教員の転職を20代で成功させる3つの秘訣!教員を辞めたくて仕方がない人へ

20代 教員 転職 教師

20代の方で教員生活に疲れてしまったという人はいませんか?

苦労して試験に合格し、教員になったけど思ってた仕事と違う

平日は遅くまで残業、土日も部活動で休みが全くない

このようなことで転職をお考えの人も多いでしょう。

そこで、今回の記事では以下のことを解説していきます。

  • 教員を20代で転職する時の3つの秘訣
  • 教員を20代から転職は可能なのか?
  • 教員を20代で転職したい理由とは?
  • 教員を20代で転職した体験談
  • 教員転職を20代で実現させる戦略

これらのことを詳しく記載していくので、現在教員のお仕事で悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてください。

教員転職を20代でする時の3つの秘訣

では、早速ですが教員を20代で辞める際に重要なことをご紹介していきましょう。これから転職しようとされている方は、以下のことに気をつけてみてください。

教員転職を20代でする時の秘訣
  • 20代で転職する場合には、早めに決断する
  • 転職エージェントに早めに登録しておく
  • 転職理由はポジティブな内容を心がける

20代で転職する場合には、早めに決断する

もし、あなたが20代で教員から転職しようとお考えなのであれば、早めに決断することをおすすめします。

なぜなら、20代の転職は第二新卒として多様な選択肢から活動することが可能だからです。

第二新卒とは?

第二新卒とは一般的に「新卒で入社してから3年未満の求職者」のことを意味します。

年齢としては4年制の大学を卒業してから想定すると、約25〜26歳位までのことを指すことが多いです。

この年代の方は、新卒と社会人の中間的な人材として扱われすでに社会人経験があることから転職で有利に働く傾向にあります。

現在の企業はどこも人手不足になっているケースが多く、第二新卒の方は比較的に転職で有利に働く傾向が高いです。

そのため、転職エージェントなどを活用しながら、どのような業種に転職するのかよく見極めるようにしましょう。

なかなか転職を決断できないという方も多いですが、年齢が高くなればなるほど転職市場では不利になります。

こうしたことからも、転職するのであればできる限り早めに決断する方が優位になるのです

もし転職するのであれば、早めに決断することをおすすめします!

早めに転職エージェントに登録しておく

もし、20代の教員の方で転職をお考えであれば、転職エージェントに早めに登録しておきましょう。

転職エージェントとは?

転職したい人と人材を確保したい企業を繋いでくれるサービス。

アドバイスをもらいながら転職活動を進めることができる。

利用は全て無料で、登録しておくだけで求人情報を獲得可能なので、とりあえず登録するのがおすすめ。

正直なところ、教師は忙しすぎて一人だけで転職活動を進めるのは非常に難しいと言えます。

転職エージェントを利用することで、自分で求人を探さずとも適性のある企業を紹介してもらえます。

無料で利用できるため、とりあえず情報収集のために登録しておくだけでもかなりメリットがあるでしょう。

転職する際には必須のサービスと言えますので、気軽に以下のリンクから登録してみてください。

退職する前に転職エージェントへ相談

退職する前に、まずは転職エージェントに登録しておき、求人情報などを集めておくようにしましょう。事前に準備しておくことで、ストレスなく退職することができます。

▶︎リクルートエージェントに申し込む

転職理由はポジティブな内容を心がける

最後に、転職理由はできるだけ明るいものを考えることが重要です。

教員はどうしてもその転職理由がネガティブなものになりがちな傾向にあります

例えば、職員室内の人間関係が辛すぎることや、勤務時間が長すぎることなどを面接で話すと、マイナスの評価を受けてしまうでしょう。

そのようなことにならないためにも、できるだけ明るい理由を考えることが大切です。

主に以下のことを心がけるようにしてください。

転職理由を考える時の注意点!
  • 転職先で具体的に貢献できることを明確にする
  • 教員生活で培ったスキルを視覚化する
  • 絶対にネガティブなことを書かない・言わない
  • 転職してどのようなキャリアを歩みたいのかを明確にする

このように、転職先で貢献できることや教員生活で培ったスキルを明確にしておきましょう。

民間企業に転職する場合、当然「その会社にとってどのようなメリットをもたらせるか」ということが重視されます。

教員であれば授業を日々行っているので、プレゼンスキルや目標に向かって努力し続ける姿勢などを上手くアピールできるように準備しておくことが大切です。

転職先でしかできないことや、やりたいことなどを明確にし、転職活動に臨むようにしましょう。

転職先で自分が貢献できることや、教員としてどのようなスキルを身につけられたのかをしっかり考えておきましょう!

教員転職を20代で行う時の戦略3つ

これから転職をお考えの場合、以下のことを選択肢として考えてみてください。

  • 転職エージェントを利用して無職にならずに転職する
  • 退職してからスキルを身につける期間を設ける
  • どうしても辛い場合は退職代行を利用

転職エージェントを利用して無職にならずに転職する

先ほども解説しましたが、教員が転職する際には転職エージェントの利用が欠かせません。

教員から転職する場合、転職の時期を決めて自分で転職先を見つけてくるのは非常に大変です。

教師は就職活動を行なったことがない人が多いので、他業種のことについて全く分からないという方も多いでしょう。

そうした状態で就職活動を行なってもうまくいかないことは目に見えています。

そんな時におすすめなのが転職エージェントです。転職エージェントには次のようなメリットがあります。

転職エージェントを利用するメリット
  • 転職先を自分で探す必要がない
  • 専任のコンサルタントに面談を行なってもらえる
  • 転職に向けて履歴書の添削や面談指導を行ってもらえる
  • 無料で利用できる

通常、転職先はネットなどから自分で探してくる必要がありますが、エージェントを活用すれば紹介してもらうことができるので、そういった手間が掛かりません

転職サポートまでしっかりと行ってもらえるので、非常に心強いサポートでもあるのです。

このように充実したサービスを受けられるにも関わらず、利用するのは無料であるため、気軽に相談することができるでしょう。

詳しくは以下の記事でも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

転職活動を始める場合は、まず転職エージェントに登録しましょう!無料ですので、気軽に利用できます!

退職してからスキルを身につける期間を設ける(働きながら勉強できる)

続いておすすめの方法は、一度退職してから(もしくは働きながら)スキルを身につけるという方法です。

教師を辞めて転職する方の中には、「市場価値の低さ」を不安に思われる方も多いのではないでしょうか。

教師は長年働いていても市場価値が上がりにくい職業です。

教師としてのスキルは高くとも、企業では通じないことも多いでしょう。

そんな方は、一度退職して市場価値の高いスキルを身につけるためにスクールなどに通うというのもおすすめと言えます。

時間的な余裕を作り、スキルを高めることができればその分転職する上でも有利です。

また次のようなメリットもあります。

退職してからスキルを習得するメリット
  • 転職先を焦って探す必要がない
  • 働きながら別の道を模索できる
  • スキルを持っていれば転職に有利になる
  • もし転職先が合わなくとも、スキルを生かして別の企業で働ける
  • スキルを高めることで独立も可能

こちらの記事でも解説していますが、IT業界は現在人手が足りておらず、転職しやすい傾向にあるのです。

しかも、収入アップも期待でき、独立も狙うことが可能です。もし、プログラミングスクールをお探しになる場合は以下の記事を参考にしてみてください。

一度退職して、スキルを身につけるというのも選択肢の一つです!

どうしても辛い場合は退職代行を利用する

上記のように、転職エージェントやスキルの学習などは、まだある程度精神的な余裕がある人であれば実行可能です。

しかし、すでにメンタルを病んでおり、明日の学校に行くにも厳しい状態である場合にはすぐさま退職したい方もいらっしゃるでしょう。

そのような方は退職代行を利用するのが良いでしょう。

退職代行とは?

退職したいと考えている本人の代わりに職場と交渉や退職届の提出などを代行してくれるサービス。

利用すれば本人は待っているだけで業者が退職の手続きを行ってくれる。

利用者は職場にいっさい顔を出さずに退職することが可能。

退職代行を利用することで明日から学校へ行かずに済みます。

うつ病などになりかけていたり、「死にたい」などと考えてしまうほど追い込まれている場合は利用してください。

教員の退職代行実績がある退職代行は以下の「退職代行SARABA」です。

SARABA

こちらの退職代行サービスは教員の退職者の代行をした実績もあり、代行業者の中でも信頼度No.1となっています。

利用する場合は以下のリンクからまず無料相談してみましょう。

退職代行サラバへのお申し込み!
退職代行サラバ(SARABA)

退職代行業界で受託件数No.1の実績です。2021年3月時点で累計15000人の代行を行い、万が一の場合には全額保証がついているので安心して利用できます。レスポンスが非常に早く、すぐに退職したい人にもおすすめです。

どうすることもできないほど精神が疲弊しているなら、退職代行を利用するのも選択肢です

教員転職を20代からすると収入はどう変化する?

20代、特に前半の教員は転職すると第二新卒扱いになることが多いです。

現在では第二新卒世代の需要が高く、ビジネスマナーなどを教える必要がないため、多くの場面で重宝される傾向にあります。

また、若ければ教員という特殊な職業に染まりきっていないため、企業からしても指導しやすいというメリットもあるのです。

ただし、私もそうでしたが、退職して間もないころはどうしても年収は下がってしまいます

新たな企業に入社すれば1からのスタートになるため、企業に対する貢献度としては低い状態になるでしょう。

そのため、一時的な収入ダウンについては覚悟しておく必要があります。

しかし、転職先の企業において十分に活躍することができれば、年収をアップさせることも可能です。

特に20代の教員は比較的転職もしやすく、外資系など、実績が評価されるような企業に行けば20代でも年収800万円以上を獲得することもできます

転職する業種によっては年収がアップする可能性も十分にあります!

教員転職を20代からするのは可能?

この記事を読まれている方が求めている情報として、

「そもそも20代の教員は転職できるの?」

ということではないでしょうか。これは結論からお話ししますと、全く問題ありません。理由としては以下のことが挙げられます。

  • 20代という年齢は転職で有利だから
  • 第二新卒という枠に需要があるから
  • 教員は一般常識も備わっているから

以下ではそれぞれを詳しく解説していきます。

解決くん
解決くん

20代で教員から転職はできるのかについて解説していきます!

20代は転職においてもかなり有利

まず、20代という年代のメリットについてお話ししていきましょう。教員に限ったお話しではありませんが、20代という年齢はどの業界であっても転職に有利に働きます。その理由としては以下の通りです。

  • まだ若いため、どの業界でも教育しやすい
  • 人手不足の業界が多い
  • やる気のある人材が多い

このように、若いということは、それだけで有利に働きます。そのため、他の業種でも転職しやすいと言えるのです。

チェック

20代であれば、どの業種でも転職しやすい

第二新卒という枠に需要がある

第二新卒という言葉をご存知でしょうか。先ほども解説したようにその解釈は様々ですが、主に「新卒で入社してから3年未満の求職者」を指していることが多いです。

実は、この第二新卒枠に多くの企業が注目しています。その理由とは次のようなものです。

  • 一度社会人経験を積んでいるので、礼儀などを教育しなくて済む
  • 柔軟で適応力が高い
  • まだ若いので社風に馴染みやすい
  • 情熱がある人が多い

このように、新卒と異なり社会人経験がある分、教育に労力を割かなくて良いことが需要の理由になっています。

こうしたことからも、20代の教員が転職する上で有利なことがお分かりいただけると思います。また、すぐさま転職しなくとも一度プログラミングスクールに通ってスキルを身につけるということも選択肢の一つです。

詳しくは以下の記事でも解説していますので、参考にしてください。

チェック

第二新卒は転職市場で需要がある

教員は一般常識が備わっていることが多い

この他にも、教員であれば一般常識が備わっていることも強みと言えます。厳しい教員採用試験を突破している人は面接試験もクリアしているでしょう。

また、教員は上下関係は厳しい世界ですので、教員生活の中で礼節も磨かれているはず。

そのため、これまでの経験を生かして転職活動に臨めば面接などもスムーズに進めることができるでしょう。

チェック

これまでの経験を活かして、転職活動ができる

教員転職を20代で行ってみたメリット・デメリット

僕は実際に20代で教員から転職しましたが、実際のメリットデメリットは以下のようなことがありました。

20代で教員から転職したメリット・デメリット
  • 圧倒的に自分の時間が増えた
  • やりたいことができるようになった
  • プライベートで人の目を気にしなくて良くなった
  • 収入が一時的にダウン
  • 社会的な信用は下がった

個人的に、自分の時間が圧倒的に増えたことが大きなメリットでした。

土日も働いていた教員時代と比べて、休みがかなり増えました。

また、保護者や生徒の目を気にしなくて良くなった点もメリットです。

ただ、上述したように一時的な収入ダウンや教員という地位を失ってローン審査などに通りにくくなったのはデメリットと言えるでしょう。

まとめ

今回は、20代で教員から転職したい方へ向けて記事を制作いたしました。

記事の内容をまとめると以下の通りです。

まとめ
  • 20代で教員から転職するのは可能(しかもかなり有利)
  • 教員を辞めたい理由には労働時間の長さや人間関係の悩み、ストレスなどがある
  • 自分の時間が出来たりストレスがなくなるのは辞めるメリット
  • 給料が下がったりキャリアが白紙になるのは辞めるデメリット

教員は非常に大変な職業です。

私もそうでしたが、実際に現場へ出てみてその過酷さを体験し、転職したいと思われる方も多いでしょう。

辛いなら転職すれば良いという問題ではないかもしれませんが、一つのきっかけにはなるはずです。

どうしようもなくきつい場合には、転職を検討してみても良いでしょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました