パワハラで即日退職したい。どうすれば辞められる?

パワハラで即日退職はできる 退職

上司からのパワハラがきつい

毎日暴言や罵声を浴びせられて辛い。もう辞めたい。

このような状況にお悩みではありませんか?

今回の記事では、パワハラでお悩みの方に向けて「パワハラで即日退職は可能か?」というテーマでお話ししていきます。

パワハラで即日退職はできる?

この記事を読めば分かること
  • パワハラで即日退職はできるのか?
  • パワハラで即日退職するときの注意点は?
  • パワハラで即日退職したら訴えられるのか?
  • パワハラで即日退職する時の心構え
  • 実際に退職した体験談

パワハラで即日退職はできる!その方法は?

パワハラで即日退職はできる!その方法は?

まず、結論ですがパワハラを受けた場合には即日退職することが可能です。

その理由について以下で詳しく解説していきます。

正社員の場合、事実上の即日退職が可能

まず、この記事を読まれている方が正社員の場合、2週間あれば退職することができます。

民法上の定めとして、以下の決まりが設けられています

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法第627条より

この定めにより、正社員の方は退職の意向を伝えてから2週間後に退職することができます。

これだけ聞くと、「2週間も掛かるのか・・・」と思われるかもしれません。

しかし、これはあくまでも伝えるのが2週間前ということであり、欠勤や有休消化をして問題がないのです。

つまり、退職する旨を伝えてあとは欠勤したり、有休消化をすることで事実上の即日退職が可能です。

契約社員の場合は?

では、続いて契約社員のケースを見ていきましょう。

正社員とは異なり、契約社員の場合は民法第627条は適用されないのです。

つまり、退職を切り出したとしても「契約期限が残っているからそれは違反になるから困る」と言われてしまう場合が考えられます。

ただ、契約社員だとしても次の条件を満たすことで即日退職を行うことができます。

  • 仕事を辞めなければならないやむを得ない理由がある
  • 会社の同意がある
  • 1年以上の労働を行なっている

例えば職場からパワハラを受けていたり、賃金未払いなどが発生していると、やむを得ないケースに該当すると言えるでしょう。労働者が病気になっている場合も同様です。

また、契約社員だとしても1年以上働くことによって正社員と同様に即日で退職することができます

契約社員でも、状況によっては即日退職することができます!

言い出しにくい場合は退職代行を利用しよう!

ここまでの内容を読んで、正社員の方でも契約社員の方でも、「とは言え、退職を切り出すのが気まずい・・・」と感じる方は多いのではないでしょうか。

そんな方は退職代行を利用するのも選択肢の一つです。退職代行を利用すると以下のようなメリットがあります。

退職代行を利用するメリット
  • 自分で退職を切り出さずに済む
  • 退職の手続きや有休消化の交渉まで全て行なってくれる
  • 弁護士の退職代行を利用すれば損害を請求されても対応可能
  • ストレスなく退職することができる
  • 即日退職がスムーズ

退職代行を利用すれば、自分の代わりに業者の方が退職の手続きや交渉まで全て行ってもらえるため、ストレスなく退職することができます。

おすすめの退職代行は以下の通りですので、気になる方はまず次のリンクから無料相談を行ってみてはいかがでしょうか。

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!即日退職も可能!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!即日対応!

パワハラで即日退職するときの注意点は?

パワハラで即日退職するときの注意点は?

もしこれから即日退職をお考えの場合、以下のことに注意することが大切です。

  • バックれることだけは絶対ダメ
  • パワハラの証拠を残しておく
  • うつの症状があれば診断書を取る

一つずつ解説していきます。

バックれることだけは絶対ダメ

まず、即日退職をお考えの方で一番やってはいけないことはいわゆる「バックれ行為」です。

バックれ行為を行うと懲戒解雇になってしまう可能性があります。

懲戒解雇とは?

懲戒解雇とは、会社の規定に背いた時や不正行為を罰する意味合いを持ったものです。懲戒解雇になると、退職金の減額、失業保険の受給が困難になる、再就職で不利になるなど、デメリットが多くなります

この懲戒解雇にならないためにも、しっかりとした手順を踏んで退職を進めることが大切です。

どうしても自分で伝えるのが難しい場合には、バックれるのではなく退職代行を利用するのが良いでしょう。

バックれるのだけは絶対にダメ!どうしても辛いなら退職代行を使おう!

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!即日退職も可能!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!即日対応!

パワハラの証拠を残しておく

現在、上司などからパワハラを受けている場合、その証拠を必ず残しておくことが大切です。

  • パワハラの言動が記録されたデータ
  • パワハラの写真や動画記録
  • 文面でのやりとり(メールやLINEなど)
  • パワハラの様子を記録した日記など

仮に法的な問題へと発展した場合、これらの記録が重要な要素となるでしょう。

また、パワハラの定義などについては以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

うつ病の症状があれば診断書を取る

この記事を読まれている方で、現在うつの傾向がある場合には心療内科へ行き、診断書を用意してもらいましょう。

例えば、以下の症状が出ていないでしょうか?

うつ傾向の事例
  • 自分は価値のない存在だと考えてしまう
  • 理由もないのに涙が出てくる
  • 気分の浮き沈みが激しい
  • 夜、眠ることができない
  • 朝起きれない

もし、これらの症状が出ているのであれば、あなたはうつ傾向にあるかもしれません。

うつ病を発症してしまう前に、まずは心療内科へ行って診断書を取ってきてください。

診断書があれば、退職や休職することができます。

うつ傾向にある場合はすぐに心療内科へ!

事前に借りているものは返却する

もし、会社から借りているものがある場合には事前に返却しておくのがおすすめです。

長期間の間、会社に勤めていると会社から支給されているものだけでなく、同僚や上司から何かを借りていることもあるでしょう。

  • 社員証
  • 会議室などの鍵
  • 制服
  • 会社のデータ
  • 同僚や上司から借りているもの

こうした賃借物はあらかじめ返却しておきましょう

もし退職代行を利用して退職する場合、業者にお願いすれば返却まで行ってもらえるので依頼してみましょう。

会社から借りているものがあれば返却しておきましょう!

パワハラで即日退職したら訴えられる?

パワハラで即日退職したら訴えられる?

パワハラで即日退職をお考えの方が心配なのは、「損害賠償などを請求されたらどうしよう・・・」ということではないでしょうか。

しかし、基本的にその可能性は非常に低いと言えます。

なぜなら、裁判を起こすためにはそれなりの労力やお金を消費します。

それだけのリスクを取って、損害賠償を起こすだけのメリットが会社にあるとは考えにくいからです。

ただし、損害賠償問題に発展する可能性も0とは言えないため、どうしても不安な場合には弁護士の退職代行を利用するのが良いでしょう。

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!即日退職も可能!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!即日対応!

パワハラで即日退職する時の心構えは?

パワハラで即日退職する時の心構えは?

最後に、パワハラで即日退職する時の心構えについて解説します。

これから退職を検討されている方は、次のことを意識すると良いでしょう。

  • 責任は会社にあると考える
  • 人の評価は気にしない
  • 退職したらゆっくり休む

責任は会社にあると考える

まず、基本的な責任は全て会社にあると考えて良いです。

というのも、責任感が強い人ほどギリギリまで我慢してしまう傾向にあるからです。

パワハラの責任は全て上司にあります。そして、その上司を雇用しているのは会社です。

つまり、会社全体にパワハラの責任があると言えるでしょう。

自分が悪いなどとは考えず、自己嫌悪に陥らないことが大切です。

自分を責めず、会社の責任だと考えましょう!

人の評価は気にしない

また、退職に際して人の評価を気にしてしまいなかなか辞めることに踏み切れないという方もいます。

他人というのは基本的に無責任であり、退職するとなると批判してくることもあるでしょう。

特にパワハラをしてくるような上司がいる会社なので、多くの人が不満を抱えて仕事をしています。

そうした職場はストレスが溜まりやすく、退職者を羨ましがって批判されることも。

しかし、退職してしまえば今の職場の同僚や上司は今後の人生で関わることはありません。

一生関わることがない人たちの意見に振り回されて、選択を誤るのは本末転倒と言えます。

人の評価は気にせず、自分の気持ちをよく考えて行動するのが良いでしょう。

他人の評価よりも、自分の気持ちを大切にしましょう!

退職したらゆっくり休む

最後に、退職したら一度ゆっくり休みましょう。

日常の中でパワハラを受けていると、心身ともに疲弊していることが多いです。

こうしたダメージは回復するまでに時間がかかります。

1ヶ月〜3ヶ月くらいはゆっくり休んで、転職に備えるというのも良いでしょう。

まずは体調を整えることを最優先にしてください。

退職したら、一度ゆっくり休むのが良いでしょう

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!即日退職も可能!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!即日対応!

実際に退職した体験談

最後に、実際に退職した僕の体験談について解説していきます。

僕自身は高校教員として3年ほど働き、忙しすぎて体調を崩してしまいました。

最終的に退職したのですが、上司からパワハラまがいのことも受けていたので当時辛かったことや大変だったことについて解説していきます。

上司からパワハラまがいの行為があった

当時、教員として働いていた僕は上司からパワハラのような行為を受けていました。

具体的には次のような行為です。

  • 毎週のように強制で飲み会に連れていかれる(3時ごろまで飲む)
  • 夜中までお説教をくらう
  • わさびたっぷりの寿司を食わされる
  • 怒鳴られる

書いていて思いましたが、パワハラまがいではなく完全にパワハラでした・・・。

こんな感じで仕事が忙しい上に上司からの圧がすごく、体調を崩します。

ストレスでベッドから起き上がれなくなる

最終的に、僕は仕事にいくのが憂鬱になってしまいベッドから起きれなくなります。

もう辞めたくて仕方がないという感じでした。情緒不安定になり、涙がぼろぼろとこぼれ落ちてくる状態でした。

どうしようもなかったので、僕の場合は精神科へいきました。

精神科にいくと、医師の方が診断書を出してくれたので、それを提出して休職となりました。

僕の場合、最初に精神科に行って診断書をもらいました

そこから退職までが大変だった

休職したものの、そこから退職するまでがなかなか大変でした。

精神的に限界がきていたにもかかわらず、上司などから掛かってくる電話には対応しなければなりません。

諸々の手続きが必要だったので、何度も学校へ足を運びました。

本当に嫌で、行くたびに他の先生たちから引きとめを受けるし、顔を合わせるのもかなり気まずい・・・。

その間、毎日よく眠れない日々が続きました。

そうして色々苦労の果てにようやく退職となったのです。

退職できたものの、かなり大変だった・・・

退職は代行を利用した方が絶対良い

こんな感じで、僕自身は退職する際にかなり苦労した経験があります。

実際、退職先の上司達は複数人で対応するのに対し、こちらは一人で全て行わなければなりません。

面談も相手は3人、こちらは1人などという状況にもなります。

どうにかして退職できたものの、一歩間違えればそのまま辞められなかった可能性もあるでしょう。

そのため、もしこれから退職をお考えの方は代行サービスを利用して間に第三者を入れることをおすすめします。

退職代行を利用してストレスなく退職した方が良い・・・

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!即日退職も可能!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!即日対応!

まとめ

今回の記事では、パワハラで即日退職する方法やその注意点などについて解説しました。

まとめ
  • 正社員の場合、パワハラで即日退職することは可能
  • 契約社員の場合も条件によっては即日退職することができる
  • どうしても辛い時は退職代行を利用するのがおすすめ

パワハラを受けたら、上司を変えたり、自分で状況を変えるのは非常に難しいです。

スムーズに退職して環境を変えていくのが最も効果的と言えるでしょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました