薬剤師に向いてない人の特徴とは?理由や対処法3選を解説!

薬剤師に向いてない 薬剤師

「最近薬剤師に向いていないと感じることが多い…」

「薬剤師になってみたけど自分に向いてないかも…」

このような悩みを抱えている方は、多いのではないでしょうか。

今回は、薬剤師に向いていないと感じてしまう理由や対処法を詳しく解説していきます。

また、記事後半では薬剤師に向いていないと感じる方に、おすすめの転職エージェントも紹介するのでぜひ参考にしてください。

この記事を読めばわかること
  • 薬剤師に向いていないと感じる場合の対処法
  • 薬剤師に向いていない人の特徴
  • 薬剤師に向いていないと感じてしまう理由
  • 薬剤師に向いていないと感じる人が知るべき業種別の適正
  • 薬剤師に向いていないと感じる方におすすめの転職エージェント

薬剤師に向いてないと感じる場合の対処法3選

薬剤師に向いていないと感じる場合の対処法3選

薬剤師に向いていないと感じる場合の対処法は、以下の3つです。

  • 向いていなと感じてしまう理由を考える
  • 信頼できる人に相談する
  • どうしてもしんどい時は転職を視野に入れる

それぞれ見ていきましょう。

向いていないと感じてしまう理由を考える

薬剤師に向いていないと感じる方は、向いていないと感じてしまう理由を考えましょう。

向いていないと感じる理由がわかることで、改善するべき点が明確になり、悩みが整理され楽になります。

また、転職失敗を回避することもできるようになり、転職先で同じ悩みを抱える心配がなくなるでしょう。

そのため、今後の転職のためにも、薬剤師に向いていないと感じてしまう理由を整理する必要があります。

信頼できる人に相談する

薬剤師に向いていないと感じる方は、家族や職場の同僚など、信頼できる人に相談してみることをおすすめします。

信頼できる人に相談することで、自分1人で抱えるよりも楽になり、「業務が自分に合っていないのかも…」という不安を和らげることができます。

また、客観的な意見を聞くことで、自分では思いつかなかった解決策を見つけることができる可能性もあるでしょう。

薬剤師に向いていないと1人で悩んでいる方は、信頼できる人に相談して、自分の心を楽にする必要があります。

どうしてもしんどい時は転職を視野に入れる

薬剤師に向いていないと感じてしまい、どうしても仕事に行くのが辛い方は、転職を視野に入れることをおすすめします。

薬剤師の職場は、病院・ドラッグストア・調剤薬局・製薬会社と多岐に渡り、業種ごとに求められるスキルや業務内容が異なります。

そのため、薬剤師に向いていないと感じている方は、自分に合わない業種で働いている可能性があるでしょう。

業種ごとの特徴は、記事後半で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

現状を打破☆チャンスを掴め!
▶︎薬剤師転職ならエムスリーキャリア

薬剤師に向いてない人の特徴5選

薬剤師に向いていない人の特徴5選

薬剤師に向いていない人の特徴は、以下の5つです。

  • 勉強するのが苦手
  • 人とコミュニケーションを取るのが苦手
  • 状況に合わせて行動できない人
  • 電話対応が苦手な人
  • 細かい作業が苦手な人

それぞれ見ていきましょう。

勉強するのが苦手

薬剤師は、勉強会や本などを活用して、最新の医療知識を学び続ける必要があります。

医療知識だけでなく、保険制度や調剤報酬などのルール改定も把握しないといけないため、勉強する分野は多岐に渡ります。

また、医療業界のルールや情報は頻繁に更新されるので、薬剤師を続けている限り常に勉強と隣り合わせで生活することになるでしょう。

そのため、勉強するのが苦手な方は、「勉強ばかりで向いてない…」と感じてしまっても仕方がないでしょう。

人とコミュニケーションを取るのが苦手

薬剤師の仕事は、患者さんや医者など、多くの人とコミュニケーションを取りながら作業を進める必要があります。

そのため、人とコミュニケーションを取るのが苦手な方は、「想像より自分に合っていないかも…」と感じてしまうでしょう。

また、患者さんの気持ちが読み取れない方は、患者さんからクレームを言われてしまう場合があります。

自分に対するクレームが増えてしまうと、「業務が向いてなくて辛い…」と感じてしまっても仕方がありません。

状況に合わせて行動できない人

薬局やドラッグストアは、来局する患者さんの数で忙しさが大きく異なります。

患者さんが立て続けに来た場合は、忙しくなってしまい、業務に優先順位をつけてできるだけ患者さんを待たせないように作業を進めることが重要です。

そのため、状況に合わせて行動できない人は、長時間待ってる患者さんからクレームを言われてしまう可能性があるでしょう。

電話対応が苦手な人

薬剤師は、患者さんや同業者からの電話対応をする場面が多くあります。

患者さんからの薬の相談や、医師からの連絡事項は、基本的に電話で行われることが多いです。

なぜなら、医療関係の連絡は、緊急性が高い要件の場合が多いからです。

そのため、電話対応にあまり自信がないかたは、薬剤師の業務にストレスを感じてしまうでしょう。

細かい作業が苦手な人

薬剤師は、薬を調剤する業務や処方箋や薬歴を確認するなどの、細かい作業をする場面が多いです。

調剤業務では、ミリ単位で薬を計量して調剤する必要があるので、細かい作業を集中して行う能力が重要です。

薬の計量ミスをしてしまった場合、患者さんの健康状態に影響が出る危険性があるため、正確に計量する必要があるでしょう。

そのため、細かい作業をするのが苦手な方は、「自分に合ってない…」と感じてしまう場合があります。

薬剤師に向いてないと感じてしまう理由5選

薬剤師に向いていないと感じてしまう理由5選

薬剤師に向いていないと感じてしまう理由は、以下の5つです。

  • 職場の環境が自分に合わない
  • やりがいを感じない
  • 大きなミスをしてしまった
  • 周りの薬剤師と比べて落ち込んでしまう
  • 体力的に厳しい

それぞれ見ていきましょう。

職場の環境が自分に合わない

薬剤師が向いていないと感じてしまう理由の1つに、職場の環境が自分に合わないことが挙げられます。

人間関係が合わない場合は、仕事に行くのが嫌になったり、業務に支障が出る場合があります。

また、勤務形態が自分に合わず、生活リズムが悪くなってしまった方もいるでしょう。

このような、精神的・肉体的に負担を受けることで、「自分は薬剤師に向いていないのではないか…」と感じてしまう方が多いでしょう。

やりがいを感じない

薬剤師が向いていないと感じてしまう理由の1つに、やりがいを感じないことが挙げられるでしょう。

薬剤師の業務内容は、調剤業務や患者さん対応など、慣れてしまったら流れ作業でこなせる業務が多いです。

そのため、自分の成長やスキルアップを実感できず、やりがいを見出せない方もいるでしょう。

毎日の業務にやりがいを感じなくなると、「自分は薬剤師に向いていないのかな?」と感じてしまっても仕方がないでしょう。

大きなミスをしてしまった

薬剤師に向いていないと感じてしまう理由の1つに、大きなミスをしてしまい、自信を喪失してしまうことが挙げられます。

薬剤師を長く続けている方は、調剤過誤などの大きなミスを1度は経験している方がほとんどです。

しかし、新人の時に大きなミスをしてしまうと、「薬剤師に向いていないかも…」と一気に自信を喪失する方もいます。

新人のミスは、向き不向きに関わらず経験・知識不足の場合がほとんどなので、気にする必要はないでしょう。

周りの薬剤師と比べて落ち込んでしまう

職場の先輩や同期の薬剤師の働きぶりを見て、薬剤師に向いていないと感じてしまう方もいるでしょう。

例えば、同期が自分よりも先に認定薬剤師の資格を取得したり、勉強会に積極的に参加している姿を見ると劣等感を抱いてしまう場合があります。

また、先輩薬剤師の方がよく患者さんから指名されているのを見ると、「自分とは違って優秀だな…」と卑屈になってしまう方もいます。

周りの薬剤師と比べて落ち込んでしまう方は、周りと比べず、自分の成長に注目して仕事をするといいでしょう。

体力的に厳しい

薬剤師の仕事は、長時間集中したり時間に追われながら作業を進めることが多いので、想像以上に体力を消費します。

そのため、長時間集中するのが苦手な方は、「薬剤師の仕事は自分の体力じゃ厳しい」と感じてしまう場合があるでしょう。

また、病院薬剤師の場合は、夜勤や長時間労働で肉体的な負担がかかる場合があります。

しかし、職場によって業務内容や労働時間は異なるため、自分に合う職場を選ぶことで解決できる可能性があります。

以下の項目では、業種別の特徴を詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

薬剤師に向いてないと感じる人が知るべき業種別の適性

薬剤師に向いていないと感じる人が知るべき業種別の適性

薬剤師に向いていないと感じる人は、業種を変えることで、解決できる可能性があります。

業種によって、作業内容・労働時間・職場環境が大きく変わるため、自分に合う業種を選ぶことで快適に仕事することができるでしょう。

そこで、この項目では、業種別の特徴やどのような方に向いているのかを詳しく解説していきます。

病院

病院は、他の業種に比べ、患者の症例や取り扱う薬の種類が多いです。

そのため、薬の知識の幅を広げ、薬剤師としての専門性を高めたい人に向いてる業種と言えるでしょう。

また、病院では、医者や看護師など他の医療従事者とチームを組んで患者さんを救う場面が多くなります。

目の前で患者さんの命を救うやりがいはありますが、「チームで協力して仕事をするのが苦手」という方には、合わない職場だと言えます。

病院は、向上心が高い人やチームを組んで目の前の人を助けたい人には、向いてる職場だと言えるでしょう。

調剤薬局

調剤薬局は、仕事とプライベートを両立したいという方におすすめの職場です。

なぜなら、調剤薬局は病院と併設されている場合が多く、19時までに帰れる職場がほとんどだからです。

そのため、「今の職場は自分の時間が取れなくて合わない…」と感じている方は、調剤薬局に転職することによって解決することができるでしょう。

また、薬の調合・服薬指導・書類整理などの、単純作業や事務作業が調剤薬局の主な業務内容です。

職場の人と極力関わらず、単純作業を自分のペースでやりたいという方は、特におすすめの職場です。

製薬会社

製薬会社は、「これまでの経験と知識を活かしてさらにレベルが高い仕事をしたい!」という方に、おすすめの職場です。

なぜなら、製薬会社の業務内容には調剤業務がなく、薬の営業や新薬の研究などがほとんどだからです。

そのため、最新の医療知識や医療品の副作用などを理解していないと、務まらない仕事だと言えるでしょう。

また、製薬会社は他の業種よりも年収が高い傾向にあるので、「今よりも年収が高い職場に転職したい!」という方におすすめの職場です。

ドラッグストア

ドラッグストアは、「自分のスケジュールに合わせて、柔軟に働く時間を決めたい!」という方におすすめの職場です。

なぜなら、ドラッグストアは他の業種に比べて営業時間が長く、シフト制で自由に出勤管理が行えるからです。

例えば、「子供がいて日中仕事をするのが難しい!」という方は、夜だけ働くなどの融通を効かすことができます。

注意点として、管理薬剤師になってしまうと常勤が義務付けられるので、転職前に自分の事情を説明するようにしましょう。

薬剤師に向いてないと感じる方におすすめの転職エージェント3選

薬剤師に向いていないと感じる方におすすめの転職エージェント3選

薬剤師に向いていないと感じる方におすすめの転職エージェントは、以下の3つです。

  • 薬キャリ
  • マイナビ薬剤師
  • ファルマスタッフ

それぞれ見ていきましょう。

薬キャリ

薬キャリは、薬剤師に特化した転職エージェントです。

薬キャリの特徴として、転職できるスピードが早いのにも関わらず、満足度が高いことが挙げられます。

薬キャリは、対面で面談することなく、電話のみで転職サポートを受けることが可能です。

時間が作れない薬剤師の方でも、登録して電話を受けるだけで最短即日に最大10件の求人を受けることができます。

そのため、早く転職がしたい方や時間がない方には、おすすめの転職エージェントだと言えるでしょう。

薬キャリは完全無料で利用できるので、まずはお気軽に登録してみることをおすすめします。

現状を打破☆チャンスを掴め!
▶︎薬剤師転職ならエムスリーキャリア

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、薬剤師に特化した転職エージェントです。

マイナビ薬剤師の特徴として、充実した対面サポートで質が高い転職活動が行えることが挙げられます。

対面で面談を行うことで、自分の希望条件とアドバイザーの紹介する求人に差異が生まれず、自分に合った求人情報を取得することができます。

また、非公開求人が全体求人数の35%を占めているので、マイナビ薬剤師限定のレアな職場や優良な職場の求人情報を得ることができるでしょう。

さらに、全国で15ヶ所営業拠点を展開しているため、地方の方も気軽に利用することができます。

マイナビ薬剤師は完全無料で利用できるので、まずはお気軽に登録してみることをおすすめします。

▶︎マイナビ薬剤師に無料登録してみる

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、薬剤師に特化した転職エージェントです。

ファルマスタッフの特徴として、調剤薬局の求人数が豊富にあることが挙げられるでしょう。

なぜなら、ファルマスタッフは日本調剤のグループ会社が運営しているため、調剤薬局と繋がりが深いからです。

そのため、「今の業種より調剤薬局が合ってるから転職したい!」という方には、特におすすめの転職エージェントです。

また、キャリアアドバイザーは担当エリアの求人情報を熟知しているので、職場の雰囲気や定着率など求人情報にはない情報も開示してくれます。

今までと違う地域で仕事をしたい方や、頼りになるアドバイザーに相談したい方には、ファルマスタッフを選ぶといいでしょう。

ファルマスタッフは完全無料で利用できるので、まずはお気軽に登録してみることをおすすめします。

まとめ

今回は、薬剤師に向いていないと感じてしまう理由や対処法を詳しく解説していきました。

薬剤師に向いていないと感じてしまう方は、転職したり、信頼できる人に相談することで解決できる可能性があります。

また、転職する際は自分に合う業種に転職することで、転職先で不満を抱えることが少なくなるでしょう。

転職を検討している方は、上記で紹介した転職エージェントを活用して転職することをおすすめします。

この記事を最後まで読んでいただいた方が、「自分は薬剤師に向いている」とポジティブな気持ちで働けることを祈っています。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました