教員の転職は難しいの?元教員が転職活動のポイントを解説!

教員 転職 難しい 教師

頑張って教員採用試験を突破して教員になったけど、転職したい。

教員からの転職って難しいって聞くけど、実際どうなの?

このようにお考えの方はいらっしゃらないでしょうか。

私も高校教員として働き、3年で転職した経験があります。

実際、教員というのは非常に厳しいお仕事だと思うので、転職したいと考える方もいらっしゃるはず。

そこで、今回の記事では次のようなことを解説していきます。

  • 教員の転職は難しいのか?
  • 教員が転職活動が難しいとされている理由とは?
  • 教員が転職活動を行う時に大切なポイントとは?

もし、これから教員を辞めて他の仕事へ転職したいとお考えの方がいれば、ぜひこの記事の内容を参考にしてみてください。

教員の転職は難しいのか?

この記事を読まれている方が最も気にしていることは、

「そもそも教員の転職活動は難しいの?」

ということではないでしょうか。

結論から申し上げてしまうと、教員からの転職は難しい傾向にあるのは事実です。

以下では、教員の転職活動が難しいとされている理由を詳しく解説していきます。

忙しくて、転職活動をする時間がない

教員からの転職活動が難しいとされている大きな理由には、その忙しさゆえに転職活動を行う時間がないことが挙げられます。

実際、私も現職時代には平日は14時間以上働き、帰ってくるのは夜遅く、土日は部活動を主顧問で担当していたので、休みはありませんでした。

このように、非常に多忙な日々を過ごしているので、そもそも転職活動を行う時間がない人も多いです。

こうした多忙な環境にあるのも、教員の転職が難しい理由の1つであると考えられます。

教員から転職する人が少なく、辞めにくい

教員は他のお仕事に転職する人が非常に少ないです。

私が転職した時も、同期で教員を辞めたのは私一人でした。

基本的に安定志向な人が多く、現場に出ればそのまま定年まで働く人がほとんど。

そのため、転職するという文化が定着していないと言えるでしょう。

こうした文化が背景にありますので、途中で辞めるとはかなり言いにくいです。

私自身がそうでしたが、「転職=途中で仕事を辞める悪いこと」といった偏った考えを持っている人もいます。

安定的な考え方をしている人が多い環境ですので、空気的に辞めづらいという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

専門的なスキルが身に付いていない

教員の仕事は非常にハードであるにも関わらず、市場価値の高いスキルを身につけることができません。

教員として生活する中で身に付くスキルとしては、生徒指導力や授業スキル、保護者との関係を築く対人スキルなどでしょう。

これらの能力は教育現場でこそ役立つものですが、一般的な企業などで働く場合には評価されないものがほとんどです。

そのため、面接などでアピールできるポイントが少ないという点も、教員からの転職を難しいものにしている理由の一つと言えるでしょう。

教員から転職する時のポイント

上記では、教員からの転職が難しいということについて解説してきました。

この内容を読んで肩を落としている人も多いのではないでしょうか。

しかし、難しいというだけで転職できないということではありません。

実際、私自身も教員から会社員に転職した過去があります。

そして今ではライターとして独立し、生き生きと生活しているのです。

このようなことからも、教員からの転職は簡単ではないものの、努力すればできることがわかります。

以下では、教員から転職する時のポイントを具体的に解説していきます。

面接ではポジティブな理由を考える

実際に転職活動をする時には、できるだけポジティブな転職理由を考えておくことが大切です。

教員から転職活動を行う人は、どうしても労働環境の悪さや待遇の悪さなどを転職理由として挙げてしまいそうになるでしょう。

しかし、そのようにネガティブなことを転職の理由にしてしまえば、面接官の心象を悪くしてしまいます。

また、転職先でも同じことを言うのではないかと思われてしまう危険性もあるでしょう。

そのため、転職理由は明るいものを考えておきましょう。

例えば、会社に入ってやってみたいことや、今後のキャリアの展望などです。

できるだけ将来に目を向けたことを考えておけば、明るい印象を持ってもらえる可能性を高めることができます。

専門的なスキルを身につけておく

上記では教員が市場価値の高いスキルを身につけておらず、不利になることがあると解説しました。

そのため、もし転職活動で不安になるのであれば、あらかじめスキルを身につけておいてもよいでしょう。

応募する企業によりますが、例えば英語や簿記など、転職先でも使えそうなスキルはおすすめです。

またIT系の会社であれば独学でプログラミングスキルを習得しておくのも役立ちます。

事前にスキルを身につけておくことで、面接の際にもアピールすることができるでしょう。

徹底したスケジュール管理を行う

先ほど申し上げた通り、教員は非常に忙しいです。

平日も夜遅くまで働く必要があり、部活動を持っている人であれば休日も休みはありません。

そのため、充実した転職活動を行いたいのであれば、あらかじめスケジュール管理を徹底しておくことが欠かせないでしょう。

どの時期に企業に応募し、面接日はいつなのかなど、しっかりと調整しておくのが良いです。

特に年末などには行事も忙しく、スケジュールが組めていないとそもそも面接を受けることすらできない場合もあります。

スケジュールを徹底し、上手く転職活動を展開することが大切です。

まとめ

教員の職業は非常に過酷なものです。

実際、私もあまりの辛さに耐えかねて転職してしまいました。

転職はいけないことだと思われている人も多いですが、そんなことはありません。

自分に向いている職種を見つけることができれば、今よりも自分らしく働くことができるようになるでしょう。

もし、これからやりたいことがある場合や、教員があまりにも辛い場合には転職を検討してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました