ツルハドラッグを辞めたい薬剤師の方へ|みんなの悩みと対策を解説!

ツルハ薬局を辞めたい薬剤師 薬剤師

ツルハドラッグを辞めたい・・・

薬剤師から転職したいけど、どうしたらいい?

このようにお悩みではないでしょうか。

今回の記事では、ツルハドラッグを辞めたいとお考えの薬剤師の方に向け、実際のお悩みや解決策をご紹介していきます。

お仕事で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

ツルハドラッグを辞めたい薬剤師の理由とは?

ツルハ薬局を辞めたい薬剤師の理由を徹底調査!

ツルハドラッグの仕事を辞めたい理由は、人によってそれぞれです。

しかし、退職者の口コミを分析していると、以下の4つの理由で辞めたという声が多数見受けられました。

ここではツルハドラッグを辞めた方の口コミから、特に多かった4つの多かった理由を紹介します。

休みが取れない

ツルハドラッグには、休みが取りにくいという声が多数あります。

店舗をどんどん拡大しているので、人手が足りていなくなってしまっているのです。

小規模の店舗では薬剤師が1名しかおらず、人件費を削っている店舗も。

薬剤師が1名だと、週に数日薬剤師は不在日を設けられても、長期の休みを取ることが難しくなります。

退職者からは休みが取れないという声や、休みの申請をしにくいと感じたという声も上がっています。

人手が足りていない

ツルハドラッグは全国に1,000店舗以上を構えており、現在も拡大しているため、人手が足りていません。

管理職だけでなく、社員でさえも休日出勤を求められることも。

多くの店舗では薬剤師は1人しか配置されていないことも多く、1人で業務を担当させられることもあります。

薬剤師が1人になってしまうと、任される仕事も大きくなる傾向にあります。

人手が足りず、経験や能力が足りていないまま大きな店舗を任されてしまうと、辞めたくなるでしょう。

異動が多い

ツルハドラッグは、店舗数を増やし続けていることに伴い、異動が多くなっています。

異動で転勤を余儀なくされてしまい、退職を考える人も多いようです。

経験を積むと、異動するごとに大きな店舗を任されるようになり、キャパオーバーになってしまったという声も。

上記で挙げたように人手が足りてないことも、異動が多いことにつながっているようです。

結果的に仕事の負担が増えてしまうことが、多くの退職を生んでいる原因でしょう。

将来性がない

ツルハドラッグを辞めた人は、将来性がないことを理由に退職した人も多いです。

ツルハドラッグで勤務する薬剤師は、調剤以外の業務に挑戦する機会を与えてもらえることはほぼありません。

キャリア形成が難しくなるので、早めに退職してキャリア形成ができる企業で働きたいと考える人もいます。

教育制度は充実していますが、実際には自主的に参加する人は少ないようです。

社員間での能力の差も生まれてしまい、頑張る人が報われないことが、将来性がないと考えられる要因でしょう。

仕事内容が一定

ツルハドラッグの薬剤師は、処方箋をさばくだけの一定の仕事内容で終わることが多いです。

処方箋をさばくだけであれば、めったに残業することなどはなく、ワークライフバランスは保ちやすい傾向にあります。

しかし、ルーティンワークになっているので、仕事をつまらないと感じるようになる人も。

取り扱っている薬も、門前薬局などに比べると物足りないという声も上がっていました。

このまま一定の仕事をし続けていいのかと考え、退職する人も多くいるようです。

ツルハドラッグを辞めたい薬剤師の対策は?

ツルハ薬局を辞めたい薬剤師の対策は?

ここからは、ツルハ薬局を辞めたいと感じている薬剤師の方に向け、具体的な解決策をご紹介していきます。

お悩みの方は、以下のことを行ってみてください。

まずはゆっくり休む

まず、ゆっくりと休むことが大切です。

最近、仕事続きで休めていないのではないでしょうか。

辞めたいと思うほどに精神が疲れている方は、まずは1日何もしない日を作りましょう。

心身ともに疲弊している状態だと、どうしても良いイメージが湧いてきません。

転職するにしても、まずは心と体が健全な状態でなければうまくいかないでしょう。

そのため、休暇を取って体を休めるようにしてください

もし、どうしても辛いのであれば、一度休職してみるのも選択肢です。

また、派遣社員のように限られた時間だけ働いてみることも検討してみましょう。

辞めたい理由を書き出してみる

現状、あなたが辞めたい理由を紙に書き出してみるのも良い方法です。

人によって悩んでいる理由は違うと思いますが、思いつくままに辞めたい理由を書き出してみましょう。

例えば、

  • 〜〜さんとうまくコミュニケーションが取れなくて辛い
  • もっとライフワークバランスを充実させたい
  • 毎日残業があってしんどい
  • なかなか仕事を覚えることができない

など、今の悩みを箇条書きで良いので書き出してみると良いでしょう。

こうしたことを視覚化するだけでも、不思議と心が落ち着きます。

また、今後の対策を考える上でも悩み事を把握しておくことは重要です。

転職する際には、こうした問題を解決できるような職場選びを行えれば、ストレスを減らして働くことができるでしょう。

上司に相談してみる

自分1人で解決できそうにない問題であれば、上司に相談してみるのも選択肢です。

職場の人間関係に悩んでいたり、業務内容の難しさで悩んでいれば、自分1人の力ではどうすることもできない場合もあるでしょう。

信頼できる上司が身近にいるのであれば、その人に相談してみてください。

思いがけないようなアドバイスや手助けが受けられるかもしれません。

ただし、上司との関係性そのものに悩んでいる場合は、他の人に相談する方が良いでしょう。

また、相談しているにもかかわらず、何の改善もされない場合には転職も視野に入れることをおすすめします。

求人をリサーチしてみる

現在、仕事で悩んでいる場合には求人をリサーチしてみるのがおすすめです。

すぐさま転職しない場合でも、求人情報をリサーチしておくことで次のようなメリットがあります。

  • 今の環境以外にも働ける場所があることがわかる
  • 他の職場の勤務条件をチェックできる
  • 自分の市場価値を確かめることができる
  • 他にも働ける場所があることで精神的に落ち着く

このように、転職しないとしても他の求人情報をチェックしておくことには大いに意味があります。

そのため、まずは気軽に求人情報をリサーチしてみるのが良いでしょう。

以下でも解説するような薬剤師の転職サービスは無料で利用できるため、まずは登録して確認してみてはいかがでしょうか。

▶︎業界でも求人が豊富な転職サービス!【ファルマスタッフ】で求人チェックしてみる

薬剤師専門のコンサルタントに相談してみる

今の仕事が辛いと感じているのであれば、薬剤師専門のコンサルタントに相談してみましょう。

今では、薬剤師に特化したサービスが多く存在しています。どのサービスについても無料で利用できるため、まずは気軽に相談してみるのがおすすめです。

コンサルタントに相談することで、

  • 今の悩みを無料で聞いてもらうことができる
  • 薬剤師の転職に詳しい専門家の意見を聞くことができる
  • 悩みを話すことで精神的に楽になる

などのメリットがあります。まずはお気軽に相談してみると良いでしょう。

求人をチェックするだけでもOK

ファルマスタッフ・・・・派遣やパートの求人も充実!面談にスタッフが同行してくれる

薬キャリ・・・・・・・・薬剤師登録者数No.1!最短即日で求人を紹介してもらえる

マイナビ薬剤師・・・・・面談重視の徹底サポート!企業内部を熟知したコンサルタントが在籍

ツルハドラッグを辞めたい時の判断基準とは?

ツルハドラッグを辞めたいと思っても、後先考えずすぐ辞めてしまうことは避けるべきです。

本当に辞めるべきか慎重に判断し、後悔しないようにしましょう。

ここでは、辞めたい時の判断基準について解説していきます。

あと数十年働けるかどうか

判断基準の一つ目は、あと数十年働けるかどうかです。

仕事をする上で苦労はつきものです。

多少大変なことがあっても、収入や休日といった条件が良い、仕事にやりがいを感じるなど、続けるメリットの方が大きい場合もあります。

今の職場でこのまま数十年働いたらどうなるか、イメージしてみてください。

辛いばかりで働き続けられそうにない、人間関係に悩み続けることになるなどネガティブな印象である場合には、辞めるべきかもしれません

長い目で見て判断することが大切です。

精神的に病んでいないか

判断基準の二つ目は、精神的に病んでいないかです。

一度鬱など心の病気になってしまうと、治すのは大変です。

心の病気だけでなく、体にも不調をきたす可能性もありますし、そこまで大変な思いをしてまで仕事を続ける必要はありません

何事にもやる気が起きなかったり、ずっとネガティブな気持ちであったりする状態が続いている場合には要注意です。

精神的に病んでしまうほど仕事が辛い場合には、辞めることを検討するべきでしょう。

周囲に相談できる人がいるかどうか

判断基準の三つ目は、周囲に相談できる人がいるかどうかです。

職場に信頼できる相手がいれば、相談することで改善に向けて動いてくれる可能性があります。

全く味方がいないという状況だと、窮屈なうえ解決できない状況が続く可能性が高いです。

職場の人でなくとも、身内や友人などに相談できる相手がいるかも大切です。

話してみるだけでも心が軽くなりますし、多少ストレスが軽減されるかもしれません。

周囲に相談できる人が全くいない場合、一人でふさぎこんでしまうリスクもあるので気を付けましょう

ツルハドラッグを辞めたい時におすすめの転職サービスは?

「転職の時代」と言われる今、転職サービスは溢れています。

たくさんある中からどれを選べばいいかわからなくなってしまいますよね。

そのため、ここからは薬剤師の転職に特化した転職サービスを紹介します。

ファルマスタッフ

  • 専任の担当者が徹底サポートしてくれる
  • 利用者の満足度が96.5%以上
  • 正社員や派遣など、幅広い求人に対応可能

ファルマスタッフは、派遣に強みのある薬剤師転職に特化したサービスです。

転職相談の満足度は96%と高く、サポートが充実していることから、薬剤師から人気を集めています

サポート内容は、書類の作成や面接日時の調整などはもちろん、直接しにくい条件の交渉などです。

地域密着に力を入れており、担当コンサルタントが実際に店舗に足を運んで得た情報も提供しています。

他サービスにはない、求人票に載っていない情報も手に入れられるでしょう。

さらに、ファルマスタッフはさまざまな相談会を開催しています。

異業種への転職に特化したものや、Iターン、Uターンに特化した相談会など多種多様です。

休日などにウェブでの転職相談会なども行っているので、転職を検討している場合は、登録して参加してみましょう。

▶︎面接まで同行してくれる転職サービス!【ファルマスタッフ】に相談してみる

マイナビ薬剤師

  • 利用者満足度No.1
  • 対面での面談を重視した徹底したサポート
  • 企業の内部事情に詳しくミスマッチが防げる

マイナビ薬剤師は、大手転職サイトマイナビが運営する薬剤師向けの転職サービスです。

薬剤師向けの転職エージェントとしては、最大手です。

薬剤師の求人は、表には出ていない非公開求人が25%を占めています。

35%の非公開求人票にアクセスして情報収集するには、マイナビへの登録は必須。

無料で登録できるので、検討段階でも登録して情報を集めるのがおすすめです。

さらにマイナビ薬剤師は、キャリアアドバイザーと直接話せるのが一番の魅力です。

私は実際に利用した際、キャリアアドバイザーと直接お会いし、転職活動について丁寧に教えてもらいました。

どのサービスも無料なので、まずは登録して情報を集めましょう。

▶︎マイナビ薬剤師に無料登録してみる

ヤクキャリ

ヤクキャリは、薬剤師・薬学生の職場選びのための転職サイトです。

全国に展開しており、46,000件以上の求人数を誇っています。

ヤクキャリは、薬剤師・薬学生のクチコミをチェックできるのが一番のおすすめポイントです。

薬局経営者や薬剤師へのインタビューなども掲載しているので、実際に働く現場と情報が集められます

求人票だけでなく、実際の現場の声も確認すると、ミスマッチが起きる可能性を減らすことができるでしょう。

登録すれば、人気の薬局のランキングなども確認できます。

通常の転職サイトは登録に時間がかかりますが、ヤクキャリは1分以内に登録できるので、登録しておきましょう。

▶︎薬キャリに無料相談してみる

現状が辛い方に伝えたいこと

現状が辛い方に伝えたいこと

ここからは、薬剤師として働いていて現場が辛いと感じている方に向け、伝えたいことを解説します。

これまでの経験は無駄にならない

これまで、薬剤師として様々な経験を積んできたのではないでしょうか。

もしかすると、日々の業務に追われ疲れ果てている方もいらっしゃるかもしれません。

心身ともに疲れ果てていると、

  • 薬剤師なんてならなきゃよかった
  • 自分は出来損ないだ
  • これまでの時間を無駄にしてしまった

などと考えてしまう場合もあるでしょう。

しかし、あなたがこれまで培ってきた経験やスキルは、決して無駄ではありません。

転職活動においても強みになりますし、何よりも努力する姿勢が今後の人生を支えてくれます。

自暴自棄にならず、これまで頑張ってきた自分を褒めてあげましょう。

他にも働ける場所はある

現状、仕事に悩んでいると、

  • 今の職場でうまくいかないと、他でも勤まらない
  • まずは今の環境でしっかりと結果を出すことが大事
  • とりあえずあと3年は頑張ろう・・・

など、とにかく我慢して努力を続けようとしてしまいがちです。

しかし、悩みの原因は努力不足ではなく、環境のせいであるケースが多いです。

例えば、職場内でうまくいかない人がいたとしましょう。

明らかに他の人に迷惑をかけ続けているような人と一緒の職場になれば、自分がどう努力してもその人とうまく関係を築くのは難しいです。

そのため、その場で努力するよりも、もっと働きやすい職場に身を移した方が精神的にも楽になります。

とにかく我慢し続けようとせず、他にも働ける場所があるということを忘れないでください。

まずは転職先を探しておくのがおすすめ

もし、現状お仕事で悩んでいるのであれば、まずは転職先を探しておくのがおすすめです。

先ほども解説しましたが、必ずしも転職しないとしても、転職先を探しておくことは精神の安定に繋がります。

  • 今の職場以外にも、自分はやっていける
  • 他の環境と今の職場環境を比較する
  • 信頼できる人に相談する

など、転職先を探すことでメリットも多いため、まずは転職サービスに登録しておくのがおすすめです。

求人をチェックするだけでもOK

ファルマスタッフ・・・・派遣やパートの求人も充実!面談にスタッフが同行してくれる

薬キャリ・・・・・・・・薬剤師登録者数No.1!最短即日で求人を紹介してもらえる

マイナビ薬剤師・・・・・面談重視の徹底サポート!企業内部を熟知したコンサルタントが在籍

ストレスを感じやすい薬剤師の方へ

ストレスを感じやすい薬剤師の方へ

中には、働いていてストレスを感じやすいという方もいらっしゃるかもしれません。

例えば、

  • 他の人の評価をいつも気にしてしまう
  • 注意されるとしばらく気にしてしまう
  • とにかく人から嫌われたくない
  • 些細な変化にもストレスを感じる

などの特徴がある場合、HSP気質かもしれません。

HSPの症状があると、働き方にも工夫を凝らしていく必要があります。

もし、上記の特徴に当てはまっているのであれば、以下の記事でHSPの薬剤師向けに対策をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ツルハドラッグを辞めたい時の注意点とは?

ツルハドラッグは、全国で1,000店舗以上を構える大企業です。

「辞めなければよかった…」と後悔することのないようにしたいですよね。

そこで、ここでは辞めたくなった時の注意点を紹介します。

勢いで退職しない

仕事を辞めたい時は、勢いで退職しないようにすることが大切です。

仕事が辛い、仕事に対して不満を抱えると言う時は、どうしても勢いで行動してしまいがち。

しかし、ツルハドラッグはドラッグストア業界の中でもかなりの大手。

勢いに任せて、冷静な判断が出来ないまま辞めてしまうのはもったいないです。

辞める時期を定め、それに合わせて計画的に退職できるようにするのが良いでしょう。

今後の計画を立てる

辞める前には、今後の計画を立てるようにしましょう。

まずは、いつ辞めるのかを目標として決めます。

その時期までに退職の意思を伝えられるよう、タイミングを決めておきましょう。

さらにその後、退職までにやらなければならないことを把握します。

転職活動のための履歴書等の準備や面接の練習などは、丁寧にやると意外と時間がかかります。

さらに、選考のための書類の提出から内定が出るまでは、最短でも1ヶ月ほど。

十分に余裕を持った計画を立てましょう。

 

転職先のリサーチを徹底する

辞めたいと思った時には、まずは必ず転職先のリサーチを徹底して行いましょう。

転職は時間も労力もかかります。

リサーチが不十分なまま転職してしまえば、ミスマッチが起こります。

条件が合わなかったり、思っていた仕事と違ったりすれば、また転職したいと思い悩むことに。

せっかく転職したのに、またすぐに転職をしてしまうのは、キャリア形成にとってもあまりよいとは言えません。

転職エージェントなどを利用してリサーチを徹底し、方向性などを定めてから転職しましょう。

まとめ

今回の記事では、ツルハ薬局を辞めたい薬剤師の方に向け、具体的な解決策をご紹介しました。

  • 疲れている時は、まずはゆっくり休もう
  • 辞めたい理由を書き出してみよう
  • 転職先を探しておこう
  • 薬剤師に特化したコンサルタントに相談するのもおすすめ

など、様々な対策を行ってみるのがおすすめです。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました