IT転職は未経験30代でも可能?注意点やコツを詳しく解説!

IT転職未経験30代 IT転職

IT業界は転職する上で非常にメリットのある職種であり、年収アップも期待することができます。今回の記事ではIT業界へ転職する際に、未経験30代からでも転職できるのか?ということについて解説していきます。

IT転職は未経験30代では難しい

結論から申し上げると、IT業界への転職は30代から行うには難易度が高めです。というのも30代はどの業界においても即戦力となることが求められ、未経験で転職を行う場合にはかなり難しいと言えるでしょう。

しかしながら、関連性のある職種へ転向することによって転職できる可能性を高めることができます。例えば、技術職のIT分野にこれまで全く関わったことがない営業職の方が転職するのは難易度が高いです。ただ、これまで営業に携わっているのであれば、IT会社の中の営業職など、親和性の高い業種へ転職することなら可能でしょう。

もし全くの未経験状態からシステムエンジニアを目指すなど、未開の分野に対して転職しようという場合には非常に厳しい転職活動になることが予想されるため、ある程度の覚悟が必要になります。

IT転職は未経験30代で成功する人とは?

では、ここからは具体的にどのような人がIT転職を成功させやすいのかということについて解説していきましょう。

  • できるだけ親和性の高い職種へ転職する
  • 収入面で下がることを覚悟する
  • 1からのスタートに対応できる

できるだけ親和性の高い職種へ転職する

20代における転職とは異なり、30代の転職は難易度が高いです。特に未経験から全く別の業種へ転職するのであれば、そのハードルは非常に厳しいものとなるでしょう。企業サイドから見れば、同じ未経験であるのであればポテンシャルのある20代を採用しようとなります。

そのため、もし現在30代で転職を考えているのであれば、できるだけ親和性の高い職種へ転職することをおすすめします。IT業界と言ってもその仕事の幅は広いです。エンジニアとしてシステムを開発する以外にも仕事はたくさんあります。

前職が事務であれば事務関連の求人、営業であればマーケティングなど、できるだけ前職と関連のある仕事を探してみてはいかがでしょうか。

収入面で下がることを覚悟する

30代から転職する場合、覚悟しておかなければならないのは収入面の下落です。これまで長年勤めている会社を辞める場合には、どうしても収入が下がってしまうことは覚悟しておかなければならないでしょう。

その会社内でできることは多くても、他の会社へいけばまた最初から仕事を覚えなければなりません。すると、どうしてもその会社内で行える仕事の幅が制限されてしまいますので、数年の間は収入が下落してしまうということは事前に把握しておきましょう。

また、30代であれば世帯を持っていることも多く、気軽に転職できないという背景もあります。そのため、、なかなか退職できずに踏みとどまる方も多いです。ただし、市場価値の高いスキルを身につけることができれば、後々の年収が高まる可能性もありますので、あくまでも転職直後の年収が下がるという覚悟が大切と言えます。

1からのスタートに対応できる

このほかにも、転職するとまた1からのスタートになることを押さえておきましょう。これまで1つの会社に勤続していた場合には、それなりの地位についている場合もあります。しかし、転職すれば再び仕事を覚え直さなければなりません。

身分としても新人と同じような立場から再スタートしなければならず、大変なことも多いです。こうしたこともよく検討した上で、本当に転職すべきなのかどうかについて真剣に考えることが必要でしょう。

IT転職の30代で必要なスキルとは?

IT業界に転職する際には、どのような職種へ転職するかによって求められるスキルが異なります。

  • マーケティング職で求められるスキル
  • プログラマーに求められるスキル
  • 営業で求められるスキル

マーケティング職で求められるスキル

マーケティングのジャンルに転職を行いたい場合には、これまで同様の事業に携わった経験や、広告関連に関する職種に就いていた経験などが重視される場合が多いです。また、マーケティングスキルだけではなく、営業に関する経験が求められることもあり、幅広いスキルが求められると言えるでしょう。

プログラマーに求められるスキル

プログラマーはその名の通りプログラミングスキルを身につけておく必要があります。一通りのプログラミングスキルを身につけておくことはもちろん、現場での経験が非常に重要になるでしょう。そのため、未経験から転職を考えている場合にはかなり難しいと言えます。

もし、30代からプログラマーへ転職することを検討している場合には、現場での実務経験が求められることになります。しかしながら、未経験からでも転職ができないというわけではありません。

プログラミングスクールなどでスキルをしっかりと身につければ、転職サポートなどを通じて転職できる可能性もあります。

おすすめのプログラミングスクールはテックキャンプです。

テックキャンプ 評価

こちらのスクールでは30代からの転職実績も多数あり、安心して受講することができるでしょう。

以下のリンクからぜひ相談してみてください。

営業で求められるスキル

IT業界への転職でも、営業職であれば上記のものとは異なるスキルが求められます。IT関連では販売する商品に形が存在しておらず、「無形商材」の販売になることが多いです。そのため、サービスの特性や魅力を顧客に対してうまくアプローチできるようなスキルが求められるようになるでしょう。

これまで営業職として有形商材を販売、営業していた経験なども評価されるケースがあります。また、人柄も重視されることがあるため、面接対策が大切になるでしょう。

IT転職で未経験30代で企業を選ぶコツ

もしこれからIT業界へ未経験30代からトライしようとお考えなら、上記でも解説しているように相当な覚悟を持って転職活動に取り組んでいく必要があります。主に以下のような気持ちの準備をしておきましょう。

IT転職で未経験30代で企業を選ぶコツ
  • 例え給料が安くとも、就職する覚悟を持つ
  • できるだけこれまでの仕事と関連している仕事を選ぶ
  • 将来的なキャリアをイメージする

30代未経験からの転職は非常に厳しいものになることが予想されるので、条件はある程度妥協するしかないでしょう。そのため、例え薄給であるとしても許容して就職必要があるかもしれません。

その際には自分がこれまでに携わってきた仕事とできるだけ関連している業種を探すことをおすすめします。その方が評価されやすく、転職できる可能性を高めることができるからです。

そして、今後のキャリアをイメージしておくようにしましょう。今後どのような仕事を行いたいのかを明確にし、そのために必要な企業を選択することが大切です。

IT転職は未経験30代でも可能?:まとめ

IT業界への転職は、未経験30代であればかなり難しいと言えます。しかしながら、これまで携わってきた業務や仕事と関連づけて転職活動を行うことで、転職できる可能性もありますので、今回の記事の内容を参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました