立体駐車場業者おすすめランキング|大手5社メーカーを解説!

立体駐車場業者おすすめ

※本ページにはプロモーションが含まれています

立体駐車場でおすすめの業者が知りたい

立体駐車場って費用はどれくらい掛かるの?

業者の選び方って?

このようにお悩みではないでしょうか。

今回の記事では、立体駐車場の業者でおすすめの会社についてメーカー別のランキングを解説します。

これから立体駐車場業者をお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

立体式・機械式駐車場のご相談は無料のコンシェルジュへ!

立体式・機械式駐車場の専門知識を持ったコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

専門知識が無くても、手間を掛けずに最短で立体式・機械式駐車場業者を見つけることが出来ます

非公開となっている情報や相場などもご相談いただけますので、まずはお気軽お問い合わせください。

目次

立体駐車場に関する基礎知識

立体駐車場経営を開始するにあたり、まずは基礎的な知識をおさらいしておきましょう。

ここでは、立体駐車場の種類や平面駐車場との違いについて解説します。

立体駐車場の種類

立体駐車場には大きく分けて自走式駐車場と機械式駐車場の2つの種類が存在しています。

自走式駐車場

自走式駐車場は、所定の車室まで利用者自身で運転していくタイプの立体駐車場です。

こちらは平面駐車場を何段も積み重ねて設立していくイメージになります。

自走式駐車場のメリットは、駐車スペースと車路が確保されていることにあるでしょう。

駐車場に対してスペースが増えていくほど利回りがよくなります。そのため、大規模で運営することができれば収益を高めやすくなるのです。

機械式駐車場

機械式駐車場は昇降機とパレットを使用して車を入出庫する形式の立体駐車場です。

運用する際には機器を導入しなければならないので、初期費用が高額になることが多いですが、土地面積が狭くても縦に長い立体駐車場を設置できるので、狭小地でも運用できるのがメリットになります。

平面駐車場との違い

立体駐車場と平面駐車場の違いとしては、以下のことが挙げられます。

立地条件の違い

まず、立地について違いがあります。平面駐車場では立地だけ良ければ狭小地でも運用をスタートできます

例えば1台から2台程度のスペースしかなくとも、立地が良ければ収益を出すことは可能です。

それに対し、立体駐車場は立地以外の条件も重要となります。

自走式の駐車場を建設する場合には車路の確保が重要になるので、ある程度の土地面積が必要です。

そのため、集客力のある大型施設の近くなどに建設される傾向にあります。

コストが高い

平面駐車場は初期費用を抑えて運用できることが魅力ですが、立体駐車場では初期費用や管理費用が高額になります。

平面駐車場の初期費用がおおよそ無料(一括借り上げの場合)〜100万円程度であるのに対し、立体駐車場の場合には自走式で100~400万円、機械式で100~500万円程度のコストが掛かります。

また、管理コストも違います。

平面駐車場では最低限のメンテナンス費用のみで済むので、年間でも10万円前後です。

しかし、立体駐車場では塗膜防水や消化器の点検など、コストが非常に高額です。

機械式になれば電気代も高くなるので、年間100万円前後のコストが掛かってしまうケースもあります。

立体駐車場のメリット・デメリット

立体駐車場のメリット・デメリットには以下のことが挙げられます。

立体駐車場のメリット

・狭小地でも駐車台数を増やせる
・利回りが高い

例えば好立地に土地を保有しているものの、スペースがないようなケースでは、縦方向に広げられる立体駐車場は有利になります。

機械式の駐車場では車路を確保する必要がなく、最低限のスペースで十分に利益を出すことができます。

また、立体駐車場は利回りが高いので大きく稼ぎたい方には最適なビジネスモデルと言えます。

立体駐車場のデメリット

・初期費用が高い
・メンテナンスが必要
・転用しづらい

立体駐車場最大のデメリットはコストの高さでしょう。そもそも運用開始するにあたって高額なコストが必要になるので、一定の予算が確保できなければ経営できません。

コストを抑えてスタートするなら平面駐車場がおすすめです。

また、定期的なメンテナンスが必要になることもデメリットとして挙げられます。特に機械式駐車場では機器トラブルは経営の根幹に関わる部分なので、定期メンテナンスが欠かせません。

このほかにも、一度設立してしまうと転用しにくいこともデメリットです。

立体式・機械式駐車場のご相談は無料のコンシェルジュへ!

立体式・機械式駐車場の専門知識を持ったコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

専門知識が無くても、手間を掛けずに最短で立体式・機械式駐車場業者を見つけることが出来ます

非公開となっている情報や相場などもご相談いただけますので、まずはお気軽お問い合わせください。

大手立体駐車場業者おすすめランキング

ここからは、立体駐車場業者でおすすめの業者について解説していきます。

新明和工業

https://www.shinmaywa.co.jp

新明和工業は立体式駐車場業者の中でも特に大手の企業です。エレパークやロータリパーク、クロスパーク、トランスパークなど幅広い駐車場を設けることができます。

また、駐車場のメンテナンスサービスにも定評があり、プレミアムプラン・スタンダードプラン・ライトプランの3種類の中からオーナー様のご要望に合わせて最適なプランを選択可能です。

三菱重工機械システム

https://www.mhi.com/jp/group/mhims/

三菱重工は大手の強みを生かした高度な技術力が強みです。

特に都心のビル街などのパーキングシステムを中心に施工しており、地下式の立体駐車場セルパークなどでは高い収容効率を実現しています。

セルパークは他のパーキングシステムと比較して収容台数が2倍となっており、利益率を高めることに貢献します。

都心のビルやマンションで立体駐車場をお考えの方にはおすすめの企業です。

IHI運搬機械株式会社

https://www.iuk.co.jp/index.html

IHI運搬機械株式会社は、エレベータパーキングやフォークパーキングなど、大型の立体駐車場の開発や提供を行っています。

また、業界トップクラスのメンテナンス体制が用意されており、安全かつ効率的なパーキング運営をサポートしてもらえるのも魅力です。

全国174箇所にサポート体制が用意されており、24時間365日のコールセンターを設置。

ITを駆使した遠隔監視保守システムが搭載されているので、運転状況をリアルタイムで監視できます。

リニューアルから保守転々、運営相談まで幅広くサポートしてくれるので、まずはお気軽に相談してみるのが良いでしょう。

ニッパツパーキングシステムズ

http://www.nhk-ps.co.jp

ニッパツパーキングシステムズは、立体駐車場の新規設置や増設・リニューアル、改修や交換などあらゆることに対応してもらえる立体駐車場業者です。

駐車装置の親切では業界No.1のバリエーションとなっており、オーナー様の要望に合わせて最適な装置を設置することができます。

駐車装置の導入後も安全に運用するために定期的なメンテナンスを実施しており、納入後3ヶ月間は無償のメンテナンスが実施されています。

また、全国サービス網が用意されており、24時間365日体制でサポートを行ってくれるのも心強いポイントです。

日精株式会社

https://www.nissei.co.jp

日精株式会社は、水平循環方式や多層循環箱型方式などのパーキングシステムが導入されており、国内でも最先端の技術が結集されたパーキングとなっています。

重大事故の発生防止の観点から国土交通省のガイドラインに基づいた工事を行ってくれるので、安全性に強みがある業者です。

空間を最大限に活かせるパーキングを設立してもらえるので、土地面積が狭いケースでも多彩な提案を行ってもらえます。

立体駐車場業者を選ぶ際のポイント

ここからは、立体駐車場業者を選ぶ際のポイントについて詳しく解説していきます。

技術と経験の評価

立体駐車場の設計や建設は専門知識と高度な技術を要する作業です。

業者の過去の実績やプロジェクト、顧客のレビューや評判を調査することで、その業者の技術力や経験を評価できます。

特に、類似した規模や複雑さのプロジェクトを行った経験があるかについてはチェックしておきましょう。

企業のホームページには過去の施工事例が掲載されているので、そうした情報を元にリサーチするのがおすすめです。

品質と安全性を確認する

立体駐車場の品質と安全性は非常に重要です。事故が発生してしまえば作業が止まってしまう恐れもあり、納入までの期間がそれだけ伸びてしまうことになります。

そのため、業者がどのように品質管理を行っているか、使用する材料や施工プロセスの品質について確認しましょう。

事前の打ち合わせなどで安全対策の面がどうなっているのかしっかりと聞いておくことが大切です。。

サポートとアフターサービスを確認する

良い業者は施工後も顧客をサポートしてくれます。

アフターサービス、定期的なメンテナンスプランの提供、問題解決への迅速な対応など、業者が顧客満足度を重視し、長期的な関係を築こうとしているかを確認しましょう。

特に、納入後の無償メンテナンス期間などは業者によって異なっているので、そもそも無償メンテナンスサポートが用意されているのか、メンテナンスやサポート体制はどうなっているのか事前に聞いておくことをおすすめします。

コストと予算

価格は重要な要素ですが、最安値に飛びつくのではなく、価格と品質のバランスを考慮することが重要です。

安価な業者が提供する場合、品質やサービスに不備がある可能性もあるため、価格だけでなく、サービス内容や付加価値を比較検討することが大切です。

また、なるべく複数業者からお見積りを出してもらい、その中で納得のいく価格を提案してもらえた業者に依頼するのが良いでしょう。

規制や許認可の遵守

立体駐車場の建設や運営には地域ごとの規制や許認可が必要な場合があります。

業者がこれらの規制や法令を遵守しているかどうかを確認し、適切な許可を持っているかを確認することが重要です。

法的な問題を回避するためにも、業者が適切な手続きを行っているかを確認しましょう。

立体式・機械式駐車場のご相談は無料のコンシェルジュへ!

立体式・機械式駐車場の専門知識を持ったコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

専門知識が無くても、手間を掛けずに最短で立体式・機械式駐車場業者を見つけることが出来ます

非公開となっている情報や相場などもご相談いただけますので、まずはお気軽お問い合わせください。

The following two tabs change content below.
日々POSレジに関する情報を発信し、POSレジ導入の支援を行っています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ご相談はこちら
(無料)
立体駐車場経営のご相談はお任せください!
専門知識を持ったプロが無料でサポートします!
電話でのご相談はこちら ☎ 050-3635-7210 平日9:00~18:00
目次