仕事を辞めたい時に行うべきこと。毎日の仕事が憂鬱なあなたにへ。

仕事を辞めたい時 辞めたい

仕事が辞めたい!もう嫌だ!

そんな時、どうすれば良いか分からないですよね。

ギスギスした人間関係、いつまでも上がらない給料など、現状のお仕事にお悩みの方は非常に多いと思います。

あまりに不満が募りすぎると、今すぐにでも辞表を叩きつけたい気持ちになってしまうこともあるでしょう。

しかし、自暴自棄になってはいけません。

仕事を辞めたい時に感情の赴くままに行動してしまえば、後々の後悔やトラブルに発展してしまうこともあるのです。

そこで、今回は仕事を辞めたい時に行うべきことについて解説していきます。

仕事を辞めたくて仕方がない方、毎日が辛いけどどうすれば良いか分からない方は、ぜひ参考にしてみてください。

まずはなぜ自分が仕事を辞めたいのかについて考える

仕事を辞めてしまう前に、まずは自分がどうして仕事を辞めたいと感じるのかについて考えてみましょう。

「そんなのいちいち考えなくても分かってるよ!」

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、意外と自分自身のことをよく分かってないのが人間です。

また、なぜ仕事を辞めるのかについて深く考えることで、自分を見つめることもでき、次の仕事に何をするべきかについてもはっきりとするでしょう。

以下では、仕事を辞めたい理由を深く考えるための方法について解説していきます。

自分の気持ちを紙に書き出してみる

まずは、自分の気持ちを紙に書き出してみることをおすすめします。

紙に書くことで、気持ちを整理することができ、どうして辞めたいのかということをより深く考えることができるでしょう。

何を書けば良いのか分からないという方もいらっしゃるかもしれませんが、難しく考えなくて大丈夫です。

まずは、箇条書きで良いので、簡単に自分の気持ちを書き出してみましょう。

  • 人間関係が辛い
  • 給料が安すぎる
  • 他にやりたいことがある
  • 労働時間が長すぎて、プライベートを楽しむことができない
  • 周囲の人よりも結果を出しているはずなのに、正当に評価されていない

など、様々な理由があると思います。

このように箇条書きで良いですので、自分の気持ちを書き出せば、気持ちを整理することができるでしょう。

辞めたい理由に優先順位をつける

次に、自分が書いた理由に優先順位をつけてみましょう。

例えば、どうしても人間関係が嫌で、給料が安いことについては我慢できる場合、人間関係を最も大切にしているということになります。

そうして優先順位をつけていけば、「会社を辞めるしかない」のか、それとも「自分自身が変わる」ことで解決する問題なのかを明確にすることができるでしょう。

ただし、何でもかんでも自分の責任だと考えるのはやめましょう。

冷静に分析し、責任の所在が会社にあるのか、自分にあるのかについてよく考えるのが大切です。

ちなみに、分析した結果自分の辞めたい理由が甘えているだけかもしれないと思う人もいるでしょう。

そのような場合には、次の記事を参考にして甘えなのかどうかチェックしてみてください。

仕事を辞める前に行うべきこと

仕事を辞めたいと強く思っているとしても、ちょっとしたきっかけで気持ちが変化することもあります。

考え方を変えてみたり、休暇を取るなど、仕事を辞めてしまう前に色々と試してみるのが良いでしょう。

以下では、仕事を辞める前に行うべきことについてご紹介していきます。

しっかりと休む

あまりに疲れている時やストレスを感じているときというのは、冷静に判断することができません。

精神的にも肉体的にも追いやられている状態というのは余裕がなく、行動を起こしても良くない結果となってしまう場合があります。

そのため、仕事を辞めたいと思っているのであれば、一度ゆっくりと休んでみることが大切でしょう。

有給や休職制度を利用し、休んでみると考えが変わる場合もあるはずです。

また、休むことを申し出た際に、会社がどのように対応するかが判断の基準になる場合もあります。

有給が消化できなかったり、休職制度を利用できない場合は労働環境が劣悪かもしれません。

そのような会社である場合、退職を検討した方が良いでしょう。

仕事に打ち込んでみる

仕事を辞めたい時には、逆に今の仕事に打ち込んでみるのも良いでしょう。

日々の業務がつまらないと感じている場合やなんとなく面白くないと感じている方は、打ち込むことで今まで感じられなかったような成長や発見があるかもしれません。

また、仕事に熱心に取り組めば上司や同僚の評価を獲得することにつながり、やりがいを見出せる場合もあるでしょう。

ただし、毎日が憂鬱で死にたいと感じていたり、労働時間が長すぎて精神的に厳しい場合であれば転職した方が良いケースがありますので、注意してください。

部署異動できないか相談してみる

会社の人間関係にお悩みであれば、一度部署の変更を願い出てみるのも一つの選択肢でしょう。

人事に相談してみることで、もしかすると部署を異動できる場合もあります。

人間関係の悩みは仕事を行う中でも最も辛いものだと思います。

環境が変われば状況も改善できる場合もあるでしょう。

ただし、そもそも異動できるほど部署が多くない場合や異動を願い出られるような環境にない場合には転職など違う対応策を考える必要があります。

もし、退職することにしたら

もし、仕事を辞めることになれば適切な手順で退職を進めることが大切でしょう。

立つ鳥跡を濁さずという言葉にもあるように、辞める時もしっかりとした対応をする必要があります。

退職する際の手順については以下の記事に記載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

社会人になれば、誰しもが一度は仕事を辞めたいと感じるものだと思います。

最初のうちはとにかく我慢することでやり過ごせるかもしれません。

しかし、ストレスを感じながら仕事をするのは非常に辛いことです。

今回の記事で記載したことを参考にして、ぜひ適切な対応を行うようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました