【仕事辞めたい】薬剤師を辞めたい時の対策とは?具体的な解決策をご紹介!

薬剤師の仕事を辞めたい 薬剤師

「薬剤師の仕事を辞めたい・・・」

「薬剤師の仕事がきつい・・・」

このようにお悩みの方は多いのではないでしょうか。

薬剤師の仕事は何かと忙しいことも多く、ストレスを抱えがちです。

今回の記事では、薬剤師の仕事を辞めたい時の対策について詳しく解説していきます。

薬剤師の仕事を辞めたい時の対策とは?

薬剤師の仕事を辞めたい時の対策とは?

現状、薬剤師の仕事を辞めたいと感じている方は、以下のような対策を行ってみましょう。

まずはゆっくりと休もう

薬剤師としての仕事をもう辞めたいと考えているのであれば、一度ゆっくりと休んでみるのも良いでしょう。

薬剤師としての業務に疲れていると、心身ともに余裕がありません。

疲労が溜まった状態で冷静な判断を行うのは、非常に難しいでしょう。

今後の方針を考えるためにも、まずはゆっくりと体を休める必要があります。

職場に休職制度などがある場合には、そうした制度を活用するのも選択肢の一つ。

また、薬剤師は資格保有者としての市場価値も高く、再就職も行いやすいです。

辛いのであれば一度退職し、しばらく休んでからもう一度再就職するのも良いでしょう。

業務を効率化してみる

「仕事がいつまで経っても終わらない」

「薬剤師業務以外の、雑務が多すぎる」

など、業務量の多さに疲れ果てているのであれば、業務を効率化してみてはいかがでしょうか。

  • 事前にスケジュール管理を徹底してみる
  • ToDoリストを作って優先順位を明確にする
  • 他の人に任せられることは任せてみる

など、工夫の仕方一つで業務を効率化することは可能です。

特に、薬剤師は本来の業務以外にも、医療事務などの雑務も行っているケースもあります。

そうした仕事は他の人に任せてみるのも効率化につながるでしょう。

業務の改善を希望してみる

先ほども解説しましたが、薬剤師は本来の業務以外にも、医療事務などの雑務を兼用しているケースもあります。

そうした別業務も担当しているのであれば、上司に改善を願ってみるのが良いでしょう。

現場の空気感で薬剤師個人の仕事量が増えていることも多く、何も言わなければどんどん負担が増えていきます。

もし、改善してもらえないのであれば、もっと働きやすい職場を探して再就職することをおすすめします。

人事異動を希望してみる

薬局やドラッグストアなどであれば、人事異動を希望してみるのも選択肢の一つです。

後述しますが、薬剤師の悩みの種になるのは人間関係であるケースが非常に多い状況にあります。

働く場所を変えるだけで、関わる人も変わるため、状況が改善されることも多いのです。

特に、薬局やドラッグストアなどは日々関わる人も固定されており、パートの方やアルバイトの方など、さまざまな人と関わっていかなければなりません。

中には、合わない人と一緒に働いているケースも多いでしょう。

試しに他店舗への異動を希望してみてはいかがでしょうか。

他の働き方も検討しよう

もし、どうしても薬剤師を辞めたいと考えている場合、他の働き方も検討してみるのが良いです。

例えば、フルタイムで働かなくとも、薬剤師なら派遣やパートとしての働き方もあります。

派遣であれば期間限定であるため、人間関係に悩んだとしても契約更新しなければ、また別の職場で働けます。

また、パートであっても薬剤師の時給は非常に高いため、短い時間だけ働いてあとは自由に過ごすという選択肢もあるでしょう。

このように、今の働き方にこだわらず、他の働き方も検討してみてください。

薬剤師専門のコンサルタントに相談してみる

お仕事ラボ

もし、現状にお悩みを抱えているのであれば、薬剤師専門のコンサルタントに相談してみましょう。

お仕事ラボなどのサービスを活用すれば、無料で薬剤師に特化したコンサルタントに相談することができます。

今の悩みもコンサルタントに相談することで、きっと心が軽くなるでしょう。

また、自分の希望に合った転職先も相談しながら探すことができます。

まずはお気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

▶︎お仕事ラボに無料相談してみる

薬剤師の仕事を辞めたいと思う理由とは?

上記では、薬剤師の仕事を辞めたいと思う時の対策をご紹介しました。

そもそも、薬剤師の仕事を辞めたいと思う理由にはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

ここでは、その具体的な理由について解説していきます。

人間関係が辛い

まず、人間関係が辛すぎることが挙げられます。

薬剤師が働く環境は非常に狭く、病院やドラッグストア、調剤薬局など、どのような環境であっても限られた人間関係の中で過ごしていかなければなりません。

社会人になれば、どのような環境であっても人間関係上の悩みは尽きないものですよね。

現場の関係性に悩んでいるのであれば、上記でも解説したように店舗の異動を願いでてみましょう。

ただし、小さい薬局や個人経営の病院など、異動が不可能な環境にある場合には、一度退職して他の仕事を探してみるのも選択肢です。

業務量が多すぎる

仕事が忙しすぎるというのも、薬剤師が仕事を辞めたいと思ってしまう要因の一つ。

薬剤師の業界は現在、深刻な人材不足に陥っており、一人あたりの業務量が非常に多くなっているのです。

また、本来であれば薬剤師の仕事ではない業務もこなす必要があり、雑務や接客など、その仕事内容も多岐に渡ります。

こうした過酷な労働環境において、

「もう少し休みたい・・・」

と考えてしまうのは自然なことでしょう。

もし、あまりにも日々の生活が忙しくて仕事を辞めたいと考えているのであれば、他の働き方も検討してみてはいかがでしょうか。

収入が低い

薬剤師は収入が低いことも辞めたい理由の一つです。

特に病院系のお仕事は給料体系も低く設定されていることがあり、どうしても給料面に不満を抱えてしまうことも多いです。

薬剤師と一言で言っても就職先の幅は広く、病院や薬局、ドラッグストアや企業など、多岐に渡ります。

今の職場で満足できる収入がもらえていないのであれば、早めに退職して別の職場を見つけてみるのも良いでしょう。

教育体制が整っていない

いざ働き始めてみたものの、現場の教育体制が整っておらず、悩んでいるという方も多いです。

  • 研修も不十分なまま、現場に放り出された
  • ミスした時のフォロー体制ができていない
  • 曖昧な状態で指示を出される

など、転職したばかりだったり、就職したばかりなのにベテラン社員と同じように指示を出されて困惑してしまうということもあるようです。

こうした教育体制の整っていない環境で仕事をするのは、本当に辛いですよね・・・。

薬剤師の仕事を辞めたいと感じる時、試してみたいこと

現状、薬剤師の仕事を辞めたいと感じているのであれば、退職してしまう前に以下のことを試してみてはいかがでしょうか。

求人情報を眺めてみる

本格的に転職活動を開始しなくとも、転職サイトに登録だけしておいて求人情報を眺めてみるのも選択肢の一つ。

エージェント形式の転職サービスであれば、コンサルタントと面談をする必要があり、何かと労力が掛かります。

しかし、転職サイトなどであればとりあえず登録だけしておけば、あとは後は求人情報を眺めるだけでも問題ありません。

他の求人をチェックしてみて、今の職場とどう違うか比較してみるのも良いでしょう。

薬剤師の仕事を辞めるべきケースとは?

この記事を読まれている方の中には、

「薬剤師を辞めたいけど、本当に辞めても良いのだろうか?」

と迷っている方も多いでしょう。

ここでは、薬剤師の仕事を辞めるべきケースについて詳しく解説していきます。

心身に異常が生じている

まず、心身に異常が生じている方は、薬剤師の仕事を一旦退職した方が良いでしょう。

例えば、あなたは以下のような症状が出ていないでしょうか。

  • 理由もないのに涙が出てくる
  • 死にたいと思う時がある
  • 職場にいくのが憂鬱で吐きそうになる

もし、このような状況に陥っているのであれば、うつ病や適応障害を発症している可能性があります。

体の故障は時間が経てば治りますが、心の病は治らないことも。

病気が進行して悪化する前に、一度退職することをおすすめします。

悩みが長期化している

人間関係の悩みや仕事上の悩みなど、どのような問題を抱えているかは人によるところでしょう。

しかし、いずれにせよ時間が経ってもずっと悩み続けている場合、そもそもの環境が合っていない可能性が高いです。

半年〜1年ほど経過しても一向に悩み続けているのであれば転職を検討するのがおすすめです。

上司が話を聞いてくれない

人手不足に陥っている職場であれば、様々な業務を一人の薬剤師に押し付けていたり、サービス残業が横行しているなどの問題が発生します。

そうした問題について、上司に相談したことがある人も多いでしょう。

しかし、ずっと相談しているのに、上司がなんの対応も取ってくれない場合には、職場を変えた方が良いケースもあります。

そもそも、過重労働になるのは上司のマネジメントが出来ていないからであり、環境自体に問題があるのです。

今の職場で苦しみ続けるのではなく、もっとライフワークバランスを充実させられるような環境に身を移すことも検討してみましょう。

薬剤師の仕事を辞めなくても良いケースとは?

ここからは、薬剤師の仕事について悩んでいるものの、辞めなくても良いケースをお話しします。

まだ迷っているという場合、以下のケースに当てはまれば退職しなくても良いでしょう。

理解ある人が上司である

先ほどは話を聞いてくれない上司であれば退職した方が良いとお話ししましたが、反対にあなたのことをよく理解してくれる上司であるなら、もう少し留まっても良いでしょう。

時期的に仕事量が増えてしまうのはある程度仕方のないことも多く、繁忙期が過ぎれば要望を聞いてもらえることもあります。

あなたの話によく耳を傾け、状況を改善してもらえそうであれば退職しなくとも良いでしょう。

ただし、いつまで経っても問題を先送りにするような上司であれば、退職も視野に入れましょう。

努力で改善できる問題に直面している

今の問題が、時間と共に解決されそうであれば、そのまま継続して仕事を続けるのも良いでしょう。

例えば、業務が覚えられていないことがストレスの原因であったり、最初の研修がきつい、などです。

こうした問題であれば個人の努力次第で今後改善されることが予想されます。

個人の力でどうにかなりそうであれば、もう少し続けてみる価値はあるでしょう。

ただし、あまりにも悩み事が長期化していたり、過剰なストレスを感じているのであれば、早めに退職した方が良いです。

気持ちが曖昧

ストレスは感じているものの、退職するほど悩んではいない・・・

という場合も、もう少し頑張ってみても良いかもしれません。

退職してから転職先を見つけるには、かなりの労力が必要です。

中途半端な気持ちで退職しても、なかなか転職先が見つからないというケースもあります。

まずは自分の気持ちを定めてから、行動に踏み切るのが良いでしょう。

もし、今の環境が自分に合っているかどうか分からない場合は、薬剤師に特化したコンサルタントに相談してみるのがおすすめです。

退職するメリットは?

薬剤師の仕事を辞めたいと考える方は、まず退職するメリットを押さえておきましょう。

どのような利点があるのかを事前に把握しておけば、今後の選択に役立ちます。

ストレスから解放される

まず、ストレスから解放されるのは退職する最大のメリットでしょう。

現状、人間関係や業務の多忙さなど、様々な場面で苦痛を感じているはず。

こうした問題から解放され、日々自由になるのは退職のメリットです。

ただし、後述するように退職には金銭面や精神面でもデメリットがあるため、事前の計画を徹底しておくことが大切です。

自分に合った職場を探せる

退職して転職サービスなどを活用すれば、自分に合った職場を探すことができます。

薬剤師は資格保有者としてその市場価値も高く、今の職場で我慢し続けなくても他に最適な環境はいくらでもあります。

そうした自分に合った環境で、もっと伸び伸びと働くことも可能です。

どうしても辛いのであれば、早めに退職して転職先を探してみるのが良いでしょう。

収入アップの可能性がある

現在、仕事を辞めたいと考えている薬剤師の方で、収入が上がらないことが原因で悩んでいる方も多いでしょう。

特に、病院勤務の方などは全体と比較しても給与水準が低めに設定されていることもあり、収入に不満を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もし、収入面で不満を感じているのであれば、退職して他の環境に身を移すことで給料が上がる可能性もあります。

ドラッグストアなどは全体的にも給料が高い傾向にあり、転職先に選べば今よりも高年収になることもあるでしょう。

収入に不満があるのであれば、別の環境を探してみてはいかがでしょうか。

退職するデメリットは?

上記では薬剤師の方が退職するメリットについて解説しましたが、デメリットも存在しています。

収入がなくなる

まず、収入がなくなってしまうのが最大のデメリットです。

転職活動を辞めてから行う場合、一度無職期間を挟みます。

当然ですが、食を失えば収入もなくなってしまうでしょう。

収入がなくなり、焦りが生じてしまえば妥協して転職先を選びがちです。

もし、収入がなくなるのが不安なのであれば、なるべく働きながら転職活動を行うことをおすすめします。

無職になる

無職になってしまうのも、デメリットの一つ。

退職すると一度無職になり、周囲からの視線が気になってしまう方もいらっしゃるでしょう。

金銭面よりも、精神的なプレッシャーを感じることも、デメリットと言えます。

まとめ

今回の記事では、薬剤師の仕事を辞めたいと感じている方に向けて対策をご紹介しました。

薬剤師は色々と悩みの多い職業ですが、どうしても辛いなら転職も検討しましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました