転職がうまくいかない20代の方へ。今すぐ行うべき対策5つを紹介

転職活動がうまくいかない20代 退職

転職がうまくいかない

20代は転職に有利って聞くけど、やっぱり不安。

そのようにお考えではないでしょうか。

20代の転職は他の世代と比較しても転職市場では有利です。

しかし、転職活動が長引いてしまうとどうしても不安になりますよね。

今回の記事では、転職がうまくいかない20代の方に向けて具体的な対策を解説します。

この記事を読めば分かること
  • 転職がうまくいかない20代が行うべき対策
  • 転職がうまくいかない20代の特徴とは?
  • 転職がうまくいかない20代が利用すべき転職エージェントとは?

転職がうまくいかない・・・どうしたら良いのだろう?

転職がうまくいかない20代が行うべき対策5つ

転職がうまくいかない20代が行うべき対策5つ

もし選べるなら、あなたは20代と30代のどちらで転職したいですか?

おそらく多くの方が「20代でしたい」思うのではないでしょうか?

人材市場において、20代はまだ特定の会社に染まっていないだけでなく、いくらかの社会人経験もあり、これからの伸びしろもある、企業側として採用ニーズのある世代になります。

このようなニーズが企業側にあることを、多くの転職者も理解しているため、30代の転職者に比べ20代の転職者は転職の難易度を低く見積もりがちです。

そのため、「思っていたよりも大変だった、苦労した」という声を聞くことが度々あります。

そこで今回は、転職で20代がうまくいかない理由を踏まえた上で、転職でつまづかないための対策を5つご紹介します。

  • 転職のスケジュールを考える
  • できるだけ前向きな志望動機にする
  • できるだけ働きながら転職活動する
  • スキルや経験が積めるサービスを利用する
  • 転職エージェントを利用してコンサルタントの意見を聞く

転職活動のスケジュールを考える

転職活動では、転職先の企業が見つかるまで平均して3ヶ月ほどの時間がかかる、と言われています。

あくまでも3ヶ月は目安ですので、無理のないペースで行えばいいのですが、目安も何も決めずにしてしまうと、いつまでも判断出来なかったり、ズルズルと長期化しがちです。

ですので、まずは「いつまでに内定が欲しいか」といった目標を決めた上で、そのためにすべきことを逆算して、スケージュールを組み立てましょう。

まずはスケジュール管理を徹底しましょう

できるだけ前向きな志望動機にする

退職を決めた理由には、前向きな理由だけでなく後ろ向きな理由もあります。

例えば、キャリアアップなどは前向きな理由ですが、一方で会社の待遇や同僚との人間関係がうまくいかなかったなど、後ろ向きな理由で退職を決意した方もいるのではないでしょうか。

上司からパワハラを受けた、給料が未払いとなったなど、誰から見ても「辞めざるを得ない」という理由なら別です。

しかし、同僚とうまくいかなかったなどの理由は、そのままだと後ろ向きな印象を与えてしまうこともあります。

決してウソの内容を伝えるのはいけませんが、「人のせいにしていないか」「前職を悪く言っていないか」「転職を機に改善できる理由があるか」などを踏まえた上で、後ろ向きな内容を前向きに変換することが大事です。

転職の理由は必ず前向きなものにしましょう!

できるだけ働きながら転職活動する

転職活動は、業界や企業研究のための書籍代、交通費や訪れた先での飲食代、場合によっては身だしなみを整えるための新しい服代や利用代など、それなりにお金がかかるものです。

さらに、税金の支払いや今までは会社のおかげで半額で済んでいた健康保険料などは、全額の支払いが必要であったり、場合によっては保険料が高いものに切り替える必要があります。

もし、退職してから転職活動を行うのであれば、手元にあるお金だけでそれらのやりくりをしなければいけません。

そのため、収入がない状態での転職活動は、金銭的な負担が精神的な余裕を奪ってしまうことになるので、時間が経つにつれ焦りが出始め、妥協して転職先を決めてしまう原因になることも。

そうならないためにも、できるだけ働きながら収入を確保しつつ転職活動をするのがおすすめです。

金銭面の不安を取り除くためにも、働きながら転職活動するのがおすすめ!

スキルや経験が積めるサービスを利用する

20代であれば、応募できる求人の数も多く、未経験の職種であっても転職できる可能性が高いです。

しかし、スキルや経験の面で30代以上の転職者と比べてしまうと、見劣りしてしまうことも事実です。

もしも、「行きたい転職先があるけれど、未経験のため、スキルや経験面で不安を感じる」といった場合は、職業訓練校や通信教育などで不足を補うことが出来ます。

通信教育などは最近ではネットのおかげで、すぐに受講の開始や動画での学習、さらにはビデオ通話によって面接の予行演習などもでき、価格もずいぶんと手頃になっていますのでオススメです。

スキルに不安がある場合は、職業訓練校などに通いましょう!

転職エージェントを利用してコンサルタントの意見を聞く

誰しも重要な決断ほど、不安や迷いが生じるものです。

特に転職ともなると、その重要度は計り知れません。だからこそ、自分だけで決断するのではなく、客観的にアドバイスをくれる相談相手を用意しておくのがオススメです。

あなたの状況を客観的に見つつ、豊富な知識から適切なアドバイスをもらえることが大事なので、こういった時には友人や親などではなく、転職エージェントを利用してコンサルタントなどからプロの意見をもらえることが大事です。

一人で転職を進めるのではなく、転職エージェントを利用しながら転職活動を行いましょう

転職がうまくいかない20代の特徴とは?

転職がうまくいかない20代の特徴とは?

では、転職でうまくいかない20代の方の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

主に、以下の特徴が挙げられるでしょう。

  • コミュニケーションが上手くいかない
  • 転職理由が後ろ向き
  • 転職理由がはっきりしていない
  • 質問の意図を理解していない
  • 志望動機が弱い

コミュニケーションが上手くいかない

コミュニケーションが上手く行かない理由として「相手と目を合わせない」や「相槌などのリアクションを取らない」といったものがあります。

これでは、相手にとってあなたが真剣に話を聞いているのか、また理解しているのかがわかりづらく、コミュニケーションができない人と見なされてしまいます。

会社は個人ではなく複数人で協力して仕事をする場所であるため、他者との意思疎通に問題があると上司や同僚が困ってしまいます。

ですので、まずは転職の際には面接官の目を見て話し、こまめに相槌を打つことでコミュニケーションに問題がないことをアピールしましょう。

転職エージェントなどを利用すれば面接対策も行えるため、利用してみると良いでしょう

転職理由が後ろ向き

たまたま「職場に理不尽な上司や気の合わない同僚がいた」など、運が悪かったとしか言いようのないことがあるのは事実ですが、それだけを転職理由とすることは避けましょう。

面接などで、上記のような他責の転職理由を述べてしまうと「この人は何か起こったときに、自分を省みることをせず他人のせいにする」といった印象を与えてしまいます。

ですので、前向きな理由とセットにして伝えるか、「自分にも反省すべき点があった」など自らを改善させることが出来る、ということをアピールしましょう。

転職理由は必ず前向きに!

転職理由がはっきりしていない

はっきりとした理由がないまま、なんとなくの理由で転職活動をしている方は少なくありません。

残念ながらそのような方は、企業からすると「また、なんとなくで辞めるかも」「すぐに辞めてしまうかも」と思われてしまいます。

なぜなら、企業側にとって「あなたに満足してもらうための条件」がわからないからです。

ですので、面接では離職に至った理由を明確に述べた上で「自分が避けたいこと、求めること」などの希望条件を相手に伝えるようにしましょう。

事前に転職理由を明確にしておきましょう

質問の意図を理解していない

面接官からの質問に対して、焦って返答したり、事前に用意してきた回答のみを返していないでしょうか?

ある程度のリズムや事前に質問を想定して準備することは大事ですが、面接官は質問によって「この人は業務を遂行する上で、指示の意図を理解して実行出来るだろうか」といった点も確認しています。

ですので、面接では落ち着いて面接官の質問の意図をしっかりと理解してから話すようにしましょう。

質問に対しては落ち着いて答えましょう

志望動機が弱い

同時にいくつかの企業に応募している方の中に「志望動機を使い回す」方がいますが、面接に受かる確率がぐっと下がるのでオススメ出来ません。

確かに手間は減りますが、どこの会社でも使いまわせる志望動機は、あいまいな表現が多くなりがちなため「どの企業にとっても刺さりにくい志望動機」となってしまい、企業側にとって「我社で雇う理由」を見つけづらくなります。

ですので、志望動機を作る際には手間であったとしても一つ一つの会社ごとに志望動機を作り込んでください。

そうすることで「ぜひ、我社で雇いたい」と思わせることができるでしょう。

志望動機は使いわまさず、各社に応じて丁寧に考えましょう!

転職がうまくいかない20代が利用すべき転職エージェントは?

転職がうまくいかない20代が利用すべき転職エージェントは?

転職がうまくいかない20代の方は、リクルートエージェントに登録するのがおすすめです。

以下ではリクルートエージェントを利用するメリットについて解説します。

圧倒的求人数

まずリクルートエージェントのメリットのひとつはその圧倒的な求人数にあります。

常時、公開求人と非公開求人あわせて約26万件ほどの求人があり、業界トップの求人数を誇ります。

そのため、求職者側にとって選択肢が豊富になります。

転職エージェントの中でも、求人数が圧倒的です

キャリアアドバイザーによる徹底したサポート

次にメリットとして、リクルートエージェントではキャリアアドバイザーによって転職までに必要な一通りのサポートを受けることができます。

例えば、基本的な求人紹介や提出する書類の添削、面接対策だけに留まらず、年収の交渉や入社日の調整、現在勤めている会社の退職交渉といったことまでサポートを受けることができます。

これだけのサポートがあれば、在職中のためなかなか時間が取れない、といった方でも効率的に転職活動を進めることが出来るでしょう。

さらに、多数在籍しているキャリアアドバイザーは、ひとりひとりが様々な業界や職種に精通し実績豊富なため、現在や今後の仕事について相談しアドバイスをもらうだけでも、十分なメリットがあると絵言えます。

転職成功に向け、丁寧なサポートを行ってもらえます

業界でも信頼性の高いサービス

最後のメリットとしては、リクルートエージェントの運営元は、東証一部上場企業である「リクルート」ですので、信頼性が高く安心して利用できることです。

他にも、indeedやリクナビなどの求人だけに留まらず、SUUMOやじゃらんなど多種多様な有名なサービスを展開しているため、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

また、転職成功の実績は業界最多で、創業から現在までの中途採用者数は54万人以上にもなります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

20代での転職は、30代以上の転職にくらべとても有利です。しかし、有利だからと油断してしまうと、思いの外に苦戦することもあります。

そういった時には、上記の対策を講じてみてください。さらには、今回ご紹介したリクルートエージェントなどの転職エージェントと二人三脚で転職を進めることが、必ずあなたの理想的な転職を実現するための助けにになるでしょう。

途中でつまづいてしまった方にも、そもそも何をしたら良いかわからない方にとっても、その人に合った適切なアドバイスをしてもらえます。「まずは相談してみる」ことを強くオススメします。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました