アイン薬局を辞めたい薬剤師の方へ。みんなの悩みと解決策を解説

アイン薬局を辞めたい薬剤師 薬剤師


「アイン薬局を辞めたい・・・」

「薬剤師の転職ってどうしたら良いの?」

このようにお悩みではないでしょうか。

今回の記事では、アイン薬局を辞めたいと感じている薬剤師の方に向け、具体的な対策をご紹介していきます。

ぜひ参考にしてください。

アイン薬局を辞めたい薬剤師の理由とは?

アイン薬局を辞めたいと感じている薬剤師の方は、どのようなことで悩んでいるのでしょうか。

ここでは、実際に退職を検討している方の理由について口コミを元に解説していきます。

給料が安い

本当にやることが多い。業務量と給与が割に合わないと考える人もいたと思う。過誤対策のためにかなりお金をかけてくれるものの、それのためか給与として反映されないように感じる。

Openworkより

仕事量に対して給料が見合っていない。エリア社員以上でなければやっていけないように思う。

Openworkより

アイン薬局を辞めたいと感じている薬剤師の方で、特に多かったのが給料面に対する不満でした。

店舗にもよるようですが、仕事の忙しさに対して給料が見合っていないと感じている方も多く、不満を感じている方もいます。

仕事が忙しい

激務で体調を崩してしまい、これ以上働き続けるのはきついと感じた。

Openworkより

店舗によって業務量や勤務時間に差が出る。通勤時間も90分までとされているが、人がいない店舗だと90分以上かかるところへ応援へ行かされることもある。また、土日が休みでも土日休みでも営業している店舗があると、応援に行くことがある。

Openworkより

とにかく体力勝負だったので、限界を感じて退職しました。また、業務量の多さに不満を感じている方も多かったです。

Openworkより

配属される店舗によっては特に忙しいケースもあるようで、体力的にも負担が重いと感じている方が多いようでした。

また、土日休みである場合であっても、他店舗へ応援に行き、出勤するケースがあるようです。

地方応援に行く必要がある

長期応援という名目で、地方に1ヶ月単位で応援に行くことがあった。自宅通勤社員だったとしても、応援に行かなくてはならないのが辛い。

Openworkより

元々想定していたよりも長期で応援に行くことになった。

Openworkより

地方に応援に行かなければならないこともあるようです。

確かに、遠くまで出張して、そこで1ヶ月以上過ごすとなればなかなかにきついですよね・・・。

テストや研修が多い

テストや研修、課題が多い。そのために薬剤師としての業務に支障が出てしまうと感じたため、退職を検討している。

Openworkより

これは人によって不満を感じないポイントかもしれませんが、テストや研修が多いと感じている方もいらっしゃいました。

この点はキャリアアップもできる内容かと思うので、感じ方は人によって異なりそう。

特に不満はない

元々契約社員として入社したので、特に思うところはありません。

Openworkより

家族が転勤するので、それにともなって辞めます。

Openworkより

この他にも、必ずしもアイン薬局に不満があるから退職するというわけではなく、契約社員として入社し、満了につき退職する人。

また、家族の転勤にともなって退職する人も見られました。

アイン薬局を辞めたい薬剤師の理由総括

実際に働いている方からの口コミを調査した結果、アイン薬局辞めたいと感じている薬剤師の方で特に多かったものが以下の通りです。

  • 給料面に不満を感じている
  • 仕事が忙しすぎる
  • 応援に行くのがきつい

特に給料面に対して不満を感じている方の理由が目立ちました。

また、これはどの薬局でも似たような理由ですが、業務量の忙しさもかなり不満を持っている方が多かったように思います。

アイン薬局を辞めたい薬剤師が行うべきこと

現在、アイン薬局を辞めたいと思っている薬剤師の方は、以下のことを行ってみましょう。

ゆっくりと休む

まず、ゆっくりと体を休めることが大切です。

最近、仕事ばかりになっていないでしょうか。

毎日残業が続いていたり、土日も休まずに出勤していたりすると心身ともに疲れ果ててしまいます。

心と体が疲弊している状態では、冷静な判断をすることができません。

まずはゆっくりと休み、体調を整えましょう。

1日何もしない日を作ることで、仕事から離れることができます。

場合によっては休職制度などを利用することも選択肢といえます。

肉体的、精神的な疲労が回復したら、今後どうするかについてじっくりと考えていくのが大切です。

嫌な理由を書き出してみる

あなたが今悩んでいる理由は何でしょうか。

もし、自分でも悩みの理由がよくわかっていないのであれば、紙に気持ちを書き出してみましょう。

悩み事を紙に書き出して視覚化することができれば、自分の気持ちを整理することができます。

悩みや不満が目に見える形になると、不思議なことに心も落ち着いてくるものです。

まずは近くにある紙とペンを手に取り、箇条書きで悩みを書き出してみてください。

そして、書き出した悩みをどうすれば解決できるのかについて真剣に考えてみましょう。

上司に相談する

自分一人で抱えている悩みが解決できなさそうであれば、上司に相談してみましょう。

例えば、

  • 〇〇さんとの関係がうまくいかない
  • 仕事量が多すぎてしんどい
  • 仕事のやり方がよくわからない

など、自分の努力ではどうしようもない問題であれば、上司に相談してアドバイスをもらったり、店舗異動などをしてもらう方が良いケースもあります。

もし、一人で悩んでいるのであれば、まずは身近な上司に相談してみると良いでしょう。

ただ、悩みそのものが上司が原因である場合には、働き方を変えたり、薬剤師専門のコンサルタントに相談するのがおすすめです。

働き方を変えてみる

薬剤師としての働き方は、フルタイムだけではありません。

正社員以外にも、パートや派遣薬剤師として働く方法もあります。

もし、現状の働き方に不満があるのであれば、他の求人をチェックして働き方を変えてみるのも選択肢でしょう。

パートとしてであれば、時間を限定して働くこともできますし、人間関係の悩みもフルタイムと比較して少なくなるはずです。

また、派遣社員であれば、残業時間も厳しく管理されているので、サービス残業が発生するリスクを下げることができます。

このように、今の働き方以外の求人もチェックしてみて、今後どうすべきか視野を広げてみるのも良いでしょう。

薬剤師専門のコンサルタントに相談してみる

今現在、少しでも仕事に不満を感じているのであれば、薬剤師専門のコンサルタントに相談するのがおすすめです。

現代では薬剤師に特化したサービスが多数登場しており、全て無料で利用することができます。

必ずしも転職しない場合でも、求人情報を見るだけでも参考にすることができます。

また、コンサルタントに悩みを打ち明ければ、気持ちも整理することができるでしょう。

まずはお気軽に相談してみるのがおすすめです。

▶︎マイナビ薬剤師のコンサルタントに無料相談してみる

アイン薬局を辞めたい薬剤師の方が事前に押さえるべきこと

ここでは、アイン薬局を辞めたいと感じている薬剤師の方に向け、事前に押さえるべきことを解説します。

求人のリサーチを徹底する

まず、求人のリサーチをしっかりと行っておきましょう。

転職するにしても、転職先をあまり考えずに選んでしまうと、また同じ失敗を繰り返してしまう恐れがあります。

今回、アイン薬局でうまくいかなかったことや不満に感じていることを洗い出し、次回の職場はどのような条件を希望するのか明確にしておきましょう。

こうしたことをはっきりさせておくと、求人探しもスムーズです。

今後の計画を練っておく

ある程度、今後の計画については考えておくようにしましょう。

特に、どんなキャリアを歩んで行きたいのか、どんな働き方を実現させたいのかについては明確にしておくのがおすすめです。

  • ガッツリ稼ぎたいものの、残業はしたくない→派遣社員
  • 収入はそこそこで良いのでゆったり働きたい→パート社員
  • 研究職に就職してスキルを上げたい→企業職

というふうに、キャリアの方針が定まっていれば、求人探しにも迷いがなくなります。

大まかで良いので、こうしたことについて考えておくと良いでしょう。

一人で悩みを抱え込まない

悩み事は一人で抱え込まないようにしましょう。

どのような悩みであっても、一人だけで解決するのは難しいです。

転職について分からないことがあれば、転職サービスを利用してください。

薬キャリやマイナビ薬剤師などを活用すれば、無料で様々なことを教えてもらえます。

こうしたサービスをうまく活用し、コンサルタントに相談しながら今後について決めていくのがおすすめです。

▶︎マイナビ薬剤師のコンサルタントに無料相談してみる

ストレスを感じやすい薬剤師の方へ

中には、普段の業務においてストレスを感じやすい方もいらっしゃるかもしれません。

  • 対人関係で悩みを感じやすい
  • 些細なことで注意されると、数日間は落ち込んでしまう
  • 環境の変化に対応できない
  • 人からどう思われているか常に気になる

などの特徴に当てはまっている場合、もしかするとHSPかもしれません。

HSPの方は現場の些細なストレスにも反応してしまい、働き方も工夫する必要があります。

もし、上記のことに心当たりがある場合には、以下の記事を参考にしてみてください。

まとめ

今回の記事では、アイン薬局を辞めたいと感じている薬剤師の方に向け、具体的な対策をご紹介しました。

辞めたい理由は人によって異なるかもしれませんが、何かしらの対策を行わなければ状況はよくなりません。

まずは薬剤師に特化したコンサルタントに相談してみましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました