薬剤師1年目で辞めたい時の対処法5選!お悩みのあなたへ

薬剤師1年目で辞めたい 薬剤師

「薬剤師1年目だけど、既に辞めたい」

「新人や新卒の薬剤師で辞めるのは、問題なのだろうか」

このようにお悩みではないでしょうか。

薬剤師1年目で仕事に悩みを抱えてしまい、辞めたいと感じてしまう人は少なくありません。

今回の記事では、薬剤師1年目で辞めたい時の対処法について詳しく解説していきます。

薬剤師1年目で辞めたい時の対処法

薬剤師1年目で辞めたい時の対処法

まず、結論からですが薬剤師1年目で辞めたいと思っている時の対処法について解説していきます。

現在、仕事にお悩みの方は以下の対策を行ってみるようにしましょう。

辞めたい理由を紙に書き出す

まず、薬剤師を1年目で辞めたいと思っている方は、自分が辞めたいと思っている理由について紙に書き出してみましょう。

人によって悩んでいる理由はそれぞれだと思いますが、意外と何に対して悩んでいるのか、あまりよく分かっていない人も多いのではないでしょうか。

  • 人間関係が辛い
  • 仕事内容がいつまで経っても覚えられない
  • 上司が怖い、よく怒られる
  • 業務時間が長すぎる
  • 調剤ミスしてしまった

など、悩んでいることを箇条書きで良いのでまずは書き出しましょう。

自分の悩みを書き出すことで、今後の対策についても考えやすくなります。

また、悩みを俯瞰してみることで、気持ちを整理する効果もあるのです。

できる範囲で状況を改善してみる

悩みを書き出すことができたら、次に自分のできる範囲で良いので状況を改善できないか努力してみましょう。

例えば、〇〇さんとの関係性が辛いのであれば、自分から積極的にコミュニケーションを取りに行ったり、率先して仕事を引き受けたりしてみるなど、円滑な関係性が築けるよう努力します。

また、仕事内容が覚えられないのであれば、しっかりとメモを取り、業務を間違えないようにチェックしながら進めるのが良いです。

このように、自分にできる範囲で問題ありませんので、まずは状況を変えられないか頑張ってみると良いでしょう。

ただし、どうしても改善できそうにないこともあるはず。

そうした方は、これより以下の対策を行ってみてください。

上司に不満を打ち明ける

もし、上司との関係性が悪くないのであれば、自分の不満を上司に打ち明けてみるのが良いでしょう。

努力して解決できる問題であれば良いですが、必ずしもそうしたことばかりではありません。

自分の頑張りではどうしようもない場合には、目上の人の力を借りる他ないでしょう。

上司がしっかりとした人であれば、あなたの悩みを聞いてくれたり、配慮して配置を変えてくれる可能性もあります。

そのため、まずは相談してみるのがおすすめです。

ただし、相談していつまで経っても対処してくれなかったり、そもそも耳を傾けてくれないようであれば、転職することをおすすめします。

信頼できる人に相談する

上司以外にも、身の回りの信頼できる人に相談してみましょう。

他の誰でも良いので、家族や友人、同僚などに悩みを打ち明けるのも気持ちが落ち着きます。

人間、自分一人で抱え込める悩みの量には限界があるものです。

もし、解決しようがない問題だとしても、他の人に聞いてもらえるだけでも心は楽になるもの。

そのため、誰か話を聞いてくれそうな人に色々と相談してみるのが良いでしょう。

なお、身近にそうした人がいないのであれば、薬剤師専門のコンサルタントに相談することをおすすめします。

薬剤師専門のコンサルタントに相談する

ここまで色んな対策を解説してきましたが、正直、薬剤師1年目で辛い思いをされているのであれば、薬剤師に特化したコンサルタントに相談するのが一番良いです。

というのも、そもそも1年目で薬剤師を辞めたいと思うような職場はブラックな環境であるケースが多いです。

また、新卒や新人の方であれば全体像が見えておらず、そもそも今の職場が良い環境かどうかさえ見極めるのも難しいのではないでしょうか。

その点、薬剤師専門のコンサルタントは無料で色々なことを相談可能です。

気軽に相談してみることで、気持ちを楽にすることができるでしょう。

薬剤師の転職サービスは無料で利用できるので、まずは登録しておくことをおすすめします。

現状を打破☆チャンスを掴め!
▶︎薬剤師転職ならエムスリーキャリアに相談してみる

薬剤師1年目の方が転職サービスを利用すべき理由とは?

薬剤師1年目の方が転職サービスを利用すべき理由とは?

上記では薬剤師1年目で辞めたいと感じているなら、コンサルタントに相談すべきだとお話ししました。

ここでは、なぜ転職サービスを利用した方が良いのかについてその理由をご紹介します。

薬剤師は転職を繰り返す傾向にある

そもそも、薬剤師業界自体が転職を何度か行う傾向にあります。

薬剤師は資格保有者としての価値が高く、転職市場でも非常に重宝されているのです。

そのため、どのような職場に行っても転職は成功しやすく、転職難易度は低めと言えるでしょう。

転職サービスを活用すればもっと自分に合った環境を見つけられる可能性も高いため、利用をおすすめする理由と言えます。

1年目では全体像が見えない

また、薬剤師になりたての方であれば、薬剤師業界全体の流れや状況がよく分かっていないのではないでしょうか。

とりあえず社会人として働き始めたものの、今の職場がどういう環境なのか分からないという方もいらっしゃるはず。

  • そもそも、社会人だとこれくらい当たり前?
  • でも、同級生はもっと楽しそうに働いている
  • 身近に相談できる人がいない

など、知識が足りていない部分の悩みもコンサルタントに相談することで解決できます。

薬剤師市場に詳しいプロに無料で相談できる

最もお得なのは、これだけ充実したサービスであるにも関わらず、全て無料で利用できるということです。

人材会社は基本的に人を企業側に紹介することで、企業側から利益を得られるため、サービスの利用者は全て無料で利用することができる仕組みになっています。

利用したからといっても必ず転職する必要はなく、とりあえず相談してみてから決めるということも可能です。

そのため、無料で市場のプロに相談できるのは大きな魅力と言えるでしょう。

現状を打破☆チャンスを掴め!
▶︎薬剤師転職ならエムスリーキャリア

薬剤師1年目の方におすすめの転職サービスは?

薬剤師1年目の方におすすめの転職サービスは?

ここからは、薬剤師1年目の方におすすめの転職サービスについてご紹介します。

現状、お悩みの方は以下のサービスを利用してみてください。

薬キャリ

  • スピーディな転職が好評
  • 最短即日で10件の紹介
  • 利用者数が多い

薬キャリはスピーディな転職が好評のサービスです。

最短即日で10件の紹介と謳っているほどであり、レスポンスも早くスムーズに転職活動を進めることができます。

電話のみで転職先も紹介してもらえるため、わざわざ対面で面談を行わなくても良いサービスとなっています。

また、サービスの利用者数も多いため、信頼度の高いサービスであるのも特徴。

なるべく早く転職を実現させたいとお考えの方は、利用してみると良いでしょう。

現状を打破☆チャンスを掴め!
▶︎薬剤師転職ならエムスリーキャリア

マイナビ薬剤師

  • 面談重視の転職サービス
  • 企業の内部事情に詳しいコンサルタントが在籍
  • 大手の安心感

マイナビ薬剤師は、転職業界大手のマイナビが運営している薬剤師に特化したサービスです。

上記の薬キャリは電話のみでの紹介も行っていますが、対してマイナビ薬剤師は面談に重きを置いており、利用者の要望を細かく聞き取りながら転職先の紹介を進めていきます。

要望に応じてさまざまな転職先を紹介してもらえるでしょう。

また、企業の内部事情に精通したコンサルタントが在籍しているので、あらかじめ情報をリサーチできます。

転職してから合わない・・・というようなミスマッチを未然に防ぐことが可能です。

こちらも利用は無料となっていますので、まずはお気軽にアカウント登録をおすすめします。

▶︎マイナビ薬剤師に無料登録してみる

ファルマスタッフ

  • 正社員のみならず、派遣やパートの求人も充実
  • 派遣社員の福利厚生も手厚い
  • 面接にもスタッフが同行してくれる

ファルマスタッフは、正社員以外にも、派遣やパート求人も豊富に取り扱っている薬剤師に特化したサービスです。

都市部だけではなく、地方の求人も非常に多く取り扱いがあるため、地元で就職したいという方にもおすすめできるサービスです。

派遣社員やパートとして時間を区切って働きたい方はこちらのサービスを利用すると良いでしょう。

面接にもスタッフが同行してくれるため、込み入った条件なども企業サイドに聞くことができ、安心です。

薬剤師1年目で辞めたいのはなぜ?

薬剤師1年目で辞めたいのはなぜ?

そもそも、薬剤師1年目で辞めたいと感じてしまうのはどのような理由があるのでしょうか。

ここでは、薬剤師1年目で辞めたいと思う理由について詳しく解説していきます。

人間関係が辛い

これは薬剤師業界に限った話ではないですが、人間関係の辛さを辞めたい理由として挙げる人は多いです。

特に薬剤師の職場は狭い環境にあり、内部の人間関係で悩みを抱えやすい状態にあります。

  • 職場の上司と性格が合わない
  • パート社員さんとうまくコミュニケーションが取れない
  • お局様から嫌がらせを受ける

など、女性が多い職場ならではの悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

ある程度の悩みなら仕方のないことですが、深刻になってきているのであれば他の求人もみておくことをおすすめします。

仕事が覚えられない

1年目の悩みでありがちなのが、仕事をなかなか覚えることができないというものです。

新卒から入社したばかりだと、どうしても仕事を覚えるだけでも一苦労してしまいますよね。

ある程度仕事ができないのは仕方がないので、少しでも早く覚えられるよう努力してみましょう。

周囲の人も、新人の間からテキパキ動けるとは思っていません。

努力する姿勢を見せることで、ミスした時でもカバーしてもらえるケースも多いです。

業務が忙しい

薬剤師は深刻な人手不足に陥っており、どの職場でも人材が不足しています。

そのため、業務量が非常に多く、忙しい環境に疲れてしまっている人も多いのではないでしょうか。

  • 朝から晩まで働いている
  • 薬剤師の業務に関係のない仕事までしている
  • 休みの日も出勤している

など、あまりにも過酷な労働環境であるなら危険です。

もしかすると、その職場はブラックかもしれません。

薬剤師専門のコンサルタントなどに相談し、今の職場は適切な環境なのか聞いてみることをおすすめします。

思ったより給料が安い

働き始めてから、思っていたよりも収入がないことに落ち込んでいる方も多いのではないでしょうか。

  • 聞いていたお給料と違う
  • 他の職場の同級生よりも低い
  • 先輩や上司の収入が低い

など、収入面での不満を感じている方は、転職も視野に入れてみましょう。

特に病院系の薬剤師の方は、給与水準も低めに設定されている傾向にあり、不満を感じやすいようです。

他の求人にも目を通し、どれくらいの収入が得られそうかリサーチしてみるのも選択肢と言えるでしょう。

調剤ミスしてしまった

薬剤師としてどうしても発生してしまうのが、調剤ミスの問題です。

特に新人の頃はなかなか仕事が覚えられず、調剤過誤が発生してしまうリスクも高い傾向にあります。

ただし、人間である限りどうしてもミスは発生してしまうもの。

ミスを完全になくそうとするのではなく、しっかりとしたフォロー環境が整っているかチェックしましょう。

ミスを全て個人に押し付けていたり、フォローを全くしてくれそうにない職場なら、退職や転職も考えた方が良いでしょう。

教育体制が整っていない

研修や教育はしっかりと行っている職場でしょうか。

中にはちゃんとした指導を行わず、いきなり現場に配属されるケースも少なくありません。

  • 研修もなく現場に配属された
  • 何をすれば良いのか全く教えてくれない
  • 現場を見て学べという空気が強すぎる

1年目で教育環境が整っていない職場だと、どうしてもうまく馴染めなかったり、ミスが発生してしまいます。

あまりにも雑な扱いを受けていると感じるなら、もっとしっかりと教育を行ってくれる職場も視野に入れるのが良いでしょう。

薬剤師1年目で辞めたい時の注意点とは?

薬剤師1年目で辞めたい時の注意点とは?

薬剤師1年目で辞めたいと思っている方は、以下のことに注意しましょう。

勢いで退職しない

まず、感情に任せて退職してしまわないようにしましょう。

上記でも解説したように、薬剤師の転職は資格保有者としての強みがあり、転職で困ることはほぼないでしょう。

しかし、だからと言ってもどんな辞め方をしても良いということではありません。

バックれるような形で、突然の音信不通などは転職にも影響してしまいます。

ストレスを抱えていると、どうしても新人の方は今すぐに辞めたいと感じてしまうでしょう。

しかし、感情に任せず、慎重に行動することをおすすめします。

自分一人で悩みを抱え込まない

薬剤師1年目の方は、悩みを抱え込みがちになります。

しかし、社会人としての知識や経験も浅く、自分一人で解決できない問題も多いです。

そのため、できる限り他の人に相談しながら、転職活動を進めていくのが望ましいと言えます。

上記でも解説したように、専門のコンサルタントに相談しつつ、転職を進めていくのが良いでしょう。

現状を打破☆チャンスを掴め!
▶︎薬剤師転職ならエムスリーキャリアに相談してみる

計画性を持って行動する

退職後の計画性はしっかりと持って行動するようにしましょう。

そもそも、方向性が曖昧になっていると、転職後のスケジュールがぶれてしまったり、判断が鈍ったりしてしまいます。

感情任せで行動するのではなく、今後どうするかまでしっかりと考えた上で進めていくようにしましょう。

まとめ

今回の記事では、薬剤師1年目で辞めたいと感じている方に向けて対策を解説しました。

薬剤師は悩みを抱えやすい職業ですが、上記の内容を参考にしてどうすべきか判断すると良いでしょう。

時には薬剤師に特化した転職サービスなども、利用してみてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました