薬剤師を過誤で辞めたい方へ。辛い時の対策5選を徹底解説!

過誤で薬剤師を辞めたい 薬剤師

「気を付けていても調剤過誤をしてしまう」「過誤が続いて仕事を辞めたい」と思っている方はいませんか?

ミスをしないように気を付けていても、誰しもミスしてしまうことはあります。

薬剤師の調剤ミスによって患者さんに健康被害を引き起こしてしまう恐れがあるため、できる限り調剤過誤は避けたいものです。

本記事では、調剤過誤を起こしてしまう薬剤師が辞めたいと思ったときにやるべきことについて解説していきます。

過誤で薬剤師を辞めたいと思ったときにやるべきこと

過誤で薬剤師を辞めたいと思ったときにやるべきこと

調剤過誤をしてしまうと、落ち込んで薬剤師が向いていないのではと思ってしまいます。

過誤を引き起こしてしまうのは決してあなただけの責任ではありません。

それでも気分が落ち込んで、薬剤師が向いていない、仕事を辞めたいと思ってしまうときは、下記の行動を試してみましょう。

ゆっくり休養する

まずはゆっくり休養しましょう。

過誤が続き、辞めたいとばかり思ってしまう原因には、ゆっくりと休養できていないことが考えられます。

心身が健康でないと、調剤に関する判断を誤ったり、物事を悪い方向にばかり考えてしまいます。

患者さんとコミュニケーションを取らなければならない場面でも、投げやりになって不信感を与えてしまうかもしれません。

可能であれば数日続けて休みを取ったり、休みが取れなくても仕事のことを考えずに、休養する時間を設けたりするとよいでしょう。

過誤してしまう理由を分析する

次に調剤過誤を引き起こしてしまう理由を分析しましょう。

知識が豊富なベテランの薬剤師であれば、薬の用法や容量について十分に理解しているでしょう。

しかし、薬剤師としてのキャリアが長くない場合は、知識不足から過誤を引き起こしている可能性があります。

そのほか、調剤を行うときのチェック方法が合っているか、過誤を引き起こさないような管理体制になっているかなども確認するべきです。

自分の知識不足であれば、知識をつければ過誤は減っていくでしょう。

しかし、職場の管理体制の問題であれば、上司や同僚に相談するなど、職場全体での改善を提案していく必要がありそうです。

誰かに相談する

辞めたい気持ちを誰かに相談してみましょう。

職場内で上司や同僚に相談できれば良いですが、人間関係が良くなく相談できない方もいると思います。

薬剤師は狭い職場内で人間関係が固定化し、悪化しがちです。

事情を知らない家族や友人など第三者の目線で悩みを聞いてもらうことでも、ご自分の気持ちが整理できるでしょう。

辞めたい気持ちを話してみることによって、自分がなぜ辞めたいのか、将来どうしていきたいのかが見えてくるはずです。

スキルアップする

ご自分でスキルアップをしてみるのも良いでしょう。

職場で取り扱っている薬の用法、容量を改めて確認したり、知識をつけたりすることで、ストレスの原因となっている過誤を減らすことができます。

さらに、スキルアップすることで職場内で任される仕事が変わり、異動してより視野が広がるかもしれません。現在の職場を辞めたいと思ったときにも、スキルをつけておくことにデメリットはありません。

転職サービスに登録する

薬剤師を辞めたいと思ったら転職サービスに登録してみるのも1つです。

すぐに転職を考えていなかったとしても、登録だけしておくことをおすすめします。

こんな職場があるのかと視野が広がり、今の職場で働き続けなくても次の選択肢があると思うと心が軽くなるはずです。

少子高齢化や人手不足の影響で、登録しているうちにご自身にぴったりな求人も見つかるかもしれません。

多くのサービスは無料で利用できますので、今後のキャリアの参考に登録してみましょう。


▶︎薬剤師の転職サービス【エムスリーキャリア】に無料相談してみる

調剤過誤が起こってしまう理由とは

調剤過誤が起こってしまう理由とは

調剤過誤はなぜ起こってしまうのでしょうか?

何度も過誤してしまって、自分を責めてしまう人もいると思います。

しかし、調剤過誤を引き起こしてしまうのは決してあなただけの責任ではないのです。

調剤過誤が起こってしまう理由を具体的に見ていきましょう。

人がミスするのは当たり前

人がやっている仕事ですので、ミスをするのは当たり前です。

ミスをしない人はいません。どれだけ気を付けていても、ミスをしてしまうことは仕方がないことですので、気負いすぎないようにしましょう。

その上で、起きてしまったミスがあなたが気を付けていれば防げたミスなのか、そもそも職場の保管や業務体制からミスを引き起こす可能性があったものなのか、確認していくことが重要です。

過誤が起きるのはあなたのせいだけではない

過誤が起きてしまう原因としては職場環境の問題もあります。

・残業が多い
・職場の動線が悪く非効率
・整理整頓されていない
・人間関係が悪い

うっかりミスを引き起こしてしまうのには環境の影響も大きいのです。

だれしもミスをすることを理解していない管理者のせいで委縮してしまっていませんか?

もっと効率的に分かりやすく整理整頓されていれば間違えないのに…と思うこともあるでしょう。

ミスを反省することも大切ですが、環境が原因になっていないか目を向けてみることもおすすめします。

聞きたいことか聞けない環境

人間関係が悪く、聞きたいことが聞けない環境であることも過誤が起きてしまう理由の1つです。

新米の薬剤師であればなおさら、上司や先輩に聞きたいことは多いでしょう。

しかし、日々忙しそうに働いている上司に聞きづらい、気分の浮き沈みが激しくて顔色を伺わなければならない状況では、容易に分からないことを聞けません。

「こんなことも知らないのかとがっかりされたらどうしよう」と思う人もいるかもしれません。

このように人間関係が悪く疑問をすぐに解決できない時に、自分で誤った判断をして過誤を引き起こしてしまうのです。

大きなプレッシャーがかかる業務

薬剤師の業務は大きなプレッシャーがかかります。

自分が調剤ミスをすることで、患者さんを命の危険にさらす可能性があるのです。

そのことにストレスを感じ過誤を起こしてしまう人もいるかもしれません。

責任感を持って仕事をすることは重要ですが、度を越してストレスになってしまうようでは本来できるはずのことができずミスをするのです。

上司からのプレッシャーや患者さんからのプレッシャーもあるかもしれません。

適度に受け流せる心の余裕を持っておくことが重要です。

経験が浅い薬剤師が多い

あなただけではなく、職場全体として経験が浅い薬剤師が多い職場では調剤過誤を引き起こしやすくなります。

新米の薬剤師の場合は知識不足が原因になりますし、経験はあっても職場に配属されたばかりの薬剤師の場合はいつものやり方を過信してミスしてしまうこともあるでしょう。

このように経験の浅い薬剤師ばかりが配属されている場合は職場のマネジメント体制に問題があるかもしれません。

最低1人は経験豊富で、職場経験の長い方を配属してもらえるように、上司やもっと上のエリアの担当者へ掛け合ってみても良いでしょう。

仕事が忙しすぎる

最後に、仕事が忙しすぎることも過誤の原因となりえます。

薬剤師が扱う1日当たりの処方箋は40枚と決まっています。

しかし実態としては人手不足で40枚以上の処方箋を扱っていたり、時間帯によって他の店舗へヘルプへ行ったりと薬剤師の仕事はかなり忙しいのです。

処方箋だけではなく、ドラッグストアなどであれば商品を出したり、レジを任されたりと周辺業務も行わなければならず、本来の薬剤師の業務に手が回らないケースもあります。

患者さんから処方を急かされる、手一杯なのに上司に仕事を任されるなどで、忙しい時にミスは起こりがちです。改善を求めても、一向に改善されない場合は転職を考えてもよいかもしれません。

調剤過誤を起こさないための対策とは

調剤過誤を起こさないための対策とは

薬剤師として使命感を持って働いているからこそ、ミスは極力少なくしたいものです。

調剤過誤を減らすためには、どんな対策ができるでしょうか。

自分自身を顧みるだけではなく、職場に対して働きかけることも重要なのです。

業務のやり方を見直す

まずは、ご自身や、職場全体での業務のやり方を見直してみましょう。

手順はマニュアルがまとめられているはずですので、自分がマニュアル通りに行えているか確認しましょう。ミスが少ない職場ほど、しっかりルールが守られています。

・我流で行っていたチェックポイントはないか
・もっと効率的にできる方法はないか
・ダブルチェックを行えているか

上記を確認し、自分だけではなく職場全体で徹底できるように働きかけると良いかもしれません。

知識をつける

過誤は知識不足や思い込みから発生していることがほとんどです。

まだまだ経験が浅いと思っている薬剤師の場合は、ご自分がしっかりとした知識を身につけることから始めてみてはいかがでしょうか。

知識をつけることによって、やっている仕事の全体像を捉えられるようになり仕事を面白いと感じられるようになることもあります。

また、自分の希望する部署へ異動する機会もあるかもしれません。

知識をつけて、自分を高めることによってより働きやすい場所へ移ることも可能なのです。

整理整頓

過誤が起きやすい職場は、整理整頓が行き届いていないことが多くあります。

まずは身の回りを整理整頓し、ミスを引き起こしにくい管理体制を作ってみましょう。

業務の動線を考えて、物品の配置を変えたり、分かりやすいところに注意書きを書いたり、少しの工夫で過誤を減らすことはできます。

必要ないものが煩雑に置かれていないか、不要なものは処分されているか、確認してみると良いでしょう。

患者さんとコミュニケーション

過誤をしてしまう原因として、患者さんに聞けば分かることを聞かないで処方してしまったということもあるかもしれません。

患者さんとしっかりコミュニケーションを取るよう心掛けることもミスを減らすことにつながります。

薬をもらいに来ているだけなのだから早くしてほしいと急かされることもあるでしょう。

文句を言ってくるような患者さんと信頼関係を築くのは難しいですが、必要な情報は聞き出すことができるようにしたいものです。

情報共有

職場の薬剤師同士での情報共有によって過誤は減らすことができます。

わからないことやミスをしやすいこと、直近でやり方が変わったことなどは職場内で情報共有すべきです。

口頭で伝えると「間違いなく伝えた」「聞いていない」とトラブルになりかねません。

重要なことはメモに書いて伝えるなど、齟齬が生まれない工夫をしましょう。

情報共有だけではなくチームワークがしっかりしている職場だと安心して働けます。

安心感も過誤を減らすことにつながっているのです。

人を増やしてほしいと頼む

ミスを減らすのには、今いる人員だけでの努力ではどうしようもない時があります。

人手不足で、バタバタと焦って仕事をすればミスは起きてしまいます。

このようなときには、人を増やしてほしいと上司に働きかけてみましょう。

所属している店舗や職場の長に伝えても動いてくれない場合は、もっと上の方に頼んでみると良いでしょう。改善されなかったとしても、あなたが行動したことは転職する際にも実績として伝えられるはずです。

過誤対策をしっかりやっているところで働く

手っ取り早く過誤を減らす方法は、過誤対策をしっかりしている職場で働くことです。

過誤の対策が遅れている、不十分な職場で働き続けていても、本来やるべきチェックのやり方が身につかないままです。

過誤対策のやり方が確立している職場で働けば、ミスをしないやり方も身につき、かつ、業務に慣れればどんどんミスは減るはずです。

ミスをしないことが自分の薬剤師としての自信にもつながります。

今の職場でなぜかミスが減らない方は、職場を変えることも検討してみてはいかがでしょうか。

利用すべき転職サービス3選

スギ薬局を辞めたい薬剤師|おすすめの転職サービス3選

過誤が続いて辞めたい、過誤をしない職場で働きたいと思ったときは転職エージェントに登録しましょう。登録して希望条件を伝えるだけで、今の職場で働きながらぴったりの求人を探してもらうことができます。

下記の3つがおすすめのサービスですので、参考にしてみてください。

薬キャリエージェント

  • 運営会社は医療業界ビジネス最大手のエムスリーグループ
  • 薬剤師の登録者数は業界No.1
  • コンサルタントに対する満足度95%以上

薬キャリエージェントは、登録者数が業界No.1の転職サービスです。

毎日2万人以上の薬剤師が転職活動を行っているといわれています。

サービスを運営しているのは、医療業界ビジネスでトップを走るエムスリーグループです。

薬剤師の会員21万人のネットワークを生かして支援してくれます。

コンサルタントは医療業界に精通しており、安心して相談ができます。

求人紹介は毎日10件以上受けられ、未公開求人も多数保有しています。

職場の裏事情まで徹底調査してくれるので安心して任せられますし、コンサルタントがあなたの代わりに条件交渉も行ってくれます。


▶︎薬剤師の転職サービス【エムスリーキャリア】に無料相談してみる

マイナビ薬剤師

  • 運営会社は新卒採用で有名な大手の人材会社
  • 求人数58,000件以上
  • 年収600万円以上の求人多数

大手人材会社のマイナビが運営するマイナビ薬剤師は、薬剤師に特化した転職サービスです。

薬剤師に特化した転職サービスでは、利用者満足度1位を獲得しているようです。
(2021年、アンケートモニターによる調査)

全国に求人を保有しているため、求人総数は58,000件にものぼります。

年収600万円以上の好条件の求人も多く、あなたの働き方に合った求人が見つかりやすいサービスといえるでしょう。

マイナビから、取引先企業へ給与の増額や働き方改革など、求職者の要望を伝えるセミナーなども開催しています。

より理想の職場へ近づくようなサポートもしてくれている会社なので、安心して転職相談ができそうです。

▶︎マイナビ薬剤師に無料登録してみる

ファルマ・スタッフ

  • 大手の調剤薬局グループが運営
  • 調剤薬局の求人に強い
  • 教育サービスも受けられる

ファルマスタッフは日本調剤グループが運営する薬剤師専門の転職サービスです。

調剤薬局の大手の会社が運営しているので、求人についても調剤薬局の求人が多いサービスと言えます。

業界最大級の求人件数を確保しており、地方でも求人が見つかりやすい大手のサービスです。

派遣スタッフや、福利厚生の良い求人が多く、年収も600万円以上の求人を多く保有しています。

また、サイトを利用して転職サービスを受けるだけではなく、薬剤師としてのスキルアップのための教育サービスも受けられます。この点も安心して転職に臨めるポイントです。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました