仕事辞めたら人生楽しすぎ?30代で仕事に悩むあなたへ

仕事辞めたら人生楽しすぎ30代 退職

「仕事辞めたら人生楽しすぎって聞くけど、30代で辞めるとどうなる?」

「入社したときと比べて刺激が少ない」

「新人の頃とは違い忙しくなった」

このような悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか。

今回の記事では「仕事を辞めたら人生は楽しすぎ?」という疑問を解決していきます。

仕事を辞める時の対策方法・どのように人生が変わるのかなど詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

仕事辞めたら人生楽しすぎ?30代で退職時の対策とは?

30代で仕事を辞めて、人生が楽しくなるとは限りません。

仕事を辞める時にしっかりと対策をしないと、今の人生よりもさらに厳しい人生になる可能性が高いでしょう。

この項目では、「30代で仕事辞めたら人生楽しい」と思えるために、仕事を辞める時の対策方法について詳しく解説していきます。

仕事を辞めるだけでは人生が楽しくならない

「30代だから今の仕事を辞めてもすぐに転職先が見つかるだろう」このように楽観的な考えで仕事を辞めてしまうと、非常に後悔する可能性があります。

「30代で仕事辞めて人生楽しい」と感じるためには、しっかりと転職の対策をして今よりも自分に合う職場を選択する必要があります。

「転職すると今の年収より下がりそう」と考える方が多いですが、それは何度も転職を繰り返してる人の話であり、一回目の転職なら年収は上がる可能性が高いです。

どのような対策をすればいいのか、それぞれ解説していきます。

自分の適性を知る必要がある

転職を成功させるための対策で1番重要なのが、自分の適性を知っておくことです。

自分の適性を知らないと、いくら条件がいい職場を見つけても、業務内容が自分のやりたいことじゃないとしんどいですよね。

適性を知るためには、自己分析を徹底的に行い、自分がどんな仕事・環境に適しているのか把握していきましょう。

自己分析が苦手な方は、自分が好きなこと・自分がやりたくないこと、今まで1番辛かったことなど、自分の過去を振り返ってみながら紙に書き出してみましょう。

紙に書き出した質問に答えていくことで、自分がどのような人間なのか目に見えてわかるようになるため、適性を知ることができます。

その後の人生を左右するのは転職先のリサーチ次第

自分がやりたいことを見つけたからといって、ただ闇雲に転職先を探しても、自分に適している職場を見つけることは難しいです。

「30代で仕事辞めて人生楽しすぎ」と感じるかどうかは、「転職先リサーチ」のやり方次第です。

転職先のリサーチを適当にしてしまうと、せっかく自己分析は完璧にできていても「表記されていた条件と全然違う」といったことが起こってしまいます。

次の項目では、他の30代と差をつけるための転職方法を解説していくので、ぜひ参考にしてください。

仕事辞めたら人生楽しすぎ?30代で転職を成功させるコツは?

「20代の時よりも転職するのが難しそう」と考えている30代の方は、非常に多いと思います。

そのような不安を抱えている方こそ、やり方を工夫して自信を持って転職しましょう。

この項目では、自信を持って転職できるように、どのような工夫をすればライバルと大きく差が生まれるのか解説していきます。

適職診断をしてみる

これから転職を検討しているのであれば、事前に適職診断を行っておきましょう。

今では無料で診断が行えるVIEWなどのアプリも登場しており、利用することで3分もかからず診断することができます。

誰でも簡単に行えるので、自己分析のツールとして活用してみてはいかがでしょうか。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

プロと協力しながら転職しよう

自信を持って転職するために必要なのは、「プロと協力しながら転職すること」です。

自分で自己分析・職場リサーチを行うことはもちろん可能ですが、プロと協力することでより正確にリサーチでき、プロ目線で自分の市場価値はどれくらいなのか知ることができます。

上記の理由から、転職活動もスムーズに進み、客観的な意見も聞いているため自信を持って転職活動をすることができるでしょう。

企業との条件交渉・非公開求人情報なども知ることができるため、他のライバルよりも有利に転職活動を進めることができます。

転職は、人生において重要な転機なので、自信を持って万全な対策をして挑みましょう。

キャリアコーチングを活用

「自分が向いてることを一緒に考えてほしい」「自分の市場価値を知りたい」という方は、キャリアコーチングを受けることをおすすめします。

キャリアコーチングは、相談者と一緒に人生設計を組み立て、その後の人生がより良くなるように手厚いサポートをしてくれます。

キャリアコーチングのおすすめサイトは、「ポジウィルキャリア」がおすすめです。

「ポジウィルキャリアを受けたおかげで、理想の転職をすることができた」などの声も上がっているほど、優良なサービスです。

1分で無料カウンセリングの予約ができるため、まずはお気軽に相談してみることをおすすめします。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

転職エージェントを活用

引用:リクルートエージェントホームページより

「転職先のリサーチをしたいけどどのようにしたらいいのかわからない」という方は、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントとキャリアコーチングの違いは、「転職」に特化しているかどうかです。

転職エージェントで優良なサイトは、「リクルートエージェント」がおすすめです。

無料で登録することができ、地方などにも展開しているため転職先の条件を場所で絞ることなく、自由に探すことができます。

面接対策・求人紹介などのサポートも手厚く、「転職できるか不安」という気持ちを払拭してくれます。

無料登録は10分ほどで終わるため、まずはお気軽に無料登録してみることをおすすめします。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

小さく副業してみる

「転職までは行かないけど今より刺激的な人生にしたい」という方もいらっしゃると思います。

そのような方は、個人でも小さく始めることができる副業がおすすめです。

特に、動画編集などは30代の未経験でも始めやすく最近は、動画編集スキルの需要が高まっています。

動画編集をおすすめする理由は、以下の4つあります。

  • 未経験でも数ヶ月でマスターすることができる
  • 年齢に関係なく仕事をもらえる
  • 他の副業に比べ、高度な専門知識を要求されない
  • プログラミングスクールの4分の1ほどの値段で学ぶことができる

動画編集を学ぶのは、「デジハク」というスクールがおすすめです。

月額6000円台から学習をスタートでき、全てオンライン完結で学ぶことができるため、社会人の方でもハードルが低く安心です。

無料で相談も行われているため、まずはお気軽に申し込んでみることをおすすめします。

▶︎未経験でも安心オンライン動画制作スクール【デジハク】に無料相談してみる

自分で仕事を辞めるのが怖い方へ

「仕事を辞めるのが気まずい」という方は、退職代行サービスを使うことをおすすめします。

退職代行サービスの最大のメリットは、自分で会社に退職を告げることなく辞めることができることです。

退職代行サービスを申し込んだ日から、会社へ出社する必要はなくなるため、職場で気まずい思いをすることなく辞めることができます。

退職代行サービスは、「弁護士法人みやび」がおすすめです。

会社との手続きも全て代行して行ってくれるだけでなく、法的な問題に発展しそうになってもしっかりと対応してくれます。

無料で相談することができるので、「自分で仕事を辞めることができない」という方は、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

▶︎弁護士法人みやびの退職代行サービス

仕事辞めたら人生楽しすぎ?30代で退職後の変化

30代で仕事を辞めたら、どのように人生が楽しくなるのでしょうか。

人生の変化は、以下の4つです。

  • 自由な時間を手に入れることができた
  • 自己肯定感が上がり自信を持つようになった
  • 成長していく毎日
  • ストレスがなくなり健康的な身体に

それぞれ見ていきましょう。

自由な時間を手に入れることができた

仕事を辞めることで、朝起きることがなくなり、仕事が終わるまで拘束されることもなくなります。

そのため、家族サービス・旅行・友達との時間などに時間を使うことができ、人生を充実させることができます。

転職までのわずかな期間ではありますが、学生の頃のような自由な時間を手に入れると人生観が変わったり、仕事のモチベーション向上にも繋がります。

次の仕事を決めるまでの期間は、できるだけ有意義に過ごし「仕事辞めたら人生楽しすぎ!」と思えるような毎日にしていきましょう。

自己肯定感が上がり自信を持つようになった

会社員時代は、怒られたり・否定されるようなことが多いと思います。

会社を辞めるとそのような事は、起こらないようになるため、自己肯定感が上がり自信に繋がります。

自分の自信が失われてしまうと、仕事でも転職でもうまくいきません。

自己肯定感が上がると、人生の見え方は180度変わり、「人生楽しすぎる!」と感じるでしょう。

成長していく毎日

今までの職場と違い、転職先の職場は、働き方・ルール・人間関係などがガラリと変わります。

そのため、コミュニケーション能力の向上・新しいスキル取得など今までの職場では、得ることができなかった能力を得ることができます。

自分の成長が目に見えて実感できる環境に転職すれば、達成感などで充実し「仕事辞めてから人生楽しすぎる」と感じることができるでしょう。

ストレスがなくなり健康的な身体に

会社を辞めると、ストレスから解放され健康的な人生になります。

会社には、サービス残業・休日出勤などの、肉体的・精神的にも負荷がかかる問題がたくさんあります。

自分のスキル・成果などが正しく評価される会社に転職することができれば、労働時間が短くなり、年収アップも狙うことができるでしょう。

「最近寝つきが悪くなった」などの、健康問題も解決するきっかけになるはずです。

30代で仕事を辞める前に準備しておくこと

「30代で仕事を辞めるのは怖い」という方のために、辞める前に準備しておくことを紹介します。

準備しておくことは以下の3つです。

  • 貯金と生活費を計算する
  • 資格の勉強を少しずつしていこう
  • 辞めた後の行動計画をしっかり立てる

それぞれ見ていきましょう。

貯金と生活費を計算する

会社を辞める前にしっかりと、最低限必要なお金と貯金額を確認しておきましょう。

この2つをチェックすると、転職活動にどれくらいの期間使うことができるのか把握できるため、計画をしっかり立てながら仕事を辞めることができます。

失業保険を貰うための待機期間が3ヶ月なので、最低でも3ヶ月分の生活費は貯蓄しておく必要があります。

転職活動をする上で、お金の余裕を持っておくことは「心の余裕」にもつながるため、しっかり計算しておく必要があるでしょう。

資格の勉強を少しずつしていこう

新しい転職先を探す上で、資格を取得しておくとかなり強みになります。

資格を取得しておくことで、スキルアップができ、今よりも年収・職場環境も良好な会社に勤めることができる確立が上がります。

そのため、転職活動を始める前から勉強をスタートし、資格を取得しておくことで自信を持って転職活動に臨むことができるでしょう。

副業・独立を目指す際にも、資格を取得しておくと強みになるためメリットしかありません。

辞めた後の行動計画をしっかり立てる

辞めた後の行動計画を立てることで、計画的に転職活動に挑むことができ、転職確率が大幅に上がります。

行動計画を立てるときのコツは以下の3つです。

  • どれくらいの期間転職活動に専念できるのかを日付まで細かく設定する
  • 辞めた後に必要な手続きなどは14以内に全て終わらせる
  • 楽しむ期間と集中する期間の線引きをしっかりとする

行動計画は、カレンダーで日付単位で細かく登録し、転職期間中は必ずその計画に合わせることを重要視して行動していきましょう。

辞めた後に絶対するべきこと

仕事を辞めるときに絶対にするべきことが以下の3つあります。

  • 健康保険を切り替える
  • 失業保険を貰えるか確認
  • 国民年金の免除申請

それぞれ見ていきましょう。

健康保険を切り替える

仕事を辞めた時に、前の健康保険証を使ってしまうと、後で多額のお金を請求される危険があります。

そのため、健康保険の切り替えを行う必要があり、期限は「14日以内に行うこと」と法律で定められています。

14日を過ぎてしまっても後から加入することはできますが、いつ自分の身に何が起こるかはわからないため、できるだけ早く切り替えておくといいでしょう。

手続きは、必要書類を持参して、お近くの市役所・町役場で手続きを行うことができます。

わからない場合は、市役所・町役場の窓口で聞くとスムーズに案内してくれるでしょう。

失業手当を貰えるか確認

仕事を辞めると、収入がゼロになってしまうため、失業保険を受けないと貯金が減る一方です。

失業保険を受けるためには、以下3つの条件があります。

自分が当てはまっているかしっかり確認してみましょう。

  • ハローワークでの求職者登録
  • 離職の日以前2年間に、雇用保険の非保険期間が通算して12ヶ月あること
  • 自主都合退職の場合、1週間の待機期間の後、3ヶ月後から給付される

「条件を見ても自分が当てはまっているのかよくわからない」という方は、ハローワークで直接聞くと、自分が該当しているのか・いつから受け取ることが可能なのか、などがわかります。

国民年金の免除申請

仕事を辞めた後は、支出をできるだけ減らすことが重要です。

仕事を辞めてから14日以内にお近くの市役所・町役場で以下の必要書類を持参すると、国民年金の免除申請を行うことができます。

  • 退職日がわかる書類
  • 年金手帳
  • 身分証明書
  • 印鑑

「免除できることすら初めて知ったから全くわからない」という方は、お近くの年金事務所に電話すると、スムーズに手続きを進めることができるでしょう。

どうしても仕事が辛いあなたへ

「自分はまだマシな方だ」と考えて我慢して仕事に行ってる方はたくさんいらっしゃると思います。

周りの方と比べずに「今の自分の人生は楽しいのかどうか」ということが重要です。

ここでは、自分ではなかなか気づくことができない危険信号・仕事を続けるリスクについて詳しく解説していきます。

自分が当てはまっているかどうか、よく注意してみていきましょう。

たった1度の人生を仕事に費やすのは勿体無い

自分の人生はたった1度なので「人生楽し過ぎ!」と感じることなく歳をとってしまうのは、非常にもったいないです。

仕事は生きていく上で必要なことですが、人生が楽しくないと仕事のやりがいも感じることができないでしょう。

「人生楽し過ぎ!」と感じるためには、自分の生きがい・目標などを見つける必要があります。

生きがい・目標を見つけることができるような職場に転職できるように、行動していくことが重要です。

危険信号に気をつけよう

「会社のことを考えると憂鬱な気持ちになる」と頻繁に感じている方は、心からの危険信号の可能性があります。

また、睡眠不足・食欲低下・身体が重いなどの症状がある方は、身体からの危険信号の可能性があります。

これらの危険信号を無視し続けると、うつ病などの完治することが難しい心の病気になってしまうでしょう。

身体を壊してしまったら、転職どころの話ではなくなってしまうため、一度病院で診てもらうことをおすすめします。

自分の身体を1番大事に、時にはゆっくりと休むことも必要です。

仕事を続けるリスクを考えよう

仕事を続けるよりも、辞めるリスクの方が高いと考えがちですが、実は「続けるリスクの方が高い」です。

仕事を辞めてしまうと、収入がなくなり生活面でリスクを負いますが、続けた場合、人間関係・サービス残業などのストレスで命の危機すら考えられます。

「辞めるリスクは一時的、続けるリスクは致命傷」というのを心得てしっかりと判断できるようにしましょう。

残り30年以上働かないといけないため、決断はできるだけ早くする方が、その後の人生を楽にすることができます。

まとめ

「30代で仕事辞めたら人生楽しすぎ」ですが、辞めるときはしっかりと計画を立てて対策する必要があります。

計画を立てて辞めることで、その後の人生が豊かになり、楽しい老後生活を送ることができるでしょう。

この記事を最後まで読んでいただいた方が「仕事辞めたら人生楽しすぎ」と感じることができることを祈っています。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました