仕事に向いてないから辞めるのは甘え?辞めるべきかどうかの判断基準

仕事に向いてないから辞める 仕事

「今の仕事に向いてないかもしれない・・・」

「向いてないから辞めるのは甘えているのだろうか?」

このようなことでお悩みではないでしょうか。

仕事上の悩みがあると、誰しも「もしかして、向いてない?」と感じてしまうもの。

そこで、今回の記事では”仕事に向いてないから辞めるのは甘え?”というテーマで解説していきます。

この記事を読めば分かること
  • 仕事に向いてないと感じる時の対策5選
  • 仕事に向いてないと感じる時、退職の判断基準は?
  • 向いてる仕事に転職するためのコツとは?

仕事に向いてないと感じるのは甘えではない

仕事に向いてないと感じるのは甘えではない

最初に結論を言うと、仕事に向いてないと感じるのは甘えではありません。

そもそも、社会人であれば誰しも一度は感じることなので、不安になることはないのです。

悶々とただ悩むだけではなく、これからどうしていくかを真剣に考えることが大切と言えます。

以下では、向いてないと感じる時の対策をご紹介します。

仕事に向いてないと感じる時の対策5選

仕事に向いてないと感じる時の対策5選

仕事に向いてないと感じる時の具体的な対策について解説していきましょう。

もし、現状お悩みであれば以下のことを行ってみてはいかがでしょうか。

  • まずはゆっくり休む
  • 自分の気持ちを明確にする
  • アプリでキャリア診断をしてみる
  • 転職経験者に相談する
  • 実際に転職先をリサーチしてみる

まずはゆっくり休む

今現在、仕事に向いてないと感じている方は、おそらくかなり疲れている状態だと思います。

  • 普段の仕事で失敗が続いている
  • 円滑に業務遂行ができない
  • 対人関係で悩みがある

など、状況によってさまざまな悩みがあるかと思いますが、ひとまずゆっくりと休んでみてはいかがでしょうか。

心身ともに疲れている状態では、今後の方針をしっかりと立てるのは非常に難しいです。

1日だけでも良いので、仕事をせずにぼーっと休む日を作るだけでも、かなり回復させることができます。

自分の気持ちを明確にする

ゆっくりと休んで、ある程度自分の気持ちに余裕が生まれたら、今度は自分の気持ちを明確にしていきましょう。

人間、不安を感じる時というのは自分の感情が整理できていないことが多いです。

そもそも、あなたが仕事に向いてないと感じるのはなぜでしょうか。

  • 対人関係が辛いから、なるべく一人でできる仕事がしたい
  • スキルアップできるような仕事がしたい
  • 職場の人の考え方と、自分自身が合わない

など、仕事に関する悩みも人それぞれです。

こうしたことをしっかりと踏まえた上で、今後どうするか決めていきましょう。

また、紙に心情を書き殴るだけでも不思議と気持ちは落ち着くものです。

試しに一度やってみてはいかがでしょうか。

アプリでキャリア診断をしてみる

上記では自分の気持ちを整理する大切さを解説しましたが、自己分析の仕方は他にもあります。

現在では無料でキャリア診断できるアプリも登場しており、こうしたツールを用いれば簡単にあなたの天職を知ることが可能です。

VIEWなどの診断アプリを使えば、3分程度で診断ができます。

一目であなたが受けられる企業が分かるので、自己分析のツールとして活用してみてはいかがでしょうか。

もちろん、診断しても応募する必要は全くないので安心して利用することができます

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

転職経験者に相談する

もし、転職も視野に入れているのであれば、事前に信頼できる人に相談してみることをおすすめします。

悩んでいるときにはできるだけ一人で判断するのはよくありません。

冷静に判断できない可能性が高く、第三者に意見をもらうのが良いです。

ただし、その際には転職について知識がある人に相談しましょう。

実際に転職を経験した人などでなければ、基本的にネガティブな意見しか返ってこないからです。

「転職なんてダメだよ!もう少し今の職場で頑張ってみたら?」

と、転職したことがない人は否定的な意見を言ってくるでしょう。

そのため、冷静かつ効果的な意見がもらえるような第三者に意見を求めるのがおすすめです。

実際に転職先をリサーチしてみる

上記では第三者に意見を求めることについて解説しましたが、身近にそうした人がいない方も多いでしょう。

もし、相談できる人がいない場合には、転職エージェントのアドバイザーを利用してみるのがおすすめです。

転職エージェントなら無料で利用できますし、転職に詳しい専門家の意見も聞くことができます。

まずは気軽に相談してみるのが良いでしょう。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

仕事に向いてないと感じる時、退職の判断基準は?

仕事に向いてないと感じる時、退職の判断基準は?

仕事に向いてないと感じる時、退職すべきかどうかの判断基準はどのようなものなのでしょうか。

ここでは、その判断の指標についていくつかご紹介します。

  • やりがいを感じるかどうか
  • 自分のやりたいと思う仕事か
  • 労働時間は適切か
  • 収入は適切か

やりがいを感じるかどうか

あなたは、今の仕事にやりがいを感じていますか?

例え待遇面で不満がなくとも、仕事内容そのものに対して面白みがなければ続けていくのは難しいものです。

  • 日々の仕事に充実感がある
  • 使命感を持って仕事をしている
  • 感謝されると嬉しい

など、仕事をする上でやりがいを全く感じないのであれば、別の仕事に転職するのも選択肢の一つと言えるでしょう。

自分のやりたいと思う仕事か

今の仕事は、本当にあなたがやりたいと思う仕事でしょうか。

「仕事とは、我慢してやるものだ」

と考える方は多いですが、そうした消極的かつ受け身な姿勢であと数十年働き続けることができますか?

毎日ワクワクしながら仕事をできる人は少ないでしょうが、せめて自分がやりたいと思えるような職業を選択した方が楽しいことは間違いありません。

もし、日々の仕事に苦しさしか感じないのであれば、転職を考えるようにしましょう。

労働時間は適切か

あなたが働いている職場の労働時間は適切でしょうか。

例えやりがいがある仕事だとしても、毎日残業が続いていたり、土日も出勤する必要があったりすると、体が持たないでしょう。

ライフワークバランスの充実した職場でなければ、継続して仕事を続けることはできません。

もし、向いていないと感じるのであれば、転職エージェントなどに登録して他の求人情報も調べてみてはいかがでしょうか。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

収入は適切か

働く上でどうしても重視しなければならないのは、やはり収入面でしょう。

労働環境が整っているとしても、給料が安すぎる職種では生活そのものが成り立ちません。

あまりに低すぎる給与水準であれば、転職も視野に入れるのが良いでしょう。

向いてる仕事に転職するためのコツとは?

向いてる仕事に転職するためのコツとは?

自分に向いてる仕事に転職するためには、いくつか押さえておくべきことがあります。

もし、これから転職しようと思われている方は、次のことに気をつけるようにしましょう。

  • 感情的に転職しない
  • 自分の適性を見極める
  • 転職のサポートが受けられるサービスを利用する

感情的に転職しない

今の仕事に不満を持っている場合、ついつい感情的に辞めてしまいがちです。

上司と喧嘩して、

「もう辞めてやる!!」

と退職届を出してしまうドラマなどはよく見かけますが、同じことを現実でやってはいけません。

転職は計画的に進めなければ、必ずと言って良いほど失敗します。

いきなり無職になると、転職先の面接でも不利になりかねません。

冷静になって、少しずつ転職を進めていくのが良いでしょう。

自分の適性を見極める

転職活動を開始する前に、自分の適性については必ず見極めるようにしましょう。

そもそも、自分の得意・不得意を理解せずに転職をスタートさせても、また同じ失敗を繰り返すだけです。

そのため、じっくりと自分を見つめて、どの職業や企業が良いのか判断しましょう

アプリのキャリア診断などを活用し、適職を見定めた上で行動に移すことが大切です。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

転職のサポートが受けられるサービスを利用する

自分一人で転職活動を進めるのはかなり大変です。

求人情報などを集めなければなりませんし、働きながら転職を進めるのは至難の技でしょう。

そうしたデメリットを解消するためにも、転職エージェントに登録しておきましょう

転職エージェントを利用すれば、市場に詳しいアドバイザーがあなたに向いてる仕事を紹介してくれます。

面接日程の調整なども代わりに行ってくれるので、働きながらでも転職活動が行えます。

全て無料で利用できるので、事前に登録しておくのがおすすめです。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

まとめ

今回の記事では、「仕事に向いてないから辞めるのは甘えか?」というテーマで解説しました。

  • 仕事に向いてないと感じるのは甘えではない
  • まずはゆっくり休むことが大切
  • 自己分析を徹底しよう
  • 転職支援サービスを利用しよう

向いてないと感じるのは、普通のことです。

ただ悩んでいるのではなく、これからどうすべきかということをしっかり考えていきましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました