薬局長が辛い・辞めたい|対処法4選を徹底解説!

薬局長を辞めたい 薬局長

「薬局長を辞めたい・・・」

「薬局長が辛いけど、どうしたらいい?」

このようにお悩みではないでしょうか。

今回の記事では、薬局長を辞めたいと感じている方に向け、具体的な対策をご紹介していきます。

お悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

薬局長を辛い・辞めたい理由とは?

薬局長を辞めたい理由とは?

そもそも、薬局長を辞めたいと感じる理由とはどのようなものなのでしょうか。

ここでは、薬局長を辞めたいと感じる具体的な理由について詳しく解説していきます。

とにかく責任が重い

まず、やはり責任の重さが挙げられます。

薬局長は働いている薬局や店舗のいわば管理職のポジションとなるので、それぞれの施設管理者として運営や管理に責任の伴う役割と言えます。

従業員や医薬品の管理業務

医薬品を使用するための適切な情報管理

そのほか、副作用に関わる情報のリサーチや報告業務

など、幅広い仕事に携わっていることでしょう。

全ての面で重い責任が伴うため、そうした重責に対してプレッシャーを感じ、辞めたいと思っている薬局長も少なくありません。

スタッフの管理が大変

薬局長の業務にはスタッフの育成も含まれます。

一般的な薬剤師であれば、自分の仕事だけ行っていれば良いですが、薬局長となるとそうはいきません。

若いスタッフの育成や、入ったばかりの薬剤師を育てることも視野に入れながら、普段のお仕事を行っていく必要があります。

中には、合わない人や管理しきれない薬剤師もいるでしょう。

薬局長といえど人間なので、うまくコミュニケーションが取れない後輩や部下などがいると、どうしてもストレスを抱えやすくなります。

また、スタッフのミスでクレームが入った時も、薬局長が管理者として対応しないといけないことも。

「責任の割に給料が見合っていない!」

と感じている方も多いのではないでしょうか。

商品管理やお金の管理もしなければならない

ドラッグストアや薬局などであれば、その店舗の商品管理やお金の管理も行わなければなりません。

薬剤師のお仕事は患者様の命に関わる業務であるため、厳重に管理を行わなければならないプレッシャーもあるでしょう。

また、大事な売上金の計算が合わず、締め作業が終わるまで帰れないということも。

どのような面でも責任がとにかく重く、

「もう辞めたい・・・」

と思ってしまうのも無理のないことです。

地域の挨拶回りがきつい

調剤薬局の場合、地域への挨拶回りを行っている方もいらっしゃるでしょう。

調剤薬局だと、どうしても処方箋を持ってきてもらわなければ、売上に繋がりません。

そのために、地域にある医療機関に挨拶へいき、いわば”営業”のような活動も行っていく必要があります。

基本的には、エリアマネージャーが行うべき仕事ではあるのですが、顔見せとして薬局長も一緒にいくことも少なくないでしょう。

こうした業務は、うまくコミュニケーションが取れないという方には、かなり負担になります。

薬局長が辛い・辞めたい時の対策4選

薬局長を辞めたい時の対策4選

現在、薬局長を辞めたいと思っているのであれば、以下の対策を行ってみましょう。

まずはゆっくり休む

まず、ゆっくりと休むことが大切です。

薬局長としての業務が忙しく、なかなか休みを取れていないのではないでしょうか。

毎日残業が続いていたり、休日も出勤していたりしませんか?

もし、そのような状態であれば、一日何もしない日を作ることをおすすめします。

何もせずにぼーっとする日を作れば、精神的にも落ち着くことができます。

心身ともに疲弊している状態では、冷静な判断を下すことができません。

まずはゆっくりと休み、心と体を回復させるようにしましょう。

辞めたい理由を書き出してみる

精神的に落ち着いてきたら、辞めたい理由を明確にしてみましょう。

人によって辞めたい理由も異なると思いますが、まずは今自分が抱えている悩みを把握することが大切です。

悩みを書き出し、視覚化することができれば、精神的にも落ち着くことができます。

  • 薬局長の責任が重すぎて辛い
  • 毎日の仕事が長すぎる
  • 負担の割に給料が低くて辛い

など、今の気持ちを書き出してみましょう。

こうしたことを書き出すことで、今後どのように対策を行えば良いかの指標にすることもできます。

薬局長を外してもらう

上記で書き出した内容を元に、

「今の職場は良いけれど、薬局長というポジションがきつい・・・」

と感じているのであれば、薬局長を外してもらえないか上司に相談してみるのも選択肢です。

人によっては、薬局長の仕事がなくなれば普段の業務は問題なくこなせるということもあり、役職を外してもらえるのであれば今の職場で働き続けるのも良いでしょう。

ただし、人材不足によりどの職場も簡単には外してもらえない可能性が高いです。

相談しても応じてもらえない場合には、転職して働きやすい職場を見つけるのがおすすめです。

転職する

現在、薬局長として働いていて辞めたいと感じているのであれば、今のうちから転職先を探しておきましょう。

必ずしも転職しない場合でも、転職サイトなどに登録しておけば他の環境を知ることができます。

「他の職場でも、こんな条件があるのか」

「薬局長の経験を活かして、キャリアアップもできそう・・・!」

と、視野を広げることにつながるでしょう。

また、薬局長としての経験は非常に貴重であり、他の職場でも活かす事ができます。

おすすめの転職サイトは以下の3つです。

それぞれ登録しておけば、より多くの求人に目を通すことができます。

まずは無料登録しておきましょう。

求人をチェックするだけでもOK

ファルマスタッフ・・・・派遣やパートの求人も充実!面談にスタッフが同行してくれる

薬キャリ・・・・・・・・薬剤師登録者数No.1!最短即日で求人を紹介してもらえる

マイナビ薬剤師・・・・・面談重視の徹底サポート!企業内部を熟知したコンサルタントが在籍

薬局長に向いている人とは?

薬局長に向いている人とは?

ここからは、薬局長に向いている人についてご紹介していきます。

コミュニケーション能力が高い人

まず、コミュニケーション能力の高い人です。

上記でも解説しましたが、薬局長の業務は幅広く、スタッフの育成や商品管理など多岐に渡ります。

また、地域への挨拶回り等、様々なシーンで人と密に関わることになるため、なるべくコミュニケーション能力が高い人が望ましいでしょう。

時には厳しく指導したり、その後にフォローをして育成を行うなど、人としての力量を試されるシーンもあるかもしれません。

対人関係が得意でないと、そうした業務を毎日行うのはかなりストレスとなってしまうでしょう。

面倒見が良い人

面倒見が良い人も、薬局長に向いているでしょう。

現場で人材育成を行っていくためには、どうしても繰り返し指導していく必要があります。

どれだけ丁寧に教えたとしても、一度で指示を完璧にこなせる人はほぼいません。

中には何度も同じことを教えて、粘り強く育てていかなければならないこともあるでしょう。

人材を育てるためにはどうしても長期的な視点で教えていかなければならないため、面倒みが良い人が適していると言えるでしょう。

責任感はあるものの、ストレスを感じすぎない人

薬局長は非常に責任のある仕事です。

普段のお仕事の中で、クレーム対応なども行う必要があります。

責任感のある人が向いていると言えますが、あまりにも責任感が強すぎると、プレッシャーを感じすぎて病んでしまう恐れもあるでしょう。

そのため、ある程度の責任感があるものの、ストレスを感じすぎない人の方が向いていると言えます。

ストレスを抱え込まず、休日に休めばリフレッシュできるような人が向いています。

薬局長に向いていない人は?

薬局長に向いていない人は?

反対に、薬局長に向いていない人とはどのような人なのでしょうか。

ここでは、その特徴を解説していきます。

長時間働きたくない人

まず、長時間働きたくない人は向いてないと言えるでしょう。

薬局長は非常に責任のあるポジションであるため、何かトラブルがあると残業が都度発生し、帰るのも遅くなってしまうリスクがあります。

また、通常の薬剤師よりも業務量が多いため、当然その分長く働かなくてはなりません。

そのため、なるべくライフワークバランスを充実させて自分の時間を確保したい人や、ゆったりと働きたいと考えている方は不向きであると言えるでしょう。

責任のある業務が嫌な人

次に、責任のある業務が嫌な人も、薬局長の仕事は向いてないと言えるでしょう。

本当は薬局長なんてしたくなかったのに、

「他に頼める人がいないから、どうしてもやってほしい」

と、上から言われて仕方なくやっているという方も多いのではないでしょうか。

そうした受け身の状態で薬局長になった場合、実際に業務が始まってから、

「聞いていたよりもずっとしんどい・・・。もう辞めたい・・・」

と感じてしまうケースもあります。

なるべく責任のないポジションで働きたいと感じ始めているなら、薬局長を外してもらうか、他の職場に転職するのがおすすめです。

店舗経営に興味のない人

薬局長は、一従業員としてだけではなく、店舗の経営面についても考えながら働ける人が向いています。

管理職として、

  • 店舗の運営がどうすれば上手くいくか
  • もっと売上を伸ばすにはどうしたら良いか
  • スタッフをもっと成長させたい

など、経営面に興味がある人であればやりがいを感じながら働く事ができると思います。

しかし、経営や運営に全く興味がないのであれば、ただ責任と仕事量が増える過酷な仕事になりかねません。

自分自身の興味関心と照らし合わせ、本当にこのままで良いのかについては考えた方が良いでしょう。

薬局長を辞めたい!と感じている方へ

薬局長を辞めたい!と感じている方へ

現在、薬局長を辞めたいと感じている方は、

「どうすれば良いのか分からない・・・」

「他の職場で上手くいくのだろうか?」

など、深刻に悩んでいる方もいらっしゃるはず。

ここでは、薬局長を辞めたいと感じている方に伝えたいことを解説します。

薬局長としての経験は無駄にならない

これまで、薬局長として、一般的な薬剤師として様々な経験を積んできたと思います。

あなたのそうした経験は、決して無駄になることはありません。

  • 管理職としてのマネジメントスキル
  • 薬局長として責任のある地位についた実績
  • 薬局長になるまでの努力

など、多くの経験があるはずです。

こうしたことは、転職する場合でも高く評価されますし、あなたのキャリアを力強く支えてくれます。

そのため、自信を持って良いんです。

自暴自棄にならず、まずは今までの経歴、自分の努力を認めてあげましょう。

転職先の求人を探してみるのがおすすめ

「他に働ける環境があるのだろうか・・・」

と、不安な方もいらっしゃるでしょう。

しかし、薬剤師は資格保有者としての人材価値が非常に高く、薬局長も勤めた事がある人はなおさら他の職場も欲しがっています。

そのため、転職する場合にはアピールできる要素が非常に多いです。

求人をしっかり選べば、今よりもより良い条件で雇ってもらえる可能性もあるでしょう。

こうしたことから、まずは求人探しから始めてみるのがおすすめです。

求人を探すことで、狭まった視野を広げ、今後どうすべきかもしっかり考えることができます。

求人をチェックするだけでもOK

ファルマスタッフ・・・・派遣やパートの求人も充実!面談にスタッフが同行してくれる

薬キャリ・・・・・・・・薬剤師登録者数No.1!最短即日で求人を紹介してもらえる

マイナビ薬剤師・・・・・面談重視の徹底サポート!企業内部を熟知したコンサルタントが在籍

まずはコンサルタントに相談しよう

「転職も検討しているけど、何から始めれば良いか分からない」

そんな方は、薬剤師に特化したコンサルタントに相談しましょう。

薬剤師の転職サービスは、全て無料で利用する事ができます。

専任のコンサルタントに相談することで、今の環境が適切かどうかも見極める事ができるでしょう。

求人をチェックするだけでもOK

ファルマスタッフ・・・・派遣やパートの求人も充実!面談にスタッフが同行してくれる

薬キャリ・・・・・・・・薬剤師登録者数No.1!最短即日で求人を紹介してもらえる

マイナビ薬剤師・・・・・面談重視の徹底サポート!企業内部を熟知したコンサルタントが在籍

まとめ

今回の記事では、薬局長を辞めたいと感じている方に向け、対処法を解説しました。

  • 薬局長を外してもらうのも選択肢
  • どうしても辛いなら転職も検討しよう
  • 薬局長としての経験は無駄にならない
  • まずはコンサルタントに相談するのがおすすめ

薬局長は責任も重く、大変なお仕事です。

辞めたいと思うのも、無理はありません。

ただし、これまでの経験や培ったスキルは決して無駄にはなりませんし、管理職としての転職は非常に強みになります。

まずは転職先を探すことから、気軽に始めてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました