年収アップを狙う転職で失敗しないためには?

年収アップで転職失敗 年収アップ

年収をアップさせたい

転職で失敗したくない

このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、年収アップを狙う転職で失敗しないための方法について解説していきます。

年収アップを狙う転職で失敗しないための方法5選

年収アップを狙う転職で失敗しないための方法5選

まず初めに、年収アップを狙う転職で失敗しないための5つの方法を紹介します。

「年収アップさせたいけど、なにをすればいいかわからない」

「失敗しないためにはどうすればいいだろう?」

このように悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてください。

やりたいことを明確にしておく

転職先を探す前に必ずしておいてほしいのが、「やりたいことを明確にしておく」ということです。

年収アップだけを目的として転職活動を始めると、必要以上に職探しに時間を取られてしまいます。

また、いざ面接という時に、やりたいことが明確でないとあなたの仕事に対する熱意ややる気が相手に伝わらないことも…。

採用担当者は今までたくさんの人を面接しています。

ありきたりな動機ではあなたの魅力は伝わりません

やりたいことを事前に明確にしておくことで、自信を持って自分の魅力を伝えることができるでしょう。

勢いで仕事を辞めない

今の会社・上司は自分に合わない

給料も少ないし、さっさと辞めて転職活動に力を入れよう

このように考えている方もいるかもしれません。

しかし、感情に任せて勢いで仕事を辞めないでください

退職してから転職活動する時間は増えるかもしれませんが、またすぐに転職先が決まるとも言い切れません。

無職の期間が長引くと金銭的にも精神的にも焦って余裕がなくなり、企業選びを妥協してしまうことも。

また、無職期間はブランクと捉えられてしまい、年収がダウンしてしまうこともあります。

転職を後悔せず年収アップを狙うためには、感情に任せて勢いで仕事を辞めず計画性を持って行動しましょう。

適性を見極めて転職する

先ほど、転職先を探す前にやりたいことを明確にしておきましょうといいましたが、もうひとつ大事なことがあります。

それは「自分の適性を考える」ということです。

・得意、不得意はなにか
・どのような仕事であれば続けられそうか
・今の仕事でなにが辛いのか

など、自分の性格や能力が仕事に合っているかを判断する上で、自分の適性を考えることは大切です。

適性を見極めず転職先を決め、思っていたのと違っていた…。

そうならないためにも、自己分析を怠らないようにしましょう。

自分の適性を考えて転職することで、仕事のしやすさや能力を活かせるかどうか、やりがいの感じ方が大きく変わってきます。

事前にキャリア診断を実施しておく

「適性を自分で判断するのは難しい…」

このような方も多いでしょう。

そんな方は、VIEWなどの無料キャリア診断アプリを使って自己分析してみるのがおすすめです。

今までの経歴や価値観に関する質問に答えるだけで、自分に合った職種や企業を分析してくれます。

選択形式の質問で、診断も3分程度でできます。

時間がなかなか取れない方、自分でするのは難しいと感じる方は、このようなツールを使って自分の適性を見極めていきましょう。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

転職先選びを徹底する

社風や業務内容が自分に合うかどうか、事前に転職先をリサーチすることはとても大切です。

リサーチせずに求人だけをみて面接を受け、受かったものの実際に働いてみると想像と違った…なんてこともよくあります。

転職は人生において大きな決断。

後悔しないためにもできる限り詳しい情報が知りたいですよね。

そんな時におすすめなのが「転職エージェント」です。

転職エージェントは、転職におけるノウハウを熟知しているキャリアアドバイザーが、転職活動をサポートしてくれます。

あなたに合った業種を紹介してくれるのはもちろん、気になっている企業について相談もできるでしょう。

▶︎転職エージェントに登録してアドバイザーに相談してみる

年収アップで転職を狙う時、失敗しないためのポイントは?

年収アップで転職を狙う時、失敗しないためのポイントは?

いざ、転職活動を始めようと思った時に気をつけてほしいポイントがあります。

年収アップで転職を狙う際は、このポイントを考えておくことで格段と転職活動を進めやすくなるでしょう。

転職活動を始めるけど、なにを準備すればいいのか不安

そんな方は一度目を通してみてください。

年収アップを狙うなら、同業種がおすすめ

年収アップを狙った転職で業種に悩んでいる方には、同業種への転職をおすすめします。

今までの経験や知識を活かすことができるので、即戦力として企業からも期待され年収アップを実現しやすいです。

また、今より大手企業に転職して年収アップしたという方だけでなく、ベンチャー企業に転職して年収アップした方も多いようです。

ベンチャー企業とは、独自の技術・アイディアで新しいサービスやビジネスに挑戦している企業。

あまり知名度が高くないため、わたしたちの目に入ることが少ないです。

しかし、優秀な人材を獲得するために給料が高めに設定されていることもしばしば。

目の前の求人だけをみて決めるのではなく、じっくりと探して納得のいく転職先を見つけましょう。

ネガティブな転職理由では年収アップの可能性が低い

転職して年収アップを実現させている人に共通しているのは、「転職理由がしっかりしている」ことです。

・なぜ転職したいのか
・転職をして、どうなりたいのか
・転職する際の絶対条件はなにか

具体的には、上記3つをしっかりと答えられると転職理由がしっかりしていると言えるでしょう。

漠然とした転職理由では、転職先はなかなか決まりません。

年収アップを狙うのであればなおさら厳しいでしょう。

企業が年収アップしてくれるのは、あなたのこれからの活躍に期待してくれているからです。

これからどうなりたいのか、譲れない条件はなにか。

自分の意志をしっかりと持つことで、企業にも熱意が伝わります。

年収交渉は積極的に!

「年収交渉をすると面接に落ちるのではないか」

「本当はもう少し欲しいけど、昇給制度もあるし…」

このように考える方も多いかもしれません。

しかし、希望年収を聞かれた際はしっかりと自分の意志を伝えることも大切です。

あまりガツガツいくのはおすすめしませんが、おどおどした態度を取るよりも堂々と交渉した方がよいです。

相手に自信がない印象を与えないようにしましょう。

必ず成功するとは限りませんが、入社後に後悔しないよう事前に確認しておくことをおすすめします。

転職で年収アップする人の割合や傾向

転職で年収アップする人の割合や傾向

実際に転職をして年収アップする人はどれくらいいるのでしょうか?

そして、転職で年収アップを実現させた人たちはどのような業界・職種を選んでいるのか。

ここからは、年収アップする人の割合や年収アップさせやすい業界・業種を紹介します。

年収アップする人の割合

転職して年収アップを実現させた人はどれくらいいるのでしょうか?

厚生労働省が発表している「令和2年転職者実態調査の概況」をみると、このような結果になっています。

増加した変わらない減少した不明
総数39.0%20.2%40.1%0.7%

上記の表を見てみると、転職した人が必ず年収アップしている訳ではないみたいですね。

むしろ、前職と変わらなかったり減少した人の方が多いようです。

もう少し詳しく、年代別に見てみましょう。

年代増加した変わらない減少した不明
15〜19歳8.8%4.1%86.0%1.1%
20〜24歳46.5%18.1%33.2%2.2%
25〜29歳46.3%20.1%33.0%0.7%
30〜34歳48.6%18.4%32.8%0.2%
35〜39歳40.6%20.5%37.7%1.2%
40〜44歳41.7%20.7%37.4%0.2%
45〜49歳39.7%27.5%32.5%0.3%
50〜54歳27.0%19.1%53.2%0.7%
55〜59歳32.1%16.5%49.9%1.5%
60〜64歳14.6%24.0%61.2%0.2%
65歳以上18.7%12.3%69.0%

年代別に見てみると、20〜49歳までの人は転職することで年収アップしている方が多いことがわかります。

年収アップさせやすい業界は?

では、どのような業種に転職すれば、年収がアップしやすいのでしょうか?

厚生労働省が発表している「令和2年賃金構造基本統計調査」を参考に見てみましょう。

主な産業別に賃金をみると、男性は「金融業・保険業」が最も高く、次いで「教育・学習支援業」となっています。

女性では「情報通信業」が最も高く、2番目は男性と同じく「教育・学習支援業」です。

全てに共通するのは、スキルの専門性や希少性が高いということです。

このような業界は専門知識やスキルを有している人が少ないです。

貴重な人材をひとりでも多く獲得するために、他の業界より高めに収入を設定している企業が多い傾向にあります。

年収アップさせやすい職種は?

今の職業より年収の相場が高い職業に転職すると、年収がアップする可能性は高くなりそうですね。

実際に転職エージェントに登録している人たちの「職業別平均年収ランキング」によれば、

高度な専門知識が必要な、金融やIT関連の職種が年収水準が高い傾向にあります。

その中でも分析や予測、マネジメントなどの複数のスキルがあるとより高い年収で仕事ができる可能性が高いです。

その他にも、医療関係も複数ランクインしていますね。

医師不足や高齢化社会が進む現代において、医療や介護の知識を持っている人材はより多く必要です。

つまり、人手が足りていない職種に転職すると、年収アップが期待できます

年収アップを転職で実現できる人の特徴や傾向

年収アップを転職で実現できる人の特徴や傾向

では、実際に転職して年収アップを実現させた人たちはどのような人なのでしょうか?

ここからは年収アップを実現した人たちの、共通する特徴や傾向を紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

20代後半〜30代前半で転職する人

20代後半〜30代前半で転職する人は、新卒から3年以上経ちある程度の経験やスキルがある人が多いです。

仕事に対する意欲も高く、企業の今後の発展を促してくれる存在として期待されます。

特に、このタイミングで初めて転職をするという方。

ある程度の経験年数があれば、前職の経験を活かしつつ今後の活躍に期待され、年収アップに繋がる可能性が高いでしょう。

これまでの経験やスキルが豊富

異業種への転職は、絶対に年収が下がるかというとそうでもありません。

もちろん同業種への転職の方が年収アップの確率は高いかもしれません。

しかし、これまでの経験やスキルが異業種では全く役に立たないなんてこともないのです。

これまでの経験やスキルを具体的に伝えることで、同業種だけでなく異業種への転職にも有利になることがあります。

前職で人に指示を出す仕事をしていたり、様々な実績があると管理職やリーダーとしての活躍を期待されることも。

想定していた年収を大幅に上回る可能性もあるのです。

スキルを習得して年収アップを狙うのもおすすめ

スキルを習得して年収アップを狙うのもおすすめ

これから年収アップを狙うのであれば、スキルを習得して転職するのもおすすめです。

上述したように、専門的なスキルを持っている人は年収アップもしやすい傾向にあるためです。

ここでは、おすすめのスキルや利用すべきサービスについてご紹介します。

スキルの習得ならIT系がおすすめ

まず、スキルを習得して年収アップを狙うのであれば、プログラミングなど、IT系の技術がおすすめです。

なぜなら、2022年現在においてIT業界は人材が不足しているものの、年収水準が高い業界だからです。

独立行政法人情報処理推進機構が制作した「IT人材白書2018」によると、IT人材が不足していると感じている企業は、全体で約9割にのぼっています。

しかし、年収水準は高く、経済産業省が実施した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」ではエンジニアの平均年収はおおよそ540万円ほどとなっているのです。

つまり、人手不足により転職しやすく、高年収も狙える業界であることが分かります。

給付金が適用されるスクールも登場している

ただ、IT業界への転職はスクールに通ってスキルを習得してから転職する方が多いです。

そうなると、どうしても気になるのがコストですよね。

スクールは100万円近くのお金を支払うサービスもあり、とても通うことができないという方も多いでしょう。

しかし、現在では経済産業省によって認定されたスクールでは授業料の70%が支給されるスクールも登場しています。

そうしたスクールを選ぶことで、経済的なコストを下げることができるでしょう。

▶︎未経験からエンジニアへ。転職保証付きスクール「無料カウンセリグ」へ申し込む

給付金制度のあるスクールは?

参考:DMM WEBCAMPより

給付金制度が用意されており、転職実績にも申し分ないスクールとして、DMM WEBCAMPがあります

こちらのスクールでは、

  • 条件に当てはまれば授業料の70%が給付金として支給される
  • 転職成功率98%の実績
  • 未経験者でも転職まで徹底してサポートしてもらえる

など、利用する上でメリットが非常に大きいです。

授業料もある程度負担してもらえれば、コストも下げられて安心ですよね。

DMMWEBCAM
参考:DMM WEBCAMPより

転職成功率も98%と、ほぼ確実に転職を実現させることができます。

給付金やカリキュラムについては無料カウンセリングで詳しく聞くことができますので、まずはお気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

▶︎未経験からエンジニアへ。転職保証付きスクール「無料カウンセリグ」へ申し込む

まとめ

ここまで、年収アップを狙う転職で失敗しないための方法やポイントをお話してきました。

年収アップを狙う上で大切なのは、やりたいことを明確にし自分の適性も理解しておくこと。

しっかりと転職先をリサーチすることであなたに合った転職先を見つけることができる。

自分ひとりで考えるのが難しければ、サポートしてくれるプロもいます。

後悔しないよう、自分の意志をしっかり持ち、転職で年収アップを実現させましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました