阪神調剤薬局を辞めたい薬剤師の方へ|みんなの悩みと解決策

阪神調剤薬局を辞めたい薬剤師 薬剤師


「阪神調剤薬局で働きたくない」

「薬剤師から転職って、どんなことをすればいいの?」

このようなお悩みを抱えている方いませんか?

この記事では、阪神調剤薬局を辞めたい薬剤師の方に向け、他の方のご意見や解決策を紹介いたします。

この記事があなたにとって何かのきっかけになれば幸いです。

ぜひ、最後までお付き合いください。

阪神調剤薬局を辞めたい薬剤師の理由を徹底調査!

阪神調剤薬局を辞めたい薬剤師の理由を徹底調査!

実際に、阪神調剤薬局に対して不満を抱いている薬剤師の方々の意見を検索したので、ご紹介します。

同じような不満を阪神調剤薬局に対してお持ちの薬剤師さんは多いのではないでしょうか。

仕事とプライベートのバランス

「休みのシフトが直前まで分からないため、予定を組めない」

openworkより

「仕事ばかりで私生活が充実しない」

openworkより

「薬剤師の人員が全然足りず、激務」

openworkより

「閉店後に薬歴を記入し、22時過ぎに帰ることもあった」

openworkより

「残業調整のために1日10時間働く日もあれば、3時間で終わる日もある」

openworkより

ワーク・ライフ・バランスが悪いという意見が1番多くありました。

仕事ばかりで私生活が充実していないと、仕事のために生きているのでは?と働いていることに疑問を持ってしまいますよね。

望んで就いた職だからといって、朝から晩まで働いたり、休みを上手く活用できないのは辛いはず。

福利厚生・給与

「有給が取れない。取得率50%と聞いていたが嘘だと思う」

openworkより

「人事評価が正当に行われないため、昇給がない」

openworkより

福利厚生、給与に不満を持っている薬剤師の方も多くいました。

有給は、「法律で定められた労働者に与えられる権利」です。

厚生労働省も有給休暇の取得を促進する施策を立てています。

有給が取れないというのは、決していい環境ではないので、退職したいと思うのも当然です。

店長

「店長は若い人が多く、力量の差が激しい。」

openworkより

店長が原因で退職する方もいるそうですが、店長自体に改善は見られないため、新たな人材で補充→退職…という悪循環が起きているという意見も。

店長は職場の雰囲気を大きく左右します。

1番頼れる存在であるべきとも言える人が原因で退職を考えている方、正しい判断です。

無理して頑張らないでくださいね。

阪神調剤薬局を辞めたい薬剤師の方にやってみてほしいこと

阪神調剤薬局で働きたくないと感じるほど辛い思いをしている薬剤師の方に向け、具体的な解決策をお伝えします。

取り組めそうなものから、行ってみてください。

休職する

人員が不足していて、1日の労働も激務。

福利厚生が充実していない、シフトも変動があり、ワーク・ライフ・バランスが悪いと思っている薬剤師の方。

一度仕事から離れるというのも1つの手です。

ご自身がストレスを感じ続ける職場で働いていては、睡眠等で身体的には休んだつもりでも精神的な疲れが蓄積されます。

仕事が辛い・辞めてしまいたいと思うほど疲れているのであれば、何もしなくていい日を作りましょう。

今後の良いイメージを湧かせるには心と体が元気な必要があります。

転職を考えているとしても、まずは心も体も健全な状態にしてから、次のステップに進む準備を始めましょう。

休職することで、マイナスになることはありません。

次に進むためにも辛い環境で無理をせず、ご自身のことを考えて生活してください。

辞めたい理由を客観的に分析する

ご自身がなぜ阪神調剤薬局を辞めたいと思っているのかを客観的に分析するため、不満を紙に書き出してみましょう。

始めは主観的な不満でも、どう変わればご自身にとっていい環境になるのかを分析することは次の職場選びにも役立ちます。

まずは思いつくことをひたすら紙に書き出しましょう。

  • 仕事ばかり、遊びに行く時間がほしい
  • 1年間頑張った。できる業務は増えたのに給料は変わらない
  • 店長が仕事できない、信頼できない

このように書いた後

  • 完全週休2日制、有給をちゃんと使えたら仕事も私生活も充実する
  • 頑張りを評価する制度が整っている職場だと、業務内容に応じた給料がもらえそう
  • 店長が率先して動き、みんなが気持ちよく働ける職場が良い

というように、このような職場であれば「働きたい」というあなたの意思を可視化することで、現状の客観的な把握と改善策が見えてきます。

阪神調剤薬局で行動して変わるかもしれないこともあれば、就職先を変えなければ現状維持にしかならないこともあるでしょう。

全て含めて現状を把握してみてください。

相談する

誰かに相談することで

  • 同じような意見を持っている人と気持ちを共有できる
  • 1人で考え続けるよりも視野が広がる

等、メリットは多く得られるでしょう。

誰かに話しても辛い現状が変わらない場合は、転職も視野に入れていきます。

求人情報に登録する

今すぐに転職を考えていなくても、求人情報に登録しておくことで次のようなメリットがあります。

  • 新着の求人情報が届く
  • オファーが来る可能性がある

自ら積極的に新たな職場を探そうとしなくても、自己情報や希望条件を登録しておくと、おすすめの求人や、新着情報を届けてくれます。

また企業からオファーが来ることもあり、一次面接免除、職場見学等特典が付く場合もあります。

これにより、思っていたよりも働き口はたくさんあると実感でき精神的にも落ち着くでしょう。

無料で出来る薬剤師の転職サービスもあります、まずは登録して確認してみましょう。

求人をチェックするだけでもOK

ファルマスタッフ・・・・派遣やパートの求人も充実!面談にスタッフが同行してくれる

薬キャリ・・・・・・・・薬剤師登録者数No.1!最短即日で求人を紹介してもらえる

マイナビ薬剤師・・・・・面談重視の徹底サポート!企業内部を熟知したコンサルタントが在籍

薬剤師専門のコンサルタントを頼る

薬剤師専門のコンサルタントに頼りましょう。

薬剤師に特化したサービスが、たくさんあり、どのサービスも無料で利用できるため気軽に相談してみるのがおすすめです。

相談することで、専門家の視点から意見を言ってもらえるというメリットがあります。

これから行動するためのきっかけになるかもしれませんよ。

求人をチェックするだけでもOK

ファルマスタッフ・・・・派遣やパートの求人も充実!面談にスタッフが同行してくれる

薬キャリ・・・・・・・・薬剤師登録者数No.1!最短即日で求人を紹介してもらえる

マイナビ薬剤師・・・・・面談重視の徹底サポート!企業内部を熟知したコンサルタントが在籍

阪神調剤薬局を辞めたい薬剤師の方へ

阪神調剤薬局を辞めたいと感じている薬剤師さんに向けてお伝えしたいことがあります。

今までの経験は無駄にならない

薬剤師として多くの経験を積んできたことと思います。

想定していた職場、業務とのギャップに疲れ果てている方もいらっしゃるかもしれません。心と体が元気でないと

  • 薬剤師以外の道はなかったのか
  • どこに行っても変わらないのではないか
  • 働いていた時間は無駄だった

と、これまでのご自身のことを否定するような気持ちになってしまうこともあるかと思います。

しかし、これまでの経験やスキルは今後の糧となるでしょう。

転職活動の際も自己をアピールする要素となりますし、努力したという事実が大切です。

悲観的に捉え落ち込むのではなく、これまで頑張り続けた自分をたくさん褒めましょう。

働ける場所はある

仕事に悩んでいると、

  • 転職しても何も変わらないだろうから、ここで働こう
  • まだ結果を残せていない、何かをやり遂げるまで働こう
  • 1年も働いていないのに辞めるのは早い・・・

と、我慢していればいいと思うことありませんか?

悩みの原因が努力不足ではなく、環境である場合も多くあります。

我慢し続ける努力をするよりも、働きやすい環境に移るということにベクトルを向けてみましょう。

希望条件で働ける場所はたくさんあるのだということを忘れないでください。

転職先を探す

繰り返しになりますが、転職先を探しておくことは精神的に安定します。

  • 自分が働ける場所はいくらでもある
  • 希望条件に沿った職場を探せる

探す、見てみるという行為自体にメリットがあるので、あまり深く考えず転職サービスに登録してみましょう。

求人をチェックするだけでもOK

ファルマスタッフ・・・・派遣やパートの求人も充実!面談にスタッフが同行してくれる

薬キャリ・・・・・・・・薬剤師登録者数No.1!最短即日で求人を紹介してもらえる

マイナビ薬剤師・・・・・面談重視の徹底サポート!企業内部を熟知したコンサルタントが在籍

ストレスに敏感な薬剤師の方へ

「他者と比べ、些細なことでも敏感にストレスを感じている気がする」と思うことはありませんか?

  • 冗談のように言われたことでも受け流せず、傷つくことがある
  • 他の人の機嫌が悪いと気になってしまう
  • 相手がどう思っているかを考えすぎて、本心を伝えられない
  • 少しでもミスを見つけると、気になってしまい仕事に多くの時間を要する
  • 複数の仕事が重なると焦ってしまう

当てはまる項目がいくつかあるあなたはHSP気質の可能性が高いです。

HSPの症状がある方は「繊細」と言われているため、働き方にも工夫や注意が必要。

HSPの薬剤師の方に向けた対策をご紹介していますので、ストレスを感じやすい方は以下の記事を見てみてください。

まとめ

今回は阪神調剤薬局を辞めたい薬剤師の方に向け、実際に多くの方が抱いている不満や具体的な解決策をご紹介しました。

  • 仕事から離れ、心と体の回復期間を設ける
  • 辞めたい理由を客観的に分析する
  • 転職サイトに登録だけでもしてみる
  • 薬剤師に特化したコンサルタントを頼る

対策は色々あります。

精神的に少しでも楽になると思いますのでご自身に合っているもの、取り組めそうなものから行ってみてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました