薬剤師辞めたいのは甘え?辛いときに今すぐ読んでほしい記事

薬剤師辞めたいのは甘え 薬剤師

「苦労して薬剤師になったけど、辞めたい」

「薬剤師ほど待遇が良い仕事を辞めたいのは甘え?」

このようにお悩みではないでしょうか。

薬剤師は資格保有者として転職市場では非常に強いです。

今回の記事では、薬剤師になったものの、辞めたいと感じ始めている方に向けて対策を解説していきます。

薬剤師を辞めたいときの対策5選

薬剤師を辞めたいときの対策5選

早速ですが、薬剤師を辞めたいと感じる時の具体的な対策について解説していきます。

もし、現状薬剤師の仕事でお悩みであれば、以下の対策を行ってみてはいかがでしょうか。

まずはゆっくり休もう

現状、仕事を辞めたいと考えている方は、おそらく心身ともに疲弊している状況ではないでしょうか。

人間、心と体が疲れ切っている状態では正常な判断をすることができません。

日頃のストレスや仕事の忙しさのあまりゆっくりとできていないのであれば、まずは休むことが大切です。

もし、どうしても休みが取れそうになければ、休職することも選択肢です。

ぼーっとする時間を作ることで自分自身を見直すことができ、今後の視野も広がっていくでしょう。

休職もできそうにない職場であれば、一度退職することも考えましょう。

何が辛いのか紙に書き出そう

仕事が辛いと感じている理由はどのようなものでしょうか。

何かしらストレスを感じている人は多いと思いますが、人によってストレス源となっていることは異なるでしょう。

  • 人間関係が辛い(〇〇さんとうまくいかない)
  • 毎日の業務が忙しすぎる
  • 仕事にやりがいを感じられない
  • 収入に不満がある

など、どのようなことが辛いのか紙に箇条書きしてみてはいかがでしょうか。

人は自分自身が何に悩んでいるのか分からないと不安を感じます。

自分の悩みを書き出すことで視覚化することができ、セルフケアを行うことが可能です。

騙されたと思って、手元の紙やノートに悩みを書き出してみてください。

信頼できる人に相談しよう

悩みを自分で抱え込んでいませんか?

人間、一人で解決できる問題には限界があります。

先ほども解説したように、薬剤師の方はこれまでコツコツと努力してきた方が多く、責任感が非常に強いです。

そうしたことが要因し、悩みや問題を抱えていても自分一人で解決しようとします。

他の人に心配されたくない気持ちも分かりますが、時には誰かに相談することも大切です。

誰かに気持ちを”話す”ことは、苦しみを”放す”ことでもあるのです。

身近な人に相談してみてください。

もし、信頼できそうな人が近くにいない場合には、転職支援サービスのアドバイザーなどに相談してみるのも考えてみましょう。

働き方を見直そう

バリバリと正社員で働くことしか考えていないという人は多いです。

しかし、薬剤師という職業は必ずしもフルタイムで働くことが全てではありません。

パート社員として働くという選択肢を取れば、1日の中に自由な時間が生まれます。

また、資格保有者としての強みがあり、時給も非常に高い傾向にあります。

もし、これまでの仕事が忙しすぎるがゆえにストレスを感じているのであれば、働き方を見直してみてはいかがでしょうか。

現代では薬剤師の求人は無数に存在しており、転職で困ることはほぼありません。

まずは求人のチェックから始めることで、今後のキャリアを見直すきっかけとなるでしょう。

転職先を探そう

これからすぐに転職しない場合でも、まずは転職先を探すことから始めてみることをおすすめします。

実際に求人を確認してみると、その選択肢の多さと自分自身の強みについて知ることができるでしょう。

また、必ずしも転職しない場合でも、

  • エージェントと話して気持ちがスッキリする
  • 今の職場以外の選択肢を知ることで気持ちが軽くなる
  • いざ転職しようというとき、すぐにスタートが切れる

など、転職先を探しておくことのメリットは非常に多いです。

マイナビ薬剤師などの転職支援サービスは無料で利用できるため、まずはアカウントの登録から始めてみてはいかがでしょうか。

▶︎マイナビ薬剤師の求人を見てみる

薬剤師を辞めたいのは甘え?

この記事を読まれている方の中には、

「薬剤師を辞めたいのは甘えなのか?」

と自分を悲観的にみている方も少なくないはず。

ここからは、薬剤師を辞めたいのは甘えか、というテーマについて解説していきます。

甘えではない

まず、薬剤師を辞めたいのは甘えではありません。

薬剤師の方が仕事を辞めたいと言えば、

「今の職場ほど恵まれた場所はない」

「薬剤師なんて素晴らしい仕事に就職しているのに、辞めたいのは甘え」

などと周囲から言われるかもしれません。

しかし、そうして批判してくる人というのは、転職を経験したことがない人が多いです。

仮に転職経験者で成功しているのであれば、

「自分も転職して上手くいってるし、いいんじゃない?」

というふうに背中を押してくれるでしょう。

そのため、転職に対して良い考えを持っていない人に相談しても無駄ですし、甘えていることとは別問題と言えます。

そうした批判は気にせず、自分がどうしたいのかという気持ちを第一に考えてください。

環境を見直すことが大切

現代は転職最盛期を迎えようとしています。

かつては就職した会社や職場に一生ついていく、というような考え方でしたが、年功序列や終身雇用はすでに崩壊しています。

実際、就職してから3年以内に転職する人は30%以上にも上るというデータもあるほどです。

一度や二度の就職で、自分に最適な就職先と巡り合うことは非常に稀と言えるでしょう。

ましてや市場価値の高い薬剤師であれば、転職しない方がその後のキャリアを無駄にしていると言えます。

今の環境に不満を感じてしまうのであれば、他の環境を模索してみることも大切です。

これまでの努力は無駄ではない

ここまで苦労して国家試験を突破し、せっかく就職したにもかかわらず辞めたいと感じている自分に悲しい気持ちになっている方も多いのではないでしょうか。

薬剤師の方は努力家で責任感が強いです。

しかし、それゆえに自分自身を責めてしまいがちな傾向にあります。

もし、あなたが自分に対して憤っているのであれば、そんなに自分を責めないでください。

これまであなたが頑張ってきた努力は無駄ではありません。

必死に勉強したことや、取得した資格は今後もあなたを支えてくれます。

ただ、今の職場環境が合わなかっただけです。

環境を変えることで、人生が大きく変わることも珍しくありません。

自暴自棄にならず、自分を認めてあげましょう。

そして今後の将来に目を向け、ポジティブな思考を心がけるようにしてください。

▶︎マイナビ薬剤師の求人を見てみる

薬剤師を辞めたいと思う理由とは?

ここまで薬剤師を辞めることについて解説してきましたが、そもそもどのような理由から辞めたいと考えるのでしょうか。

ここでは、薬剤師の方が仕事を辞めたいと思う理由について解説していきます。

人間関係の悩み

社会人となり、どうしてもついて回るのは人間関係上の悩みです。

  • 職場の同僚と合わない
  • 事務員との折り合いがつかない
  • 陰湿ないじめを受けている

など、職場の中で深刻な悩みを抱えている薬剤師の方は多いです。

特に薬局や病院は職場に女性しかいないケースが多く、看護師の方や事務員の方などとの関係性が上手くいかないと、気持ち的にも沈んでしまう傾向にあります。

ある程度の悩みは仕方のないことですが、陰湿ないじめがあり、うつ傾向などの症状がで始めているのであれば早めに退職を検討しましょう。

労働環境がきつい

薬剤師は全国的に人手不足が続いている状況にあります。

薬局などであれば店舗によって独自のルールが設けられていることも多く、どれだけ働いても残業代が出ないということもあるようです。

また、人手不足によって一人当たりの労働時間が伸びてしまい、どうしても残業が多くなりがち。

多少の残業であれば仕方のないことかもしれません。

しかし、残業代の未払いが続いていたり、土日出勤が続いているような場合は違法である可能性もあります。

上記のような内容に少しでも当てはまっているのであれば、早めに他の転職先を探してみることをおすすめします。

また、過労によって適応障害などを発症している方はすぐに病院を受診しましょう。

仕事内容が合わない

実際に職場で働き始めてみると、思っていたような仕事ではなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

製薬会社などで働き始める場合、新薬の開発や研究などを期待して入社する方も多いです。

しかし、実際の業務はマニュアル化されて非常に面白みがない作業であったということもあるでしょう。

このように、企業などに入社してから理想と現実のギャップに苦しまれる方もいらっしゃいます。

もし、単純作業やマニュアル化された業務に嫌気が差しているのであれば、他の就職先も模索してみてはいかがでしょうか。

フォローしてもらえない

薬剤師と言っても働く職場によってその業務も様々です。

調剤に対して経験がないにもかかわらず、周囲からの手助けがなくなかなか業務を覚えられないという方もいます。

また、患者からのクレーム対応など、薬剤師としての知識以外で対応しなければならないシーンもあるでしょう。

そうした問題に対し、先輩や上司からしっかりとしたサポートが受けられないと辞めたいと感じてしまうのも無理はありません。

もし、研修やフォローが充実していない職場であればあまりストレスを溜め込まず、信頼できる人に相談してみることも大切です。

収入が低い

同じ薬剤師であっても、就職先によって年収が大きく異なるケースもあります。

あるケースでは、薬品メーカーに就職した人よりも調剤薬局で働いている人の方が数百万円の年収差が生まれることもあります。

しかも、働く時間が短くても年収が高いというケースもあるほどです。

こうしたことから、労働時間が長い=収入が高いということではないことが分かります。

このような事実も、応募されている求人情報に目を通さなければ分からないことです。

自分の年収や待遇に不満がある場合には、まず無料で利用できる転職支援サービスに登録して市場の分析をしていくことが大切です。

▶︎マイナビ薬剤師の求人を見てみる

まとめ

今回の記事では、「薬剤師を辞めたいのは甘えなのか?」ということを解説しました。

  • 薬剤師を辞めたいのは甘えではない
  • まずはゆっくり休もう
  • 働き方を見直そう(パートなどの働き方もある)
  • 転職先を探しておこう

薬剤師は女性しかいない職場であることが多く、ストレスの溜まりやすい職業です。

もし、どうしても辛いのであれば事前に転職先をリサーチしておき、今後に備えるようにしましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました