自走式立体駐車場の価格・費用はいくら?おすすめメーカーを比較

自走式立体駐車場の価格・費用

※本ページにはプロモーションが含まれています

自走式立体駐車場を建設したいけど、価格はいくら?

自走式の立体駐車場メーカーの選び方って?

おすすめの立体駐車場会社が知りたい

このようにお悩みではないでしょうか。

今回の記事では、自走式立体駐車場を建設する場合の価格・費用について解説します。

これから立体駐車場会社をお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

目次

立体駐車場とは?

立体駐車場とは、駐車場を多層化・立体化させて一度に多くの車を駐車できるように作られた駐車場のことです。立体駐車場は、以下の「自走式駐車場」と「機械式駐車場」の2種類に分けられます。

自走式立体駐車場

自走式立体駐車場は、運転者が目的階まで車を運転して駐車するタイプの駐車場です。駐車台数は数十台から数百台まで収容でき、大型ショッピングモールなど規模が大きい施設で採用されています。

また、駐車スペースが広いことで、車からの乗り降りがしやすい点も特徴です。屋根があるため、雨の日でも濡れないメリットもあります。

機械式駐車場

機械式駐車場は、駐車装置を操作して車を入庫・出庫するタイプの立体駐車場です。まず台(パレット)に車を停め、油圧機構などで駐車場所に移動させます。

機械操作によって車を収納するため、狭い駐車スペースしか確保できなくても多くの台数を収容可能です。数台〜20、30台程度の規模に多く採用されています。ただし、機械操作によって入出庫するため、ある程度の時間がかかってしまう点はデメリットといえるでしょう。

立体駐車場の価格・費用

立体駐車場の価格相場は、自走式駐車場で1台あたり100〜350万円、機械式駐車場で1台あたり100〜500万程度です。建物を建設しなければならないため、1台あたりの初期費用も高額になります。

また、立体駐車場の場合はランニングコストもかかります。まずはメンテナンス費用として、月額1,000円〜8,000円が必要です。

自走式の場合は、塗膜防水メンテナンスも必要になります。機械式の場合は1台の車を移動させるために、全ての台(パレット)を動かす必要があるため電気代も高額になるでしょう

自走式立体駐車場にかかる費用について詳しくは、以下で解説します。

自走式立体駐車場の建設に掛かる費用

自走式立体駐車場の建設にかかる費用は、1台あたり100〜350万円です。建設費用の内訳は以下のようになっています。

土地取得費用

土地を所有していない場合は土地の取得が必要です。土地は都市部と郊外でも費用感が大きく異なります。人気エリアや都市部は土地の価格が高いため、その分建設費に大きく影響します。

解体費用

別の建物がある場合は、解体費用が必要です。建物の規模によって解体費も異なります。

地盤改良

建設にあたって地盤が弱ければ、建物を安全に支えるための地盤改良が必要です。地盤改良工事は、地盤の状況に応じて種類があり、それによって費用も異なります。

資材価格

建物を建てるには、コンクリートや鉄骨などの建築資材が必要です。建築資材は原油価格の高騰や、アメリカの木材需要の増加などによって高騰します。建築資材が高騰すれば、建設費全体の価格も上がるでしょう。

環境条件

建築工事する環境が天候などで困難な場合、追加費用がかかるケースがあります。雪の多い地域や塩害などは、建築日数が延びる原因になります。工事が難しい地域はその分人件費も増え、建設費用も高くなりがちです。

自走式立体駐車場の建設後に掛かる費用

自走式立体駐車場は、建築後にもさまざまなコストがかかります。具体的には以下の3つです。

構造別耐用年数

自走式立体駐車場には、税務上で定められた耐用年数があります。耐用年数とは、建物や機械の資産価値が帳簿上から消滅するまでの期間のことです。

自走式立体駐車場の耐用年数は、建物の構造によって異なります。

・鉄骨造:31年
・RC造:38年

上記の耐用年数を過ぎた場合は、減価償却に計上できません。とはいえ、耐用年数を過ぎても、立体駐車場として利用は可能です。メンテナンスをしっかり行えば、立体駐車場として長く利用し続けられるでしょう。

メンテナンス

自走式立体駐車場は点検やメンテナンスが楽とは言われているものの、長く維持するためにはメンテナンスは必要です。具体的には、以下のような箇所のメンテナンスが必要になります。

・車が行き交うスロープ部分
・R階床板補修等
・柱や梁の鉄骨さび止め
・エレベーターの保守点検
・6ヶ月に1回の消火設備の点検
・外壁の塗装
・扉やシャッターのズレ、異常音 など

メンテナンス箇所の項目は多いですが、メンテナンス頻度は多くありません。しかし、定期的にメンテナンスを行うことで劣化を防ぎ、長く建物を維持できます。

トータルコスト

立体駐車場の建築にかかるコストは、トータルコストの35%程度といわれています。建設費用に加え、メンテナンスや電気代などのランニングコスト、将来的に解体や再利用にかかる場合の費用も考慮すべきです。メンテナンスをしっかり行えば、修繕費を抑えられトータルコストの削減につながるでしょう。

自走式立体駐車場の見積もりを依頼する流れについて

自走式立体駐車場の建築費用は、解体費用や地盤改良費用、資材価格などによっても異なるため見積もり依頼が必須です。ここでは、見積もりを依頼する流れを解説します。具体的には以下の5ステップです。

  1. お問い合わせ
  2. 調査
  3. ご提案
  4. ご契約
  5. 引き渡し

お問い合わせ

まずは業者に問い合わせします。その際、以下のような項目を確認されることが多いので、事前に回答を用意しておきましょう。

  • 予算
  • 駐車台数
  • 仕上げ
  • 納期

調査

次に、現地調査です。土地の広さや周辺環境、建築基準法や消防法などの確認をし、お客様の要望に沿った提案ができるかを検討します。

ご提案

現地調査の結果からお客様に設計プランと見積もりを提示。お客様との意見交換から最適なプランを策定します。

ご契約

見積もり確認の後、納得のいく内容であれば契約書を作成します。その後スケジュールや納期、お支払い方法などを確認し、契約するといった流れです。

工程表をもとに建築資材や機材の搬入からはじめます。そこから基礎工事や鉄骨組み立て、消火設備などを近隣住民に配慮しながら進めます。

引き渡し

工事が完了した後は、引き渡しです。引き渡し前には、お客様と業者が最終的な確認を行い、納得が得られたら完了です。

自走式立体駐車場の建設でおすすめのメーカーは?

ここからは、自走式の立体駐車場建設でおすすめのメーカーについて解説します。

新明和工業【国内シェアトップ】

https://www.shinmaywa.co.jp

新明和工業は、駐車場の分野で主要な企業の一つとして浮上しています。エレパーク、ロータリパーク、クロスパーク、トランスパークなど、多岐にわたる駐車場の設置が可能です。

また、高い評価を受けている駐車場のメンテナンスサービスでは、オーナーの要望に合わせた最適なプランを提供しており、プレミアムプラン、スタンダードプラン、ライトプランの3つから選択できます。日本国内に北海道から沖縄まで拠点があり、どの地域の方でも気軽に相談が可能です。

三菱重工機械システム

https://www.iuk.co.jp/index.html

都心のビル街などに焦点を当てた高度な技術力を有する三菱重工機械システムは、地下式の立体駐車場セルパークなどで特に高い収容効率を実現しています。

セルパークは他のシステムと比較して収容台数が2倍になり、収益性を向上させます。都心のビルやマンションでの立体駐車場をお考えの方には、三菱重工機械システムがおすすめです。

IHI運搬機械株式会社

http://www.j-ss.co.jp

IHI運搬機械株式会社は、エレベータパーキングやフォークパーキングなどの大型の立体駐車場を開発・提供しています。業界トップクラスのメンテナンス体制が整っており、安全で効率的なパーキング運営をサポートしています。

全国174箇所にサポート体制があり、24時間365日のコールセンターとITを活用した遠隔監視保守システムが備わっています。リニューアルから保守転々、運営相談まで幅広くサポートしているため、お気軽に相談してみることをお勧めします。

自走式立体駐車場のメリットとは?

ここでは、自走式立体駐車場のメリットについて解説します。

セキュリティ面が安心

自走式立体駐車場はセキュリティ面が高い点がメリットです。建物なので防犯カメラを設置しやすい点や多くのお客様が行き交うため、平面駐車場よりもセキュリティを向上させられます。

特に多くのお客様が行き交う大型ショッピングセンターなどは、高いセキュリティが求められます。防犯カメラの設置や定期的に見回りする管理人を雇うなどの工夫をすることで、よりセキュリティ面で安心できるでしょう。

メンテナンスの手間が少ない

自走式立体駐車場は、機械式立体駐車場よりもメンテナンスの手間がかからない点がメリットです。機械式よりも部品数が少ないため、点検や交換による費用負担も少なくなります。

自走式立体駐車場でも定期的なメンテナンスは必須ですが、その頻度は少なく済みます。例えば、時間貸しの場合は1〜5年、月極駐車場は5〜8年のサイクルで行われるのが一般的です。

駐車台数が確保できる

立体駐車場はある程度の広い土地が必要にはなりますが、大規模駐車場を運営する場合にはメリットが大きいです。平面駐車場と比較しても、土地面積に対して駐車台数を確保できます。

特に大型ショッピングセンターなど何十、何百といった台数の駐車スペースが必要な場合におすすめです。また、広い駐車スペースを確保できるため、車の出し入れが容易でお客様にとっての利便性にも優れているでしょう。

直射日光や雨風から車を守れる

自走式立体駐車場は屋上以外は屋根がついているため、直射日光や雨風から車を守れる点がメリットです。また、外壁は法律で一定以上の開口率が必要と定められており、津波や洪水などの被害を受けにくい点も特徴といえます。災害時の避難所としても利用できるため、地域や社会に貢献できる駐車場としてアピールもできるでしょう。

利回りが上がりやすい

自走式立体駐車場は縦方向に駐車スペースを多段階で建築できるため、駐車台数を多く確保できます。そのため、長く運営するほど収益性を高くすることが期待できる点はメリットです。

不動産投資として自走式立体駐車場を選択する場合は、周辺環境や土地の所有有無、賃貸方式の選定など運営ノウハウが必要です。また、不特定多数の方が利用するため、さまざまなトラブルに備えておく必要があるでしょう。

自走式立体駐車場のデメリットとは?

ここでは、自走式立体駐車場のデメリットを解説します。

初期費用が高い

自走式立体駐車場は建物を建てる必要があるため、初期費用が高くなる点はデメリットです。自走式駐車場の場合、1台あたり100〜500万円が必要になります。

自走式立体駐車場は階数を増やせば収益も期待できますが、その分初期費用も高くなってしまいます。さらに、土地を所有していない場合は土地取得費用や、別の建物が建っている場合は解体費用などもかかる点は考慮しましょう。

転用しづらい

自走式立体駐車場は、別の土地活用への転用や新たな建物の建築など、転用のしづらさがデメリットです。平面駐車場の場合は、建物がないため1日あれば更地にできます。そこからアパートやマンションを建てることができるため、転用のしやすさがあります。

しかし、自走式立体駐車場は、大きな建物を建築する必要があるため、一度運営を始めると撤退しづらくなるでしょう。万が一の時に他への転用が難しい点は大きなデメリットです。

メンテナンスが必ず必要

自走式駐車場はメンテナンスの手間がかからない点がメリットですが、定期的なメンテナンスは必須です。とはいえ、機械式駐車場のように月1回の定期点検、部品交換、機械の更新など、頻繁に行う必要はありません。

自走式立体駐車場のメンテナンスは、消火設備の点検や取り替え、照明の交換、床板の補修などが必要です。メンテナンスの手間が少ないとはいえ、定期的なメンテナンスが欠かせない点は理解しておきましょう。

The following two tabs change content below.
日々POSレジに関する情報を発信し、POSレジ導入の支援を行っています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ご相談はこちら
(無料)
立体駐車場経営のご相談はお任せください!
専門知識を持ったプロが無料でサポートします!
電話でのご相談はこちら ☎ 050-3635-7210 平日9:00~18:00
目次