薬剤師今すぐ辞めたい!そう思う人がやるべきことを徹底解説!

薬剤師を今すぐ辞めたい 薬剤師

「薬剤師の仕事がつまらない」

「薬剤師の仕事が辛すぎる」

と、薬剤師を今すぐ辞めたいと思っていませんか?

6年間大学に通って試験に合格し、いざ薬剤師になってみたものの、自分が理想としていた働き方ができていない方も多いでしょう。

この記事では、薬剤師を今すぐ辞めたいと思っている人が具体的にどうしたらよいのかを解説していきます。

今後のキャリアを考えるうえで参考にしてみてください。

薬剤師を今すぐ辞めたいと思っている人がやるべきこととは?

薬剤師を今すぐ辞めたいと思っている人がやるべきこととは?

「今すぐ仕事を辞めたい!」と思っても、実際はなかなかすぐには行動できない方もいるでしょう。また、何から始めていいか分からない方もいるかもしれません。

仕事を辞めたいと思ったときには下記の行動から実践してみましょう。

今からでもすぐに実践できるものもありますので、試してみてください。

ゆっくり休む

まずは辞めたいと思うほど疲れている身体と心をゆっくり休めましょう。

1日だけスポットで休暇を取るだけではなく、数日間まとめて休みを取ってみるのも良いかもしれません。

仕事から離れてみることで、自分がどんなふうに働きたいのか、何をするのが楽しいのか、なども考えられるようになるでしょう。

心身の健康上、仕事を続けることが難しい場合は休職することも1つの手段です。

身体的にも精神的にも追い詰められて疲れている状態では、正しい判断ができません。

自分にとって最善の選択をするためにも、ゆっくり休養し、心の余裕を持ちましょう。

なぜ辞めたいのかを分析する

次に、なぜ自分が辞めたいと思うのかを分析してみましょう。

第1段階として、薬剤師という仕事自体が嫌なのか、今の職場が嫌なのかが大きなポイントです。仕事を辞めたいと思う理由の大半は、薬剤師という仕事自体よりも、今の職場環境です。職場環境が変われば、またやりがいをもって働ける場合もあります。

第2段階として、今の職場の何に不満を持っているのかを深掘りしてみると良いでしょう。

「残業時間が長いのが嫌だ」と思っていたとしても、その理由は様々です。

一緒に残業しなければならない上司との関係性が嫌な場合と、残業しなければ終わらない業務量が嫌な場合では対策が異なります。

このように、辞めたい理由をしっかりと分析しておくことが重要です。

環境を変える努力をする

今の職場でも、自分の不満を解消したり、状況を改善できないか、環境を変える努力をしてみるのも有効です。

下記のような行動が想定されます。

  • 異動を希望してみる
  • 上司や同僚と話し合ってみる
  • スキルを身につける

今配属されている職場が自分に合っていない、他の職種を経験してみたい場合は、異動を申し出ることもおすすめです。

同じ仕事でも配属先が変わることで人間関係が改善する場合もあります。また、他職種でも薬剤師の知識を生かして働くことも可能です。

現状の職場から異動などが見込めない場合は、上司や同僚と不満に思っていることについて話し合ってみてはいかがでしょうか。

とても勇気がいることですが、話してみると意外とあっけなく改善することもあるのです。

多少意見がぶつかっても、改善する見込みがあるのであれば試す価値はあります。

あなたがスキルを身につけることで、違う立場や業務を経験できるようになり、環境が改善する可能性もあります。薬剤師というベースのスキルがあるので、それを生かしてスキルアップすることも選択肢に入れておきましょう。

だれかに相談する

今すぐ仕事を辞めたいほど辛い気持ちをだれかに相談するのも良いでしょう。

誰かに気持ちを吐き出すことで、気が楽になったり、考えていることが整理できたりします。

薬剤師として責任感を持って働いて、なかなか人に弱音を吐けない人も多いのではないでしょうか。

1人で頑張らず、時には弱音を吐いても良いのです。

誰かに頼ることを自分に許してあげましょう。

相談したからと言って、アドバイス通りに行動する必要はありません。

自分がどうしたら一番納得がいくのか、ご自身でもよく考えてみましょう。

転職サイトに登録してみる

転職サイトに登録して視野を広げてみることも1つです。

今の職場しかないと思っていると、自分の現状にばかり目が向いてしまい苦しくなります。

たとえ今の職場を辞めたとしても、また働ける職場は見つかるはずです。

今すぐ転職をしたいと思っていない場合でも、登録だけしておくこともメリットです。

転職エージェントを利用すれば今後のキャリアの相談ができますし、今よりも働きやすそうな環境が偶然見つかるかもしれません。

多くのサービスは無料で登録ができるため、無料で会員登録をしておいてはいかがでしょうか。

現状を打破☆チャンスを掴め!
▶︎薬剤師転職ならエムスリーキャリア

薬剤師が今すぐ辞めたいと感じる理由とは?

薬剤師が今すぐ辞めたいと感じる理由とは?

薬剤師を今すぐ辞めたいと思ってしまう理由は何なのでしょうか。

女性が多い職場での人間関係や、有資格で働くという責任ある仕事内容など、辞めたいと思う理由は様々あるでしょう。

以下で具体的に見ていきます。

人間関係が上手くいかない

まずは、人間関係が上手くいかないことが原因として考えられます。

薬局などで働いている場合、人間関係は固定化しています。また、働く環境としても狭いスペースで働いていることもあり、人間関係は悪化しやすいのです。

上司とコミュニケーションが取れなかったり、同僚に弱音を吐けないという方もいらっしゃるでしょう。

忙しい職場の場合は、よりストレスがかかって関係が悪化している状況もあるかもしれません。

こうした人間関係が上手くいっていないことから辞めたいと思うことが多いようです。

仕事でミスをしてしまう

責任ある仕事を任されている分、仕事でミスをしてしまうと辞めたいと感じるようです。

調剤ミスや発注ミスをしてしまい、患者さんに迷惑をかけてしまったことがある方も少なくないでしょう。

薬剤師がミスをすることで、患者さんの健康に悪影響を及ぼすこともあるため、日々ストレスを抱えながら仕事をしているはずです。

同じミスを繰り返さないように自分自身で気を付けているはずです。それでも上司がミスのフォローをしてくれない、教育体制が整っていないなど、職場環境に原因がある場合もあります。この場合も仕事を辞めたいと感じてしまうのです。

仕事が忙しすぎる

仕事が忙しすぎることも、辞めたいと思う理由の1つです。

職場によっては薬剤師が一人しかおらず、すべての仕事を自分でこなさなければならないため忙しいというところもあります。

仕事量に限らず、管理薬剤師が細かく指示をする人で、その対応に追われなかなか仕事が回らないなどの事情もあるでしょう。

仕事が忙しいとプライベートでの時間も取れず、恋人ができなかったり、家族との時間が持てなかったりします。

このような状態だと、他の職場への転職も考えた方がよいかもしれません。

同じ仕事の繰り返し

同じ仕事の繰り返しがつまらない、と仕事を辞めたいと思うこともあるようです。

こう思う理由には、「もっと成長したい」という思いがあります。

知識をつけてより高度な仕事をしたい、マネジメントに携わりたいと思う人にとっては、新しいことを任せてもらえないことや、任せてもらえるようになるまで数年かかることが苦痛に感じてしまいます。

職場の方針を変えることは難しいため、自分のキャリアに合わないようであれば転職を検討した方がよいかもしれません。

評価されない

辞めたいと思う理由の一つに「正しく評価されない」ということが挙げられます。

「ちゃんと働いているのに、職場で正当な評価を受けていない気がする」「同じ仕事をしていても同僚の方が評価されている」と感じることはないでしょうか。

自分では評価される働きをしていると思っていても、実際に評価を行うのは管理薬剤師や薬局長などの上司です。評価する上司に働きを認めてもらえないと不満が募り、辞めたいと感じてしまうのです。

「石の上にも3年」は本当なの?

「石の上にも3年」は本当なの?

どのような仕事に就いても「石の上にも3年」という言葉から、3年は続けた方がいいと聞くことがあります。3年ほど業務を経験することで、知識がついたり、全体を見ながら業務ができるようになります。

しかし、実際のところ、3年は必ず同じ職場で働いた方がよいのでしょうか?そうではないという意見もあるようです。

3年いなくても良い

結論、3年働き続けなくても全く問題はありません。

キャリアは経験年数だけではありません。「石の上にも3年」と言ってくる上の世代の方たちの時代と現在は大きく異なっています。

人材の流動性が高く、若いうちから転職を経験する人は少なくありません。

3年という数字に具体的な根拠はないのです。自分がしたい経験ができた、または、3年いても経験できる見込みがない場合は辞めても全く問題がないでしょう。

同じ職場で働き続けるデメリットもある

同じ職場で働き続けることによるデメリットもあります。

扱う薬の系統が限られていたり、行う業務が限定されていたりすると、幅広い業務は経験できません。同じことの繰り返しで得られる知識には限界があります。

日々成長を感じられない、新しいことを学べない職場に長く居続けることの方が、今後のキャリアにとってはリスクになるでしょう。

経験年数があっても、他の職場では一般的に必要とされるスキルを身につけられていないのであれば意味がありません。

こうしたデメリットも考慮しながら、今の職場で働き続けるのか、辞めて次を探すのか検討しましょう。

どこでも薬剤師経験は積める

同じ職場で働き続けないと薬剤師経験が積めないかというと、そんなことは全くありません。

薬剤師という国家資格を持っていますので、薬剤師としての実務経験はどこでも積むことができます。

ただし、基本的な業務を覚える前に転職を繰り返してしまうと、いつまでも新人として末端の業務しか任せてもらえないこともあります。

その職場である程度業務ができるようになれば、一定の経験を積んだと思ってよいでしょう。

転職して上手くいくこともある

薬剤師という職業を辞めたいとまで思っていても、職場を変えることで働きやすくなった、前向きに働けるようになった、という話もあります。

何年か働いていると自分が今後どのように昇給していくのか、責任が伴うようになっていくのか、などだいたいのキャリアイメージはつかめるはずです。

転職前よりも昇給の幅が上がり、プライベートも余裕が出てきたり、教育がしっかりしていて知識の幅が広がったということもあるでしょう。

転職して上手くいくこともあるので、希望を捨てずに活動してみることをおすすめします。

薬剤師を辞めるかどうかの判断基準とは?

薬剤師を辞めるかどうかの判断基準とは?

では、実際に薬剤師を辞めるかどうかの判断は何を基準としたら良いのでしょうか?

下記で、3つのポイントを記載していますので、参考にしてみてください。

教育体制が整っていない

まず1つ目に、教育体制が整っていないことが挙げられます。

薬剤師としてどんどん知識をつけて、患者さんの役に立てるようにスキルアップしたいと思って働いている方が多いはずです。

それにもかかわらず、通常業務が忙しすぎたり、教育機会が与えられない職場では、今後のキャリアのための勉強ができません。

教育の機会はあっても、その場に参加する余力がなかったり、上司の理解を得られない場合も同じです。

人に投資をしない職場は、経営が上手くいかなくなったり、いい人から先に辞めてしまったりするものです。これ以上経験をつめる見込みがない場合は辞める判断をしてもよいでしょう。

改善されない

次に、職場環境や待遇の改善を申し出ても改善されないことです。

長時間労働の負担を減らすために、人を雇ってほしいと申し出たり、もっと効率的に働けるように上司と話し合ったりと改善を試みた人もいるでしょう。

しかし、上司が取り合ってくれなかったり、なかなか人を採用してもらえなかったりと、改善が見込めない場合は転職を考えましょう。

あなたが改善を求めたことは次の職場へのアピールにもつながります。やるべきことはやったうえで、改善されなかったからやむなく転職を考えたというストーリーにつなげることができるのです。

体調を崩してしまった

最後に、体調を崩してしまったり、心身の健康に異常をきたしている場合は、すぐに辞めた方がよいでしょう。

あなたの健康が何よりも大切です。ストレスで心身の健康を損なってしまうと、回復するまでに相当の期間を要します。ベッドから起き上がれなくなったり、感情を制御できなくなったり、明らかな症状が出る前に、おかしいなと思ったら辞めることを選択しましょう。

しっかり回復して、また次の職場を探せばよいのです。

薬剤師を今すぐやめたいと思ったら利用すべきサービス

薬剤師を今すぐやめたいと思ったら利用すべきサービス

薬剤師を辞めたいと思ったとき、次の職場を探さなければなりません。

今の職場を辞める前でも、転職エージェントに登録し、転職活動ができます。

下記の3つがおすすめのサービスですので、ぜひ登録してみてください。

薬キャリエージェント

  • 医療業界ビジネス最大手のエムスリーグループが運営
  • 薬剤師の登録者数が業界No.1
  • コンサルタントの満足度が95%以上

薬キャリエージェントは、毎日2万人以上の薬剤師が転職活動を行っており、登録者数も業界No.1と言われています。

運営会社は医療業界ビジネスでトップを走るエムスリーグループで、薬剤師の会員21万人のネットワークを生かしたサービスが特徴です。

医療業界に精通した専門性の高いコンサルタントが転職支援を転職支援をしてくれるので、安心して相談ができます。

毎日10件以上の求人紹介が受けられ、未公開求人も多数保有しているため、あなたにあった転職先が見つかりやすくなります。

職場の裏事情まで徹底調査し、あなたに代わってコンサルタントが条件交渉も行ってくれるようです。

現状を打破☆チャンスを掴め!
▶︎薬剤師転職ならエムスリーキャリア

マイナビ薬剤師

  • 大手の人材会社が運営する転職サービス
  • 求人数58,000件以上
  • 年収600万円以上の求人多数

マイナビ薬剤師は、大手人材会社のマイナビが運営する薬剤師に特化した転職サービスです。薬剤師の転職サービスのなかで利用者満足度1位を獲得しています。(2021年、アンケートモニターによる調査)

大手の会社ということもあり、全国に求人を保有しており、総数は58,000件にものぼるといいます。年収600万円以上の好条件の求人も多く、あなたの条件に合った求人が見つかる可能性が高いでしょう。

マイナビから、取引先企業へ求職者の要望を伝えるセミナーなども開催しており、より理想の職場へ近づくようなサポートもしてくれます。

▶︎マイナビ薬剤師に無料登録してみる

ファルマ・スタッフ

  • 大手の調剤薬局グループが運営し、調剤薬局の求人に強い
  • 全国に拠点があり、地方でも求人が充実
  • 教育サービスも受けられる

ファルマスタッフは日本調剤グループが運営する薬剤師専門の転職サービスです。

運営している会社が調剤薬局のため、調剤薬局の求人に強いと言えます。

求人数も業界最大級で、全国に展開しているグループのため、地方でも求人が見つけやすいといえるでしょう。

派遣スタッフや、福利厚生の良い求人が多く、年収も600万円以上の求人を多く保有しています。また、サイトを利用して転職サービスを受けるだけではなく、教育サービスを受けられることもポイントです。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました