薬剤師は転職サイトを使わない方がいい?理由や転職の流れを解説!

薬剤師は転職サイトを使わない 薬剤師

薬剤師は転職サイトを使わない方がいいの?

薬剤師の効率のいい転職方法を知りたい!

このような悩みを持っている方も多いでしょう。

今回は、薬剤師の転職はどのような方法でやるべきなのか・薬剤師の転職の流れを詳しく解説していきます。

この記事で分かること
  • 薬剤師の転職は大手の転職サイトを使わない方がいい理由
  • 薬剤師が使わない方がいい薬剤師転職サイトの特徴
  • 大手の転職サイトより薬剤師特化のサービスを使うのがおすすめの理由
  • 薬剤師が使うべきおすすめの転職サービス
  • 薬剤師が転職サイトを使わない方法
  • 薬剤師の転職の流れ
  • 転職サービスを上手く活用するコツ

薬剤師の転職は大手の転職サイトを使わない方がいい理由2選

薬剤師の転職は大手の転職サイトを使わない方がいい理由2選

薬剤師の転職で使わない方がいいのは、大手のサイトです。

理由は、以下の2点です。

  • 求人の選択肢が絞られてしまう
  • アドバイザーが薬剤師の業界に詳しくない可能性がある

それぞれ見ていきましょう。

求人の選択肢が絞られてしまう

大手のサイトは、薬剤師だけでなく、あらゆる職種の求人をバランスよく紹介しています。

そのため、掲載されている求人の数は多いですが、薬剤師の求人の数は少なくなってしまうでしょう。

また、転職を成功させる上で前職の不満点を見つけ、自分の希望条件を絞ることが重要です。

求人の数が少なくなってしまうと、自分の希望条件に合う職場が見つからなかったり、偏った求人しか紹介されないケースが多いでしょう。

薬剤師の転職は、多数の職場を比較して、自分の理想的な環境で仕事ができる求人を見つける必要があります。

アドバイザーが薬剤師の業界に詳しくない可能性がある

大手のサイトの担当者は、薬剤師の業界にあまり詳しくない可能性があります。

転職サイトのメリットとして、専門のアドバイザーが登録者につき、それぞれに合うアドバイスや求人を紹介してくれることが挙げられます。

しかし、担当するアドバイザーが薬剤師の業界に詳しくない場合、適切なアドバイスや自分に合う職場を紹介してくれる可能性は低くなってしまうでしょう。

また、担当者が現場の環境をあまり知らずに紹介した場合、労働環境や条件が自分に合わず「また転職したい!」となる可能性もあるでしょう。

薬剤師が使わない方がいい薬剤師転職サイトの特徴3選

薬剤師が使わない方がいい薬剤師転職サイトの特徴3選

薬剤師が使わない方がいい薬剤師転職サイトは、以下の3つの特徴があります。

  • 転職先の選択肢が少ない
  • コンサルタントの質が低い
  • 非公開求人を紹介してもらえない

それぞれ見ていきましょう。

転職先の選択肢が少ない

薬剤師が使わない方がいい転職サイトの特徴として、転職先の選択肢が少ないことが挙げられます。

なぜなら、転職先の選択肢が少ないと比較対象が少なくなってしまい、自分の希望条件を満たしている職場を見つけることが困難になってしまうからです。

また、転職先の選択肢が少ない場合、年収や待遇がいい非公開求人の数も少なくなってしまいます。

そのため、条件が悪い中から選ばないといけないので、転職に失敗する可能性が高くなってしまうでしょう。

コンサルタントの質が低い

薬剤師が使わない方がいい転職サイトの特徴として、コンサルタントの質が低いことも挙げられます。

なぜなら、質が低いコンサルタントから得られる求人や情報も質が低くなってしまい、ブラック企業に就職する可能性が高くなってしまうからです。

また、転職サイトのコンサルタントは、ノルマが課せられていることが多いです。

そのため、質が低いコンサルタントは自分が数字を取ることに必死になり、条件が悪い職場に無理やり就職させようとするケースもあります。

転職サイトを利用するなら、在籍しているコンサルタントの質が高いサイトを利用するようにしましょう。

非公開求人を紹介してもらえない

薬剤師が使わない方がいい転職サイトの特徴として、非公開求人を紹介してもらえないことも挙げられます。

なぜなら、非公開求人は公開求人と比べ、競争率が低く待遇がいい場合が多いからです。

そのため、非公開求人を多く持っている転職サイトを選ぶことで、自分の希望条件に合う職場を選びやすくなるでしょう。

転職サイトを活用するなら、非公開求人を多数保有している転職サービスを選ぶことで、より良い職場に巡り合うことができます。

大手の転職サイトより薬剤師特化のサービスを使うのがおすすめの理由2選

大手の転職サイトより薬剤師特化のサービスを使うのがおすすめの理由2選

大手の転職サイトより、薬剤師特化のサービスを使うのがおすすめの理由は以下の2点です。

  • 転職のサポート体制やコンサルタントの質が高い
  • 企業とのつながりを持っている

それぞれ見ていきましょう。

転職のサポート体制やコンサルタントの質が高い

大手の転職サイトに比べ、薬剤師特化のサービスを使うことで、薬剤師の転職に特化したコンサルタントが担当につきます。

そのため、薬剤師の仕事内容を理解している方や、自分の希望条件を理解して求人を紹介してくれるコンサルタントが大手に比べ多いでしょう。

また、他の職種の転職の場合、大手のサイトはサポートも求人情報も充実していて使いやすいです。

しかし、サポート内容が薬剤師向けに設計されていないため、忙しい薬剤師の方はあまりサポートしてくれないと感じてしまうでしょう。

薬剤師特化のサービスを使うことで、大手のサイトよりも理想的な職場を見つけることができる可能性が高くなります。

企業とのつながりを持っている

大手の転職サイトよりも、薬剤師特化のサービスの方が、薬剤師向けの企業とのつながりが多いです。

そのため、非公開求人などの質の高い求人情報を多数保有している可能性があります。

また、企業とのつながりを持っていることで、労働条件の交渉などを行ってくれるサービスが多いです。

求人情報では希望条件に合わない場合でも、コンサルタントが交渉してくれることで、自分に合う職場に変えてもらうことも可能でしょう。

上記の理由から、大手のサイトよりも薬剤師特化のサービスを使うことで、希望条件に合う職場を見つけることができると言えるでしょう。

次の項目では、薬剤師が使うべきおすすめの転職サービスを紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

薬剤師が使うべきおすすめの転職サービス3選

薬剤師が使うべきおすすめの転職サービス3選

薬剤師が使うべきおすすめの転職サービスは、以下の3つです。

  • 薬キャリ
  • マイナビ薬剤師
  • ファルマスタップ

それぞれ見ていきましょう。

薬キャリ

薬キャリは、薬剤師に特化した転職サービスです。

薬キャリの特徴として、転職までのスピードが早いことが挙げられるでしょう。

転職スピードが早い理由は、アドバイザーのレスポンスが早く、登録をして最短即日に最大10件の求人紹介を受けることができるからです。

また、チームとして薬剤師のサポートをしているため、「自分に合わない質が低いアドバイザーだったらどうしよう…」と心配する必要もありません。

年齢や地域ごとにチームが分かれているので、専門性の高い質がいいサポートを受けることができるでしょう。

薬キャリの利用は完全無料なので、まずはお気軽に登録してみることからおすすめします。

現状を打破☆チャンスを掴め!
▶︎薬剤師転職ならエムスリーキャリア

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、薬剤師に特化した転職サービスです。

特徴として、対面の面談などのサポート体制が充実していることが挙げられます。

都市部だけでなく地方の方でも面談しやすいように、全国15ヵ所に拠点を構えています。

そのため、地方の方でも対面で面談してヒアリングをしてもらうことができ、面接や職場見学なども同行して貰えるでしょう。

また、アドバイザーが直接職場に足を運んで調査しているため、「求人票に書いてある情報と全然違う!」という問題も発生しづらいでしょう。

「職場のリアルな雰囲気や労働環境を知りたい!」という方には、おすすめの転職サービスです。

マイナビ薬剤師の利用は完全無料なので、まずはお気軽に登録してみることをおすすめします。

▶︎マイナビ薬剤師に無料登録してみる

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、薬剤師に特化した転職サービスです。

特徴として、職場の条件交渉を代理で行ってくれることが挙げられます。

年収の交渉だけでなく、勤務時間の変更や転勤をなくして欲しいなど幅広く対応してくれます。

そのため、希望条件に合う理想的な職場を見つけやすく、満足できる転職ができるでしょう。

また、業界トップクラスの公開求人数を誇っており、全国規模で職場を探すことが可能です。

調剤薬局の求人数が特に多く、「今よりも条件がいい調剤薬局に転職したい!」という方には、おすすめの転職サービスです。

ファルマスタッフの利用は完全無料なので、まずはお気軽に登録してみることをおすすめします。

薬剤師が転職サイトを使わない方法3選

薬剤師が転職サイトを使わない方法3選

薬剤師が転職サイトを使わない方法は、以下の3つです。

  • ハローワークを活用した転職
  • 自分で求人を見つけて転職
  • 知人に職場を紹介してもらって転職

それぞれ見ていきましょう。

ハローワークを活用した転職

薬剤師が転職サイトを使わない方法の1つに、ハローワークを活用する方法が挙げられます。

ハローワークの利用は、企業側にメリットがあり、転職サービスを使うよりも安く求人を募集することができます。

そのため、採用にコストをかけたくない小規模の薬局や、人件費に費用をかけたくない企業や薬局の募集が多くなってしまうでしょう。

ハローワークで募集している全ての企業がそうとは限りませんが、転職サイトに掲載されている企業よりも、質が悪くなってしまう可能性は高いです。

自分で求人を見つけて転職

薬剤師が転職サイトを使わない方法の1つに、自分で求人を見つけて転職する方法が挙げられます。

自分で求人を探す方法は、企業のリサーチに時間がかかり効率が悪い転職活動になってしまいます。

また、転職サイトのような誰でも閲覧できるサイトの求人は、競争率が高くレアな求人募集も少ないでしょう。

そのため、転職サービスを活用して非公開情報の入手や、自分の希望条件に合う求人をピックアップしてもらう方法をおすすめします。

知人に職場を紹介してもらって転職

薬剤師が転職サイトを使わない方法の1つに、知人に職場を紹介してもらって転職する方法が挙げられます。

知人に職場を紹介してもらう方法は、知人の地位や信頼度にもよりますが、転職成功率が高いでしょう。

しかし、「聞いていた職場と違う!」という場合でも、辞めることが難しくなってしまいます。

なぜなら、知人の顔を立てる必要があるため、すぐに辞めてしまうと知人の職場での立場にも関わってしまいます。

そのため、常に知人のことを気にしながら仕事を続ける必要があるので、職場が息苦しいと感じてしまう可能性があるでしょう。

薬剤師の転職サイト利用の流れ

薬剤師の転職サイト利用の流れ

「優良な転職サービスは分かったけど具体的な流れを知りたい!」

このような方のために、薬剤師の転職サイト利用の流れを紹介します。

薬剤師の転職サイトは、以下の7つのステップを踏んで転職までサポートしてくれます。

  1. 転職サービスを登録する
  2. キャリアカウンセリングの日程調整
  3. 担当者によるキャリアカウンセリング
  4. 自分に合う求人を紹介してもらう
  5. 書類選考の対策や準備をサポートしてもらう
  6. 面接対策を受ける
  7. 内定と退職手続きのサポート

それぞれ見ていきましょう。

①転職サービスを登録する

各種転職サービスの公式ページから、登録作業を進めていきましょう。

1つの転職サービスに絞るのではなく、複数登録しておくことで、自分の希望条件に合う職場を探しやすくなります。

登録時に、職務経歴やプロフィールを具体的に入力しておくことで、その後のカウンセリングなどがスムーズに進むでしょう。

登録が完了すると、メールが届くので、登録ができているかしっかり確認しましょう。

②キャリアカウンセリングの日程調整

登録後は、数日以内に連絡がくるので、キャリアカウンセリングの日程調整をしましょう。

日程調整と一緒に、転職希望時期や希望する職種などの10分ほどで終わるヒアリングもあります。

明確な希望条件などを記入することで、担当者によるキャリアカウンセリングも、スムーズに進めることができます。

そのため、ヒアリングはできるだけ具体的に記入し、担当者の方に伝わりやすい文章を意識しましょう。

③担当者によるキャリアカウンセリング

キャリアカウンセリングは、オフィス訪問・電話面談・指定の場所に来てもらうなど、サービスによって異なります。

初回のキャリアカウンセリングは、現在の状況・希望条件・転職市場についてのレクチャーなどが行われます。

プロのアドバイザーの意見を聞きながら、自分の考えや行動を整理できるので、有意義な時間を過ごすことができるでしょう。

転職活動を考えている方は、まずはキャリアカウンセリングを受けて、プロの意見を聞くことをおすすめします。

④自分に合う求人を紹介してもらう

キャリアカウンセリングで希望した条件に合う求人を、アドバイザーが紹介してくれます。

大手の薬局から中小規模の薬局、病院など様々な求人を紹介してもらい、その中で自分が気に入った求人を選びましょう。

また、他の転職サービスと組み合わせることで、自分が挑戦したことがない職場や職種を紹介してもらえます。

そのため、1つの転職サービスだけでなく、複数の転職サービスから紹介してもらうことをおすすめします。

⑤書類選考の対策や準備をサポートしてもらう

紹介された求人の中で、特に気に入った企業に送る履歴書や職務経歴書の準備をしましょう。

書類の記入は、アドバイザーのアドバイスを受けながら作成することが可能です。

転職サービスによっては、アドバイザーと対面で面談しながら、直接指導を受けて作成することができるでしょう。

完成した書類と一緒に、アドバイザーが推薦文を添えて企業に提出してくれます。

書類選考の結果が出るまで1週間ほどかかり、結果は転職サービスから伝えてくれます。

⑥面接対策を受ける

書類選考に通過した場合、面接対策を受けることができます。

面接の傾向を知っている専門のアドバイザーが、聞かれる質問の傾向や注意点などをアドバイスしてくれます。

また、転職サービスによっては、模擬面接を受けることが可能です。

模擬面接を受けることで、実際の面接とかなり近い雰囲気で受け答えの練習ができるため、面接が苦手な方は受けることをおすすめします。

面接の結果も転職サービスから知らされ、不採用の場合は理由などを企業側にヒアリングしてくれるので、次の転職活動の質を上げることができるでしょう。

⑦内定と退職手続きのサポート

内定の連絡も転職サービスから知らされます。

内定を受けた後は、入社までのスケジュール調整を行い、退職までの手続きをサポートしてくれます。

また、転職サービスによっては、勤務時間の交渉や給与の交渉も行ってくれるでしょう。

そのため、募集条件よりもいい条件で入社することも狙えるため、アドバイザーに1度相談してみることをおすすめします。

転職サービスを上手く活用するコツ3選

転職サービスを上手く活用するコツ3選

転職サービスを上手く活用するコツは、以下の3つです。

  • 希望条件に優先順位をつける
  • 推薦文を確認させてもらう
  • 経歴やスキルは正確に伝える

それぞれ見ていきましょう。

希望条件に優先順位をつける

キャリアカウンセリングを受ける前に、あらかじめ希望条件に優先順位をつけましょう。

優先順位をつけることで、担当者との意見の食い違いや、希望条件と合わない求人が送られてくることを防止することができます。

優先順位をつけるコツは、自分が前職に不満を持っていた理由を分析して、どこが改善されたら快適に働けるか考えることです。

例えば、「仕事量と給料が割に合わない…」という悩みをお持ちの方は、年収が高い職場が希望と伝えましょう。

推薦文を確認させてもらう

転職サービスが執筆する推薦文とは、200文字〜1000文字で応募者を紹介する文章です。

内容は、応募者のスキルや強みをアピールすることが書かれており、合否に関わる重要な判断材料です。

そのため、事前にどのような内容が記入されているのか確認し、自分が話していた内容と相違がないかしっかり確認しましょう。

アドバイザーによっては、職務経歴書の内容をそのまま書き写している可能性もあるので、「客観的な自分の評価を知りたい!」と伝えて確認するようにしましょう。

経歴やスキルは正確に伝える

学歴・職務経歴・スキル・資格などは、企業の書類選考に通過するために、よく書こうとしたくなります。

しかし、大手の企業などは経歴照会を行う場合が多く、嘘が発覚した場合訴えられる可能性があります。

そのため、自分の経歴が気に入らなくても、必ず正確な情報を記入するようにしましょう。

また、転職回数が多いのにも関わらず、転職理由が曖昧だとマイナス評価を受ける可能性があります。

転職理由などもしっかりと記載した上で、書類選考に臨みましょう。

まとめ

今回は、「薬剤師は転職サイトを使わない方がいいの?」という疑問について詳しく解説しました。

薬剤師の転職は、大手の転職サイトを使わずに、薬剤師に特化した転職サービスを活用するようにしましょう。

薬剤師特化の転職サービスを使うことで、自分の希望条件に合う職場や、薬剤師業界に詳しいアドバイザーに巡り合うことができます。

上記で紹介した転職サービスや転職方法の流れを活用することで、スムーズに転職活動を進めることができるでしょう。

この記事を最後まで読んで下さった方が、スムーズに転職活動を進めて、今よりも自分に合う職場で仕事ができることを祈っています。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました