30代で仕事に向いてないと感じたらどうするべき?解決策を徹底解説!

仕事に向いてない30代 退職

仕事に向いてないと感じる

30代で向いてないと感じたら、どうしたらいい?

このようなことでお悩みではないでしょうか。

今回の記事では、仕事に向いてないと感じる30代の方に向けて、具体的な解決策を徹底解説していきます。

この記事を読めば分かること
  • 仕事に向いてないと30代で感じた時の対策とは?
  • 仕事に向いてないと30代で感じる理由とは?
  • 仕事に向いてないと言われて転職した体験談

仕事に向いてないと30代で感じた時の対策とは?

仕事に向いてないと30代で感じた時の対策とは?

では、早速ですが、仕事に向いてないと感じる30代の方に向けて具体的な対策をご紹介します。

現状、お悩みであれば以下のことを実践してみてください

  • 得意・不得意を洗い出す
  • 自己分析を徹底してみる
  • AIのアプリでキャリア診断してみる
  • 転職に詳しいアドバイザーに相談する

得意・不得意を洗い出す

現状、あなたが仕事に向いてないと感じるのであれば、もしかすると不得意な仕事をしているかもしれません。

「自分ができないのは、努力が足りないからだ」

「もっと頑張らなくては・・・」

など、仕事がうまくいかないのは自分に問題があると考えてはいませんか?

確かに、努力でどうにかなる問題もありますが、多くの場合は環境が原因であることが多いです。

  • 人と話すのが苦手なのに営業しないといけない
  • 専門的なスキルもないのに、無理に仕事を押し付けられる
  • せかせか働きたくないのに、労働時間が長い

など、自分に適性がない環境下で仕事をしている時、”向いてない”と感じるケースがあります。

まずは

自分の得意なことは何か?

反対に、苦手なことは何か?

ということを考えてみましょう。

その上で、今の職場が自分の不得意な分野であれば、転職も視野に入れることが大切です。

自己分析を徹底してみる

上記では自分の得意・不得意を分析することが大切であると解説しました。

さらに踏み込んで、自己分析も行ってみましょう

得意や不得意だけではなく、今後のやりたいことやキャリアについても分析してみるのです。

  • 30代でどのようなキャリアを歩んでいきたいのか
  • これまでの経験を生かして、30代にやりたいことは?
  • 自分ができそうな業界はどこ?

など、もう少し掘り下げて自分のやりたいことやできそうな分野まで掘り下げてみるのです。

自己分析をする際は、視覚で捉えることが大切であるため、上記の内容を紙に書き出してみましょう。

手帳などに自分の気持ちを書き出すだけでも、かなり気持ちが楽になるはずです。

AIのアプリでキャリア診断してみる

30代で今の仕事に向いてないと感じる場合、自分について分析することが大切になります。

自分自身の特性と今の仕事がマッチしていないから、”向いてない”と感じているはずなので、そもそもどんな業種がマッチするのかを知る必要があるでしょう。

もし、こうしたことを自分で分析するのが難しければ、AIによるキャリア診断を行うのがおすすめです。

今では「VIEW」などの無料診断アプリも登場しており、3分ほどで診断は完了します。

自分に最適な企業が3分ほどで診断できるため、一度試してみてはいかがでしょうか。

もちろん、診断しても応募する必要はないので、安心して利用できます。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

転職に詳しいアドバイザーに相談する

引用:リクルートエージェントホームページより

自分で向き不向きを判断するのは簡単なことではありません。

上記で紹介したアプリは非常に簡単に利用できますが、アプリだけだと不安という方もいらっしゃるでしょう。

より詳しく自分の適職を調べたいなら、転職エージェントに登録するのがおすすめです。

  • マンツーマンで適職について面談してもらえる
  • 転職する際の面接アドバイスや履歴書の添削まで行ってもらえる
  • 面接日のスケジュール調整も代わりに行ってくれる

転職エージェントに登録すれば、無料で転職市場に詳しいアドバイザーに相談することができます。

他の業種と比較して、あなたの適性をしっかりと見極めてもらえるでしょう。

無料で利用でき、ひとまず登録しておけば情報収集が行えます。

こちらも必ず応募する必要はないので、リサーチ用に登録しておくのがおすすめです。

自分一人で悩むのではなく、プロの第三者から意見を聞いてみてはいかがでしょうか。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

仕事に向いてないと30代で感じる理由とは?

仕事に向いてないと30代で感じる理由とは?

では、仕事に向いてないと感じる30代の方は、どのようなことが原因なのでしょうか。

ここでは、向いてないと感じる理由について詳しく解説します。

  • 出世できない
  • 収入が低い
  • 周囲と比べて劣っていると感じる
  • 今後のキャリアに不安がある
  • 人間関係が辛い

出世できない

30代になると、管理職やマネージャーなど、何かしらの役職となる方も多いです。

しかし、10年以上働いているのに、全く出世できない

「自分の能力を認められていないのでは・・・?」

と、不安に感じる方もいらっしゃるでしょう。

現在の日本はまだまだ年功序列であり、”能力よりも年功序列”という古くからの体制が根付いています。

そのため、なかなか出世できないと感じる会社であれば、早めに見切りをつけるのも必要かもしれません。

収入が低い

収入面の悩みは、どうしても30代につきものですよね。

上記では出世できずに悩んでいる方が多いことをご紹介しましたが、例え出世できたとしても収入面で不満を感じる方も多いです。

  • 役職についたのに、給料がほとんど上がらない
  • 負担だけ増やされて、収入は上がらなかった
  • 残業代がつかなくなり、かえって年収が下がった

など、出世したのに収入が上がらない方や、出世したことで逆に収入が下がる方もいます。

正当な対価として給料アップしない会社だと、向いてないと感じてしまうのも無理のないことですよね・・・。

周囲と比べて劣っていると感じる

仕事に向いてないと感じる30代の方で多いのが、周囲と比べて自分が劣っていると感じるパターンです。

  • 同期はみんな出世してるのに、自分だけまだ平社員
  • 他の人が当たり前にできることが、自分にはできない
  • 仕事が遅いとよく言われる

人間には生まれ持った特性というものがあります。

最初から当然に素早く仕事をこなせる人もいれば、そうではない人もいるのです。

同期と比べて劣っていると感じるのであれば、自分の特性とマッチしていない仕事である可能性があるでしょう。

AI の診断などを利用して、適性を見極めてみてはいかがでしょうか。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

今後のキャリアに不安がある

30代になると、働いている会社の全体像が見え始める頃です。

  • このまま働き続けても、将来が見えない
  • 10年位働いたけど、なんのスキルも身についていない
  • 他の会社で分のスキルを生かしたい

など、今の会社で働くことに対する不安を感じる方もいます。

今の時代、最後まで働き続けるのが必ずしも良いとは限りません。

現状、働いていて不満があるのであれば転職先をリサーチしてみるのも選択肢と言えるでしょう。

人間関係が辛い

人間関係は、どの職場、どの年代でも退職したい理由のトップです。

  • 役職となり、プレッシャーを感じる
  • 上司と部下の板挟みが辛い
  • 職場の人と合わない

30代は役職となる人も多く、どうしても人間関係上の悩みが増えてしまいます。

ある程度のストレスは致し方ないかもしれませんが、病気になるほど辛いのであれば転職も視野に入れた方が良いかもしれません。

仕事に向いてないと言われて転職した体験談

仕事に向いてないと言われて転職した体験談

僕自身、仕事に向いてないと言われて転職した経験があります。

ここでは、当時の経験談を少しだけご紹介します。

  • なぜ、向いてないと言われたのか
  • 周囲よりも劣っている感覚があった
  • 悩んだ末に転職エージェントに相談した

なぜ、向いてないと言われたのか

僕自身は、当時教員をしていました。

教育現場は非常に仕事量が多く、書類の処理や授業準備など次から次へと作業をこなす必要があったのです。

しかし、僕自身はマルチタスクをするのが苦手でした。

  • 言われたことが抜けてしまう
  • 伝達にミスが出る
  • 書類の提出が遅れる

など、凡ミスが多発するようになったのです。

そして上司から、

この仕事向いてないんじゃない?

と言われる始末。

周囲よりも劣っている感覚があった

明らかに周囲よりも劣っている感覚がありました。

他の人は書類作成や伝達にもなんのミスもないのに、自分だけはミスを連発。

最初の頃はみんな優しかったのですが、何度もミスをしていると

「またかよアイツ・・・」

みたいな空気に。

どう考えてもこの仕事向いてないなと、自分でも感じていたし、本当に辛かった・・・。

悩んだ末に転職エージェントに相談した

最終的に、僕は転職エージェントに登録してアドバイザーの方に相談しました。

その時に対応してくれたのは女性の方で、優しく面談してくれました

そして一通り話し終えた後、

  • マルチタスクより一点集中型であること
  • 上昇志向が強いのでスキルアップできる仕事の方が良い
  • とりあえず教師は絶対向いてない

など、さまざまなアドバイスがもらえたんです。

正直、自分でも全く気がついていないことばかりで、ハッとしましたね。

結局教員は辞めて、今はWEB系の仕事で働いています。

僕の場合は転職エージェントを利用せずに転職しましたが、間違いなくその時のアドバイザーさんに言われたことが僕の人生に良い影響を与えています。

こんな感じで、アドバイスをもらうだけで必ずエージェントを利用して転職しなくても良いので、きっかけとして転職エージェントを利用するのはかなりおすすめです。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

仕事に向いてないと感じる30代の方は、他の業種も検討してみよう

今回の記事では、仕事に向いてないと感じる30代の方に向けて、具体的な対策を解説しました。

  • 仕事に向いてないと感じる30代の方は、得意不得意を分析しよう
  • アプリを使ってキャリア診断してみるのもおすすめ
  • 転職エージェントのアドバイザーに相談すればプロの意見が聞ける

30代は何かと悩みが多い時期ですが、現代では転職のサポートが受けられるサービスや診断が行えるアプリも充実しています。

こうしたサービスを利用して、自分の適職について深く考えてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました