【2022年最新版】20代30代におすすめの転職エージェント5選

20代30代におすすめの転職エージェント 転職

転職をしようと考えた時に、まずは転職エージェントに登録しようと考えている人が多いのではないでしょうか?

ただ今の時代、転職エージェントサービスもかなり多いので、実際にどこのエージェントに登録をすればよいのか分からなくはなりませんか?

今回の記事はそういう方の為に、20代、30代で転職を考えた時のおすすめ転職エージェントを、ランキング形式でご紹介していきます。

各社強みも異なる為、最後まで読んで頂き、ぜひご検討の参考にしていただきたいと思います。

又、今回ご紹介をする転職エージェントは、どこも転職業界では大手企業です。

理由としては中小の転職エージェントも、各社で特徴があります。大手ほど余裕がなく、無理矢理と転職をさせてくる様な業者も多いことが理由です。

今回はその様な業者を除外して、優良な会社をピックアップしました

20代、30代の方におすすめの転職エージェントをランキング形式で解説します!

【第一位】リクルートエージェント

まずご紹介するのはリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは数ある転職エージェントの中でも最もおすすめな転職エージェントで、登録しておいて間違いないでしょう。

  • 転職支援実績No.1
  • 公開求人数と非公開求人数が共に10万件以上!
  • 転職利用者の約8割が利用
▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

転職支援実績No.1

リクルートエージェントは40年以上の長い歴史の中で37万人以上の転職をサポートしております。

この人数は業界最多であり、それだけのノウハウを蓄積しています。

又、リクルートエージェントは転職先に入社をして、半年以内に志望者が退職をした場合は報酬を返金するという契約を各企業と結んでいるのです。

その為、無理矢理と入社させる様なことはせずに、志望者にマッチした最適な提案をして頂けますし、実績としても転職後の退職率がわずか4%以下というのが最大の強みでしょう。

公開求人数と非公開求人数が共に10万件以上! 

各業界で知名度が高いリクルートブランドと、圧倒的な営業力によりあらゆる業界の大手企業から中小、又、外資系企業に精通しており幅広く求人を取り扱っています。

求人件数は公開求人、非公開求人共に10万件以上で、どちらも業界内では最多です。

そして職種も幅広いのでご自身に合った最適な業界、会社、職種を提案して貰えるでしょう。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

転職利用者の約8割が利用

転職希望者の中でもリクルートエージェントの知名度は高い為、登録者数も他の転職エージェント会社に比べて多いです。

そこもリクルートブランドが大きいです。

国内のあらゆる場所で、定期的に転職イベントや企業セミナーを行っていることも大きいでしょう。

又、母体が大手企業のリクルートなので個人情報等の信用も大きく、信用も厚いので登録者は年々増えている状況です。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

【第2位】 doda

第2位はdodaです。

最近はCMなどでもお馴染みのエージェントで、以下のような魅力があります。

  • 大手、中小、ベンチャーと幅広い求人数
  • 年収査定が無料で出来るので自身の給与相場が分かる
  • 入社後のアフターフォローも手厚い

大手、中小、ベンチャーと幅広い求人数

転職エージェントの業界の中でもトップクラスに多い求人数があり、先述のリクルートエージェントには一歩及びませんが、10万件以上の求人数を保有しております。

大手、中小、ベンチャー企業と幅広く取り扱っており、業界もさまざまです。

又、dodaのみが取り扱っている独占求人も多数ありますので、他の転職エージェントでは見つからなかった優良求人に出会える可能性が高いです。

登録後に年収査定ができるので自身の給与相場が分かる

dodaならではの強みとしてはdodaサイト内で年収査定が出来ることです。

doda会員の累計186万人の年収情報を基にAIによってご自身の適正年収を知ることが出来ます。

現在の年収が自身の価値に見合っているか心配だったり、転職前に自身の転職市場での価値を知りたい方にはおすすめの機能と言えるでしょう。

入社後のアフターフォローも手厚い

転職後もすぐに退職をしないようにアフターフォローも手厚く用意されているんです。

その中でもCAREER POCKETというサービスはプロのキャリアアドバイザーへの転職後の悩み相談だけではなく、同じ境遇の転職者との交流会やビジネス関連、新生活に向けた割引クーポンなどさまざまなサービスを盛り込んでます。

そのため、転職後の悩みもこのサービスで解消していきましょう。

【第3位】 マイナビエージェント

次にご紹介するのはマイナビエージェントです。

こちらの特徴は以下のようになっています。

  • 中小企業の独占求人が多い
  • 丁寧なサポート
  • 20代後半から30代の登録者数が約7割
▶︎今すぐマイナビエージェントに登録して求人を見てみる

中小企業の独占求人が多い

マイナビエージェントは中小企業の独占求人に力を入れておりますので、優良な中小企業の求人を多く所有しております。

独占求人なので他の転職エージェントでは出会えなく、自身にとっては最高の企業と出会えるかもしれません。

その為、もし転職の際に中小企業も視野に入れている場合はマイナビエージェントの登録をおすすめします。

丁寧なサポート

キャリアアドバイザーの教育がよくされており、逐一電話やLINEで転職の進捗状況を共有出来ます

又、最初のカウンセリングの際も、親身になって聞いて貰うことが出来るので、より希望に合った求人を紹介してくれるでしょう。

ただ、頻繁な連絡を嫌う方には多少煩わしくも感じることもあると思います。

なので、そこはご自身のタイプを考えて登録をおすすめします。

▶︎今すぐマイナビエージェントに登録して求人を見てみる

20代後半から30代の登録者数が約7割

マイナビエージェントは20代後半から30代の転職に力を入れており、第2新卒や就職経験のない方向けの求人等も多数取り扱ってます。

又、マイナビエージェントの登録者を年齢別の割合で見ると、20代後半から30代の方の登録が最多で約7割を占めているのです。

そういう所からも20代から30代の転職に力を入れていることがわかるでしょう。

▶︎今すぐマイナビエージェントに登録して求人を見てみる

4位 JACリクルートメント

  • 管理職や技術職、専門職等のハイクラスな転職に強い
  • 独自のグローバルネットワークがある為、外資系企業の求人数が多い
  • レスポンスが早い為、スピード感のある転職活動が出来る
▶︎JAC Recruitmentの無料転職サポートはコチラ

管理職や技術職、専門職等のハイクラスな転職に強い

JACリクルートメントが取り扱っている求人はハイクラスなものが多い為、先述した転職エージェント会社とは少し毛色が違うかもしれません。

又、ハイクラスの求人ゆえに内定のハードルも高いです。

ただし取り扱っている求人はどれも高年収のものが多く、又、管理職や技術職、専門職のハイクラス求人が多いので挑戦してみるのもよいでしょう。

登録自体は無料でどなたでも登録は出来ますので挑戦枠として登録してみることがおすすめです。

独自のグローバルネットワークがある為、外資系企業の求人数が多い

JACリクルートメントは元々、ロンドン発祥の日系転職エージェントなので、海外とのネットワークをもっていることが最大の強みです。

その為、外資系企業への転職を考えているのであれば、ぜひ登録をおすすめします。

又、JACリクルートメントでは外資系に特化したエージェントサービス「JAC Intenational」というサービスも展開しているので、絶対に外資系とお考えの方はこちらの利用もおすすめです。

レスポンスが早い為、スピード感のある転職活動が出来る

キャリアコンサルタントサービスも充実しており、こちらからの質問や相談に対するレスポンスもかなり早いです。

JACリクルートメントでは24時間以内にどんな質問、相談でも対応することが徹底されているので、素早く返信が返ってきます。

その為、転職を急いでいる場合やスピーディーに転職活動を行いたい方には、とてもおすすめの会社です。

又、外資系企業ならではですが、キャリアコンサルタントはどの方もとても優秀な方が多いので、安心して転職を任せられるでしょう。

▶︎JAC Recruitmentの無料転職サポートはコチラ

【第5位】 type転職エージェント

最後にご紹介するのは、type転職エージェントです。

ITやWeb業界の求人数多い

IT企業への転職を考えている方は登録をした方がよいでしょう。

typeはIT系転職に力を入れている転職エージェントです。

IT業界、Web業界の求人数も多く、キャリアアドバイザーもその業界に精通している方ばかり

先述でご紹介した転職エージェントはどれもどの業界もカバーした転職エージェントでしたが、type転職エージェントのように特化している転職エージェントもあります。

もしご自身で行きたい業界が定まっている場合は、この様な特化型の転職エージェントにも登録をした方が、選択肢も広がるのでおすすめです。

無料相談会を毎週実施している

他の転職エージェントでも転職イベントや転職セミナーを無料で開催している会社は多いですが、type転職エージェントは毎週相談会を開催しております。

又、type転職エージェントではマンツーマンでキャリアアドバイザーとの相談会を開催しておりますので、じっくりと転職に関して相談出来るでしょう。

もし登録に迷っている場合は一度、相談会に参加してみることをおすすめします。

更にtype転職エージェントでは、キャリアアドバイザーの指名が出来るシステムになっていますので、無料相談会で自分と合うキャリアアドバイザーと出会えた時には、そのまま指名も出来る所もポイントでしょう。

女性向けサービスも展開している

「女の転職type」という女性向けサービスも展開しております。

正社員になりたい女性にはとくにおすすめです。

又、求人内容としては「なでしこ」「くるみん」「えるぼし」といった国が認定した女性活躍企業を多数紹介しているので長く、安心して働ける環境を見つけることが出来るでしょう。

更に求人検索の画面においても女性ならではの「女性の管理職有」「育休活用例」「育児との両立」といった、働く女性が関心の高い条件で絞りこむことも出来ますので、女性の使いやすさを追求したサービスとなっております。

転職エージェントを利用するメリット

先述では各転職エージェントのおすすめランキングと各企業の特徴について説明してきました。

ここからは、転職エージェントを利用する具体的なメリットについて解説します。

無料でサービスの利用を受けられる

ほとんどの転職エージェント会社は完全無料でエージェントサービスを提供しております。

企業選定から履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、企業との交渉、現在の退職交渉のアドバイスや転職後のアフターフォローとすべてのサービスを無料で利用できます。

これは最大のメリットと言ってよいでしょう。

その為、最低でも一社は登録しておいて損はないと思います。

選考が通りやすくなる

職務経歴書や履歴書の添削、面接対策をプロのキャリアコンサルタントが対応してくれるので選考は通りやすくなるでしょう。

又、転職エージェントは企業との結びつきも強いので、ホームページ上では知り得ない企業の情報等も知ることが出来る為、転職エージェントを利用していない求職者に比べても有利に転職を進めることが出来ます。

更に一度、選考から落ちてしまってもどうしても行きたいという熱意を汲んで、企業と交渉をして貰えるので、そういう点でも転職エージェントを利用していない求職者よりも有利と言えるでしょう。

条件交渉を代わりにしてくれる

どうせ転職をするのならよりよい条件で働きたいと思うものです。

ただし、内定後に求職者側から給料や待遇に関する交渉はしにくいと思います。

その場合でも転職エージェントを利用していれば、条件交渉を代行して貰えるでしょう。

又、転職エージェントも条件交渉は日常茶飯事のことですので、条件交渉の仕方は熟知しておりますので、条件交渉は転職エージェントに一任するのがおすすめです。

現在勤めている会社を円満退職しやすい

はじめての転職の場合、現在勤めている企業との退職交渉をどう進めればよいのかわからないこともあると思います。

退職交渉次第で円満退職出来るか、そうじゃないかが分かれるので非常に重要な交渉と言えるでしょう。

そんな場合は、転職エージェントに相談することをおすすめします。

今まで多くの求職者の退職交渉例やアドバイスを行ってきているので、退職交渉のノウハウも熟知していますので、円満退職に向けて的確なアドバイスを貰えるでしょう。

転職エージェントを利用するデメリット。

転職エージェントを利用する際にはメリットもあればデメリットもあるのです。

この項目では、転職エージェントを利用する際に頭に入れておいた方がいいデメリットを丁寧に説明していきます。

自分のペースで転職活動を進められない

転職エージェントは現在、大小さまざまな会社がサービスを展開しております。

とくに中小企業が展開している場合は注意が必要です。

転職エージェントは企業に求職者を入社させることで報酬を企業から貰っています。

その為、資金的な余裕がない中小企業だと無理やり転職をさせたり、不安を煽って急がせることも少なくありません。

すべての中小企業がそうではないですがそう言った業者も多い為、自身で利用をして判断をすることが大切です。

紹介される求人に偏りがある

こちらも大手転職エージェントでは起こり得ないことですが、求人数が少ない転職エージェントを利用してしまうと、紹介される求人の業界や職種に偏りがあることに気づくと思います。

どれだけ自分が希望を伝えても紹介される求人は見当外れのものばかりなんてことも往々にして起こるんです。

その為、そういう状況が続く場合は別の転職エージェントを利用した方がよいでしょう。

自分で求人情報を見て、決められない

大手、中小に限らず求人情報を自分で見て決められないのはデメリットでしょう。

基本的に転職エージェントでは担当のキャリアコンサルタントから紹介された求人にしか応募が出来ません。

その為、求人サイトのように自身で企業の求人ページを見て決めることが出来ないもどかしさは感じると思います。

又、希望を伝えてもキャリアコンサルタントが求人を調べて紹介をしてくるので、求人内容を知るにもタイムラグが発生しますので、早急に転職をしたい方にとってはその点も不満に思うこともあるでしょう。

まとめ

今回の記事ではおすすめの転職エージェントランキングと転職エージェントを利用する際のメリット、デメリットを紹介しました。

筆者も転職経験があるのでわかりますが、転職エージェントには登録をするべきでしょう。

そして1つの転職エージェントサービスだけでは自身と合うかがわからないので、複数社登録をすることがおすすめです。

その際に推奨は大手転職エージェント、チャレンジ枠、特化型枠と最低3社の登録を強くご提案します。

みなさまの転職がうまくいきますよう、心からお祈りいたします。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました