ウエルシア辞めたい薬剤師はどうするべき?解決策を解説!

ウエルシアを辞めたい薬剤師 薬剤師

近年知名度を増しているウエルシア薬局。

業績は好調であり、ウエルシアに就職する薬剤師も増えています。

その反面、実際に就職してはみたものの、転職したい、辞めたいと感じる薬剤師の方もいます。

今回の記事では、ウエルシアを辞めたい薬剤師の方に向けて具体的な対策を解説していきます。

ウエルシアを辞めたい薬剤師の方が行うべきこと

ウエルシアを辞めたい薬剤師の方が行うべきこと

早速ですが、ウエルシアを辞めたいと考える方に向けて具体的な対策を解説します。

今現在、辞めたいとお考えの方は、以下の対策を行ってみてはいかがでしょうか。

ゆっくり休む

仕事に疲れ果てていると、どうしても

「もう辞めてしまいたい」

と思ってしまうものですよね。

しかし、一時の感情だけで行動してしまえば後から後悔しかねません

今現在辞めたいと考えているからと言って、すぐさま行動に移してしまうのは辞めましょう。

まずはゆっくりと休み、体調を整えることが大切です。

実際、1日や2日ほどぼーっと過ごしてみれば、

「まあ、明日から頑張るか・・・」

と、モチベーションが回復することもあります。

現状の待遇を確認

最初にお話しすると、ウエルシアの待遇は悪くありません。

この記事の後半でも解説しますが、ウエルシアの年収水準は一般的なドラッグストアと比較しても高いです。

大手のドラッグストアであり、高年収の水準と言えるでしょう。

こうしたことを踏まえると、収入的には安定しており、待遇も悪くないと言えます。

実際に求人を見てみないと分からないかと思いますが、“ウエルシアの待遇は比較的良い”ということを踏まえた上で今後の転職活動を進めて行くのが良いでしょう。

求人を探す

休んでもメンタル面が回復しないのであれば、今の職場に深刻な悩みを抱えているケースが多いでしょう。

そうした方は、求人探しを始めてみましょう。

今の仕事以外にも、働ける場所は無数にあります。

特に薬剤師であれば有資格者としての価値が非常に高く、人材不足の現在では転職に困ることはないでしょう

また、実際に転職しない場合でも、転職先を探しておくことで

  • 今の仕事以外にも働ける場所があることで、気持ちが落ち着く
  • 他の職場環境をリサーチすることができる
  • アドバイザーに相談すれば状況を整理できる

など、メリットが多いです。

特に以下でも解説する薬剤師専門の転職サービスなどを活用すれば、アドバイザーに相談することもできるので気持ちが落ち着くでしょう。

薬剤師が転職する時の手順とは?

薬剤師が転職する時の手順とは?

ここからは、薬剤師が転職する時の手順についてステップ別に解説していきます。

今後、転職を検討している薬剤師の方は、参考にしてください。

転職の目的をはっきりさせる

まず、実際に転職活動を開始する前に、そもそもの転職する目的についてはっきりとさせましょう。

  • どのような働き方を実現したいのか
  • 今の職場の何が合わなかったのか
  • 将来的にどんな生活をしたいか

など、長期的な目標(例えば、もっとゆったりと働きたい)などを最初に定めて、そこから目的を明確にしていくことが大切です。

こうした目的意識がないと、ただ何となく転職するということになってしまいます。

曖昧な状態で転職活動を行っても、面接でボロが出たり、転職しても同じような理由でまた退職することになるでしょう。

自分の適性を把握しておく

続いて、自分自身の適性を把握しておきましょう。

転職が失敗する時の原因として、“企業が求める人材と自分の適性のミスマッチ”が挙げられます。

例えば、現場経験が豊富で、向上心の高い人材を現場が求めているのに、求職者が「ゆったりと働きたい」と考えているとミスマッチが生まれます。

その状態で就職できたとしても、働き始めてから辛い思いをするだけです。

  • 対人関係が得意
  • 医療薬品や健康食品など、さまざまな商品を管理できる
  • クレーム対応などもできる

など、自分自身のスキルを棚卸しておきましょう。

こうしたことを明確にしておけば、求人探しや面接対応の際に役立ちます。

転職サポートサービスに登録する

目的や適性についてはっきりできれば、転職サポートサービスに登録しておきましょう。

以下でも紹介しますが、薬キャリなどのサービスに登録しておくことで、専任のコンサルタントから手厚いサポートを受けることができます

よりスムーズに転職を進めたいのであれば、最初にアカウントを作成しておくと良いでしょう。

▶︎柔軟な働き方を実現できる!【ファルマスタッフ】に相談してみる

薬剤師が転職を成功させるには?

薬剤師が転職を成功させるには?

ここからは、薬剤師の方が転職を成功させる方法について解説していきます。

キャリア計画を立てておく

転職活動を開始する前に、今後のキャリア設計についてはっきりと作成しておきましょう。

将来的にどうなりたいのかが明確になっていなければ、求人も選ぶことができません。

  • スキルアップをしながら働きたい
  • 5年後、10年後はどうなっていたいのか
  • パートととして働きたい

など、大まかでも良いので考えておくと、いざ転職先を探す際にもスムーズに進めることができます。

また、こうした計画を転職サービスのコンサルタントに伝えておけば、それに沿った求人を紹介してもらえます。

求人選びを徹底する

上記で考えた今後の人生設計に沿った求人選びをしましょう。

間違っても、曖昧な気持ちで求人を選んではいけません。

よくある失敗として、

今の仕事がとにかく辛いから、もうどこでも良い・・・

というネガティブな理由で求人を探してしまうことです。

求人選びを適当に行ってしまうと、ほぼ確実に転職は失敗します。

目的や計画に沿って、しっかりと選定するようにしましょう

一人で求人を探すのが難しければ、以下で解説するような転職サポートサービスを利用するのがおすすめです。

転職のサポートを受ける

これから転職する方は、最初に転職サポートサービスに登録しておきましょう。

薬剤師に特化した転職サポートは充実しており、最初に利用しておくことでスムーズに転職を進めることができます。

以下の転職サービスなどを利用してみるのがおすすめです。

ファルマスタッフ

  • 専任の担当者が徹底サポートしてくれる
  • 利用者の満足度が96.5%以上
  • 正社員や派遣など、幅広い求人に対応可能

最初に登録しておくべき転職サービスとして、ファルマスタッフが挙げられます

ファルマスタッフでは、丁寧な個別面談を実施。

転職希望者の希望に合わせて専任のコンサルタントが転職先に交渉をしてもらえるサービスです。

さまざまな要望を聴いてもらえるので、心理的にも負担なく転職を実現させることができます。

利用者の満足度が高く、96.5%以上の方が満足しているサービスです。

まずはお気軽に無料相談を行ってみてください。

▶︎柔軟な働き方を実現できる!【ファルマスタッフ】に相談してみる

ヤクマッチ

  • 地方求人にも対応
  • 薬剤師免許を保有したコンサルタントに相談が可能
  • 調剤薬局の求人に強い

ヤクマッチは求人数が多く、自分に合った転職先を見つけやすい薬剤師特化のサービスです。

地方求人も多数取り扱っており、都市部以外で働きたい方も転職先をスムーズに探せます

また、薬剤師免許を保有しているコンサルタントが多く在籍しており、現場の状況を知っている人に相談できるのも安心です。

丁寧なカウンセリングをもとに、アドバイザーに相談しながら転職を進められるので、まずはお気軽に無料相談してみるのが良いでしょう。

▶︎ヤクマッチに無料相談してみる

薬キャリ

  • 登録者数No.1
  • 紹介までのスピードが早い
  • 利用者満足度95%

薬キャリはスピーディな転職に定評のある薬剤師特化のサービスです。

紹介までのスピードが早いのが最大の魅力で、最短即日10件の紹介もしてもらえます。

また、登録者の満足度は95%となっており、非常に高い満足度であるのも魅力です。

スピーディな転職を実現させたい方は、無料登録を行っておくと良いでしょう。

▶︎薬キャリに無料相談してみる

マイナビ薬剤師

  • 利用者満足度No.1
  • 対面での面談を重視した徹底したサポート
  • 企業の内部事情に詳しくミスマッチが防げる

マイナビ薬剤師は利用者満足とNo.1を獲得している実績あるサービスです。

対面での面談を重視しており、非常に丁寧なサポートを受けられます。

また、企業の内部事情に詳しいエージェントが在籍しているので、転職後のミスマッチを防ぐことができます

薬剤師の転職ではかなりメジャーなサービスなので、無料登録しておくと良いでしょう。

▶︎マイナビ薬剤師に無料登録してみる

ウエルシアを辞めたい薬剤師の注意点とは?

ウエルシアを辞めたい薬剤師の注意点とは?

今現在、仕事を辞めたいと考えている方も、いくつか注意すべきポイントがあります。

ここでは、事前に気を付けるべきポイントについてご紹介します。

勢いで退職しない

まず、勢いで退職してしまわないことが大切です。

仕事に悩んでいると、

「一刻も早く今の仕事を退職してしまいたい・・・」

と考えてしまいがちです。

しかし、勢いで退職してしまうとその後に苦労することになります。

退職届を提出するのは簡単ですが、やはりその後の計画もじっくりと行った上で退職するのが良いでしょう。

感情任せに行動しないことが大切です。

一人で問題を抱え込まない

仕事に悩んでいる場合、一人で問題を抱え込まないことも大切です。

ストレスが掛かった状態だと、冷静な判断ができず、どのような視点で転職先を選べば良いか分からなくなってしまいます。

そして妥協して転職先を選んでしまい、ブラックな職場を引き当ててしまうことも・・・。

できるだけ他の人に相談しながら転職を進めることが大切です。

身の回りに相談できる人がいない場合は、先ほどもご紹介した転職サポートサービスを利用してみましょう

▶︎お仕事ラボに無料相談してみる

求人探しをサボらない

求人探しはサボらないようにしましょう。

転職活動が長引くと、どうしても求人探しをサボってしまいがち。

しかし、求人を適当に選んでしまうと、いざ働き始めてから合わない仕事を選んでしまって後悔することにつながるでしょう。

焦らずじっくりと、求人探しを行うようにしましょう。

ウエルシアの待遇ってどう?

ウエルシアの待遇ってどう?

ここからは、ウエルシアの待遇について見ていきましょう。

実際の待遇に目を通しておくだけでも、他の求人と見比べて転職のきっかけとすることができるでしょう。

ウエルシアの年収は?

ウエルシア薬局の中途採用の初任給は基本給35万円5,000円〜となっています。

この水準は他のドラッグストアと比較しても高めに設定されており、賞与も含めることで年収500万円は期待できるでしょう。

これまで経験のある方であれば、場合によっては年収600万円越えもあり得る水準となっています。

こうしたことも踏まえると、ウエルシア薬局の年収は充実していると言えそうです。

ウエルシアの労働条件は?

ウエルシアの労働条件は、以下のようになっています。

  • 実働8時間のシフト制
  • 平均残業時間は16.2時間/月
  • 200以上の店舗では24時間営業

なお、事業所によっては変形労働時間制となっており、勤務時間にはばらつきがありそうです。

上記の条件を見ると一般的なドラッグストアの勤務体系と相違なく、平均的なレベルと言えそうです。

ただし、24時間勤務となっている店舗もあり、夜勤などが辛いと感じる方もいらっしゃるでしょう。

ウエルシアの年間休日は?

ウエルシアの年間休日は116日となっています。

週休2日制を採用しており、こちらも基本的な水準と言えそうです。

薬局を辞めたい人の理由とは?

薬局を辞めたい人の理由とは?

現在の職場に勤めていて、辞めたいと感じる人の理由にはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

ここでは、その具体的な要因について解説していきます。

職場の雰囲気が合わない

実際に就職してみたものの、職場の雰囲気にうまく馴染むことができずに辞めたいと感じる人は少なくありません。

同じ系列の薬局であっても、実際に職場の人と性格が合うかどうかは配属される店舗によって異なります。

人間関係上の悩みはどの職場に行ってもついて回りますが、あまりにも辛いと感じる場合には転職や退職も視野に入れた方が良いでしょう。

専門知識を生かせない

働き始めたものの、思ったよりも専門知識を生かすことができずに不満を抱えている方も多いのではないでしょうか。

薬剤師になる方は調剤の他にも新薬開発など、先進的な現場に携わりたいと考えている方も多く、働いているうちにそうしたことにも挑戦したいと思われる人も少なくありません。

もし、専門知識を生かした仕事がしたいのであれば、企業系の求人なども見てみることをおすすめします。

キャリアアップしたい

全国展開している大手のドラッグストアであれば、現場の仕事から徐々に出世していき、ゆくゆくはエリアマネージャーなどに任命されるケースもあります。

しかし、何年か働く中でこれ以上の昇進が見込めなかったり、思っていたキャリアを歩めそうにないと感じている人もいるのではないでしょうか。

もし、もっとキャリアを充実させたいとお考えの方は、まずは転職サービスのアドバイザーに相談してみましょう。

あなたの希望をもとに、今後のキャリアについて親身に相談に乗ってもらえるはずです。

ウエルシアを辞めても良い人の特徴は?

ウエルシアを辞めても良い人の特徴は?

ここからは、ウエルシアを辞めても良い人の特徴について解説していきましょう。

上記でも解説した通り、ウエルシアの待遇は一般的な薬局よりも良いと言えます。

そのため、退職するかどうかは慎重に考えた方が良いでしょう。

収入に重きを置いていない

まず、収入面に重きを置いていない人は辞めても良いと言えます。

上述した通り、ウエルシアの年収水準は一般的なドラッグストアよりも高いです。

また、大手ドラッグストアであることも踏まえると安定性は抜群。

同様のドラッグストアでより高年収を狙って転職しようと考える方は、今一度転職すべきかどうかについて検討し直した方が良いかもしれません。

その反対に、年収は一定レベルで良く、どちらかというとプライベートを優先させながら程よく働きたいという方は転職しても良いでしょう。

薬剤師はパートという働き方もあります。

他の求人情報にも目を通し、自分らしく働ける環境を模索してみるのも選択肢です。

人間関係が辛すぎる

薬剤師はどうしても女性ばかりの職場になる傾向があり、この記事を読まれている方にも現場の関係性でお悩みの方はいらっしゃるでしょう。

ある程度の悩みは仕方のないことかもしれませんが、どうしても辛い場合は転職も視野に入れましょう。

同じ会社であっても、やはり店舗によって異なります。

ケースによっては陰湿ないじめを受けている場合もあるはず。

うつ傾向など、深刻な症状が生じているような方は、今すぐに退職や休職を検討した方が良いです。

夜勤が辛い

ウエルシアは店舗によって24時間営業であるケースもあります。

24時間営業の店舗は顧客によっては非常にありがたいものですが、働く側からするとかなり辛いものかもしれません。

もし、夜勤が多く、心身ともに疲弊しているような状態であれば、早めに退職した方が良いケースもあります。

夜勤のない職場は非常に多いです。

必ずしも現状の仕事に拘らず、自分の働きやすい環境を探してみてはいかがでしょうか。

ウエルシアを辞めた後の選択肢とは?

ウエルシアを辞めた後の選択肢とは?

ウエルシアを辞めたいと考える方もいらっしゃるでしょう。

「ただし、辞めた後に具体的にどうしたら良いのだろう・・・」

と、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

ここからは、ウエルシアを辞めた後の選択肢について、いくつかご紹介していきます。

しばらく休む

辞めたい理由は人によって異なると思いますが、どのような状態であっても、仕事で疲れているケースがほとんどでしょう。

精神的・肉体的に疲れ果ててしまうと、今後の計画をしっかりと立てることは難しくなってしまいます。

もし、これまでの業務で疲れているのであれば、一旦ゆっくりと休んでみてはいかがでしょうか。

上記でも解説しましたが、薬剤師の資格を持っている限り、正直どこでも働くことができます。

まずは焦らず、ゆっくりと休んで回復してから、今後の方針を決めてみると良いでしょう。

違う薬局で働く

ウエルシア以外にも、薬局は無数に存在しています。

少し休んで元気になったら、新たな求人情報を探してみましょう。

引く手数多の薬剤師であれば、求人もすぐさま見つかるはずです。

もし、自分一人で探すのが不安であれば、マイナビ薬剤師などの転職エージェントを利用してみることをおすすめします。

パートとして働く

働き方に悩んでいるのであれば、パートとして働いてみる選択肢も有ります。

薬剤師としての働き方は、フルタイムだけではありません。

パート勤務の求人を探し、ゆったりと働いてみるのも選択肢の一つです。

まとめ

今回の記事では、ウエルシアを辞めたい薬剤師の方に向けて具体的な対策を解説しました。

正直、ウエルシアは大手のドラッグストアですし、退職すべきかどうかはその時の状況次第でしょう。

しかし、少しでも退職や転職を視野に入れているのであれば、今のうちから転職サービスを利用して転職先のリサーチを進めておくことをおすすめします。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました