仕事辞めたい、向いてないと感じる時の解決策は?年代別に解説!

退職

今回の記事では、「仕事を辞めたい、向いてない」と感じる方に向け、年代別に対策を解説していきます。

仕事に向いていないかもしれない、とお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

  1. 仕事辞めたい、向いてないと感じる時の対策4選
    1. 自己分析を徹底する
    2. キャリア診断してみる
    3. 転職先を探しておく
    4. 信頼できる人に相談する
  2. 仕事辞めたい、向いてないと新卒で感じる方へ
    1. 新卒社員は憂鬱な気持ちになりがち
    2. とりあえず3年続けるべき?
    3. すぐ辞めた方が良い状況は?
  3. 仕事辞めたい、向いてないと2年目で感じる方へ
    1. 2年目は第二新卒扱いで有利
      1. 教育コストをかけずに済む
      2. ポテンシャルが高い
      3. 離職率が低い
    2. 20代なら巻き返しは十分可能
      1. 20代に特化した転職アプリやサイトも多数ある
      2. スキルを身につけて転職するのも選択肢
  4. 仕事辞めたい、向いてないと3年目以降で感じる方へ
    1. 3年目も第二新卒扱いで有利
    2. 3年目で仕事に向いてないと感じる方は多い
    3. 3年目は一つの節目
  5. 30代や40代で向いてないと感じる時の対策
    1. 30代以上の転職は慎重に
    2. 独身や貯金があればすぐに転職してもOK
    3. 既婚者は家族とよく話し合おう
    4. 30代以上の方で転職するならエージェントにまずは相談しよう
  6. 仕事を辞めたい、向いてないと感じる理由とは?
    1. 思い描いていた仕事と違っていた
    2. 同じミスを繰り返している
    3. 責任やプレッシャーに押し潰されそうになる
    4. 他にやりたいことがある
  7. 仕事の向き不向きを判断するには?
    1. 他の仕事と比べて劣等感を感じる
    2. 自分の価値基準に沿った仕事ができているか
    3. 仕事にやりがいやモチベーションを感じられるか
    4. 成果が出せているか
    5. 将来のイメージができるか
  8. 仕事に向いてないと感じて辞める時の注意点
    1. 転職する場合
    2. 現状維持する場合
  9. まとめ
      1. カケル
      2. 最新記事 by カケル (全て見る)

仕事辞めたい、向いてないと感じる時の対策4選

仕事辞めたい、向いてないと感じる時の対策4選

まず、仕事を辞めたい、向いてないと感じる時の対策について解説していきます。

もし、現状辛い思いをしているのであれば、以下のような対策を行ってみてはいかがでしょうか。

自己分析を徹底する

今の仕事に向いてないと感じる場合、自分自身の適性と仕事がマッチしていない可能性があります。

まずは自己分析を行ってみて、自分自身の適性について知ってみてはいかがでしょうか。

自己分析というと難しく聞こえますが、紙に自分のやりたいことや得意なこと、今の仕事に不満があることを書き出すだけでOKです。

こうしたことを視覚化するだけでも、かなり心が楽になりますよ。

キャリア診断してみる

転職活動を本気で開始する前に、キャリア診断を受けてみるのも選択肢です。

今ではVIEWなどの無料で診断できるアプリが登場しており、誰でも3分程度で診断することができます。

無料で診断すれば、これから受けられる企業が一目で分かります。

自己分析ツールとしても活用できるため、気軽に利用してみるのがおすすめです。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

転職先を探しておく

退職してしまう前に、転職先についてある程度リサーチしておきましょう

すぐさま転職しない場合でも、転職先を探しておくことで以下のようなメリットがあります

  • 他に働ける場所があると分かれば、気持ちが落ち着く
  • 自分の市場価値を分析できる
  • 転職のプロに相談できる

など、実際に転職しなくとも転職先を探すことは非常に意味のあることなのです。

転職エージェントなどにアカウントを作成しておけば、求人情報なども無料で知ることができます。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

信頼できる人に相談する

そもそも、これからどう生きていきたいのか、今後のキャリアについてよく分かっていないという方も多いでしょう。

そうした方は、転職する前に自分自身について深く知る必要があります。

ただし、自分だけでこうしたことを分析するのは難しいです。

もし、生き方そのものについて悩んでいるのであれば、ポジウィルなどのサービスもおすすめです。

こちらは有料ではありますが、転職する前の自分の根本的な生き方や今後のキャリアについてパーソナルトレーニングを行ってもらえます

“どう生きていきたいのか?”という基本的な人生の指針を知りたい方は、利用を検討してみても良いでしょう。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】に無料相談してみる

仕事辞めたい、向いてないと新卒で感じる方へ

仕事辞めたい、向いてないと新卒で感じる方へ

新しい日々のスタートに、ドキドキ・ワクワクしながら出社した社会人1日目。

1週間があっという間に過ぎ、気付けば3ヶ月も経っていた…。

覚えることが多過ぎて、毎日疲弊している

上司や同僚と上手くいかない

このように悩み始めた方も多いのではないでしょうか。

社会人になると、「とりあえず3年は続けるべき」とよく聞いたり、言われたりしませんか?

本当に3年は続けるべきなのか…

仕事を辞めたい・向いてないと感じている新卒の方に、なぜ辞めたいと思うのか、3年続けるべきなのか、解説していきます。

新卒社員は憂鬱な気持ちになりがち

職場の人間関係が上手くいかない

何をやっても上手くいかず、仕事が向いていない気がする

新卒社員は職場の人間関係や業務内容など、初めてのことばかりで上手くいかないことが多いでしょう。

覚えなければいけない業務はたくさんあるし、職場の人も気が合う人ばかりとは限りません。

新しいことに挑戦するのですから、常に気を張っていて疲れてしまうこともあります。

憂鬱な気持ちになることもしばしばあるでしょう。

しかし、毎日ストレスを感じて、辛い状態を続ける必要はあるのでしょうか?

職場環境や体調など自分の状況を把握し、転職するのもひとつの手です。

とりあえず3年続けるべき?

社会人になったばかりの時によく言われるのが「とりあえず3年は続けよう」。

ある程度の期間働かないと、仕事内容は理解できないですし、勤務していた期間があまりにも短いと転職で不利になりやすいです。

しかし、仕事内容や個人の力の差によってかかる時間は違います

また、転職が当たり前になってきている現代では、必ずしも不利であるとは限りません。

最近は、第二新卒という言葉もよく聞きます。

新卒から3年以内に仕事を辞めて、転職する人も多くいるのです。

今の仕事が向いていないと感じていて、気になる企業が第二新卒を募集しているのであれば、早めに転職活動するのもおすすめです。

すぐ辞めた方が良い状況は?

毎日残業しているけど、残業代がつかない

仕事に行こうとすると、体調が悪くなる

仕事を辞めたい理由はさまざまあると思いますが、上記のような場合は早めの退職をおすすめします。

残業しているのにお給料がでないのはブラック企業といっていいでしょう。

長時間労働や上司からのパワハラなど劣悪な環境に長くいると感覚が麻痺し、通常ではあり得ないことも当たり前に感じます。

自分では大丈夫と思っていても、仕事に行こうとすると体調が悪くなるのは、あなたの体が発している危険信号です。

「入社したばかりだから…」と考えず、自分自身としっかり向き合ってみましょう。

ストレスで体調を崩し、働けなくなってはもともこもありません。

仕事辞めたい、向いてないと2年目で感じる方へ

仕事辞めたい、向いてないと2年目で感じる方へ

新卒で入社して1年が経ち、2年目に突入…。

まだまだ覚えることが多く、仕事を辞めたい、向いてないと感じている方もいるかもしれません。

どうしても辛く、しんどい場合は転職も選択肢のひとつです。

2年目だからといって、必ず転職活動で不利になるとは限りません。

2年目は第二新卒扱いで有利

新卒2年目で会社を辞めた場合、第二新卒扱いになるので採用にあまり影響はないでしょう。

第二新卒であれば、まだまだ若いので新卒と同様、もしくはそれ以上に必要としてくれる企業もあります。

では、企業が第二新卒をそこまで必要とする理由は何なのでしょうか?

