新卒でうつ病は甘えなの?予防法や対処法をわかりやすく解説!

新卒でうつになるのは甘え 退職

入社したばかりなのに仕事に行こうとすると具合が悪くなる。

わけもなく涙が出てきてしまったり、夜眠れなかったりする

そのような症状はありませんか?

もしかしたらそれはうつ病かもしれません。

入社したばかりなのに、うつ病になるなんて自分は弱い人間だ

うつ病なんて甘え。気のせい

そんな風に思っていませんか?

ですが、実は社会人になったばかりの新卒の時期ほどうつ病にかかりやすいのです。

この記事ではなぜ新卒ほどうつ病にかかりやすいのか、その原因を解説し、うつ病の症状や対処法も紹介します。

「もしかしたら自分はうつ病かも」、「うつ病になったら仕事はできるの?」などうつ病と仕事に関する悩みにお答えします。

この記事を読めば分かること
  • うつ病とは
  • うつ病にならないためのポイント
  • うつ病になった時の対策法

うつ病とは

うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスなどを背景に、脳がうまく働かなくなっている状態うつ病|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省」より引用)

を指します。

原因はよく分かっていませんが、うつ病を発症する人は脳の働きに何からの不調が起きているものと考えられます。

発症の最も大きなきっかけになると言われているのは、環境の変化です。

死別・離別など悲しい出来事が起きたときや、結婚・進学・就職・引っ越しなどで劇的に環境が変わった際に発症することもあります。

そのほか、もとの性格(真面目・几帳面・責任感が強い)や遺伝・身体疾患が影響している場合もあり、うつ病を発症するきっかけはいたるところにあります。

今やうつ病は珍しい病気ではありません。

うつ病になったことのある人は、日本の全人口のうち約6%という調査結果が出ています。つまり15人のうち1人は、うつ病の経験があるということです。

うつ病の手前である「うつ状態」の人も含めれば数はもっと多くなるでしょう。

ストレスを避けられなかったり、きちんと処理できない状況になってしまうと、誰でもうつ病にかかる可能性があるのです。

うつ病は誰しもが発症リスクのある病気です!

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!即日退職も可能!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!即日対応!

こんな症状があればうつ病?セルフチェック

以下に挙げる症状のある人は、うつ病・もしくはうつ病初期の可能性が高いです。

うつの初期症状

・夜眠れない(眠りが浅い、何度も起きてしまう)
・寝すぎてしまう
・食欲がない
・吐き気、胃痛がする
・体がいつもだるい、疲れている
・体が重く感じる
・動悸がする
・息苦しい(喉が締め付けられているような感じ、呼吸をするのが苦しい)
・不安や焦りを感じる(休みの日にも仕事のことを考えて焦ってしまう)
・何にも興味を持てない
・何をするにも億劫に感じる
・些細なことで自分を責める
・わけもなく悲しくなる
・仕事中や仕事のことを考えると泣きそうになる
・会話や文章の内容が頭に入ってこない

※そのほか、急激に高いストレスがかかると蕁麻疹や帯状疱疹が出たり、過呼吸や難聴・味覚障害が現れることもあります。すぐに医療機関を受診しましょう。

もし上に挙げた症状のうち、一つしか当てはまっていない場合でもうつ病でないとは言い切れません

「自分の症状は軽いから大したことはない」、もっと辛い人がいるんだから自分は頑張らないと」と思ってはいけません。

そう考えて自分を追い込むことで、うつ病は悪化してしまいます。

うつ病と思しき症状が見られる場合は、「まだ大丈夫」と自己判断せず、できるだけ早く心療内科など病院を受診しましょう。

初期症状がある場合、病院を受診しましょう

新入社員がうつ病になるのはなぜ?

新卒でうつ病になる人の中には、「自分はまだ未熟で難しい仕事をしている訳でもないのに、どうして…」と思う人もいるでしょう。

入社したばかりのころは研修を受けたり、先輩に教わりながら簡単な仕事を任されるのが普通です。できる業務がなければ、庶務や雑務ばかりさせられることもあるでしょう。

先輩はいつも責任ある仕事を抱えて忙しそうにしており、上司も会社からのプレッシャーで大変そうです。

職場の周りの人や、うつ病にかかる当人も「先輩や上司に比べたら新卒の仕事の苦労なんて大したことではない」と思いがちです。

しかし、実はうつ病を引き起こすきっかけとなりやすいのは環境の変化だと言われています。

うつ病になりやすいのはどんな時?

具体的にどんな環境やどんな状況がうつ病を引き起こすのか、以下にいくつか例を挙げます。

・職場や仕事にまだ慣れていないとき
・入社前と入社後で大きなギャップを感じたとき
・理不尽な環境(分からないことを質問すると怒られるなど)
・パワハラ、セクハラのある職場
・長時間労働
・ノルマなど強いプレッシャーを受けている

新入社員は職場という新しい環境に加え、日々慣れない業務や新しい仕事など、学生時代とは比べ物にならないほどのプレッシャーが一気に襲ってきます。

また、自分の理想としていた仕事や働き方とのギャップに苦しんだり、仕事が想像以上に上手くいかず、悩むこともあるでしょう。

初めての環境で日々新しい業務をこなさなければいけないストレスは相当なものです。

ですから、長く勤めている上司や先輩が感じるストレスと、新卒のあなたが感じるストレスを比べてはいけません。

また「同期の人はちゃんとできているのになぜ自分ばかり」と他人と比べてもいけません。

何をストレスに感じるか、どれほどのストレスに耐えられるかは人によって違うからです。

置かれた環境や仕事に合わないというだけで「自分が弱いから」、「自分が甘えているから」と自らを責めてはいけません。

自分に厳しい人ほどうつ病になりやすいです。自分をもっと褒めてあげましょう

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!即日退職も可能!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!即日対応!

うつ病になりやすいのはどんな人?

先に説明したように、うつ病は環境の変化が最も大きなきっかけだと言われています。

ですが、うつ病になる人は環境だけではなく、もともとうつ病になりやすい性格を持っていることも多いのです。

では、うつ病になりやすい性格とはどんなものでしょうか?以下に挙げてみました。

・責任感が強い
・几帳面、完璧主義
・周囲からの評価を気にする
・断れない性格
・変化に適応するのが苦手

うつ病はストレスで脳が上手く働かなくなっている状態です。

責任感が強かったり完璧主義の人は、その真面目さ故に小さなミスでも悲観的に捉えてしまい、悩みやすい傾向にあります。

また、周囲からの評価を気にしたり断れない性格の人は、周りに気を遣いすぎてストレスをため込みやすいでしょう。

もともと環境の変化に適応するのが苦手な人は、就職という人生の分岐点で他の人よりも強くストレスを感じやすいタイプとも言えます。

ただ、これまでに挙げた例はあくまでうつ病になりやすい性格というだけで、この性格の人が必ずうつ病にかかるというわけではありません。

環境やきっかけ次第では、上に挙げたような性格に当てはまらない人でも、うつ病を発症する可能性は十分にあります。

生まれつきのなりやすさはありますが、誰しもがかかる可能性を持っています

うつ病の防ぎ方

では、うつ病を防ぐ方法はあるのでしょうか?

最も効果的なのは、できるだけストレスを避ける、またはストレスを減らすことです。

具体的には以下のような予防法が挙げられます。

・仕事のストレスを減らす(たまには手を抜く、できないことは断る)
・仕事のストレスを解消する(誰かに仕事の相談をしたり、愚痴を言う)
・運動をする
・しっかり睡眠をとる
・休養を取る

仕事にはストレスがつきものですし、ストレスを100%消し去ることはできません。

ですが、セルフケアをして上手く付き合うことで、うつ病を防ぐことができます。

完全にストレスを無くすのは無理でも、ケアすることはできます

もし、うつ病になってしまったらどうする?

では、もしうつ病になってしまった場合はどうすればよいのでしょうか?

休職する場合・仕事を続ける場合・退職する場合の3パターンに分けてそれぞれ解説していきます。

仕事を続ける場合

うつ病の治療をしながら仕事を続ける人もいます。とても大変なことですが、不可能ではありません。周囲のサポートがあれば、うつ病とうまく付き合いながら働くことができます。

まずは職場の上司などに相談し、業務量を調整してもらえるか相談してみましょう。

可能であれば自分の特性に合うストレスのかかりにくい業務をさせてもらえるようお願いするのも良いでしょう。残業は極力控え、無理のない範囲で仕事を続けます。

また、同じ職場の人にうつ病にかかったことを知らせ、理解を得ることも大事です。

出社時は問題がなくても、勤務中に突然気分が悪くなって仕事ができなくなったり、また当日に突然症状が悪化して欠勤する場合もあります。

そんなとき、職場の人がうつ病のことを分かっていれば仕事の埋め合わせなど、サポートを受けやすいでしょう。

療中はうつ病をすぐに治そうと焦らないことが重要です。

うつ病は一朝一夕で回復する病気ではありません。

治療と仕事を両立させるためには、周囲の理解を得てうつ病とじっくり向き合うことが大切なのです。

働く場合は周囲のサポートを受けながら、時間をかけて治療することが大切です

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!即日退職も可能!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!即日対応!

休職する場合

うつ病の回復には休養が最も効果的と言われています。

仕事のストレスとは距離をとり、心と体を休ませましょう。

通常、うつ病の回復に必要な期間は3~6ヶ月程度と言われています。

この期間は治療と休養に専念し、気分転換をしたり体調や生活リズムを整えるように努めましょう。

仕事のことを気にして思い悩んだり、復職を焦ってはいけません。

しっかりと休み、心と体が十分に回復したら復職について医師に相談します。

もし、会社で社会保険に加入していれば、うつ病で仕事を休んで通院している間は傷病手当金(給与の2/3程度の額)が健康保険より支給されます

会社を通じて申請してもらい、求職中の収入が途絶えないようにしましょう。

うつ病の場合、ゆっくりと休むのが一番です!傷病手当も有効に活用しましょう!

退職する場合

「仕事を頑張れない。どうしても辞めたい」と限界を感じたら、会社に退職したい旨を伝えましょう。

直接伝えるのが難しければ、メールや電話などでもOKです。

就業規則に「1か月前までに申し出ること」とあっても、正社員(期間の定めがない雇用契約)は会社と合意すれば、即日退職もできます。

また、民法上は退職の申し出から2週間が経過すれば、(会社の合意がなくても)一方的に雇用契約を解消することができます。

「どんなに大変でも3年は頑張らないと」、「辛いのは最初だけ。そのうち慣れる」と言う人もいますがそんな気休めや慰めを当てにして働いて、もしうつ病にかかってしまったら大変です。

「もう限界だ」と感じるのなら、自分の判断を信じて辞める勇気も必要です。

どうしようもなく辛い場合は退職してゆっくり休みましょう

退職・転職にオススメなサービス

SARABA

もし退職を考えているなら「退職代行saraba」を利用しましょう

退職代行sarabaはあなたに代わって退職の意思を会社へ伝え、退職手続きに係る書類や連絡などのやり取りを行ってくれます。

「上司に退職することを伝えづらい」、「会社と退職のやり取りをするのが疲れる」と思っている人にオススメです。

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!即日退職も可能!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!即日対応!

退職代行SARABAの特徴

会社との交渉が可能

会社と交渉したいことがあるのなら、退職代行SARABAを利用しましょう。

実は、本人に代わって会社との交渉ができるのは「弁護士」と「労働組合」だけです。

それ以外の退職代行業者が交渉を行うことはできません。

昨今、退職代行が普及してきたこともあり、会社側に業者を見極める目が養われています。

もし、知識を持っている会社なら「本人の代理とは認められない」と業者を門前払いし、交渉を行えなかったり、場合によっては退職手続きすら滞る恐れがあります。

退職代行SARABAは労働組合が運営しているので、本人に代わって未払い給与・未払い残業代の請求、退職日の調整など会社に交渉することが可能です。

退職に関する交渉まで行ってもらえます

24時間対応(即日退職も可能)

退職代行SARABAは電話・メール・LINEで24時間問い合わせが可能です。

「明日会社に行くことを考えると不安で眠れない」、「残業で帰りが遅く夜中にしか連絡できない」などの事情を抱えた人にも安心です。

もし眠れないほど悩み、自分ひとりでは解決できないと思うなら、退職代行を頼るのもひとつです。

カウンセリングまで行ってもらえます

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!即日退職も可能!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!即日対応!

リクルートエージェントの特徴

リクルート

転職を考えているなら、転職エージェント「リクルートエージェント」に登録しましょう。

プロのキャリアアドバイザーがあなたの希望をヒアリングし、最適な求人を紹介してくれます。

「自分で求人を探すのが億劫だ」、「誰かに相談しながら転職を進めたい」と考えている人にオススメです。

①業界最大級!非公開求人10万件

業界最大手のリクルートが運営するリクルートエージェントには、一般の転職サイトには掲載されていない非公開求人が10万件もあります。

非公開求人は、優良案件のため応募者が殺到したり、どのポジションの人材を募集しているか他社に知られたくないために、求人企業側がわざわざ非公開にしている求人です。

そのため、通常に公開されている求人よりも給与や待遇などの条件が良い場合が多く、希望に合う求人が見つけやすいのです。

非公開求人の中からより良い求人を探せます

リクルートエージェントへ無料登録

退職する前に、まずは転職エージェントに登録しておき、求人情報などを集めておくようにしましょう。事前に準備しておくことで、ストレスなく退職することができます。

▶︎リクルートエージェントに申し込む

②プロのキャリアアドバイザーが求人を紹介

各業界、業種に精通したプロのキャリアアドバイザーがあなたの希望を聞いて、ぴったりの求人を探してくれます。

自分のキャリアやアピールポイントに不安を持っている人でも、キャリアアドバイザーに相談すればあなたが気づかなかった強みや適性を見つけてくれます。

また、在職中で忙しく、自分では求人を探せない人にもおすすめです。あなたが仕事をしている間、エージェントが膨大な求人の中から希望の条件に合わせて仕事を探してくれます。

プロのアドバイザーと一緒に転職活動が行えます

③充実の転職サポート

転職が初めての方にも安心の転職サポートが受けられます。

応募書類の添削・面接対策のほか、独自に分析した業界・企業情報が提供してくれます。

採用の背景や、会社の意向を汲んだ面接アドバイスなど、エージェントならではの手厚いサポートも沢山。

一人で転職活動をしていると、書類選考の段階で落とされてしまったり、面接が上手くいかず理由も分からないまま悩んでしまう求職者は多くいます。

なかなか内定が取れないために焦って転職先を選び、ブラック企業に就職してしまう可能性も。

もし転職に不安があるのなら、プロのサポートを受けられるリクルートエージェントを選びましょう。

リクルートエージェントへ無料登録

退職する前に、まずは転職エージェントに登録しておき、求人情報などを集めておくようにしましょう。事前に準備しておくことで、ストレスなく退職することができます。

▶︎リクルートエージェントに申し込む

まとめ

新卒でうつ病になるのは甘えではありません。むしろ、慣れない環境で人一倍頑張ったからこそ、心にしわ寄せが来てうつ病という形で表れてしまうのです。

うつ病は完治が難しい病気です。一度かかれば、何年も付き合っていくことになります。治療と仕事を両立することもできますがとても大変です。

もし、うつ病かもしれないと思ったら症状が重くならないうちに医療機関を受診し、求職するか、もし可能ならば退職・転職を検討しましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました