ココカラファインを辞めたい薬剤師|対処法6選を徹底解説!

ココカラファインを辞めたい薬剤師 薬剤師

ココカラファインを辞めたい・・・

薬剤師だけど、辞めたい時はどうしたらいい?

このようなお悩みを抱えていないでしょうか。

今回の記事では、ココカラファインを辞めたいとお考えの薬剤師の方に向け、具体的な対策についてご紹介していきます。

お悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ココカラファインを辞めたい薬剤師が行うべき対処法6選

ココカラファインを辞めたい薬剤師が行うべき対処法6選

仕事が辛いと感じている場合、何かしらの対策を行わなければ状況は悪化する一方です。

現在、ココカラファインを辞めたいとお考えの薬剤師の方は以下のような対策を行ってみましょう。

まずはゆっくりと休む

最近、ずっと仕事が続いているのではないでしょうか。

残業や休日出勤など、四六時中働いていると心身ともにストレスが溜まってしまいます

そのような人は、まずゆっくりと休むことが大切です。

せめて週に1日は仕事から完全に離れる日を作ってみましょう。

何もせずにぼーっとする時間を作れば、頭の中を整理することができます。

ただ、人間関係に過度なストレスを感じている場合、HSPかもしれません

  • 人からどう思われているのか常に気にしている
  • 周囲や環境の変化に敏感
  • ストレスを感じやすい

などの特徴がある方は、HSPの可能性もあります。

以下の記事を参考にしてみてください

趣味に没頭してみる

趣味に没頭してみるのも、ストレスを和らげる方法として挙げられます

上記のように休日を作ったとしても、

結局仕事のことを考えてしまって休めない・・・!

という方も多いのではないでしょうか。

そんな時は趣味に打ち込むことで、無理矢理仕事から離れてしまいましょう

例えば、スポーツをして汗を流したり、ゲームなどに没頭するなどです。

熱中できるものを見つけられれば、意識を仕事から引き離すことができます。

もし、これといった趣味がないのであれば、まずは何かを見つけることから始めてみるのがおすすめです。

悩みを書き出してみる

今悩んでいることを、紙に書き出してみる方法もあります。

あなたが悩んでいるのはどのようなことでしょうか。

  • 〇〇さんとうまくいかない
  • 仕事内容が自分に合っていない
  • 業務が忙しくて辛い
  • もっとキャリアアップしたい

など、様々なことで悩んでいると思います。

こうした悩みについて、まずは紙に書き出してみましょう。

悩みを箇条書きにして書き出してみれば、自分の気持ちを視覚化することができ、心が落ち着きます

できるだけ細かく、悩み事を書き出してみると良いでしょう。

信頼できる人に相談する

悩みを一人で抱え込んでいませんか。

悶々と一人で悩み続けるより、信頼できる誰かに相談してみることをおすすめします。

自分だけで悩んでいても、悩みは解決しません。

先輩や上司など、経験豊富な人に相談してみれば、思いもよらないアドバイスをもらえることもあります。

また、友人や家族など、仕事上とは関係のない人に相談してみるのも良いでしょう。

普段の職場を知らない人だからこそ、客観的な視点から意見をもらうことができます。

なお、身近にそうした人がいないのであれば、以下でもご紹介する薬剤師の転職サービスを利用してください。

働き方を変えてみる

薬剤師の働き方は、人によって様々です。

正社員としてフルタイムで働いているのであれば、働き方を見直すことで悩みが解決されることもあるでしょう。

長時間働くのが辛いのであれば、パート社員として働いてみる方法もあります

労働時間を限定することにより、人間関係上の悩みや労働時間による疲労の悩みを改善することにつながります。

また、派遣社員として働くのも選択肢です。

正社員より派遣社員の方が時給の高いことも多く、サービス残業が発生してしまうリスクもありません。

このように、正社員として働く以外の方法も検討してみましょう

薬剤師に特化したコンサルタントに相談する

現状、お仕事に少しでも不満があるのであれば、薬剤師に特化したコンサルタントに相談するのがおすすめです。

現代では薬剤師に特化したサービスが充実しており、無料で相談することができます

  • 今の職場を辞めるべきかどうか分からない・・・
  • 自分に一番最適な職場ってなんだろう?
  • そもそも、転職するには何から始めれば良い?

といった悩みを解決することにもつながります。

必ずしも転職しない場合でも、相談するだけで心が軽くなるはずです。

まずはこうしたサービスをうまく活用し、悩みを解決するのがおすすめと言えます。

▶︎面接までスタッフが同行してくれる【ファルマスタッフ】に相談してみる

ココカラファインを辞めたい薬剤師におすすめの転職サイト

ココカラファインを辞めたい薬剤師におすすめの転職サイト

ココカラファインを辞めたい薬剤師の方におすすめの転職サイトについてご紹介していきます。

上記でもご紹介したように、悩みを相談してみるだけでもかなり状況が変わると思いますので、まずはお気軽に利用してみましょう。

ただし、転職サイト利用時にはデメリットもあるため、利用前に以下の記事などを参考にしてください。

マイナビ薬剤師

  • 企業の内部事情まで把握したコンサルタントが在籍
  • 面談を重視した徹底的なサポート
  • 転職業界大手の安心感

マイナビ薬剤師は、転職業界大手のマイナビが運営する転職サービスです。

面談を重視したサポートが受けられ、より丁寧なサポートを受けたいという方におすすめ。

企業の内部事情にも詳しいコンサルタントが在籍しており、事前に様々な情報を聞いておくことで転職してから現場と合わないリスクを下げることができます。

▶︎マイナビ薬剤師に無料相談してみる

薬キャリ

  • 薬剤師の登録者数No.1
  • スピーディな転職を実現できる
  • 電話のみで転職を実現できる

薬キャリは薬剤師の登録者数が業界トップの転職サイトです。

調剤薬局への転職に強く、スピーディな転職を実現することができます。

最短では即日で求人を紹介してもらえるため、なるべく早く転職したいという方は利用してみるのがおすすめです。

また、対面での面談形式ではなく、電話のみで転職先を紹介してもらえるので、

「わざわざ面談のために足を運ぶのが面倒」

という方も利用してみると良いでしょう。

▶︎薬キャリに無料相談してみる

退職すべきかどうかの判断基準とは?

退職すべきかどうかの判断基準とは?

薬剤師の方が仕事を辞めたいと思っていたとしても、実際に退職を決意するというのは難しいことです。

仕事を辞めたいと感じている薬剤師の方が、本当に退職した方がよいのか、その判断基準について見ていきましょう。

やりがいの有無について

はじめに、やりがいを感じながら現在の職場で薬剤師として働いているか確認してみましょう。

さて、あなたは現在の仕事についてやりがいを感じているでしょうか。

あまりやりがいを感じることができていないという場合は、退職も選択肢の一つということになります。

  • 周りの人に喜ばれると嬉しい
  • 薬剤師の仕事は大変だが、充実している
  • 仕事により自分は成長していると感じる

など、何らかのやりがいを感じていなければ、人間というものは仕事を続けていくことが困難なのです。

もしも現在仕事に対してやりがいを感じることができないのであれば、これから先の仕事も苦痛を感じながら続けていくことになるでしょう。

これからのキャリア目標を達成できそうか

あなたのキャリアは、これから先も続いていくものです。

これからのキャリアについて、何らかの目標をもっている薬剤師の方もいることでしょう。

例を挙げれば、

  • 将来的に独立して自分の店をもちたい
  • 薬剤師として出世したい
  • 早期退職して自由気ままに暮らしたい

など、人によっていろいろな目標があると思います。

しかし、掲げている目標が現在の仕事の延長線上にあるものでなければ、その目標を達成することはできません。

仮に特別なスキルや人脈のないような人が独立したいと思っても、それを実現することは難しいでしょう。

これから先どうしていけばいいのか、自分のキャリアと照らし合わせて考えてみることをおすすめします。

家族は反対していないか

この記事を読んでいる方の中には、家計を共にしている配偶者や子どものいる方もいることでしょう。

そのような人にとって、退職することは自分だけではなく家族全体の問題となります。

独身なのであれば大丈夫ですが、家族がいるのであればしっかりと相談してから決断した方がよいでしょう。

何も相談せずに突然仕事を辞めてしまうと、後になって家族内で問題になる場合も多いです。

追い込まれた精神状態になっていないか

退職した方がよいか判断する場合には「精神的ストレスがどの程度か」を基準として考えるとよいでしょう。

今、つらい職場環境にいて追い込まれている方もいるかもしれません。

つぎのような状態にあなたがあてはまるのであれば、すぐにでも退職するべきと言えます。

  • 理由もなく突然涙が出てくる
  • 時々死にたいと感じる
  • 気持ちが安定していない
  • 会社に行こうと思うと吐きそうになる

このような症状がある場合、あなたはうつ病や適応障害になっているかもしれません。

すぐに仕事をやめるべきですし、勇気がない場合は退職代行を利用してもよいでしょう。

数十年後も続けられそうか

この記事を見ている薬剤師のみなさんの多くは、まだ数十年働く予定なのではないかと思います。

達成感もなく、苦痛しか感じない仕事を長い期間続けていくのは難しいことです。

想像をしてみて、長い期間今の職場で仕事を続けていくのが難しい場合は、退職を視野に入れた方がよいでしょう。

転職するのが難しい人とは?

退職を決断した場合、なかには転職先を見つけるのが難しいという人もいます。

ここでは、どのような薬剤師の人にとって転職するのが難しいのか見ていきましょう。

企業について調べていない

企業のリサーチが足りずに、転職に失敗してしまう薬剤師の人もたくさんいます。

例えば、以下のような人は失敗するでしょう。

  • どのような人材を企業が求めているかわかっていない
  • 面接について対策していない
  • 自分の長所を企業に伝えるのが苦手

“応募する薬剤師の人の適性”と”企業が求めている人材”が合っておらず転職に失敗するというのがよくあるパターンです。

技術職向きの人が営業職などに応募しても採用されないように、薬剤師でも同じことが言えます。

事前の企業調査を行うことが、こうしたミスマッチを回避する最良の手段です。

企業のリサーチを徹底することが転職活動を始めるにあたって重要ですので、まずは転職エージェントに登録しましょう。

自分自身について理解が足りない

先ほど述べたように、転職が失敗する理由として企業とのミスマッチが挙げられます。

あなたがどのような人なのか理解しておくことが、ミスマッチのリスクを下げるために不可欠です。

あなたに向いているであろう職種や適性

についてはよく分析しておきましょう。

自己分析が苦手な場合は、薬剤師専門の転職サービスなどに登録することがおすすめです。

転職を頻繁に繰り返している

企業側が敬遠してしまう人の特徴として、これまでの転職回数があまりにも多いということを挙げることができます。

仮に、転職数が4、5回もある場合、

「辞めることが癖になっているのかもしれない・・・」

「せっかく採用しても、長続きせずにまた転職してしまうのではないだろうか・・・」

などと与える印象は最悪です。

これまで転職を繰り返した理由がスキルアップやキャリアアップを目的とした、ポジティブなものであれば問題ありません。

しかし、転職を繰り返した理由がネガティブなものであったのであれば、事情を伝えられるように面接対策をしっかり行う必要があるでしょう。

転職を成功させるためのポイント

仕事を辞めたい薬剤師の方が転職を成功させるためには、いくつかコツがあります。

特に、以下のポイントを押さえておくと有利になるでしょう。

今後の方針を明らかにする

今後の方針について、退職してしまう前に明らかにしておきましょう。

退職のときに無計画では、これからどうすればよいのか分からず困ってしまいます。

特にあらかじめ決めておく必要があることは、以下のとおりです。

  • 転職する予定の業種
  • 3年後についてのプラン
  • 失敗を繰り返さないために次の転職先でどうすればよいか

第一に、少し先の将来について、よく考えておきましょう。

5年、10年先のことまで考えるのは簡単ではありませんが、3年後程度であれば具体的に考えることも可能です。

  • 仕事とプライベートを充実させたい
  • 専門性を高めたい
  • 給与面で改善させたい

など、まずはざっくりとした目標で問題ありません。

つぎに具体的な目標を設定し、それを実現させるためにはどのような業種が適しているのか考えましょう。

それから、失敗を繰り返さないためにどうすればよいのか考えることも大切です。

“何を間違えてしまったのか”ということを明らかにしてから転職活動を進めることをおすすめします。

自分の適性を把握する

先ほどお伝えしたとおり、あなた自身の適性について把握しておくのはとても大切です。

自分の適正を知らなかったことが、これまでの仕事を失敗してしまった原因とも言えるでしょう。

自分にできることは何か、そして自分にできないことは何かを十分に理解することによって、新しい職場で同じ失敗を繰り返さずに済みます。

自己分析が苦手なのであれば、先ほどおすすめしたとおり転職サービスなどを利用するのがよいでしょう。

一人で悩まない

転職について、一人で悩んでいるのではないでしょうか。

日々の仕事で忙しく精神的に余裕がないような状況だと、冷静な判断をできるはずもありません。

誰でもよいので、

  • 友人
  • 同僚
  • 上司

といった信頼できる人に相談することをおすすめします。

良いアイデアというものは、自分一人の頭で考えていても浮かんでこないものです。

考えを整理するためにも、誰かに悩みを話すとよいでしょう。

ストレスを感じやすい薬剤師の方へ

ストレスを感じやすい薬剤師の方へ

中には、一般的な人よりストレスを感じやすい人もいらっしゃるかもしれません。

  • 少しのことで悩んでしまう
  • 注意されたら数日落ち込む
  • 人からどう思われているのか常に気になる
  • 物音や周囲の変化に敏感
  • 職場環境にいつまで経っても慣れない

など、人よりも繊細な部分があると感じる場合は、HSPかもしれません。

もし、上記の特徴に当てはまるのであれば、HSPの薬剤師の方向けに以下の記事を制作していますので、ぜひ参考にしてください。

ココカラファインを辞めたい薬剤師の理由とは?

ココカラファインを辞めたい薬剤師の理由とは?

ココカラファインを辞めたいと感じる理由にはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

ここでは、その具体的な理由について詳しく解説していきます。

人間関係がきつい

これはどのような職場でも同じだと思いますが、やはり人間関係に悩んでしまう方も多いです。

  • 職場の上司と性格が合わない
  • 同僚とうまくコミュニケーションが取れない
  • 接客がきつい

など、それぞれ様々なことをお悩みでしょう。

どのような職場でも人間関係で悩んでしまうのは仕方のないことかもしれません。

ただ、夜も眠れないほどストレスを抱えているなら、転職も視野に入れるようにしましょう。

収入に不満がある

ココカラファインの薬剤師は年俸制になっているようですが、一部口コミでは基本給が低いという不満が見られました。

ボーナスなどは上長評価により変動するようで、評価が低いとその分収入も減ってしまうようです。

また、直属の上司とうまくいっていないと評価が落ちてしまうという口コミもあり、上司の気分次第で収入がアップダウンしてしまうことに不満を感じている人もいらっしゃいます。

業務が忙しい

薬剤師の業務はどうしても残業が発生してしまうことが多いです。

ココカラファインの薬剤師も例外ではなく、店舗によっては遅くまで残業する必要があるケースも。

残業が続いていると、どうしても辞めたいと思ってしまうのは仕方のないことかもしれませんね・・・。

まとめ

今回の記事では、ココカラファインの薬剤師を辞めたいと感じている方に向け、具体的な対策をご紹介しました。

  • まずはゆっくりと休む
  • 趣味に没頭してみる
  • 悩み事を書き出してみる
  • 周囲の人に相談してみる
  • 薬剤師の転職サービスを利用する

などの対策を行い、悩みを和らげると良いでしょう。

自分一人で解決するのが難しい場合は、まず薬剤師に特化したコンサルタントに相談するのがおすすめです。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました