薬剤師を辞めたいパートの方へ。退職する前にやるべきこと5選

薬剤師を辞めたいパート 薬剤師

「パート薬剤師を辞めたい」

「長時間労働がつらい」

「人間関係に悩んでいて辞めたい」、

そう思いながら働いている方も多いでしょう。

パートは楽そうでいいね、なんて言われるけれど、実際そんなことはありません。

本記事では、薬剤師を辞めたいパートの方向けに、退職したいと思ったらやるべきことを解説していきます。

今後のライフプランを考えるときの参考にしてみてください。

パート勤務薬剤師を辞めたいと思ったらやるべきこととは?

パート勤務薬剤師を辞めたいと思ったらやるべきこととは?

薬剤師を辞めたいと思ったらまず何から始めるべきでしょうか?

あなたが体調を崩したり、精神的に辛い時にはすぐ辞める判断も必要です。

まだもう少し頑張れる方は、すぐ辞める以外のことも試してみてください。

ブランクが空いても良ければ休む

あなたの健康を第一に考えて、辛い時は休みましょう。

数か月ブランクが空いても、よほど厳しい条件で探さなければ次の転職先は見つかります。

まずは体調の回復を優先して、ゆっくり休むことも考えてみてください。

収入や職場の忙しさなどで辞めることが難しい方は、数日でもいいので仕事のことを考えずに休める期間を持つこともおすすめです。

自分の考えや仕事への向き合い方が整理できるでしょう。

辞めたい理由を考える

辞めたいと思ったとき、何が原因で辞めたいのか考えることもおすすめします。

しっかりと辞めたい理由を分析しておかないと、やみくもに辞めて次へ行って…を繰り返していては落ち着いて働けません。正社員やキャリアアップをしたいのであればなるべく転職を繰り返さずに落ち着いて働く方がよいでしょう。

転職を繰り返していると、辞めたい理由を環境のせいにしてしまうこともよくあるので、深掘りして考えてみることが必要です。

長時間労働で辞めたいと思っていたけど、本当に嫌なのは上司との人間関係だった、ということもあるでしょう。紙に書き出して整理してみても良いかもしれません。

誰かに相談する

仕事への不満や、将来への不安は誰かと共有することで少し気が楽になります。

仕事を辞めたいと思ったら誰かに相談してみましょう。

仕事の愚痴は内情を知っている同僚と話せたら良いですが、職場内で愚痴を言うと人間関係を悪化させる可能性もあります。

事情を深くは知らない家族や友人などに話した方が、第三者の目線からの言葉でハッとすることもあるかもしれません。

とにかく今の気持ちを吐き出してみることが大切です。

働き方を見直す

辞めたい理由に合わせて、今後の働き方を見直してみても良いかもしれません。

「今はパートで働いているけど、子供が成長したら正社員で働きたい」と思っている方もいるのではないでしょうか。

今後のキャリアを考えたときに給料がいいのは正社員、もっと知識を付けられるところで働きたい、など様々な角度から働き方を考えてみることをおすすめします。

あなたが考えて出した答えなら、家族も応援してくれるはずです。

転職サービスに登録する

今すぐ辞めたいわけではないけど将来的には…と考えている方は、転職サービスに登録だけでもしておきましょう。

転職サービスは無料で利用できるので、気になる求人を探してみるだけでも視野が広がります。

この職場に居続けなくても次があると思えるだけで心が軽くなります。

本格的に活動する際には複数のサービスを登録しておくと、より自分に合った求人を見つけやすいでしょう。


▶︎薬剤師の転職サービス【エムスリーキャリア】に無料相談してみる

パート勤務薬剤師を辞めたいと思う理由は?

パート勤務薬剤師を辞めたいと思う理由は?

パートで働いている薬剤師が辞めたいと思う理由は様々です。

パートという勤務形態は問題なくても、職場環境で辞めたいと思う場合もあるでしょう。

ここでは、パート勤務の薬剤師を辞めたいと思ってしまう理由について掘り下げていきます。

給与が低い

責任ある仕事を任されているのに給与が低いと辞めたいと思うことが多いようです。

働く時間帯や、地域、職場によって得られる給与は変わってきますが、正社員と同じように仕事をしていても一般的に給与は低くなります。

家庭の事情でパートで働くことを選択している方もいると思いますが、給与が低いと働く意義を感じられず辞めたいと思うのです。

子供の送迎や家事分担がしやすいメリットはありますが、将来的にはもう少し収入を得たいと思うようになるかもしれません。

製薬会社などであればパート勤務でも平均時給が高くなるので、転職先を探してみてもよいでしょう。

福利厚生が少ない

給与だけでなく、福利厚生が正社員に比べて少ないことも辞めたいと思う理由の1つです。

正社員の4分の3以上働くパート社員も福利厚生の対象となります。

思うように福利厚生が受けられない場合は、働く時間や業務量を調整してみてはいかがでしょうか。

会社によってはレジャーのための補助金や、アニバーサリー休暇などユニークな福利厚生制度を取り入れている会社もあります。

会社選びの際に福利厚生を重視する場合は、こういった制度も調べておくとよいでしょう。

人間関係がつらい

薬剤師を辞めたいと思う大きな理由が人間関係です。

悩みの大半は人間関係といってもよいくらい、働きやすさに直結します。

薬剤師の場合は職場が狭いことや、女性が多い職場であることも人間関係の悪化につながりやすいのです。

あなたの努力で改善する場合もありますが、悪化した人間関係のほとんどは回復することはありません。相性の悪い上司に何か言われる場合はスルーするスキルを身につけるか、職場を変えるしか選択肢はありません。

仕事が忙しい

パートで働いていると勤務時間を1時間以上超過して働くことはあまりないでしょう。

それでも、決められた時間内で目まぐるしく働いている場合は忙しさから辞めたいと思うようです。

勤務時間を調整するためにパートで働いているのに、ハードワークすぎると身体を壊してしまいます。

業務量の調整や、人を増やしてもらうように相談してみることもおすすめします。

ミスしてしまう

調剤過誤などミスをしてしまうと責任感を感じて辞めたいと思ってしまいます。

自分には薬剤師が向いていないのではないかと自分を責めてしまいがちです。

人がやっている仕事ですのでミスは少なからず発生します。

ミスをしないように気を付ければ良いと割り切ることも必要です。

また、ミスが起こりやすいのは職場環境が原因でもあります。

職場の整理整頓やチェック体制などを見直してみましょう。

同じことの繰り返し

処方箋への対応など日々同じことの繰り返しでやりがいが感じられず、辞めたいと思うことがあります。

パートではなく正社員への登用を目指していたり、スキルアップを目指していたりする場合は、同じことの繰り返しがつまらないと思いがちです。

同じ業務でもミスなくこなすことも立派な仕事です。

患者さんの役に立っていることを今一度意識して働くことで、仕事の意義も見出せるかもしれません。

患者さんからのクレーム

最後に、患者さんからクレームが挙げられます。

薬剤師は患者さんとのコミュニケーションが必要な仕事です。

体調が悪く、ある程度ストレスを抱えた人が来る場所なので、小さなミスが大きなクレームにつながることもあります。

細心の注意を払ってコミュニケーションをしなければならず、これが働く薬剤師のストレスになることもあるのです。

パートで働くことが向いている薬剤師とは?

パートで働くことが向いている薬剤師とは?

正社員で働いた方がいいのか、このままパートを続けた方がよいのか悩んでいる方もいるでしょう。

あなたの希望する働き方によってはパートの方が向いている場合があります。

パートで働くことが向いている薬剤師の特徴について見ていきましょう。

希望する時間帯で働きたい

まず、フルタイムで残業ありではなく、ある程度決まった時間で働きたいという方はパートに向いています。

残業があると子供の送り迎えや家事など、今日はこれをやりたいと思っていたことができない場合もあるのです。

残業があることで、家族の誰かに家事負担が集中してしまうと関係悪化につながりかねません。

働く時間が想定しやすく、プライベートの時間を確保しやすいのはパート勤務です。

給与よりもやりがい重視

パート勤務だと正社員より給与は低くなりがちです。それでも、決まった時間内でやりがいをもって働きたい、余裕をもって働きたいならパート勤務がおすすめです。

正社員と同じくらいの仕事を任されるのか、パート勤務の場合は任せる業務を調整しているのか、職場によって様々です。

患者さんとの丁寧なコミュニケーションや役に立っているというやりがいを重視したいなら、パートで余裕をもって働ける職場を選びましょう。

管理職になりたくない

管理職になりたくない方はパートを選ぶことをおすすめします。

正社員の場合は、若手の薬剤師でも異動配置の結果すぐに管理薬剤師になってしまうこともあるようです。

管理薬剤師になると、在庫管理、数値管理、医師とのコミュニケーションなど管理職ならではの仕事も任されます。

中間管理職ゆえのストレスも大きく、休みも取りづらくなってしまいます。

責任ある立場になるよりは、時間や業務に融通が効きやすい働き方を望む場合はパートを選ぶとよいでしょう。

家族との時間を優先したい

家族との時間を優先したい場合もパートがおすすめです。

薬剤師として働くのは家族との生活を豊かにするためです。

仕事によって家族との時間が減ってしまうと、子供の将来のためにも良くないと思う方もいるかもしれません。

プライベートの充実度を高めるために仕事があると考える方は、パートで働く方が合っているでしょう。

働き方はライフステージに合わせて柔軟に変えていくこともできます。もっと収入が欲しい、スキルアップしたいとなったときに働き方を見直してみてもよいかもしれません。

登録すべき転職サービス3選

登録すべき転職サービス3選

パートを辞めたい、働き方を変えたいと思ったら、転職サービスへの登録から始めてみましょう。

パートでの勤務に強い転職サービスもありますので、複数のサービスを登録して求人を比較しながら転職活動を進めてみましょう。

下記の3つがおすすめのサービスですので、参考にしてみてください。

薬キャリエージェント

  • 正社員を目指す方におすすめ
  • 医療業界トップ企業が運営する幅広いネットワーク
  • 実績豊富で、交渉力に定評あり

薬キャリエージェントは、登録者数が業界No.1の大手転職サービスです。

薬剤師の半数が登録するエムスリーグループが運営しているサービスですので、幅広いネットワークを生かした転職支援が受けられます。

豊富な求人を保有し、年収600万円以上の高給与求人も多くあります。

今後のキャリアを考えて正社員への転職を考えている方へおすすめです。

コンサルタントは地域専任で、大手から地域密着型薬局まで幅広く精通しています。

実績が豊富なので、勤務条件の交渉力が強いことも魅力です。

早期に転職を考えている方には、連絡が取れた方から限定・非公開求人を紹介してくれるようです。

対応スピードも実績も安心して任せられるエージェントと言えるでしょう。


▶︎薬剤師の転職サービス【エムスリーキャリア】に無料相談してみる

マイナビ薬剤師

  • 20~40代に特化
  • 全国展開で非公開求人が40%
  • 担当者が現地で薬剤師に直接会ってリサーチ

マイナビ薬剤師は、新卒採用大手のマイナビが展開する薬剤師に特化した転職サービスです。

20~40代の求人に特化しています。

全国にオフィスがあり、企業ごとに担当コンサルタントが付き、現地に薬局長や薬剤師に会いに行って徹底的にリサーチしてくれます。

求職者の要望を伝えるセミナーなども開催していて、要望が伝わりやすいのです。

働き始めた後のイメージがわきやすく、あなたにあった求人が見つかりやすいサービスです。

人気求人や枠が少ない求人、登録者のみに紹介できる非公開求人が40%を占めています。

こんないい求人があったのに!と後悔しないように登録しておきましょう。

▶︎マイナビ薬剤師に無料登録してみる

ファルマスタッフ

  • 大手の調剤薬局グループが運営する老舗サービス
  • コンサルタントが現場の生きた情報を提供
  • 教育サービスも受けられる

ファルマスタッフは大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループが運営する老舗の転職サービスです。

求人を検索するときも、「18時までの求人」「ブランクあり歓迎」など条件設定が細かくでき、使いやすいサイトです。

コンサルタントが職場の雰囲気や忙しさなどを熟知しており、現場の生きた情報を元に求人紹介してくれるので、あなたにあった求人が見つかります。

派遣スタッフや、福利厚生の良い求人が多く、年収も600万円以上の求人を多く保有しています。

また、グループ会社の教育ノウハウを生かして、手厚い教育環境を提供してくれます。

自宅でeラーニングやキャリア支援を受けられ、パートで働きながらもよりスキルアップしたい方におすすめのサイトです。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました