サンドラッグを辞めたい薬剤師|みんなの退職理由と対処法

サンドラッグ辞めたい薬剤師 薬剤師

「サンドラッグを辞めたい・・・」

「薬剤師からの転職は、どうしたらいいの?」

このようにお悩みではないでしょうか。

今回の記事では、サンドラッグを辞めたいとお考えの薬剤師の方に向け、具体的な対策をご紹介していきます。

サンドラッグを辞めたい薬剤師の理由とは?【実際の口コミ】

サンドラッグを辞めたい薬剤師の理由とは?【実際の口コミ】

サンドラッグを辞めたい薬剤師の方は、どのような理由があるのでしょうか。

ここでは、実際の口コミを元に、辞めたい理由について解説していきます。

接客が辛かった

接客は最初好きだったんですが、多くの作業をしながら接客を行うのが辛いと感じるようになりました。クレームをつけてくる顧客もおり、接客なら仕方のないことですが、そうしたことがストレスになり退職。

仕事が忙しい

残業がだんだん辛くなってきて、もう少し別の仕事がしたいと思うようになった。

一人あたりの作業時間が長いように感じた

人手不足により、業務量が多くなっている

土日の休みが取りにくかった

薬局なので仕方がないが、どうしても土日祝日の休みが取りにくかったので退職。

土日に勉強会があるのも辛かった

他の職場も経験したい

新たなジャンルもトライしてみたいと考えるようになった

サンドラッグを辞めたい薬剤師の理由まとめ

上記の通り、サンドラッグを辞めたい薬剤師の理由は以下のようなものでした。

  • 接客が辛かった
  • 仕事が忙しかった
  • 土日も休みたいと思った
  • 他の職種もトライしてみたいと思った

どの薬局でも同じだと思いますが、やはり店舗によって状況は変わってきそうです。

そのため、転職したとしてもリサーチを怠ると似たような理由で転職を繰り返すリスクがあるでしょう。

転職で失敗しないためには、企業の内部事情などにも詳しい転職サービスなどを活用するのがおすすめと言えます。

サンドラッグを辞めたい薬剤師の対策とは?

サンドラッグを辞めたい薬剤師の対策とは?

ここからは、サンドラッグを辞めたい薬剤師の方に向け、具体的な対策をご紹介します。

今現在、お仕事で悩んでいるのであれば、以下の対策を行ってみると良いでしょう。

まずはゆっくりと休む

仕事を辞めたいと思うほどに悩んでいるのであれば、心身ともにかなり疲弊しているのではないでしょうか。

もし、精神的にも病んでしまうほど疲れ果てているのであれば、一旦休むことをおすすめします。

土日祝日も関係なく働いていませんか?

薬剤師は応援業務などでどうしても土日も出勤することになりがちです。

自分自身の店舗は休みでも、他店舗で人手が足りていなければ出勤しなければなりません。

まずは1日何もしない日を作り、仕事から離れることが大切です。

趣味やスポーツに没頭してみるのも良いでしょう。

とにかく仕事から離れ、心と体を整理するようにしてください。

悩み事を書き出してみる

ゆっくりと休んで気持ちが落ち着いてきたら、今の悩みを書き出してみましょう。

人によって悩みは様々だと思いますが、思いつく悩みをとにかく書いていくことが大切です。

例えば、

  • 同じ職場の〇〇さんと関係がうまくいかない
  • 仕事内容をなかなか覚えることができない
  • もっと他の仕事に携わってみたい
  • ライフワークバランスを充実させたい

など、人によって悩みは様々だと思います。

こうした悩み事について書き出してみることで、自分の気持ちを整理することに繋がります。

また、あらかじめ悩みを整理しておけば、次にどのような職場を選べば良いかの参考にすることも可能です。

紙とペンを手に取り、仕事の悩みを書き出してみてはいかがでしょうか。

上司に相談してみる

抱えている悩みが自分一人では解決できない場合、信頼できる上司に相談してみるのも選択肢の一つです。

例えば、

  • 職場内での人間関係がうまくいかない
  • 業務量をもう少し減らして欲しい
  • 他店舗に異動させてもらいたい

など、こうした問題については自分だけではどうすることもできません。

まずは上司に相談し、配置換えをしてもらったり業務量を減らしてもらったりするのが良いでしょう。

あなたのことをしっかりと理解してくれる上司であれば、きっと何らかの対策をとってくれるはずです。

ただし、そもそもの悩みの原因が上司との関係性である場合や、上司に相談しているにもかかわらず、なんの対策もとってくれないような場合には、早めに転職を検討した方が良いでしょう。

転職先を探しておく

毎日仕事をしており、業務に対して不満があるのであれば、今のうちから転職先を探しておきましょう。

すぐさま転職しない場合でも、転職先を探しておけば以下のようなメリットがあります。

  • 他にも転職先があることがわかれば、心理的に落ち着く
  • 他の職種の待遇を知ることで、今の待遇の良し悪しを判断できる
  • 自分自身の市場価値を知ることができる

転職先をリサーチするのは無料でできるため、まずは気軽に求人探しから始めてみるのが良いでしょう。

ファルマスタッフなどの転職サイトに登録しておけば、幅広い求人から自分に合うものを探すことができます。

▶︎派遣から正社員まで求人が充実!転職サービス【ファルマスタッフ】に相談してみる

薬剤師に特化したコンサルタントに相談してみる

本格的に転職を視野に入れているのであれば、薬剤師に特化したコンサルタントに相談しましょう。

現在では薬剤師向けに様々なサービスが登場しており、そうしたサービスを利用すれば無料で相談することができます。

コンサルタントには、

  • そもそも、転職すべきなのだろうか?
  • 今の職場の待遇って実際どうなの?
  • 他の職場ってもっと条件良いところある?
  • 転職に向けて、何から始めれば良いの?

など、転職に関するあらゆる悩みを相談することができます。

企業の内部情報にも詳しいコンサルタントに相談すれば、事前に転職先の空気感なども知ることが可能です。

▶︎面談までスタッフが同行してくれる転職サービス【ファルマスタッフ】に相談してみる

サンドラッグを辞めたい薬剤師の方に伝えたいこと

サンドラッグを辞めたい薬剤師の方に伝えたいこと

ここからは、サンドラッグを辞めたいと考えている薬剤師の方に向け、伝えたいことを解説していきます。

これまでの経験は無駄にならない

まず、アナらがこれまでに努力したことや、経験したことは決して無駄にはなりません。

薬剤師の方は勤勉で努力家な方が多いです。

その反面、責任感も強いので仕事がうまくいかないと自分を責めがちなケースも。

  • もっと頑張らないと
  • 他の人に迷惑をかけてはいけない
  • 今まで頑張ってきたのに、無意味だった

など、自分を追い詰めていないでしょうか。

ストイックなのは良いことですが、過度に自分を責めすぎるのは辞めましょう。

まずはこれまで頑張ってきた自分を褒めてあげることが大切です。

他にも働ける職場はある

  • 今の職場でうまくいかなければ、きっと他の職場も無理だろう
  • まずはこの職場で慣れてから、転職しよう
  • とりあえず3年は続けよう

などと考えていませんか。

薬剤師の方はとにかく責任感が強く、何でも我慢してしまう傾向にあります。

しかし、とにかく我慢すれば良いということではなく、時には環境を変えてしまう方が問題解決につながることも多いです。

例えば、

  • 職場内の人とうまく関係が築けない
  • 残業時間が多すぎる
  • 給料がいつまで経っても上がらない

などの問題であれば、我慢して働き続けてもどうしようもないでしょう。

他にも働ける場所はあるということを理解し、時には転職することも選択肢に入れましょう。

一人で悩みを抱え込まないように

一人で何でも問題を抱え込んでいませんか。

人間、一人で悩み続けていると、精神を病んでしまいます。

先ほども解説したように、悩みがある場合は薬剤師に特化したコンサルタントに相談するのがおすすめです。

無料で相談することができ、仕事に関する悩み事も気軽に話すことが可能です。

まずはこうしたサービスを活用し、今後の方針を一緒に立てていくのが良いでしょう。

一人で悩みを抱え込まず、まずは相談してみましょう。

▶︎面談までスタッフが同行してくれる転職サービス【ファルマスタッフ】に相談してみる

ストレスを感じやすい方へ

中には、日々の業務の中でストレスを感じやすい方もいらっしゃるでしょう。

あなたは、以下のような特徴を持っていませんか?

  • 常に人から嫌われていないか気になる
  • 些細な環境の変化にも敏感
  • 一度注意されたら、数日間へこんでしまう

もし、こうした特徴を持っているのであれば、あなたはHSPかもしれません。

HSPの薬剤師であれば、働き方も少し工夫していく必要があります。

上記の特徴に当てはまる方は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました