横浜市役所を辞めたい|みんなの退職理由と対策法を解説!

横浜市役所を辞めたい

※本ページにはプロモーションが含まれています

横浜市役所を辞めたい・・・

市役所からの転職を成功させるには?

他の人がどうして退職したのか、理由が知りたい

このようにお悩みではないでしょうか。

今回の記事では、横浜市役所を退職したいと考えている方に向け、他の人の退職理由や辞めたい時の対策法を解説します。

お仕事でお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人
カケル

元公務員。激務により体調を崩して退職。

そこから会社員に転職し、現在は独立してWEBマーケティング事業を運営。

公務員の転職なら「公務員転職コンシェルジュへ!」

公務員の転職なら、公務員転職コンシェルジュへお任せください!

公務員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

目次

横浜市役所を辞めた人の退職理由

ここからは、実際に横浜市役所を辞めた人の退職理由を見ていきましょう。

残業が多く災害時には休めなかった(20代女性)

部署によって異なりますが、定時で帰れるところもあればそうでない部署もあります。また、災害時には基本休むことができず、残業が非常に多いです。部署によっては異動もできず、自主的にサービス残業を行う文化もありました。また、市民対応ではクレームへの対応もしなければならず、心身ともに疲弊して退職。

仕事として割り切れる人にはおすすめ(20代男性)

お金のために仕事をしていると割り切れるのであれば比較的働きやすい職場だと思います。特に頭を使うことはなく、クレーム対応では頭を下げるしかないので、割り切るにはハードかもしれませんが。ただ、福利厚生は充実しており、休職した場合でも病院の方に同行してもらいながら短時間勤務で徐々に復帰するなどができます。また、クビにもならないので、安定性だけは良い仕事です。

上司の当たり外れに左右されます(30代女性)

表向きは市民のために仕事をするというスタンスですが、基本的にはみんな安定性を求めて公務員になっているので、良くも悪くものらりくらりと仕事をしている人が多いです。ただし、上司は当たり外れがあり、職場にも普段何をしているのか分からない人が多くいます。面倒な上司に当たれば、非常に辛いです。頑張っても頑張らなくても収入が変わらないので、ふらふらと仕事をしてやり過ごしたい人には向いています。

ゼネラリストが求められる(30代男性)

職業の特性上、ゼネラリストが求められます。専門性があっても全く評価されず、高いスキルがある人には不向き。自分は専門性があったので、もっとスキルを生かしたいと思い退職。

横浜市役所を辞めた人の理由まとめ

横浜市役所を退職した人の理由をまとめると、

・人間関係に悩んで辞めた
・専門性のある仕事がしたかった
・残業や時間外労働が多かった

などが挙げられるでしょう。

ライフワークバランスを求めていたり、何か特筆すべきスキルがある人、やりがいがある人には向いていない職場といえます。

反対に、特段スキルがなく、日々の仕事を60点くらいでコツコツやっていきたい人には向いている職場です。

公務員の転職なら「公務員転職コンシェルジュへ!」

公務員の転職なら、公務員転職コンシェルジュへお任せください!

公務員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

横浜市役所を辞めたい時の対策法

ここからは、横浜市役所を辞めたい時の対策法について解説していきます。

現状、仕事が辛いと感じている方は、以下の対策をしてみてください。

辞めたい理由を紙に書き出してみる

まず、仕事に対する悩みや不満を整理することが重要です。市役所を辞めたい理由を洗い出してみましょう。具体的な理由を挙げることで、自分の感情も整理することができます。

例えば、

・業務の多忙さにより、時間が不足している
・人間関係で辛さを感じている
・よりやりがいを感じられる仕事に転職したい

など、具体的に何を悩んでいるのか明確にすることが大切です。

これらの理由をリストアップすることで、自身の気持ちを整理しやすくなります。また、転職を検討する場合にも行動計画を立てやすくなります。

適職診断をしてみる

20〜30代の若手人材にとって、初めての仕事が公務員であれば、現在の仕事が自分に合っていない可能性も考えられます。初めての仕事であるため、

「今の仕事って、本当に自分に向いているのだろうか?」という不安を感じている方も多いでしょう。

実際、僕自身も大学を卒業してからすぐさま公務員になったので、自分にはもっと別の仕事の方が向いているのではないかと思うことが多々ありました。

そんな方は、まず適職診断を受けてみることをおすすめします。現在では、VIEWなどの無料で診断できるアプリも利用できるようになっています。こうしたアプリを活用することで、わずか3分ほどで自分の天職を診断してもらえます。

適職診断を受けることで、自分の得意な分野や適性に気付くことができ、将来的なキャリアの選択に役立つかもしれません。

公務員に特化した転職サービスを利用する

市役所を辞めたいとお考えの方は、公務員に特化したタイプの転職サービスを利用するのがおすすめです。

本サイトでは公務員転職に特化したサービスである、公務員コンシェルジュを運営しています。

・公務員に強い転職サポートを利用したい
・公務員むけの求人を探したい
・今後のキャリアについて誰かに相談したい

などをご希望の方には最適のサポートとなっています。

公務員の転職に詳しいコンシェルジュが無料で転職のサポートを行いますので、ぜひお気軽に以下のリンクよりご相談ください。

公務員の転職なら「公務員転職コンシェルジュへ!」

公務員の転職なら、公務員転職コンシェルジュへお任せください!

公務員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

キャリアコーチングを受けてみる

市役所をなんとなく辞めたいと感じているものの、

・本当に辞めても良いのか
・市役所以外での仕事が見つかるのか
・そもそも退職してから自分のやりたいことはなんなのか

など、不安に感じることも多いと思います。公務員からの転職は一大決心であり、勇気が必要です。

もし転職に迷っている場合は、キャリアコーチングを検討するのも一つの方法です。キャリアコーチングでは、転職を焦点とするだけでなく、現在の環境での働き方やキャリアの構築についても視野に入れて相談できます。

・転職することだけではなく、今の職場でうまくやっていく方法も模索したい
・誰かと一緒に今後について考えてもらいたい
・自分自身の適職が知りたい

など、転職に限らず、自分の将来や仕事に関する悩みを解決したい方におすすめです。

ただし、有料のサービスとなっているので、まずは無料カウンセリングを受けてみてから受講すべきかどうかを考えるのが良いでしょう。

自分の年代の求人をチェックしてみる

自分の年代に合った求人を探してみることは重要です。市役所で働いていると、

「市役所以外での就業は本当に可能なのだろうか?」

という不安を感じることがあります。私も同様の経験があり、転職する際には同じ悩みを抱えていました。

もし不安を感じているのであれば、まずは求人をチェックしてみることがおすすめです。求人情報を確認することで、「自分でも働ける環境が存在するんだ!」という確信を得ることができ、不安な気持ちも解消されるでしょう。

また、dodaなどの転職エージェントに登録すれば、アドバイザーの人が相談に乗ってくれますので、市役所からの転職も可能なのか教えてくれます。

横浜市役所を辞めるかどうかの判断基準

ここからは、辞めるべきかどうかについて悩んでいる方に向け、退職すべきかどうかの判断基準を解説していきます。

日々の仕事が楽しいかどうか

自ら公務員として働いた経験から感じたことなのですが、公務員の仕事は基本的にルーティンワークが中心です。毎日同じような仕事に嫌気が差している人も多いのではないでしょうか。

しかし、同じ公務員で同じ仕事をしているはずなのに、何故か毎日楽しそうな人たちはいませんか?

僕が働いていた職場でも、やりがいを持ちながら働いている人たちは一定数いました。(多くはないですが)

同じ事務作業でも、やりがいを感じたり、異なる視点から楽しんでいたりすることがあります。つまり、適材適所で、”あなたがつまらないと思うような業務でも、向いている人からすればやりがいや楽しさを感じる人もいる”ということです。

もし、自分自身がそのように働けないと感じるなら、退職することを検討するのが良いでしょう。私も公務員を辞め、全く異なる仕事に就いています。

そして、毎日楽しい日々を過ごしています。結局、何事も向き・不向きが存在するということです。適職に転職することで、毎日の仕事が楽しいと感じられるような仕事が必ずあるはずです。

あと数十年働き続けるイメージができるかどうか

仕事は今後の人生でも継続していくものです。もし、今の仕事で一生を終えることを考えた際に、

「このまま人生を終えるのは嫌だ!!」

と感じるのであれば、早めに転職を視野に入れることが重要です。

毎日辞めたいと感じながら日々を過ごすことは非常に辛いものです。

数十年にわたって嫌な仕事を続けることは、その過程でうつ病になる可能性も考えられます。もし現在の仕事が自分にとって充実感ややりがいを感じられないならば、転職を検討することが賢明です。

安定性以外にも魅力を感じるかどうか

市役所職員の魅力は、何よりも社会的地位と安定性にあるでしょう。多くの人が「社会的にも信頼される仕事に就き、安定した収入を得たい」

という考えから公務員になることを選んでいます。しかしながら、実際に働く中で、その魅力以外にも辛い側面が見えてくることもあるでしょう。

自分の仕事において、地位と安定性を除いたときに、どれほどの魅力があるかを考えることは重要です。もし、

「安定性以外にはなんの魅力もない」
「許されるならこんな仕事早く辞めたい」
「安定性がなければ、正直他の仕事をしている」

と感じているなら、それはとても悲しいことです。

もし、そう感じているのであれば、まずは自分に合った求人を探してみることを検討してください。

自分の興味やスキルに合った新たな仕事や職場を見つけることで、充実感ややりがいを感じられるかもしれません。他の選択肢も検討して、自分の人生と仕事について新たな視点を持ってみることが重要です。

公務員の転職なら「公務員転職コンシェルジュへ!」

公務員の転職なら、公務員転職コンシェルジュへお任せください!

公務員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

市役所からの転職は公務員転職コンシェルジュへ

今回の記事では、横浜市役所を辞めたい方に向けて実際に退職した人の理由や対策方法を解説しました。

これから市役所からの転職をお考えの方は、公務員転職コンシェルジュへご相談ください。

・公務員からの転職を徹底サポート
・公務員向けの求人紹介
・転職する際のポイント

などについて詳しくサポートしております。

まずはお気軽に以下のリンクよりご相談ください。

公務員の転職なら「公務員転職コンシェルジュへ!」

公務員の転職なら、公務員転職コンシェルジュへお任せください!

公務員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

The following two tabs change content below.
日々POSレジに関する情報を発信し、POSレジ導入の支援を行っています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次