20代の転職でスキル不足を感じたら?スキル不足に悩むあなたへ

お役立ち情報

転職したいけど、スキルが不足している気がして不安。

そのようにお考えの方はいないでしょうか。

転職を考えている方、特に20代の方であれば自分にスキルがないことを不安に感じている人は非常に多いです。

そこで今回の記事では、転職時にスキル不足を感じたときの対処法について解説していきます。転職したいけど自分にスキルがないから不安という方はぜひ参考にしてみてください。

なぜ、スキルが不足していると感じるのか?

転職する際にスキル不足を感じる方が多いと記載しましたが、そもそもなぜスキルが不足していると感じるのでしょうか。

その理由は人によって異なりますが、いくつかのパターンがあるようです。以下では具体的な理由について解説していきます。

未経験の分野に転職しようとしている

転職する際にスキル不足を不安になる方というのは、経験したことがない業種にトライしようとしている方に多いようです。

未経験の業種である場合、その仕事内容がよくわかっていないケースが多く、本当に自分に勤まるのだろうかという不安があるでしょう。

しかし、もしそのような不安を持っているのであれば安心してください。

募集要項に、未経験の方も募集しているのであれば、応募をかけている企業サイドも未経験の方が応募してくるのを理解した上で募集しています。

そのため、ある程度スキルが不足していると言う事は許容してもらえる可能性が高いです。

また現場の事情によっても状況がかなり異なるので、転職する前から不安になってもしょうがないでしょう。

実際に転職する前に無理かもしれないと不安になるのではなく、意思をしっかり持って活動することが大切です。

応募した企業の競争率が高い

自分が応募している企業が他にもたくさんの応募者がいる場合にはスキル不足を不安に思う方も多いようです。

数十倍の競争率がある求人となれば、応募者の中からそれなりに能力のある人を選別することになるでしょう。

そのため応募する側の人もある程度のスキルを求められる事は現実的にあり得ます。

しかし実際のところは応募している企業の状況によるものが大きいです。

例えば採用者がスキルよりも一緒に働きやすい人を求めているという場合、人柄ややる気等の要素を重視するでしょう。

そのためこの問題についても応募する前から不安になる意味はほとんどないといえます。

どうしても応募するのが不安という方は、人気企業や有名企業など高倍率になる企業だけではなく、ベンチャー企業など競争率が低い企業も応募しておくことをおすすめします。

不採用が続いている

このほかにも、転職活動中で採用が続いている場合はスキル不足を感じているという方もいらっしゃるようです。

いくつも応募しているのに、なかなか採用されない場合には自信をなくしてしまうこともあるでしょう。

自分にはスキルが足りていないのではないかと思ってしまうのも無理はないと思います。

しかし、採用が続いていたとしてもどこにも通用しない人という人は存在しません。

採用されないのは、実際に面接している人と相性が合わなかったり、その時の状況が悪かったりするということも要因しています。

そのため、自分にはスキルが足りていないから転職するのは無理だ…と諦めてしまうのは早いです。

アピール方法を見直したり、企業側のニーズに答えられるような人材になるために努力をするなどしっかりと対策を練りなおすようにしましょう。

そもそも、20代で不足しているスキルは本当に必要?

ここまで、スキル不足に悩んでいる人の理由について解説してきました。

しかし、20代で転職をしようという時に果たして本当にスキルは必要なのでしょうか。

以下ではその根本的な疑問について解説していきます。

20代に求められるのはスキルよりもやる気

結論からお話ししてしまえば、20代の若者に求められるのは専門性よりやる気です。

企業側も、第二新卒者に専門的なスキルを期待しているわけではありません。

ただし、まるっきり何の能力も求めていないかというとそうではないです。

第二新卒者に求めているものとは社会人としてのマナーです。

20代の社会人経験者は、ある程度のマナーが備わっているはず。

新卒者と異なり挨拶の仕方や、礼儀作法などを1から教育する必要がない点が企業側のメリットなのです。

そのため、スキル不足を不安に思って転職活動を進めないと言うのは大きな間違いと言えるでしょう。

もしスキル不足を不安に思うのであれば、その前にうまく意欲や熱意を企業側にアピールできる努力をした方が良いといえます。

スキル不足だと感じた時の対策

20代でスキル不足を不安に感じる必要は無い事は上記で解説しましたが、それでも不安に思う方はいらっしゃるはず。

もしスキル不足が不安だと感じる場合には以下の対策をしてみてください。

やる気をうまく表現する

どうしてもスキルがないことに不安を覚える方は、やる気をうまく表現してみてはいかがでしょうか。

面接官に好印象を持ってもらえるようなアピールの仕方を行えば、採用される可能性が高まるでしょう。

うまくやる気を表現するためには以下のことを行ってみると良いです。

  • 入社後にどのような役にたつことができるのかをアピールする
  • これまでの実績や経歴を表現する
  • 転職したい志望動機を明確に伝える
  • 履歴書や職務経歴書を丁寧に作り込む

このようなことを行いうまくやる気をアピールするようにしましょう。

転職に有利になるスキルを身に付けておく

スキルが不足していることにどうしても不安を覚える事はあらかじめ市場価値の高いスキルを身に付けておくのはいかがでしょうか。

例えば簿記や英語などを勉強しておけば面接の際にもアピールすることができるでしょう。

またIT系の企業に就職する場合にはプログラミング技術を学習しておくこともお勧めです。

即戦力となることをアピールすることで、 採用される確率を高めることができるでしょう。

スキル不足だと思った時は、転職エージェントを利用しよう

どうしてもスキルが 足りないと思うのであれば転職エージェントに相談してみるのも有効な手段です。

転職エージェントでは専任のアドバイザーが待機しているため、自分ではわからない長所や強みなどを見つけることができます。

また適性のある職業等についても相談することができますので、ぜひ気軽に利用してみると良いでしょう。

まとめ

転職は人生を大きく左右する選択である事は間違いありません。

自分の人生は自分で責任を取る必要があります。

どうすべきかについてしっかりと考え、後悔のない選択をするようにしましょう。

The following two tabs change content below.
カケル

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました