ファーコス(ユニスマイル)薬局を辞めたい薬剤師|みんなの退職理由と解決策

ファーコス(ユニスマイル)辞めたい薬剤師 薬剤師

「ファーコス薬局(ユニスマイル)を辞めたい」

「薬剤師から転職するにはどうしたら良い?」

このようにお悩みではないでしょうか。

今回の記事では、ファーコス薬局(ユニスマイル)を辞めたいとお考えの薬剤師の方に向け、具体的な対策をご紹介していきます。

実際の口コミなどを調査した結果を元に解説しますので、ぜひ参考にしてください。

ファーコス(ユニスマイル)薬局を辞めたい薬剤師の理由は?

ファーコス(ユニスマイル)薬局を辞めたい薬剤師の理由は?

ファーコス(ユニスマイル)薬局を辞めたいと考えてしまう理由には、どのようなことが挙げられるのでしょうか。

ここでは、実際の口コミを元に、辞めたい理由について詳しく解説します。

人間関係で悩んだ

店舗によりますが、配属された店舗内での人間関係で悩んでしまった。人手不足によりピリピリした雰囲気だったため、退職しました。

配属された店舗にて、上司との関係がうまくいかなかった

業務が忙しかった

店舗によっては業務が忙しすぎることがあった。

残業時間が多く、もう少しライフワークバランスを充実させたいと考えたため。

給与に対する不満

2022年に、グループ内薬局に吸収された。それに追随して給与がダウンしてしまったので、それをきっかけに退職。

もうすぐ30歳になりますが、個人的にもっと高収入を狙いたいと考えたため。

他業種への転職

薬局以外の業種に転職したいと思ったから。

薬局で取り扱う薬の種類だけではなく、もっと他の仕事にも携わってみたいと考え、病院に転職します。

ファーコス(ユニスマイル)薬局を辞めたい薬剤師の理由まとめ

上記の通り、様々な理由で退職を検討している方がいらっしゃいました。

リサーチ結果をまとめると、

  • 配属される店舗によっては忙しい
  • 給与に対する不満
  • 仕事が忙しい

などの理由があるようです。

どの薬局でも同じことですが、やはり配属される店舗によって大きく異なりそうですね。

もし、転職先でも同じように失敗を繰り返したくないのであれば、職場の雰囲気を事前にリサーチしておくことが大切と言えます。

これから転職するのであれば、転職先の空気感までアドバイスがもらえるような転職サービスを活用するのがおすすめと言えるでしょう。

ファーコス(ユニスマイル)薬局を辞めたい薬剤師が行うべきことは?

ファーコス(ユニスマイル)薬局を辞めたい薬剤師が行うべきことは?

ここからは、ファーコス(ユニスマイル)薬局を辞めたい薬剤師の方に向け、具体的な対策をご紹介していきます。

お仕事でお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

まずはゆっくりと休息を

ここ最近、仕事ばかりしていませんか?

薬剤師業界はどこも人手不足となっており、一人当たりの業務量が多くなってしまいがちです。

そして残業が続いたり、休日出勤が続いてしまっているという人も多いです。

また、ドラッグストアの勤務ではどうしても他店舗応援にいかなければならないこともあります。

場合によっては県をまたいでの応援になることもあり、休日が潰れてしまうということもあるでしょう。

もし、日々の業務が忙しすぎて休む時間が持てていないのであれば、まずは1日心と体を休める日を作りましょう。

丸一日ぼーっとすることができれば、仕事の悩みも少しは解消されます。

辞めたい理由について書き出してみよう

精神的に回復できれば、辞めたい理由について整理していきましょう。

あなたが辞めたいと思っている理由は、そもそもどのようなことでしょうか。

人によって悩みは異なると思いますが、まずは自分の悩み事について知ることから始めましょう。

  • 人間関係に悩んでいる(〇〇さんとうまくいかない)
  • 業務内容を覚えることが難しい
  • 他にやりたいことができた
  • もう少しライフワークバランスを整えたい

など、どのようなことでも良いので、まずは自分の悩みについて箇条書きしてみることが大切です。

こうした理由を書き出すことで、気持ちも整理することができます。

また、悩みを書き出しておくと、転職活動の際にもブレない軸を作ることが可能です。

上司に相談してみる

どうしても自分一人で解決できない問題に直面しているのであれば、上司に相談してみましょう。

  • もう少し仕事量を減らしてほしい
  • 今の店舗でうまくいかないので、他店舗に異動させてもらいたい
  • 場合によっては休職したい

など、自分一人では決定できない事項や悩みについて、信頼できる上司であれば相談してみるのがおすすめです。

あなたのことをよく理解してくれている上司であれば、何らかの対応をとってもらえるはずです。

ただし、そもそも悩んでいることが上司との関係であったり、相談しても何も改善してもらえないのであれば転職を視野に入れましょう。

転職先を探しておく

もし、今現在の仕事に不満が少しでもある場合には、早めに転職先を探しておきましょう。

すぐさま転職しない場合でも、転職先をリサーチしておくと以下のようなメリットがあります。

  • 他にも働ける場所があることで、心理的に安心する
  • 他の職種の待遇について知ることができる
  • 自分の市場価値を分析することができる

まずは求人をチェックしてみて、自分自身の職場事情が適切なものなのか調べておくと良いでしょう。

ファルマスタッフなどのサービスを活用すれば、無料で求人も確認することができます。

まずは無料登録しておくのがおすすめです。

▶︎派遣から正社員まで求人が充実!転職サービス【ファルマスタッフ】に相談してみる

薬剤師のコンサルタントに相談してみる

薬剤師に特化したコンサルタントに相談してみるのも選択肢でしょう。

現在では薬剤師の転職サービスも充実しており、相談すれば様々なことについてアドバイスがもらえます。

  • 転職したいけど、どうしたらいい?
  • 今の職場は適切な環境?
  • 他にも働きやすい職場ってあるの?

など、転職に関するあらゆる相談を無料で行うことができます。

先ほども紹介したファルマスタッフなどのサービスは、もし転職することになっても面談までスタッフが同行してくれるほどの手厚いサポートもあるんです。

こうしたサービスをうまく活用して、今後どうすべきか考えるのが良いでしょう。

▶︎面談までスタッフが同行してくれる転職サービス【ファルマスタッフ】に相談してみる

ファーコス(ユニスマイル)薬局を辞めたい薬剤師の方に伝えたいこと

ファーコス(ユニスマイル)薬局を辞めたい薬剤師の方に伝えたいこと

現在、仕事を辞めたいと思っているのであれば、心身ともに疲れ果てているという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、そんな方に伝えたい3つのことについて解説していきます。

これまでの経験は決して無駄じゃない

まず、これまでの経験や知識は決して無駄でないということです。

あなたは、きっとこれまで大変な思いをしたり、その度に努力を積み重ねてきたのではないでしょうか。

そうした努力は、決して無駄ではなく、これからの人生もあなたを支えてくれます。

薬剤師になるまでにも、相当な努力を積み重ねてきたことでしょう。

そして、働く中でもそうした前向きな姿勢が発揮されたはずです。

これまでの経験を転職の面接などでうまくアピールできれば、転職が成功する確率も高くなります。

仕事がうまくいっていないからといって自分を追い込みすぎず、まずはこれまで頑張ってきた自分を褒めてあげましょう。

自分がどんな働き方をしたいのか決めよう

転職も視野に入れている場合は、あらかじめ自分がどんな働き方をしたいのかについて決めておくと良いでしょう。

薬剤師の働き方は、フルタイムだけではありません。

パートや派遣薬剤師、最近では在宅でのお仕事もできるオンライン薬剤師も登場しています。

こうした働き方についても視野に入れた上で、どうしていくべきか考えるのがおすすめです。

ある程度大まかな働き方が定まっていれば、転職活動もスムーズに行うことができます。

悩みを一人で抱え込まないようにしよう

悩みを一人で抱え込んでいませんか。

もし、辛いのであれば、誰かに相談することも忘れないでください。

先ほども紹介したような、薬剤師のコンサルタントなら、いつでも無料で相談できます。

そもそも転職すべきかどうか悩んでいる方や、今の職場環境が良いのか悪いのか分からないという方も、まずは業界に詳しい専門家に相談してみるのがおすすめです。

自分一人で悩み続けず、まずは誰かに吐き出してみてはいかがでしょうか。

▶︎面談までスタッフが同行してくれる転職サービス【ファルマスタッフ】に相談してみる

ストレスを感じやすい方へ

ストレスを感じやすい方へ

中には、ストレスを感じやすいという方もいらっしゃるでしょう。

あなたは、以下のような特徴がありませんか。

  • 常に人の評価を気にしてしまう
  • 些細な変化にも敏感に反応する
  • 注意されたらしばらく落ち込んでしまう

など、こうした特徴に当てはまっている場合、HSPかもしれません。

HSPの方は、働き方も意識する必要があります。

もし、上記の特徴に当てはまっているのであれば、以下の記事を参考にしてください。

HSPの方向けに、働き方のポイントや転職のコツを紹介しています。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました