ツルハドラッグを辞めたい薬剤師の方へ|みんなの悩みと対策を解説!

ツルハ薬局を辞めたい薬剤師 薬剤師

「ツルハドラッグを辞めたい薬剤師の方へ|みんなの悩みと対策を解説!を辞めたい」

「薬剤師から転職したいけど、どうしたらいい?」

このようにお悩みではないでしょうか。

今回の記事では、ツルハドラッグを辞めたいとお考えの薬剤師の方に向け、実際のお悩みや解決策をご紹介していきます。

お仕事で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

ツルハドラッグを辞めたい薬剤師の方へ|みんなの悩みと対策を解説!を辞めたい薬剤師の理由を徹底調査!

ツルハ薬局を辞めたい薬剤師の理由を徹底調査!

ここからは、ツルハ薬局を辞めたいと感じている薬剤師の理由について解説します。

ネット上などから働いている方の退職理由をリサーチしましたので、ぜひ参考にしてください。

仕事が忙しい

休みがなかなか取れず、退職を考えました。

人手が足りておらず、休日も出勤する必要があったために退職を検討しました。

まず、普段の仕事が忙しく、休みがなかなか取れないという人がいました。

これは店舗によるところだと思いますが、休暇を取ることができないと、辞めたいと思うのも無理はありませんよね。

思っていた仕事内容と違った

新卒で入社したものの思っていた業務とは異なり、取り扱っている薬の種類などに物足りなさを感じた。

新卒者として働き始め、実際に働いてみると想像していた業務とは異なっていたという方も多いです。

事前に職場環境についてリサーチしていたとしても、やはり働き始めてみなければ実際の仕事は分からないものですよね。

想像していた仕事とのギャップを感じ、退職する方もいらっしゃるようです。

責任の重さがきつかった

普段の業務で次第に責任が重くなっていき、自分自身のモチベーションと合わなくなっていった。異動も多かったので、退職を検討しました。

というふうに、年代とともに重くなっていく責任に耐えきれなかったという方もいます。

勤務年数が長くなると、役職などに任命される方も多いです。

管理薬剤師や薬局長など、責任あるポジションになるとどうしても精神的な負担も増えてしまいます。

ストレスに耐えかねて、退職も検討する方も多いようです。

キャリアアップしたい

他の会社も経験してみたいと考え、転職を検討しました。

キャリアアップを考えて退職を検討しました。

調剤以外のお仕事も経験してみたいと思い、退職しました。

この他に、後ろ向きな意見だけはなく、前向きにキャリアアップしたいという方もいらっしゃいました。

一つの会社だけではなく、他の会社や業務も経験してみたいという方も多いです。

薬剤師は転職しながらより良い環境を求める方も多いので、前向きに転職も視野に入れてみるのも選択肢と言えますね。

ツルハドラッグを辞めたい薬剤師の対策は?

ツルハ薬局を辞めたい薬剤師の対策は?

ここからは、ツルハ薬局を辞めたいと感じている薬剤師の方に向け、具体的な解決策をご紹介していきます。

お悩みの方は、以下のことを行ってみてください。

まずはゆっくり休む

まず、ゆっくりと休むことが大切です。

最近、仕事続きで休めていないのではないでしょうか。

辞めたいと思うほどに精神が疲れている方は、まずは1日何もしない日を作りましょう。

心身ともに疲弊している状態だと、どうしても良いイメージが湧いてきません。

転職するにしても、まずは心と体が健全な状態でなければうまくいかないでしょう。

そのため、休暇を取って体を休めるようにしてください。

もし、どうしても辛いのであれば、一度休職してみるのも選択肢です。

辞めたい理由を書き出してみる

現状、あなたが辞めたい理由を紙に書き出してみるのも良い方法です。

人によって悩んでいる理由は違うと思いますが、思いつくままに辞めたい理由を書き出してみましょう。

例えば、

  • 〜〜さんとうまくコミュニケーションが取れなくて辛い
  • もっとライフワークバランスを充実させたい
  • 毎日残業があってしんどい
  • なかなか仕事を覚えることができない

など、今の悩みを箇条書きで良いので書き出してみると良いでしょう。

こうしたことを視覚化するだけでも、不思議と心が落ち着きます。

また、今後の対策を考える上でも悩み事を把握しておくことは重要です。

転職する際には、こうした問題を解決できるような職場選びを行えれば、ストレスを減らして働くことができるでしょう。

上司に相談してみる

自分1人で解決できそうにない問題であれば、上司に相談してみるのも選択肢です。

職場の人間関係に悩んでいたり、業務内容の難しさで悩んでいれば、自分1人の力ではどうすることもできない場合もあるでしょう。

信頼できる上司が身近にいるのであれば、その人に相談してみてください。

思いがけないようなアドバイスや手助けが受けられるかもしれません。

ただし、上司との関係性そのものに悩んでいる場合は、他の人に相談する方が良いでしょう。

また、相談しているにもかかわらず、何の改善もされない場合には転職も視野に入れることをおすすめします。

求人をリサーチしてみる

現在、仕事で悩んでいる場合には求人をリサーチしてみるのがおすすめです。

すぐさま転職しない場合でも、求人情報をリサーチしておくことで次のようなメリットがあります。

  • 今の環境以外にも働ける場所があることがわかる
  • 他の職場の勤務条件をチェックできる
  • 自分の市場価値を確かめることができる
  • 他にも働ける場所があることで精神的に落ち着く

このように、転職しないとしても他の求人情報をチェックしておくことには大いに意味があります。

そのため、まずは気軽に求人情報をリサーチしてみるのが良いでしょう。

以下でも解説するような薬剤師の転職サービスは無料で利用できるため、まずは登録して確認してみてはいかがでしょうか。

薬剤師専門のコンサルタントに相談してみる

今の仕事が辛いと感じているのであれば、薬剤師専門のコンサルタントに相談してみましょう。今では、薬剤師に特化したサービスが多く存在しています。どのサービスについても無料で利用できるため、まずは気軽に相談してみるのがおすすめです。

コンサルタントに相談することで、

  • 今の悩みを無料で聞いてもらうことができる
  • 薬剤師の転職に詳しい専門家の意見を聞くことができる
  • 悩みを話すことで精神的に楽になる

などのメリットがあります。まずはお気軽に相談してみると良いでしょう。

求人をチェックするだけでもOK

ファルマスタッフ・・・・派遣やパートの求人も充実!面談にスタッフが同行してくれる

薬キャリ・・・・・・・・薬剤師登録者数No.1!最短即日で求人を紹介してもらえる

マイナビ薬剤師・・・・・面談重視の徹底サポート!企業内部を熟知したコンサルタントが在籍

現状が辛い方に伝えたいこと

現状が辛い方に伝えたいこと

ここからは、薬剤師として働いていて現場が辛いと感じている方に向け、伝えたいことを解説します。

これまでの経験は無駄にならない

これまで、薬剤師として様々な経験を積んできたのではないでしょうか。

もしかすると、日々の業務に追われ疲れ果てている方もいらっしゃるかもしれません。

心身ともに疲れ果てていると、

  • 薬剤師なんてならなきゃよかった
  • 自分は出来損ないだ
  • これまでの時間を無駄にしてしまった

などと考えてしまう場合もあるでしょう。

しかし、あなたがこれまで培ってきた経験やスキルは、決して無駄ではありません。

転職活動においても強みになりますし、何よりも努力する姿勢が今後の人生を支えてくれます。

自暴自棄にならず、これまで頑張ってきた自分を褒めてあげましょう。

他にも働ける場所はある

現状、仕事に悩んでいると、

  • 今の職場でうまくいかないと、他でも勤まらない
  • まずは今の環境でしっかりと結果を出すことが大事
  • とりあえずあと3年は頑張ろう・・・

など、とにかく我慢して努力を続けようとしてしまいがちです。

しかし、悩みの原因は努力不足ではなく、環境のせいであるケースが多いです。

例えば、職場内でうまくいかない人がいたとしましょう。

明らかに他の人に迷惑をかけ続けているような人と一緒の職場になれば、自分がどう努力してもその人とうまく関係を築くのは難しいです。

そのため、その場で努力するよりも、もっと働きやすい職場に身を移した方が精神的にも楽になります。

とにかく我慢し続けようとせず、他にも働ける場所があるということを忘れないでください。

まずは転職先を探しておくのがおすすめ

もし、現状お仕事で悩んでいるのであれば、まずは転職先を探しておくのがおすすめです。

先ほども解説しましたが、必ずしも転職しないとしても、転職先を探しておくことは精神の安定に繋がります。

  • 今の職場以外にも、自分はやっていける
  • 他の環境と今の職場環境を比較する
  • 信頼できる人に相談する

など、転職先を探すことでメリットも多いため、まずは転職サービスに登録しておくのがおすすめです。

求人をチェックするだけでもOK

ファルマスタッフ・・・・派遣やパートの求人も充実!面談にスタッフが同行してくれる

薬キャリ・・・・・・・・薬剤師登録者数No.1!最短即日で求人を紹介してもらえる

マイナビ薬剤師・・・・・面談重視の徹底サポート!企業内部を熟知したコンサルタントが在籍

ストレスを感じやすい薬剤師の方へ

ストレスを感じやすい薬剤師の方へ

中には、働いていてストレスを感じやすいという方もいらっしゃるかもしれません。

例えば、

  • 他の人の評価をいつも気にしてしまう
  • 注意されるとしばらく気にしてしまう
  • とにかく人から嫌われたくない
  • 些細な変化にもストレスを感じる

などの特徴がある場合、HSP気質かもしれません。

HSPの症状があると、働き方にも工夫を凝らしていく必要があります。

もし、上記の特徴に当てはまっているのであれば、以下の記事でHSPの薬剤師向けに対策をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

今回の記事では、ツルハ薬局を辞めたい薬剤師の方に向け、具体的な解決策をご紹介しました。

  • 疲れている時は、まずはゆっくり休もう
  • 辞めたい理由を書き出してみよう
  • 転職先を探しておこう
  • 薬剤師に特化したコンサルタントに相談するのもおすすめ

など、様々な対策を行ってみるのがおすすめです。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました