。

休職することは、マイナスなことではありません。

次に進むためにも無理をせず、ご自身のことを労ってください。

辞めたい理由を可視化する

思っていることを紙に書き出してみるのも良い方法です。

殴り書きでもかまいません。

思いつくままに辞めたい理由・辛い現状を紙に書き出してみましょう。

  • 希望が通らない
  • 友だちと遊びたかったのに休みを取らせてもらえなかった
  • 働きすぎて疲れた
  • 新しい職場に馴染めない

このような感じです。ご自身の悩みを、ご自身の言葉で書き出してみましょう。

可視化することで、現状を客観的に把握できます。

転職活動を始める時、書き出した問題点を解決できるような職場選びを心がけると、今より快適な環境で働くことができると思いますよ。

周りの人に相談する

自分1人の力ではいくら方法を探しても解決の糸口が見えない場合は、周りの頼れる人に相談しましょう。

上司や同僚、家族や友人。信頼できる、頼れる人が周りにいれば、相談してみてください。

思いがけないアドバイスや、手助けが受けられるかもしれません。

上司に相談できると良いのですが、上司との関係性そのものに悩んでいる方は、ご自身が頼れる人に相談してみてください。

相談しても、現在の職場がご自身の望む方向へ改善されない場合もあるでしょう。

そんな時は、転職も視野に入れることをおすすめします。

求人情報を検索する

今すぐ転職を望んでいないという方でも、求人情報を検索してみましょう。

求人情報に目を通しておくことで、次のような情報を得られます。

  • 働ける場所はどこにでもある
  • 今より良い環境の職場がある
  • 望む条件の職場がどこにあるか

すぐに転職しないとしても、求人情報をチェックしておくことはメリットがたくさんあります。

また、他にも働き口があると知ることで気持ちも楽になるでしょう。軽い気持ちでかまいません。

求人情報をリサーチしてみてはいかがでしょうか。

 次に解説する薬剤師の転職サービスは無料で利用できるため、まずは登録して確認してみましょう。

▶︎派遣から正社員まで求人が充実!転職サービス【ファルマスタッフ】に相談してみる

薬剤師専門のコンサルタントに相談する

今の仕事が辛い、話を聞いてほしいと考えている方は、薬剤師専門のコンサルタントに相談してみましょう。

薬剤師に特化したサービスが、たくさんあります。

どのサービスも無料で利用できるため、気軽に相談してみるのがおすすめです。

コンサルタントに相談するメリットは

  • 無料で悩みを聞いてもらえる
  • 悩みに対して、専門家の視点から意見を聞くことができる
  • 悩みを話すことでスッキリし、精神的に落ち着く

これ以外にも利点はあります。

相談してみることで、これから行動するためのきっかけになるかもしれませんよ。

▶︎面談までスタッフが同行してくれる転職サービス【ファルマスタッフ】に相談してみる

現状が辛い方に伝えたいこと

現在の職場が辛い、辞めてしまいたい感じている薬剤師さんに向けてお伝えしたいことがあります。

これまでの経験は無駄にならない

これまで、薬剤師として多くの経験を積んできたことと思います。

望まない業務や、希望通り休めずに疲れ果てている方もいらっしゃるかもしれません。

心身ともに疲れていると

  • 薬剤師にならなければよかった
  • 自分はどこに行ってもなにもできない
  • 長い時間を無駄にした

と、マイナス思考に陥ってしまうこともあるでしょう。

しかし、これまでの経験やスキルは、絶対に無駄にはなりません。

転職活動を行う際にも強みとなりますし、努力したという事実がなによりも大事です。

ネガティブに捉えるのではなく、これまで頑張ってきた自分を褒めましょう。

働ける場所はいくらでもある

仕事に悩んでいると、

  • 職場を変えても、何も変わらない
  • しっかり結果を出してから辞めよう・・・
  • 3年は頑張ろう

と、我慢してしまう方が多いように思います。その悩みの原因は本当に努力不足でしょうか?環境が要因となっている場合も多くあります。

例えば、職場内で明らかに他の人に迷惑をかけるような人がいるとします。他人を簡単に変えることはできませんし、自分がどう努力しようとも、その人とうまく関係を築くことは難しいです。

我慢し続けるような職場で努力するよりも、働きやすい職場に身を移す選択肢を考えてみましょう。

働ける場所はたくさんあるのだということを忘れないでください。

転職先を探す

繰り返しになりますが、お仕事で悩んでいるのであれば、まずは転職先を探すことを推奨します。

転職先を探すことは、やはり精神的に安定します。

  • 他の職場でも、自分はやっていけるかもしれないと希望を持てる
  • 今の職場環境をより客観的に分析できる

転職先を探すこと自体にメリットがあるため、深く考えず転職サービスに登録してみましょう。

▶︎面談までスタッフが同行してくれる転職サービス【ファルマスタッフ】に相談してみる

ストレスに敏感な薬剤師の方へ

「周りの人より、自分はストレスを敏感に感じやすいのかもしれない」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

例えば、

  • 他人の目が気になる
  • 注意されると、長い間落ち込む
  • 少しの変化がストレスに感じる

当てはまる項目が多い場合、あなたはHSP気質の可能性が高いです。HSPの症状があると、働き方にも工夫が必要になってきます。

上記の特徴に当てはまるものがあれば、以下の記事を見てみてください。HSPの薬剤師の方に向けた対策をご紹介しています。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました