大阪市役所を辞めたい|みんなの退職理由と対策方法

大阪市役所を辞めたい

※本ページにはプロモーションが含まれています

大阪市役所を辞めたい・・・

市役所を辞めたいけど、これからどうするべき?

このようにお悩みではないでしょうか。

今回の記事では、大阪市役所を辞めた方の理由についてまとめた上で、市役所を辞めたい時のポイントなどについて詳しく解説していきます。

これから大阪市役所を辞めたい方はぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人
カケル

元公務員。激務により体調を崩して退職。

そこから会社員に転職し、現在は独立してWEBマーケティング事業を運営。

公務員の転職なら「公務員転職コンシェルジュへ!」

公務員の転職なら、公務員転職コンシェルジュへお任せください!

公務員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

目次

大阪市役所を退職した人の理由

ここからは、実際に大阪市役所を退職した人の理由について見ていきましょう。

業務が忙しかった(20代女性)

公務員なので福利厚生は非常に充実していました。有休も取ることができます。しかし、部署によっては休めない部署もあり、残業時間も異なります。ひどいと終電まで残業があります。自分はかなり忙しい部署に配属されてしまい、退職。

専門性が活かせなかった(20代女性)

公務員なので専門性というよりはゼネラリストが求められます。3~4年程度で異動になるため、何か専門性を極めたいという人には不向きです。私自身は専門性を活かしてやりたいことがあったので転職しました。

給与が上がらなかった(30代男性)

思っていたよりも給与が上がらず、今後の将来性がないと思ったので転職しました。また、現場の空気的に何か特別なスキルを習得できるわけでもなく、個人で稼げる力を身につけたいと思った。

年功序列が嫌だった(30代男性)

基本的に年功序列で給料が上がっていく仕組みであるため、仕事ができない人でも給料が上がる体制に不満を覚えた。何も仕事をしていない人が自分の2倍もの給料をもらっていることが嫌だったので退職しました。

公務員の転職なら「公務員転職コンシェルジュへ!」

公務員の転職なら、公務員転職コンシェルジュへお任せください!

公務員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

大阪市役所を辞めたい時の対策

ここからは、大阪市役所を辞めたいと思う時の対策について解説していきます。

趣味に没頭してみる

ストレスを軽減し、仕事に対する視点を広げるためには、自分の時間を大切にすることが不可欠です。

特に、趣味や興味を持つ活動に没頭することで、日々の仕事のことを忘れることができ、リフレッシュできます。

・休日に旅行へ行ってみる
・ゲームに没頭してみる
・自己啓発本を読んでみる

など、何か趣味を持ってみるのも良いでしょう。なお、筆者は仕事が辛い時はよく啓発本を読んでしました。(結果的に転職しましたが)

ただし、趣味に没頭したとしても根本的な解決策にはならないので、あくまでプライベートと仕事を区切って考えることができる人におすすめの方法です。

仕事と割り切って生活するのが難しいのであれば、以下の対策方法も行ってみてください。

休職してみる

市役所を辞めたいと感じた場合、一時的に休職することを検討することも一つの対策となります。

休職は、一定期間働かずに自分自身をリセットし、人生やキャリアについて再考することができます。

この記事を書いている私自身も、2ヶ月ほど休職し、その後に退職・転職しました。

休職期間中に次のキャリアについて計画することもできるので、まずは時間を確保してみることもおすすめです。

部署異動を申請してみる

退職してしまう前に、まず部署異動を申請してみる方法もあります。

仕事の内容や人間関係にストレスを感じている場合、新しい部署への異動は環境の変化をもたらし、自分の気持ちをリセットできる可能性もあるでしょう。

ただし、異動申請は必ずしも通るわけではなく、場合によっては現場で嫌がらせなどを受ける可能性もあるので、まずは信頼できる上司などに相談しながら慎重に進めることが大切です。

なお、そもそも職場に信頼できる人がいないのであれば、以下でも解説するキャリアコーチング転職エージェントなどを利用してみるのがおすすめです。

公務員に特化した転職サービスを利用する

大阪市役所を辞めたい、今の仕事が辛いと感じている方は、公務員に特化したサポートである公務員転職コンシェルジュへご相談ください。

公務員の転職に詳しいコンシェルジュが無料で転職のサポートを行います。

・公務員に最適な求人の紹介
・転職する際のポイント
・実際に退職した人の体験談

など、無料でカウンセリングを実施しながら様々な情報をご提供しております。

まずはお気軽に以下のリンクよりご相談ください。

公務員の転職なら「公務員転職コンシェルジュへ!」

公務員の転職なら、公務員転職コンシェルジュへお任せください!

公務員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

適職診断を受けてみる

自分が本当に求めているものや、自分に適した職業を理解するためには、適職診断を受けることが一つの手段となります。

僕自身も公務員からIT系に転職しましたが、在職時は自分がIT系に向いているなどとは思っていませんでした。

適職診断は、現在の仕事が自分に合っているのか、それとも他のキャリアがより適しているのかを明らかにすることができます。

その結果をもとに、市役所を辞めるべきか、あるいは他の対策を検討すべきかを考えることも可能です。

3分ほどで無料診断ができるので、まずはお気軽にチェックしてみるのも良いでしょう。

信頼できる人に相談してみる

市役所を辞めたいと思うとき、感情や考えを整理するために信頼できる人に相談することは非常に有効な手段です。

例えば、

・信頼できる上司
・友人
・家族

など、心を許せる人に相談してみましょう。ただし、できれば転職に対して偏見がない人に相談するのがおすすめです。

私自身も最初は家族や友人に相談していましたが、誰も転職した人がおらず、基本的には転職に反対意見を述べる人ばかりでした。

そのため、大切なのは自分の悩みや不安を理解し、中立的な視点からアドバイスを提供できる人物と話すことです。

もし、そうした人が周囲にいないのであれば、キャリアコーチングなどのサービスも活用してみましょう。

コーチングサービスなどは有料ではあるものの、転職に詳しい第三者に相談することができるので、まずは無料カウンセリングなどを受けてみるのもおすすめです。

転職先を探してみる

市役所を辞める前に、まずは具体的な転職先の選択肢を探ることも重要なステップです。

興味のある業界や企業、または自身のスキルを活かせる職種について調査し、その業界や職種で働くことが自分にとって満足のいく選択であるかを考えてみましょう。

dodaなどの転職サービスが無料で利用することができますし、専任のアドバイザーの相談を無料で受けられるのは大きなメリットです。

僕自身も、転職する際には転職エージェントを利用しました。色々知らないことも教えてくれるので、おすすめです。

まとめ

今回の記事では、大阪市役所を辞めたい人の退職理由や対策方法について解説しました。

市役所は非常に安定している職場ではあるものの、やはりやりがいなどの面では不満を感じている人が多いようです。

もし、現状に不満があるのであれば、何かしら行動を起こすことが大切です。上述した適職診断やサイトなどをうまく活用し、今後の転職に活かしてみてください。

仕事を辞めたい時に利用すべきサービス

適職シュミレーションアプリ「ASSIGN」20代〜30代向け
3分で適職診断が出来る。完全無料なので、仕事に悩んだらまず利用すべきアプリ。適職をすぐさま分析してくれるので、まずは今後のきっかけ作りとして利用してみるのがおすすめ


doda【全世代におすすめ】
本気で転職を考え始めたら最初に登録すべきサービス。誰もが知っている大手サービスで、信頼度も抜群。とりあえず登録して求人をチェックしてみるだけでも心が楽になります。

マジキャリ
転職を検討しているものの、まだ辞めたいというほどでもない方におすすめ。キャリアコーチングなので、現状で上手くいく方法も一緒に考えてもらえる。幅広い選択肢を検討したいなら、まずは無料カウンセリングを受講してみてください。

The following two tabs change content below.
日々POSレジに関する情報を発信し、POSレジ導入の支援を行っています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次