今回は、下記の3つを紹介します。

教育コストをかけずに済む

第二新卒者は、数ヶ月〜数年は企業で働いていた経験があります。

そのため、新卒よりもある程度のビジネスマナーは身についているでしょう。

社会人未経験の新卒者は、基本的なビジネスマナーの教育が必要となるため、実際に働くまでには時間とお金が掛かります。

そのため、できるだけ即戦力を必要としている企業は、早い段階で仕事に参加できる第二新卒者が有利です。

ポテンシャルが高い

第二新卒者は、新卒と同様の積極性や吸収力があるため、将来性があります。

そのうえ、上記で紹介したようにビジネスマナーも身についているため、潜在的な能力の可能性に期待されやすいでしょう。

経験が浅い分、第二新卒者のポテンシャルを求めて採用する企業は多くあります。

離職率が低い

第二新卒者は、前職の経験から自分の得意・不得意をしっかりと理解し、転職活動をしている傾向が多いです。

そのため、新卒と比べると離職率が低いです。

一度企業を経験し、できること・できないことを把握している第二新卒者は同じ失敗を繰り返さないよう、慎重に転職活動をします。

企業もせっかく採用したのに、すぐに辞められては困るのです。

できるだけ長く勤めてほしい企業にとっては、転職活動を慎重に行う第二新卒者はとても魅力的でしょう。

20代なら巻き返しは十分可能

年齢も若く、まだまだポテンシャルのある20代なら巻き返しは十分できます。

ひとり悩んで一歩踏み出す勇気がないあなたに、準備しておくとよい2つのことを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

20代に特化した転職アプリやサイトも多数ある

20代の若手向けの転職アプリやサイトを利用して、自己分析や企業探しをするとよいでしょう。

例えば、VIEWの無料キャリア診断アプリやポジウィルがおすすめです。

どちらも無料で利用でき、自分に合った企業を探したり、キャリアコーディネーターが転職サポートをしてくれます。

自分では気づかなかった適性を見つけられたり、面接のサポートもしてもらえるので、積極的に利用することをおすすめします。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】に無料相談してみる

スキルを身につけて転職するのも選択肢

特に身につけておくと有利なのが、プログラミングなどのIT系の専門スキル。

しかし、プログラミングと聞くと難しそうでなかなか手を伸ばせない方も多いかもしれません。

そんな方におすすめなのが、「DMM WEBCAMP」です。

プログラミング未経験の方でも最短でスタートラインに立てるよう、現役エンジニア講師がサポートしてくれます。

DMM WEBCAMPは経済産業省に認定されたスクールなので、条件に当てはまれば授業料の70%が給付金として支給されます。

無料カウンセリングで詳しく聞くことができるので、気になる方はお気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

▶︎未経験からエンジニアへ。転職保証付きスクール「無料カウンセリング」へ申し込む

仕事辞めたい、向いてないと3年目以降で感じる方へ

仕事辞めたい、向いてないと3年目以降で感じる方へ

新卒3年目で、業務や職場に慣れてきたからこそ感じる違和感もあるでしょう。

そのモヤモヤを感じているのはあなただけではありません。

これまでの経験を活かして、素敵な企業と出会う、よいチャンスかもしれません。

3年目も第二新卒扱いで有利

新卒3年目、業務や職場の人間関係にも慣れてきた頃、転職を考える方も多いでしょう。

ある程度の経験をしながらも、まだまだポテンシャルの高い3年目の若者は、第二新卒扱いで転職に有利です。

前職での経験を活かしつつ、柔軟な吸収力や積極性を活かして新たなスキルを習得できる可能性のある3年目。

潜在能力を秘めた第二新卒者を必要とする企業は、たくさんあります。

3年目で仕事に向いてないと感じる方は多い

3年経ったのに、仕事でミスが多い

「自分が何をしたいのかわからず、仕事にやりがいも感じない

中にはこのように悩んでいる方もいるかもしれません。

業務に慣れてきて自分の得意・不得意がわかってきたり、周りの同期が次々と転職していったりと、変化が多くなる3年目。

このタイミングで、仕事に向いていないと感じる方はとても多いです。

あらためて、これから何がしたいのか、どうなりたいのか自分と向き合う時間を作ってみましょう。

あまり難しく考えず、思ったことを紙に書き出してみると、頭もスッキリ整理されますよ。

3年目は一つの節目

入社してから3年が経つと、業務や職場環境にも慣れてきて、会社の全体像もある程度見えてきたでしょう。

日々の業務の中で、自分がやりたい仕事を見つけたり、将来のキャリア設計が見えてきたかもしれません。

3年という一つの節目に、自分の目標を明確にして転職してみるのもよいでしょう。

具体的な目標を掲げた転職は、自分を成長させる大きな一歩に繋がります。

30代や40代で向いてないと感じる時の対策

30代で長年勤めた会社だけど、向いていない気がする

もう若くないけど、今の仕事をこのまま続けていいのか不安…

このように長年勤めた会社でも向いていない気がしたり、慣れてきた業務に変化が欲しくなったりすることもあるでしょう。

30代や40代でも仕事が向いていないと感じる時は、辞めても大丈夫です。

しかし、勢いで辞めることはしないでください。

下記では、30代・40代で向いていないと感じる時の対策方法を紹介していきます。

30代以上の転職は慎重に

30代を過ぎてから転職活動をする場合は、勢いで辞めることはせず、慎重に行動しましょう。

新卒や20代であれば勢いで会社を辞めてからでも、ポテンシャルを見込まれてある程度スムーズに就職先が決まるかもしれません。

しかし30代以上となると、前職での経験やスキル、計画性などがより重要になります

勢いで辞めて収入がない期間が続くと、金銭的・精神的な余裕がなくなり、企業選びを妥協してしまうことも。

また、働いていない期間をブランクと捉えられてしまい、転職活動で不利になる可能性もあります。

状況にもよりますが、一旦落ち着いて、自分の置かれている状況を把握してから慎重に行動することをおすすめします。

独身や貯金があればすぐに転職してもOK

もし、あなたが独身である程度の期間生活できる貯金があるのであれば、すぐに転職しても問題ないでしょう。

独身であれば自由に生活できますし、貯金を崩せば少しの間はいつも通り生活できます。

しかし、あまりおすすめはしません。

いつ決まるか分からない転職活動をしながら、ただ減っていく貯金通帳をみていると、毎日不安に押し潰されそうに…。

刺激的な日々を過ごしたいならいいと思いますが、できるだけ安心・安全に過ごしたいですよね。

既婚者は家族とよく話し合おう

結婚している場合は、必ず家族の人とよく話し合ってから行動するようにしましょう。

ひとりで決めてしまっては、家族も心配しますし、収入面で奥さんにかなりの負担がかかることも。

また、相談せずに決めたことで家族間に亀裂が入り、関係が悪くなる可能性もあります。

仕事と収入がない不安だけでなく、家族との関係が悪化してしまうのは避けたいですよね。

転職話を切り出すのは勇気がいると思いますが、正直な気持ちを伝えることで、家族も真剣に考えてくれるでしょう。

家族を不安にさせないためにも、辞める前にしっかりと相談しておくことをおすすめします。

30代以上の方で転職するならエージェントにまずは相談しよう

引用:リクルートエージェントホームページより

30代以上で転職を考えている方に利用してほしいのが、転職エージェントです。

中でも、「リクルートエージェント」なら10万件以上の案件が取り扱われており、年代関係なく最適な求人を紹介してもらえます。

今までの経験やスキルが重要な30代以上の転職。

必ず成功させたいですよね。

自己分析をして自分で探すのはもちろん、転職に詳しいエージェントに相談することで、よりよい企業に出会えるかもしれません。

無料で利用できるので、まずは気軽に相談してみてはいかかでしょうか。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

仕事を辞めたい、向いてないと感じる理由とは?

ここまで、仕事を辞めたい・向いていないと感じる方へ、年代別で対策方法を解説してきました。

しかし、そもそもなぜ仕事を辞めたい・向いていないと感じるのでしょうか。

今回は、代表的な理由を5つ紹介していきます。

思い描いていた仕事と違っていた

一つ目が、「思い描いていた仕事と違っていた」ということです。

いわゆる、想像と現実のギャップですね。

特に社会人1年目は、業務を覚えることに精一杯で余裕もなく、思っていた仕事と違うと感じることも多いでしょう。

入社前に思い描いていた社会人生活と現実の差が大きいほど、思った通りの仕事が出来ず、仕事に向いていないと感じます

同じミスを繰り返している

二つ目が、「同じミスを繰り返している」ことです。

入社して1〜2年経つと、業務にもある程度慣れてくる頃でしょう。

何度も同じミスを繰り返していると、自己肯定感も下がっていき、向いていないと感じる方も多いです。

責任やプレッシャーに押し潰されそうになる

入社してある程度経つと、任される仕事が増えたり、役職についたりすることもあるでしょう。

会社から期待されていることは嬉しいけれど、その分責任やプレッシャーも大きくなります。

リーダー的存在になると、「自分に務まるのか」「失敗は許されない」などと過度なストレスを感じることもあるかもしれません。

あまり無理をすると体調を崩したり、働けなくなる可能性もあるので、一度立ち止まって休息をとることも大切です。

他にやりたいことがある

最後に考えられる理由は、「他にやりたいことがある」からです。

「〇〇業界に就職したかった」

「本当はこんな仕事に興味がある」

このように、今している仕事が自分のしたい仕事と違う場合は、今の仕事に魅力を感じられないでしょう。

魅力を感じられない仕事に身を入れるのは難しいことです。

やりたいことがはっきりしているのなら、自己分析や企業選びをしっかりと行い、転職するのもよいでしょう。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

仕事の向き不向きを判断するには?

「仕事の効率が悪く、何度やっても同じミスを繰り返す」

「ただなんとなく向いていないと感じる」

あなたが自分自身の、仕事の向き不向きを判断する時の基準はありますか?

実際に転職を考える場合は、自分だけ同じミスを繰り返していたり、周りとの実力の差が見えてくると自信がなくなっていきます。

同じ業務をしているはずなのに、一人だけ置いていかれるような感覚になり、自分にこの仕事は向いていないと感じるのです。

他の仕事と比べて劣等感を感じる

他の企業で働く友人から、充実した社会人生活を送っている話を聞くと、自分と比べ劣等感を感じる人もいるのではないでしょうか。

ある程度仕事に慣れてくると、自分とはまた違った仕事をしている人の話を聞いて刺激を受けたり、羨ましく感じることもしばしば。

その結果、自分の仕事の嫌な部分ばかりに目がいって、今の仕事は向いていないと考える要因となります。仕事の向き不向きを判断するための”軸”をしっかり持っておく必要があります

今回は4つの判断基準を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

自分の価値基準に沿った仕事ができているか

あなたが仕事に対して求めることや、人生において大切なことはなんですか?

あなた自身が持っている価値観や考え方など、深層心理で大切にしていることを”価値基準”といいます。

価値基準に沿った仕事ができていると満たされた気分になり、そうでなければストレスを感じやすい。

もし価値基準が定かでない方は、最初の質問に対して思ったことをすべて紙に書き出してみてください。

あなたが大切にしていることが、どんどん見えてくるでしょう。

もし、どう生きていきたいのかという軸がはっきりしていないのであれば、ポジウィルなどのコーチングサービスを利用するのも選択肢の一つです。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】に無料相談してみる

仕事にやりがいやモチベーションを感じられるか

仕事にやりがいやモチベーションを感じられるかどうかは、とても大切なことです。

やりがいやモチベーションがなければ、トラブルが合った時にすぐに嫌になってしまったり、ストレスを感じやすくなります。

逆に、働くことが楽しかったり、自分なりに目標ややりたいことがあるのであれば、仕事が向いていないと判断する必要はないでしょう。

成果が出せているか

目に見えて一番わかりやすい基準が、仕事で成果が出せているかどうかです。

リーダー的存在に抜擢されたり、リーダーではなくとも何か実績を残せていたり。

逆に、周りの同期と比べて成果が少なかったり、成長速度にあまりにも差があると仕事が向いていない可能性もありますね。

成果のあるなしで、仕事の向き不向きを完全に判断する必要はありませんが、判断基準の一つとしては参考にしてもよいでしょう。

将来のイメージができるか

これから先3年後、5年後の自分の姿がイメージできますか?

自分がやりたい仕事に携われているか、どこまで成長できているかなど、将来の前向きなイメージは思い浮かぶでしょうか。

これからも働いていく上で、将来のなりたい姿や目標がイメージできない場合は、他に自分が成長できる場所があるかもしれません。

自分と向き合う時間を作り、これからどうなりたいのかじっくり考えてみてはいかかでしょう。

仕事に向いてないと感じて辞める時の注意点

実際に仕事に向いてないと感じて辞めると決めた場合、転職する際に気をつけておくべきことは何なのでしょうか。

また、仕事に向いていないと感じている状態で、現状維持する場合の注意点についてもお話していきます。

転職する場合

必ずしてほしいのが、自己分析です。

自分に向いている仕事が明確でないと、転職先でも同じことの繰り返しになるでしょう。

自分のやりたいことやできることを明確にしておくことで、後悔や失敗のない転職ができます。

自己分析ができる無料アプリケーションや、転職エージェントを積極的に利用して、自分に向いている仕事を見つけましょう。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

現状維持する場合

向いていないと感じながらも今の仕事を続ける場合は、メンタル面のケアをしっかり行いましょう。

違和感を感じながらする仕事は、少しづつ確実にストレスを溜め込んでしまいます。

ストレスを溜め込んだままにしておくと、体調を崩したりいつか必ず限界がくるでしょう。

そうなる前に話をできる人を作っておいたり、少しでも仕事に達成感を感じられることが大切です。

まとめ

仕事を辞めたいと思うのは誰しもあることです。

その気持ちを無視せず、今後のキャリアについて見つめていくようにしましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました