マツモトキヨシを辞めたい薬剤師|みんなの退職理由と対処法

マツモトキヨシを辞めたい薬剤師 薬剤師

「マツモトキヨシを辞めたい・・・」

「薬剤師の転職って、どうしたらいいの?」

このようにお悩みではないでしょうか。

今回の記事では、マツモトキヨシを辞めたいとお考えの薬剤師の方へ向け、具体的な対策についてご紹介します。

お悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

マツモトキヨシを辞めたい薬剤師の理由とは?【実際の口コミ】

マツモトキヨシを辞めたい薬剤師の理由とは?【実際の口コミ】

ここからは、実際にマツモトキヨシで働いていた薬剤師の方の退職理由を解説します。

実際の口コミについてリサーチしたので、現在退職を検討されている方は参考にしてください。

人間関係がうまくいかない

周囲の人がなかなかにクセが強く、人間関係がうまくいかなかった。

5店舗ほど経験したが、どの店舗も人間関係がうまくいかず、退職を検討しています。

店舗によっては店長などにクセが強い人が多く、人間関係がうまくいかないことがあった。人事異動を願い出るべきかどうか悩みましたが、やはり他の業界に行ってみたいという思いが強かったので退職。

仕事が忙しい

どの店舗も人手が足りておらず、残業が増えてしまったのが退職理由です。

人手不足ということもあり、レジに立っている時間が長くなってしまった。

自分の店舗は残業も多めだったので、レジの仕事ばかりだとスキルアップできているか不安だったのも退職要因。

店舗の仕事は非常に幅広く、スキルアップや知識の習得面では不満がありませんでした。

ただ、日々の多忙さに追われ、なるべくライフワークバランスを重視したいと考えるようになったので、退職を検討しました。

土日祝日を休みたかった

土日祝日が休める職種に転職したいと考えるようになったため。

スケジュールが安定せず、応援などが重なるとうまく調整できなかったので退職を検討しました。

ドラッグストアならではですが、どうしても土日祝日関係ないので、周囲の友人や家族と予定が立てづらかった。今後のことも考えて退職。

マツモトキヨシを辞めたい薬剤師の理由まとめ

上記の通り、マツモトキヨシを辞めたい薬剤師の方は、以下のような理由がありました。

  • 人間関係が合わない
  • 仕事が忙しい
  • 土日祝日も休みたい

調査して多かったのが、”人間関係”と”業務の多忙さ”でしたね。

配属される店舗によるところが大きいと思いますが、やはりこうしたことで悩まれる方が多いようです。

ただ、この点については転職するにしても事前に企業の内部事情を把握しておきながら、丁寧にリサーチする必要がありそうです。

もし、転職で失敗したくないのであれば、ファルマスタッフなどの徹底したサポートが受けられる転職サービスがおすすめと言えます。

▶︎面談までスタッフが同行してくれる転職サービス【ファルマスタッフ】に相談してみる

マツモトキヨシを辞めたい薬剤師が行うべき対処法とは?

マツモトキヨシを辞めたい薬剤師が行うべき対処法とは?

ここからは、現在マツモトキヨシに勤めているものの、辞めたいとお考えの薬剤師の方が行うべき対処法についてご紹介していきます。

まずはゆっくりと休もう

まず、ゆっくりと休むことが大切です。

辞めたいと感じるほどにお悩みであれば、現状、心身ともに疲弊している状態なのではないでしょうか。

心と体が疲れ切っていると、良い判断を下すことは非常に難しいです。

  • 残業ばかりが続いており、ゆっくりと休めていない
  • 休日も出勤しなければならない
  • 休みの日も仕事のことばかり考えてしまう

など、もし疲労感を常に感じているのであれば、1日ぼーっとする日を作りましょう。

休息を取ることで、普段の業務がうまくいくこともあります。

また、休日も仕事のことばかり考えてしまうようであれば、趣味に没頭してみるのも選択肢です。

夢中になることが見つかれば、仕事から離れて頭も休めることができます。

辞めたい理由について考えてみる

現在、あなたが辛い、辞めたいと感じている理由とはどのようなものでしょうか。

もし、考えがまとまっていないのであれば、一度辞めたい理由について真剣に考えてみましょう。

なんとなく嫌だと思っているものの、具体的に何が辛いのかについてはよく分かっていないという方もいます。

  • 〇〇さんとの関係がうまくいかない
  • 業務内容が難しくて覚えられない
  • 残業が多すぎて辛い
  • もっと他の仕事がしたい

など、悩んでいる理由も人によって様々でしょう。

こうしたことを明確にして、紙に書き出してみると気持ちも落ち着きます。

また、転職する際の軸にすることもできるため、まずは自分の気持ちを書き出してみましょう。

先輩や上司に相談してみる

今悩んでいることが、自分一人で解決できなさそうな問題であれば、先輩や上司に相談してみましょう。

人間関係上の悩みや、仕事内容に関する悩みは、努力だけでどうにかなる問題ではないかもしれません。

  • 業務で難しいところを教えてもらう
  • もう少し忙しくない時間帯にシフト変更してもらう
  • 店舗を異動させてもらう

など、今の仕事で悩んでいることを相談し、何かしらの対策を行ってもらいましょう。

同じ職場で合わない人がいれば、店舗を変えてもらうのも選択肢と言えます。

転職先をリサーチしてみる

今の職場に少しでも不満があるのであれば、転職先をリサーチしておきましょう。

求人をチェックするだけでも、以下のようなメリットがあります。

  • 他にも働ける場所があるとわかれば、気持ちが落ち着く
  • 今の職場が恵まれているかどうかが分かる
  • 自分の市場価値を把握することができる

など、転職先を探しておけば様々なことがわかります。

また、いざ転職するとなっても、求人に目星をつけておくことでスムーズに転職することが可能です。

求人探しは無料でできるため、まずはファルマスタッフなど求人が豊富なサービスに登録してお気軽に探しておくのが良いでしょう。

▶︎面談までスタッフが同行してくれる転職サービス【ファルマスタッフ】に相談してみる

薬剤師に特化したコンサルタントに相談してみる

現在、薬剤師としての仕事にお悩みであれば、薬剤師に特化したコンサルタントに相談してみるのもおすすめです。

薬剤師の転職サービスは多数存在しており、どのサービスも無料で相談することができます。

特に、マイナビ薬剤師薬キャリなど、面談実績に定評のあるサービスを活用することで、市場を理解した経験豊富なコンサルタントから様々なアドバイスを受けることができます。

まずはこうしたサービスを利用し、今の悩みを吐き出してみましょう。

誰かに悩みを聞いてもらうことで、気持ちも楽になります。

仕事が辛い方に伝えたい3つのこと

仕事が辛い方に伝えたい3つのこと

現在、お仕事について悩んでいる方であれば、深刻に苦しい思いをされている方も多いでしょう。

ここでは、仕事が辛い方に伝えたい3つのことをご紹介します。

これまでの経験は無駄にならない

まず、これまでの経験は無駄にならないということです。

今現在、お仕事に悩んでいると、

  • 自分はダメなやつだ
  • もっと頑張らないと
  • 私はできない人間なんだ

と、自分を責めてしまいがち。

責任感が強い人ほど、こうして自分を追い込んでしまいます。

特に薬剤師の方はこれまで努力を重ねてきている人が多く、完璧思考であることも。

何かと自分を責めてしまい、うつ病や適応障害を発症してしまうこともあります。

しかし、あなたはよく頑張っています。

また、これまで培ってきた経験や努力は決して無駄にはなりません。

今後も、今まで積み重ねてきたことが、あなたの人生を支えてくれるでしょう。

自分を責めすぎず、まずは頑張ってきた自分を褒めてあげましょう。

薬剤師なら他にも働ける場所はある

薬剤師は資格保有者として、その人材価値が非常に高いです。

転職活動でも基本的には困ることがなく、今の職場がダメだからと言っても他の職場ではうまくいくことがあるでしょう。

そのため、現在働いている職場で失敗したからといって、

「きっと他の職場に行ってもうまくいかないだろう・・・」

と決めつけるのはやめましょう。

まずは他の求人探しも行ってみて、今後どうすべきかについて決めていくことが大切です。

▶︎薬キャリで求人をチェックしてみる

一人で悩まないことが大切

問題を一人で抱え込んでいないでしょうか。

人間、一人で解決できる問題には限度があります。

どうしても辛いなら、身近な人に相談するのがおすすめです。

同僚や上司、友人や家族など、どのような人でも良いので気軽に相談してみましょう。

誰かに悩みを話すだけでも、気持ちが楽になるはずです。

もし、そうした人が周囲にいないのであれば、薬剤師のコンサルタントに相談するのがおすすめです。

▶︎面談までスタッフが同行してくれる転職サービス【ファルマスタッフ】に相談してみる

ストレスを感じやすい方へ

ストレスを感じやすい方へ

中には、働いていてストレスを感じやすい方もいらっしゃるかもしれません。

あなたは、以下のような特徴がありませんか?

  • 常に人からどう思われているか気になってしまう
  • 一度注意されると数日間落ち込んでしまう
  • 些細な変化に敏感
  • 新しい職場に行くと、慣れるまでに時間が掛かる
  • これまでの人生、対人関係で悩むことが多かった

もし、こうした特徴に当てはまっているのであれば、あなたはHSPかもしれません。

HSPの薬剤師であれば、働き方も少々工夫しながら働く必要があります。

以下の記事では、HSPの方向けに具体的な対策を解説しています。

上記の特徴に当てはまるのであれば、ぜひ参考にしてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました