IT業界への転職に転職回数は影響するの?状況別に分かりやすく解説!

IT業界への転職に転職回数は影響するの?状況別に分かりやすく解説! IT転職

現代では、IT業界への転職者が増加しています。転職を考える理由は人によってさまざまだと思いますが、その転職回数によって面接などでマイナス評価を受けることを恐れる方も多いでしょう。

今回の記事では、転職回数の多さが企業に与えるイメージやそもそも影響するのかについて詳しく解説していきます。これからIT業界へ転職をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

IT業界は転職回数よりも就職期間が大事

初めに結論から申し上げますと、転職回数よりも大切なのは就職期間です。もし転職回数が多かったとしても、その理由が明確な場合やキャリアアップのために仕方ないケースでは、採用する企業もマイナスな評価は受けないでしょう。

会社からすれば、その人を採用することによっていかに利益があるのかということが大切です。そのため、何回転職しているかよりも、その人がどのような人物であるのかということに注目しています。

そこで企業が着目するのは、転職回数よりも「短い期間で退職していないかどうか」ということです。短期間の間で何度も転職をしているような人は、転職先の企業でも同じことをする危険性があるのでネガティブな印象を与えがちになります。

また、その退職理由なども自分が原因ではなく、企業側に責任を押し付けている人も厳しい印象になるでしょう。そのような人は、「他責思考の人は雇っても扱いが難しい」「うちでも同じことを言われる」などと思われてしまう可能性があります。できるだけネガティブな理由を話してしまわないようにしましょう。

ITへの転職で、転職回数が多いとどのようなイメージを持たれる?

転職回数が多いと企業側からどのようなイメージを持たれるのか気になる方も多いのではないでしょうか。以下では企業から持たれる転職回数へのイメージを解説していきます。

転職回数が多いとすぐ辞めると思われがち

転職する回数が多いと、どうしてもすぐ辞めてしまう人だと思われる傾向にあります。回数にもよりますが、就職と退職を何度も繰り返しているような場合には、辞めやすい人だと思われても仕方がないでしょう。

採用する企業からすると、できるだけ長い間働いて欲しいと考えることが多いです。しかし、何度も転職を繰り返している場合には現場の人や待遇に対して不満を持ち、短期間で転職してしまうといった印象を持たれてしまうかもしれません。

もし、現状の転職回数が多い方は、できるだけマイナスのイメージを持たれないように気をつけることが大切です。面接などでできるだけポジティブな転職理由を考え、面接官にアピールしましょう。

キャリアアップしているならむしろプラス

転職回数が多いとしても、転職するたびにキャリアアップしている場合には、むしろプラス評価につながることもあります。転職の意図や目的が明確で、誰がみても新たなチャレンジやスキルアップのために転職している場合には良い印象を持たれるでしょう。

しかし、それに対して転職回数のわりにあまりキャリアに影響がなかったり、特別なスキルが身についているわけではないケースでは、マイナス評価につながりやすいといえます。

あまりに転職回数が多いと、人間性を疑われる可能性も

短期間での転職があまりに多すぎると、人間性に疑問を持たれてしまうケースもあります。回数にもよりますが、1ヶ月ほどで何度も転職してしまうような場合には危険視されることもあるでしょう。

  • もしかすると、会社内で揉め事ばかり起こしているのではないか
  • コミュニケーションの取り方に問題があるのではないか
  • 会社組織に馴染めない人材なのではないか

このように、企業からも人物に対する疑問を抱かれかねません。面接でうまくコミュニケーション能力を伝えられるように、あらかじめ準備することが大切になるでしょう。

転職回数の多さをキャリアアップに繋げよう!

ここまでの内容を読んで、

「自分は転職回数が多いから、きっとIT業界への転職は厳しいだろう」

と思われている方も多いのではないでしょうか。

しかし、転職回数の多さは内容によってプラスに変えることができます。以下では転職回数の多さを上手く伝える方法をご紹介していきます。

転職することで、自分のスキルを高めることができた

転職回数の多さで最もアピールしやすいことは、スキルアップについてでしょう。新たな職場や環境に飛び込み、自分のスキルを磨くことによって経験もたくさん積んでいると思います。

エンジニアなどであれば、経験を積むほどに貴重なスキルを身につけている場合も多いでしょう。また、スキルだけではなく人との関わりの中で学ぶこともあったはずです。

そうしたことを、転職回数が多いからこそアピールできるポイントとして上手くアピールすると良いでしょう。ただし、転職活動を行う際には実際にどのようなスキルを身につけたのか分かりやすく説明する必要があります。

これまでの職場における実績やポートフォリオなど、転職活動においてアプローチしやすいような資料を準備しておきましょう。

数多くの現場で経験を積むことができた

何度も転職を繰り返しているということは、それだけ多くの職場で経験を積んでいるということになります。転職活動においては、そのような経験豊富さを上手く転職先に伝えることが重要になるでしょう。

例えば、これまで関わってきたプロジェクトや困難だった案件など、面接で話せることも多いはずです。そうしたことをまとめておき、上手く表現できるように工夫しましょう。

自分にしかできないような体験や転職回数が多いからこそできた経験などを話すとなお良いです。レアリティのある人材であると思われるようにアピールするようにしましょう。

どのような職場にも対応する力を培った

転職の回数が多い方は、異なる職場をいくつも見て来ていると思います。そのため、技術的なスキルだけではなく、対人関係を良好なものにするスキルが備わっている可能性もあるでしょう。

そうしたポイントも、面接で話すと良いです。企業側からするとできるだけコミュニケーション能力が優れた人を雇いたいと思っています。気難しそうな人よりも、明るく話しかけやすい人の方が好まれるでしょう。

良い印象を与えるためには、面接でポジティブな転職理由を答えることが有効です。転職先の企業でやりたいことや、貢献できるスキルなどをアピールしましょう。面接官にもできるだけポジティブな印象を与えることが大切です。

まとめ

転職回数が多いとそれがマイナスポイントにならないか不安に思う方も多いでしょう。しかし、何回転職しているのかということよりも、転職に至るまでの過程や、就職していた期間がどれくらいなのかということの方が大切です。

また、転職活動においては転職先の企業にネガティブなイメージを与えないようにしなければなりません。できるだけポジティブな転職理由を考えておき、明るい印象を与えられるように気をつけましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました