薬剤師は転職エージェントを使わない方が良い?メリット・デメリットは?

薬剤師は転職エージェントを使わない 薬剤師


「薬剤師は転職エージェントを使わない方が良い?」

「転職エージェントを使って転職するメリットやデメリットは?」

このようにお悩みではないでしょうか。

現在では薬剤師に特化した転職エージェントが多数登場しており、サービスをうまく活用することで転職活動を有利に進めることができます。

今回の記事では、薬剤師が転職エージェントを利用するメリット・デメリット、おすすめのエージェントなどについて詳しく解説していきます。

  1. 薬剤師は転職エージェントを使わない方が良いのか?
    1. 求人の選択肢が限られる
    2. 担当者が薬剤師に特化していない
    3. 薬剤師に特化した転職サービスを活用することが重要
  2. 薬剤師に特化した転職エージェントを使うメリット5選
    1. 幅広い求人を紹介してもらえる
    2. プロのアドバイザーに相談できる
    3. 転職先の情報まで紹介してもらえる
    4. 転職活動の対策も行ってくれる
    5. 全て無料で利用できる
  3. 薬剤師が転職エージェントを使うデメリット3選
    1. どのエージェントを利用するか悩む
    2. エージェントとのやり取りが面倒な場合もある
    3. エージェントが合わない可能性もある
  4. 薬剤師におすすめの転職エージェントは?
    1. マイナビ薬剤師
    2. 薬キャリ
  5. 薬剤師が転職エージェント・サイトを利用する際のポイントは?
    1. こまめに連絡を入れる
    2. 転職時期は最短日程を回答
    3. 担当のコンサルタントを冷静に判断する
    4. これまでの経歴やスキルは正直に回答
    5. 同じ案件に別サービスから応募はしない
  6. 薬剤師が転職エージェントを利用する流れとは?
    1. 無料登録
    2. 担当者と連絡を取る
    3. カウンセリングを受ける
    4. 紹介をしてもらう
    5. 履歴書や経歴書をみてもらう
    6. 求人に応募する
    7. 面接を受ける
    8. 内定・退職時のサポート
  7. 薬剤師で転職エージェントを使うべき人は?
    1. 相談しながら転職を進めたい人
    2. 非公開求人に応募したい人
    3. 市場を分析しながら転職を進めたい人
  8. 薬剤師で転職エージェントを使わずに転職する方法はある?
    1. ネットから直接応募
    2. コネを使う
    3. ハローワークを活用
  9. まとめ
      1. カケル
      2. 最新記事 by カケル (全て見る)

薬剤師は転職エージェントを使わない方が良いのか?

薬剤師は転職エージェントを使わない方が良いのか?

薬剤師の方で転職を考えている場合、dodaやリクルートエージェントなどの大手転職エージェントや転職サイトは利用しないことをおすすめします。

「大手転職サービスだから利用した方が転職をスムーズに進められるのでは?」

と考える方も多いのではないでしょうか。

なぜ、大手の転職エージェントやサイトを利用しない方がいいのか、その理由は以下の通りです。

求人の選択肢が限られる

上記に挙げたような大手の転職サイトは、さまざまな職種や業種の求人を取り扱っています。

そのため、薬剤師の求人が少ないケースが多いです。

薬剤師としての経験を活かして転職を成功させるためには、薬剤師の求人を出来るだけ多く比較する方がよいでしょう。

さまざまな求人に目を通すことで、自分に合った職場や仕事内容を見つけることができます。

薬剤師の転職に向いていない大手転職サイトに登録してしまっては、納得のいく転職先を見つけることは難しいでしょう。

担当者が薬剤師に特化していない

転職サイトに登録すると、転職をサポートしてくれる担当エージェントがついてくれます。

しかし、大手の転職サイトではさまざまな業種の求人を取り扱っているため、担当者が薬剤師について詳しくないケースがあります。

転職についてのアドバイスを受けたり、自分に合った薬剤師の転職先を紹介してほしいのに全く違う求人を紹介されることも・・・。

スムーズに転職活動を進め、成功させるためには専門のエージェントに担当してほしいですよね。

薬剤師に特化した転職サービスを活用することが重要

上記のような理由から、薬剤師で転職を考えている場合は、薬剤師に特化した専門の転職サービスを活用することが重要です。

薬剤師の転職に詳しい専門のエージェントが担当してくれるのは心強いですよね。

また、薬剤師専門の求人も数多く取り扱っているので自分に合った転職先を見つけることができるでしょう。

薬剤師に特化した転職エージェントを使うメリット5選

まず、薬剤師が転職エージェントを使うメリットについてですが、主に以下のような内容が挙げられます。

幅広い求人を紹介してもらえる

まず、転職エージェントを利用した薬剤師の転職として、幅広い求人を紹介してもらえることが挙げられるでしょう。

転職エージェントは取り扱っている求人数が多く、多くの求人の中からあなたに最適なものを紹介してもらえます。

長年転職支援を行っているエージェントでは求人の信頼度も高く、安心して応募できるでしょう。

また、利用する転職エージェントの種類によってその特徴も様々です。

例えば、病院系の求人に強い薬キャリや、企業の採用実績が充実しているマイナビ薬剤師など、各エージェントそれぞれの強みが存在しています。

どのエージェントを活用するのかによっても取り扱う求人が異なるため、複数のエージェントを活用すればそれだけ幅広い求人情報を集めることにつながるでしょう。

プロのアドバイザーに相談できる

エージェントを利用した転職は、プロのアドバイザーに相談しながら行える点も大きな魅力です。

転職エージェントに登録することで、専任のコンサルタントと面談しながら転職活動を進めることができます。

あなたの要望をアドバイザーに伝えておき、どのような求人が適しているか分析することが可能です。

例えば、

  • なるべくプライベートを充実させたい
  • スキルアップしたい
  • 管理職経験を生かしたい

など、人によって様々な要望を持っていると思います。

そうした希望を先に伝えておくことで、意向を踏まえて求人を紹介してもらえるでしょう。

自分でも気がつかなかった転職先も、アドバイザーの目線から紹介してもらえる可能性があります。

転職先の情報まで紹介してもらえる

転職を検討されている方が不安なこととして、転職先の内部事情や募集背景が分からないなどが挙げられるのではないでしょうか。

こうしたことが不透明だと、応募する時にも不安になりますよね。

実際に入社してみると、現場の人間関係がギクシャクしていたり、離職率が高い可能性もあるでしょう。

転職エージェントを利用すると、こうした情報まで教えてもらえる可能性があります。

内部の情報を先に知っておけば、転職するとしても安心できるはず。

なるべく細かな情報収集まで行いたいという方は、転職エージェントの利用が適していると言えるでしょう。

転職活動の対策も行ってくれる

転職するのが初めての方は、

「そもそも転職活動って何からすれば良いの?」

と思われるかもしれません。

転職エージェントはそうした転職初心者の方にも手取り足取りやり方を教えてくれます。

面接の受け答えはもちろん、履歴書の添削、スケジュールの調整まで行ってくれるのです。

こうしたことを一人で行うのは非常に大変ですが、エージェントと二人三脚で進めていければ安心できます。

サポートを受けつつ転職したいのであれば、エージェントを利用するのがおすすめです。

全て無料で利用できる

上述したようなメリットがあるにも関わらず、転職エージェントは全て無料で利用することができます。

この仕組みについて怪しまれる方も多いですが、エージェント側には人材を紹介することで、転職先から紹介料がもらえるようになっているのです。

そのため、利用者はサービスを無料で使うことができます。

もちろん、必ず転職する必要はなく、情報収集や市場分析のために利用してみると言うのも良いでしょう。

どちらにしても無料で利用できるため、気になるのであればアカウントの登録を先にしておくことをおすすめします。

▶︎マイナビ薬剤師の求人を見てみる

薬剤師が転職エージェントを使うデメリット3選

上記では転職エージェントを利用するメリットについて解説しましたが、その反面でデメリットもあります。

以下のようなことも押さえた上で、利用すべきかどうか決めるのが良いでしょう。

どのエージェントを利用するか悩む

最近では、薬剤師の転職エージェントも増えてきました。

小規模のものから大手のエージェントまで、様々なサービスが登場しています。

そうした中からどのエージェントを利用すれば良いのか、悩んでしまう人もいるでしょう。

転職先を選ぶ前にエージェント選びから悩むのが面倒と感じるのであれば、利用しない方が良いかもしれません。

ただ、利用は無料であるため、ひとまず全てのエージェントに登録しておくという選択肢もあります。

エージェントとのやり取りが面倒な場合もある

エージェントを利用すると、毎回のやり取りを行う必要が出てきます。

面接の対策や履歴書の添削など、こまめにエージェントを介して行わなければなりません。

こうしたことまで全て自分で行いたいのであれば、エージェントの利用は控えた方が良いでしょう。

エージェントが合わない可能性もある

転職エージェントと言っても、担当者によっては当たり外れがあります。

中には担当者と合わず、転職活動がスムーズに進まない可能性も考えられます。

そのため、こうしたリスクについて理解しておくことが大切です。

ただし、こうした問題は複数のエージェントを利用することで解決できます。

合わなければ別のエージェントを利用すれば問題ありません。

また、担当者を変えてもらうようにお願いしてみるのも良いでしょう。

薬剤師におすすめの転職エージェントは?

薬剤師の方で、これから転職エージェントを利用するのであれば以下のサービスがおすすめです。

マイナビ薬剤師

まず、業界最大手の転職エージェントであるマイナビ薬剤師です。

こちらの転職エージェントは求人数の多さに定評があり、5万件以上の求人の中からあなたの要望に応じて最適な求人に応募することができます。

幅広い求人の中から転職先を見つけたいという方は、こちらのエージェントを利用してみると良いでしょう。

▶︎マイナビ薬剤師の求人を見てみる

薬キャリ

薬キャリはマイナビエージェントほど求人数は多くないものの、病院の求人に定評のあるサービスです。

人材業として実績のあるサービスとなっているため、取り扱っている求人も信頼度が高いものとなっています。

病院系の求人にも目を通したいという方は、上記のマイナビ薬剤師と併せて登録しておくのが良いでしょう。

▶︎薬キャリに無料登録してみる

薬剤師が転職エージェント・サイトを利用する際のポイントは?

ここからは、薬剤師が転職エージェントや転職サイトを利用する際のポイントを紹介します。

今回紹介するポイントは5つです。

  • こまめに連絡を入れる
  • 転職時期は最短日程を回答
  • 担当のコンサルタントを冷静に判断する
  • これまでの経歴やスキルは正直に回答
  • 同じ案件に別サービスから応募はしない

以下で詳しく見ていきましょう。

こまめに連絡を入れる

転職エージェント・サイトに登録をしたら、担当エージェントとの連絡はこまめに取るようにしましょう。

転職サイトに登録するとメールや電話が多いと感じる方も多いかもしれません。

しかし、そこで連絡を無視したり返信を全くしなければ、

「もう転職先が決まった」

と判断されて、いざ連絡を取りたい時になかなか連絡が取れなくなることも・・・。

もし、あまりにもメールや電話が多い場合は、正直に連絡頻度を少なくしてほしいと伝えてみましょう。

転職時期は最短日程を回答

担当のコンサルタントに希望の転職時期を聞かれた場合は、

「いいところがあればすぐにでも」

と伝えておくと転職をスムーズに進めることができるでしょう。

キャリアコンサルタントにも売上の目標があります。

出来るだけ早い転職時期を伝えることで、優先的にサポートをしてくれるはず。

現職での退職手続きや仕事の引き継ぎなどもあると思うので、その点はしっかりと伝え、転職時期は最短日程で回答することをおすすめします。

担当のコンサルタントを冷静に判断する

担当コンサルタントとの相性があまりよくない場合は、早めに担当者の変更を伝えましょう。

コンサルタントも人間ですので、気が合う人もいれば合わない人もいます。

何度かやりとりをする中で自分の考えを伝えられなかったり、見当違いなアドバイスばかりされる場合は、相性が良くないのかもしれません。

転職を成功させるためには、コンサルタントとの相性も重要です。

担当者の変更はよくあることなので、遠慮せずに変更希望を伝えましょう。

どうしても変更してもらいにくい場合は、他の転職サイトを利用するのもひとつの手です。

これまでの経歴やスキルは正直に回答

これまでの経歴やスキルは必ず正直に答えましょう。

通常、登録情報やコンサルタントとのやりとりは、特別な要望がない限り全て残されます。

もし、以前利用していた時の情報と現在の情報に相違があれば、嘘の申告をする危険人物として判断されます。

その結果、紹介される企業や職種もかなり限られてしまうでしょう。

同じ案件に別サービスから応募はしない

複数の転職サービスを利用している場合、別のサービスから同じ案件に応募することはないようにしてください。

企業に不信感を与えてしまいます。

また、利用している転職サービスにも企業側から、

「別の転職サービスからも応募があったのですが・・・」

と連絡が入り、担当コンサルタントに不信がられる可能性も。

最悪の場合、上手く進んでいたのに破断になってしまうかもしれません。

薬剤師が転職エージェントを利用する流れとは?

では、実際に転職エージェントを利用する時の流れを見ていきましょう。

大まかな流れは以下の通りです。

  1. 無料登録
  2. 担当者と連絡を取る
  3. カウンセリングを受ける
  4. 紹介をしてもらう
  5. 履歴書や経歴書をみてもらう
  6. 求人に応募する
  7. 面接を受ける
  8. 内定・退職時のサポート

8ステップありますので、これから詳しく説明していきます。

無料登録

まずは、無料で登録しましょう。

公式ホームページから、「転職サービス」か「派遣サービス」かをしっかりと確認して登録を行ってください。

確認せずに登録してしまうと、正社員で探していたのに派遣での契約だった・・・なんてことも。

担当者と連絡を取る

登録が完了すると、数日以内に担当コンサルタントからメールか電話がきます。

簡単なヒアリングがあるでしょう。

  • 希望の転職時期
  • 希望の業種・業界
  • 希望の年収

などを質問され、カウンセリング日時を決めます。

担当者によっては、ヒアリングをせずにカウンセリングの日程調整のみの場合もあるでしょう。

カウンセリングを受ける

カウンセリングは転職サイトの事務所に足を運んだり、コンサルタントが近くまで来てくれたりします。

最近は、新型コロナウイルスの影響でオンラインでのカウンセリングも多いようです。

  • 今までの経歴やスキル
  • 自己分析(得意・不得意など)
  • 転職した方がいいか、しない方がいいか
  • 転職するならどんな企業がいいか
  • 職務経歴書の書き方

など、あなたの納得のいく転職先が見つかり、成功するようにしっかりと話をしていきます。

紹介をしてもらう

カウンセリングを元に、あなたに最適な求人を複数紹介してくれます。

自分では選ばないような大手や、あなたの知らない素敵な企業もあるでしょう。

大体5〜20件ほど提案してくれるので、しっかりと比較しながら選ぶことができます。

それぞれ取り扱っている求人も違い、そこにしかない求人もあるので、複数の転職エージェントから紹介してもらうとよいでしょう。

履歴書や経歴書をみてもらう

紹介された求人の中から応募する企業が決まったら、履歴書や経歴書などの選考書類を作成して、エージェントに確認してもらいましょう。

担当エージェントによっては、確認のために面談の時間を作ってくれたり、何度も添削してくれたりします。

エージェントと一緒に、あなたの魅力を最大限に伝えられる選考書類を作成しましょう。

求人に応募する

納得のいく選考書類ができたら、担当のコンサルタントが推薦状と一緒に希望の企業に応募してくれます。

推薦状は自分ではなかなか伝えることのできないあなたの魅力を、担当コンサルタントが伝えてくれる重要なもの。

一人で転職活動をしていては受けられない、魅力的なサポートです。

面接を受ける

面接の日程調整や企業とのやりとりは、全て担当のコンサルタントが行ってくれます。

今までのコンサルタントからのアドバイスを活用して、自分の魅力を企業にしっかり伝えましょう。

万が一面接で落ちてしまった場合は、担当コンサルタントが企業の人事担当者から面接時のフィードバックをもらっているケースが多いです。

次の面接対策として活かすことができます。

内定・退職時のサポート

企業から内定をもらえると、給与の交渉や入社の日程調節なども担当コンサルタントが全て行ってくれます。

もし現職の退職手続きに不安があっても、コンサルタントに相談すればサポートしてくれるので、遠慮せず相談してみましょう。

薬剤師で転職エージェントを使うべき人は?

では、薬剤師の方で転職エージェントを使うべき人とはどのような人なのでしょうか。

ここからは、転職エージェントを使った方が良い人について解説していきます。

相談しながら転職を進めたい人

まず、エージェントに相談しながら転職を進めていきたい人は利用した方が良いでしょう。

転職エージェントを活用することで、転職先の選定や面接対策など、あらゆることを相談しながら転職を進めることができます。

徹底したサポートのもと進行できるため、不安のある方は利用した方が良いでしょう。

反対に、全て自分で行いたいという方は利用はおすすめできません。

非公開求人に応募したい人

転職エージェントが取り扱っている求人の中には、世間に公開されていない非公開求人も存在しています。

例えば個人の経験に応じてハローワークなどでは応募することができない求人も紹介してもらえる可能性があるでしょう。

そうした求人についてもチェックしたいという方は登録しておくことをおすすめします。

市場を分析しながら転職を進めたい人

そもそも、今の自分自身にどれほどの市場価値があるのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

薬剤師としての転職経験がなければ、培ってきた経験や持っているスキルが転職に役立つか曖昧な人もいるはず。

転職エージェントを利用することであなたの適正な市場価値を把握し、他の職場でどれくらいの価値があるのかも理解できます。

こうした情報をもとに、最適な求人に応募したいという方は利用してみるのがよいでしょう。

▶︎マイナビ薬剤師の求人を見てみる

薬剤師で転職エージェントを使わずに転職する方法はある?

転職エージェントを利用しなくとも、応募する方法はあります。

ここでは、エージェントを介さずに転職する方法についてご紹介していきます。

ネットから直接応募

まず、ネットから直接応募する方法です。

こちらはシンプルで、病院や薬局、企業などの採用ページから直接応募するやり方になります。

すでに行きたい企業や薬局が明確になっており、自分一人で転職活動も行えるのであればこの方法で問題ないでしょう。

ただし、交渉や対策などは全て一人で行う必要があるので、その点は理解しておく必要があります。

コネを使う

知り合いのつてや人脈を駆使して転職する方法もあります。

これまでの関係で利用できそうなコネがあるのであれば、この方法でも問題ありません。

ただ、全ての人がコネを持っているわけではないと思いますので、そうした人脈のない方は転職サービスの利用をお勧めします。

ハローワークを活用

地域密着型のハローワークを利用する方法もあります。

地元の薬局や病院などであれば募集が出ていることもあり、応募することが可能です。

転職エージェントと併用してハローワークも利用しておけば、より多くの求人情報を集めることができます。

▶︎マイナビ薬剤師の求人を見てみる

まとめ

今回の記事では、「薬剤師は転職エージェントを使わない方が良いのか?」というテーマで解説しました。

  • 薬剤師が転職エージェントを使うべきかは人による
  • 相談しながら進めたい人や非公開求人も見たいなら利用がお勧め
  • 基本一人で進めたい人は利用しなくてもOK
  • ハローワークなどと併用して利用しよう

必ずしも使う必要はないですが、使った方が安心であることは間違いないでしょう。

状況に応じて検討してみてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました