薬剤師の転職はうつ病でもできる?仕事が辛いあなたへ

うつ病で薬剤師が転職 薬剤師

薬剤師として働いているけど、うつ病になってしまった

転職したいけど、うまくいくか不安

うつで転職失敗しないか不安

などとお悩みではないでしょうか。

薬剤師は何かとストレスの多い仕事ですので、中にはうつ病になったり、うつ傾向と診断される方もいます。

今回の記事では、うつ病で薬剤師が転職を検討する時の対処法について解説していきます。

この記事を読めば分かること
  • うつ病セルフチェック
  • うつ病の薬剤師が転職したい時の対策
  • 薬剤師の方が転職する際におすすめのサービス
  • 退職すべきかどうかの判断基準

薬剤師でうつ病かも?と感じたらセルフチェックしよう

薬剤師でうつ病かも?と感じたらセルフチェックしよう

最近、憂鬱な気分が続いていたり、寝つきが悪いなどの症状はありませんか?

「これくらいの不調は、誰にでもよくあることだ」

そう思っている些細な不調は、あなたの体が発しているSOSかもしれません

うつ病だと気づかずに放置して症状が悪化し、気づいた頃には改善するのにかなりの時間が掛かってしまうことも。

まずはうつ病の初期症状を理解し、今の自分に当てはまることがないか、セルフチェックをしてみましょう。

うつ病の初期症状とは?セルフチェックポイント

ぜひ一度当てはまることがないか、セルフチェックをしてみてください。

  • 何をしても意欲が湧かない
  • 最近ずっと憂鬱な気分が続いている
  • 自分に自信を持てない
  • 自分ばかり責めている
  • 夜眠れなかったり、朝起きることができない
  • 急に我慢ができないほどの眠気に襲われる
  • 疲労感や倦怠感が続いている
  • 汗が止まらなかったり、動悸がする
  • 食欲や性欲の低下
  • 集中力が続かず、思考能力も低下している
  • 頭痛や肩こりがひどい

上記のような症状が2週間以上続いている場合は、うつ病の初期症状である可能性も考えましょう

特に睡眠障害や発汗、動悸、頭痛など身体に起こる不調には注意してください。

うつ病は早期発見し、治療を行うことで完治することも可能な病気です。

上記のような不調が続いている方は、軽視せず早めに適切な対処をしましょう。

薬剤師がうつ病で転職すべきかどうかの判断基準とは?

薬剤師がうつ病で転職すべきかどうかの判断基準とは?

「今の職場で働き続けるべきか、転職すべきかわからない」

このようにお悩みの方も多いのではないでしょうか。

こちらでは、うつ病で転職すべきか悩んでいる薬剤師の方へ、判断する基準を紹介します。

転職したいけれど、あと一歩が踏み出せない方は以下の基準を参考に考えてみてください。

あと数十年働き続けられる?

今後数十年、今の職場で働き続けている自分の姿を想像してみてください

いかがでしょうか?

イメージできましたか?

あまり具体的なイメージができなかった場合は、転職した方がより充実したライフスタイルを過ごせるかもしれません

5年後、10年後の自分の姿や目標が明確であれば仕事にもやりがいを感じられます。

人生の大半を費やす仕事。

もし、我慢や辛い思いをしているのであれば、早めに行動してみましょう

あなたに最適な職場は他にもたくさんあります。

フォロー体制は充実している?

あなたの職場に頼れる上司や同僚はいますか?

多すぎる業務や、自分一人だけに大きな負担が掛かっていませんか?

仕事は一人で行うものではありません。

周りの人の助けがあるからこそ仕事は成り立っています。

業務分担や新人教育、問題があった時の周りのサポートなど、フォロー体制がしっかり整っている職場は必ずあります。

もし、フォロー体制があまりにも杜撰な職場は、ブラック企業かもしれません

今の職場でうつ病が再発しない?

うつ病で休暇をもらったり、休職して症状が落ち着いてきたあなた。

復職か転職を悩んでいるのではないでしょうか。

同じ職場に復帰して、うつ病が再発する可能性はありませんか?

もし、うつ病になった原因が職場環境にある場合、症状が治ったからといって復帰してもすぐ再発してしまう可能性が高いでしょう。

上司や同僚との関係があまりよくないのであれば、環境を変えることで解決することはよくあります。

あまり無理をせず、転職するのも選択肢のひとつです。

▶︎面接まで同行してくれる転職サービス!【ファルマスタッフ】に相談してみる

うつ病で薬剤師が転職したい時の対策5選

うつ病で薬剤師が転職

もし、現状うつ状態で悩んでいるのであれば、以下のことに気をつけてみると良いでしょう。

まずはゆっくり休むことを考えよう

もし、現状うつ病になっているか、もしくは自分でうつ傾向にあると感じているのであれば、まずはゆっくり休むようにしましょう。

うつ病と一言で言っても、人によってどれくらいの症状があるのかは異なっているでしょう。

また、状況によっては必ずしも仕事が原因ではなく、恋人との別れや家族との死別などが原因でうつ病を発症しているケースもあります。

しかし、どのような状態であるにしても、うつ傾向にあるのであればまずはゆっくり休むことを考えましょう。

体を休めることで、体調が回復することもあります。

一度仕事のことは忘れて、ゆっくりと休暇を取りましょう

辛いなら心療内科へ行こう

今現在、苦しくて苦しくて仕方のない人も多いのではないでしょうか。

もし、気持ちがどうしようもなくきついと感じているのであればまずは心療内科を受診することが大切です。

うつ病は気持ち次第で解決する問題ではなく、心の病なのです。

頑張れば努力で治すことができると考えてしまう人は多いですが、そうやって我慢ばかりしていると症状は悪化してしまいます。

そのため、できるだけ悪化していない状態の時に早めに病院を受信することをおすすめします。

ただし、やはり心療内科やクリニックなどに行くのはためらってしまうという方も多いのではないでしょうか。

どうしても病院には行きたくないという人は、以下の対策を行ってみてください

信頼できる人に相談しよう

身の回りの信頼できる人に相談するのも、メンタルを回復させるために有効です。

人に自分の気持ちを”話す”ことは、苦しみや悩みを”放す”ことでもあります。

自分一人でなんでも抱え込んでいないでしょうか。

人間、自分だけで解決できることには限界があるものです。

誰かに悩みを吐き出せば、不思議と心も軽くなります。

一番良いのは病院を受診して先生に話を聞いてもらうことですが、どうしても抵抗がある場合には家族や友人、上司など、信頼のできる人に話を聞いてもらうと良いでしょう。

なお、仕事のことで悩んでおり、身近にそうした人がいないのであれば、以下でも解説する転職支援サービスのアドバイザーに話を聞いてもらうのも選択肢と言えます。

現状を打破☆チャンスを掴め!
▶︎薬剤師転職ならエムスリーキャリアに相談してみる

適切な働き方を検討しよう

もし、仕事が辛くてうつ傾向にある場合には、働き方を見直すことも大切です。

フルタイムで働き、自分の時間を持つことができない方も多いのではないでしょうか。

薬剤師は必ずしもフルタイムで働くことが最善ではありません。

場合によっては派遣やパート、薬局などで時間をセーブして働くという選択を取ることも可能です。

もし、ライフワークバランスが乱れていると感じるのであれば、そうした働き方も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

転職先を探しておこう

現在、お仕事でお悩みであれば事前に転職先を探しておくことをおすすめします。

今すぐに転職せずとも、転職先を見つけておくことにはさまざまなメリットがあります。

  • 今の環境以外にも働ける場所があることが分かれば、気持ちが楽になる
  • 自分自身の適切な市場価値を分析できる
  • 視野を広げることで気分が軽くなる

など、転職先を探すことで自分の可能性を広げることになるでしょう。

また、薬剤師は希少人材であり、転職における市場価値も非常に高いです。

今の職場にこだわらなくとも、働ける環境は無数に存在しています。

以下で解説するような転職サービスを利用し、今の職場以外にも働ける場所を探してみてはいかがでしょうか。

▶︎面接まで同行してくれる転職サービス!【ファルマスタッフ】に相談してみる

うつ病で転職を検討している薬剤師の方におすすめのサービス

うつ病で転職を検討している薬剤師の方におすすめのサービス

現在、うつ病で転職を検討している薬剤師の方におすすめのサービスをご紹介していきます。

以下では3つほどご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ファルマスタッフ

  • 正社員だけでなく、パートや派遣社員まで多数の求人を保有
  • 面接にもスタッフが同行
  • 派遣社員の福利厚生も充実している

うつ病を発症してしまった人は、まずは働き方を見直したいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

その点、ファルマスタッフはパートや派遣社員の求人も幅広く取り扱っており、様々な求人から自分に最適なものを選ぶことができます

また、面談にもスタッフが同行してくれるため、聞きづらいことも一緒に聞いてもらえるのが心強いポイントです。

まずは派遣社員やパートから始めたいという方は、こちらのサービスを利用すると良いでしょう。

▶︎面接まで同行してくれる転職サービス!【ファルマスタッフ】に相談してみる

薬キャリ

  • スピーディに転職することができる
  • 求人数が多い
  • 電話のみで転職可能

薬キャリは、スピード感を持って転職活動を進めたい方におすすめのサービスです。

ケースによっては、最短即日で求人を紹介してもらえるので、時間を掛けずに転職を実現させることができます。

また、毎回面談を行うことが面倒に感じていたり、面談そのものが苦手な方もいらっしゃるでしょう。

そうした方でも、薬キャリなら電話のみで転職先を紹介してもらえるため、わざわざ面談のために足を運ぶ必要がありません。

手軽に求人紹介を行ってもらいたい方におすすめのサービスです。

マイナビ薬剤師

  • 面談を重視した徹底サポート
  • 企業の内部事情に詳しく、転職の失敗が少ない
  • 業界大手の安心感

マイナビ薬剤師は、業界大手のマイナビが運営する転職サービスです。

薬剤師業界に精通したコンサルタントが在籍しており、企業の内部事情なども事前に教えてもらえることがあります。

転職する際に不安なのが、転職先でも同じような失敗を繰り返してしまうことでしょう。

その点、内部事情に詳しいスタッフから色々な情報を聞いておけば、転職失敗のリスクを下げることができます。

また、マイナビ薬剤師は面談を通じたサポートに重きを置いているのも特徴です。

面談を通じて丁寧なヒアリングを行うため、徹底したサポートを受けながら転職を進めることができます。

▶︎マイナビ薬剤師に無料登録してみる

うつ病で転職するか迷ったら?

うつ病で転職するか迷ったら?

今の仕事をするのが辛いと感じているものの、転職すべきかどうか悩んでいるという人も少なくないでしょう。

ここでは、うつ病で転職するか迷っている方に向けて注意点などを解説します。

環境を変えることで症状が改善することもある

環境を変化させることによって、うつ病の症状が緩和するケースもあります。

残念ですが職場の人間関係や労働状況がうつ病を引き起こしているケースも多いです。

実際にうつ病を発症して働けなくなり、退職となる方もいらっしゃいますが、できればそうなってしまう前に転職した方がベストと言えるでしょう。

もし、迷っているのであれば自分が楽になる選択をしてください。

職場が魅力的だと思うなら復職もあり

仕事が原因ではなく、プライベートなことが理由でうつ病を発症しているケースや、職場自体には魅力を感じている方もいらっしゃるかもしれません。

もし、そうした場合には復職するのも選択肢と言えます。

なお、何が原因でうつ傾向に陥っているか分からない方は早めに病院を受診することをおすすめします。

仕事が辛くて症状が出ているなら転職しよう

職場が原因でうつ病の症状が出ているのであれば、早めに転職を検討しましょう。

職場の人間関係や労働環境が原因でうつ病を発症してしまったのであれば、どれだけ休職したとしても効果がありません。

復職までに、

「またあの職場に戻らなければならない」

という思いが先行してしまい、気持ちも楽になることがないでしょう。

今の仕事が辛いのであれば、他の環境を探した方が良いのです。

上述したように、薬剤師の資格を保有していればそれだけで求人は無数にあります。

また、働き方もパートや派遣など、状況に応じて選べば良いのです。

まずは求人などを探してみて、自分に合った環境を探してみてはいかがでしょうか。

▶︎面接まで同行してくれる転職サービス!【ファルマスタッフ】に相談してみる

うつ病を繰り返さない職場を選ぶには?

うつ病を繰り返さない職場を選ぶには?

これから転職先を選ぶにも、なるべく働きやすい環境を選ぶことが大切です。

ここでは、うつ病を繰り返さない職場を選ぶための方法について解説していきます。

パートの求人に応募する

フルタイムで働き、体調を崩してしまった人はパートとして働く選択肢もあります。

薬剤師資格を保有していれば、求人数も多く、多様な働き方を実現させることが可能です。

当然、人によって置かれている環境や性格などが異なるため、一概にパート勤務ができる人ばかりではないかもしれません。

しかし、人間関係上の悩みを抱えているのであれば、勤務時間も少なく、拘束される時間も少ないパートの働き方は選択肢の一つと言えるでしょう。

また、パートとしてしばらく働き、職場の雰囲気を見極めてから正社員として働き始めるということでも良いです。

復職のきっかけとしてパート薬剤師として働いてみるということも、可能性として考えてみてはいかがでしょうか。

職場の空気を見極める

職場の人間関係や労働環境に不安がある場合、事前に雰囲気を見極めてから応募してみるということも大切です。

薬局に就職したい場合、前もってその薬局を利用するなどして視察しておくのも選択肢の一つでしょう。

今ではネットからの情報でリサーチを行うことも可能になりました。

店舗の口コミや求人評価などを細かくチェックし、事前に空気感を掴んでおくことをお勧めします。

もし、自分一人で職場の雰囲気や働きやすい職場を見極めるのが難しければ、転職支援を行ってくれるサービスを利用してみましょう。

退職者や企業の空気感など、担当者に質問しながら転職活動を進めることで、転職を失敗するリスクを減らすことが可能です。

▶︎マイナビ薬剤師の求人を見てみる

薬剤師がうつ病になってしまう理由とは?

薬剤師がうつ病になってしまう理由とは?

多忙な薬剤師の仕事はストレスが溜まりやすいです。

ある程度のストレスは必要ですが、それ以上に感じてしまうとうつ病になる可能性は高くなります。

ストレスを感じる原因は人それぞれですが、中でも多いストレスの原因を4つ紹介します。

人間関係で悩む

調剤薬局や病院などの調剤室に勤めている薬剤師の方は、毎日狭い空間で上司や同僚と顔を合わせることが多いでしょう。

もし、気の合わない人がいると、職場に行くだけでもストレスを感じる原因となります。

また、自分自身は人間関係で問題がなくても、周りの人のトラブルに巻き込まれることがあると辛いですよね・・・。

閉鎖的な空間で関わる人が少ないと、環境によってはストレスが溜まりやすく、うつ病になる一つの原因となります。

収入面での不満

薬剤師の仕事は、人の命に関わる責任重大な業務です。

専門的な知識やスキルが必要ですし、少しのミスも許されません。

ただでさえ緊張感やストレスを感じることが多いのに、それに見合った給料がもらえず収入に不満を持っている方も多いでしょう。

業務内容と収入があまりにも見合っていない場合は、仕事に対する意欲にも関わってきます。

不満を溜め込みすぎると、何事にも意欲が湧かなくなってしまうことも・・・。

業務が忙しすぎる

人手不足が続いている薬剤師業界では、職場に自分一人だけしか薬剤師がいないなど、業務の負担が大きいところも多いです。

多すぎる業務量や自分しかいないという不安は、身体的にも精神的にも追い込まれます。

日々の疲れからプライベートでストレスを発散する元気もなく、業務の忙しさに不満を抱える薬剤師の方は多いです。

休みがない

薬剤師の人手不足は年々増加しています。

病院や調剤薬局での薬剤師の人手不足はもちろんですが、近年店舗が増加しているドラッグストアでも人手が足りていません。

営業時間の長いドラッグストアでは長時間労働になったり、人手が足りない時間のヘルプに入ったりで、なかなか休みが取れないことも。

仕事とプライベートのバランスが上手く取れず、ストレスを感じる薬剤師の方が多いでしょう。

うつで転職失敗しないために薬剤師が行うべきことは?

「うつで転職失敗しそうで不安」

「転職失敗しないためにはどうしたら良い?」

このようにお悩みの方も多いでしょう。

ここでは、うつで薬剤師が転職失敗しないための方法をご紹介します。

再就職を焦らない

まず、再就職を焦りすぎないようにしましょう。

焦って就職先を選んでしまえば、また合わない職場に就職してしまいかねません。

結局うつ病が再発してしまい、また退職することになる可能性もあるでしょう。

まずは症状が落ち着くまでは治療に専念し、医師と相談してから転職活動をスタートさせましょう。

自分に合った就職先を選ぶ

転職先は自分に合った就職先を選びましょう。

なるべく働きやすく、労働時間も長すぎない環境を選ぶと良いでしょう。

パート社員などであれば、労働時間も長くないので、ゆったりと働くことができます。

事前に転職先のリサーチを徹底することが大切です。

コンサルタントとよく相談する

再就職で転職失敗しないためにも、薬剤師に特化したコンサルタントによく相談しておくことが大切です。

自分一人で決めてしまうのではなく、プロからの冷静な意見をもらうことで転職失敗するリスクを下げることができます。

ファルマスタッフなどのサービスはパート社員の求人も多いので、そうしたサービスを利用してみると良いでしょう。

▶︎面接まで同行してくれる転職サービス!【ファルマスタッフ】に相談してみる

まとめ

今回の記事では、うつ病で薬剤師が転職したい時の対策について解説しました。

  • まずはゆっくり休むことが大切
  • 病院を受診する
  • 信頼できる人に相談しよう
  • 転職サービスを利用しよう

薬剤師は資格保有者として強みがあり、転職先も無数に存在しています。

今の働き方が自分に合っていないと思う場合には、早めに転職して働きやすい環境に身を移すことをおすすめします。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました