年収アップに有利な資格とは?おすすめの資格7選を解説!

年収アップに有利な資格 年収アップ

給料あげたいから資格とろう!

この資格があると年収をあげれる!

あの職種で働きたいからこの資格が必要だ

こんなふうに思って資格取得を考えている方は少なくないはずです。

就職活動を頑張って就職したからには年収を上げていきたいと考えているあなたに年収アップに有利な資格を紹介していきたいと思います。

自分が今やっている仕事に関係するものや、関係しなくてもこれから紹介する資格を取得することで自身の市場価値を高めていくことができるはずです。

年収アップに有利な資格7選

年収アップに有利な資格7選

それでは高年収の職種につけるよう、年収アップするのに有利な資格を7選紹介していきます。

年収アップに有利な資格7選

  • 日商簿記検定2級
  • ファイナンシャルプランナー
  • プログラミング
  • 中小企業診断士
  • 宅建
  • TOIEC
  • 一級建築士

これら7つの資格のなかで自分に合った物や、今の働いている仕事に直結する資格を取得することで年収アップに近づいていきます。

それでは1つ1つ詳しく紹介していきます。

第1位 日商簿記検定2級

まず最初に紹介するのは日商簿記検定2級です。

この資格は経理業務をしている方にとてもおすすめな資格となります。

これから経理の仕事をしてみたいと思っている方やお金に関する知識をつけたいという方にも取得して損はない資格となります。

簿記というのは企業にとって必要不可欠な業務といっても過言ではなく、経理の人が退職願いを出すと給料が上がるとまで言われているぐらい経理の仕事は企業にとって重要な仕事になります。

その経理の仕事をしていく上で大事になってくるのが簿記なのですが、簿記2級を取得することで大企業でも即戦力で働ける可能性があり、年収アップの転職も可能となります。

簿記2級の合格率は約10%〜約40%前後とばらつきはありますが、きちんと学習し試験に望むことができると合格できる資格となっています。

ぜひ経理の仕事をしてみたい人やお金に関する知識をつけたい人は日商簿記検定2級の取得を目指してみてください。

第2位 ファイナンシャルプランナー

続いてはファイナンシャルプランナー(いわゆるFP)という資格になります。

FPとは「家計のホームドクター」と呼ばれることがありますが、ライフプランに関するさまざまな知識を得ることができます。

FPに相談できることとしては、家計管理や教育・生活資金や年金や社会保障など税金に関すること、老後の生活設計や資産運用などお金に関する悩みを解決することができます。

FPを取得しておくことで、銀行や不動産仲介などお客さんから直接お金に関することを相談される際に相談者の方に安心を与えることができ、あなたに相談したいと指名してくれるようになるでしょう。

FPには学科と実技がありますが、どちらも合格率は他のものに比べると比較的高いため、きちんと学習することでしっかり取得できる資格です。

簿記と同様にお金に関する知識として取得するにはとても良い資格となっていますし、

独学でも十分取得できる資格となっていますので、まずは本屋さんに行って参考書などを手にとってみましょう。

独学だと不安な方はスクールなどを受講して確実に資格取得できるように学習環境を整えていきましょう。

第3位 プログラミング

プログラミングスキルを習得することで年収アップは確実にできるといっても過言ではありません。

インターネットがないと仕事が進まない現代で、プログラミングスキルを習得している人はかなり重宝されていますし、

これからさらにIT化が進んでいくためプログラマーの需要はどんどん高まっていきます。

システムエンジニアになるためにはまずはプログラマーとしてプログラミングができないといけませんし、プログラマーとしての実績を積んでいくことでシステムエンジニアのポジションまでいくことができます。

プログラミングといってもWEB開発言語やアプリ開発言語、自動化の仕組みを作る言語などさまざま。

そのため、自分がどんなことをやっていきたいのかを明確にしてからプログラミング言語を選んで学習していく必要があります。

ただし、プログラミングの習得には先ほど紹介した資格より多くの時間が必要です。

また、独学では学習していて迷った時やわからないことがあったときに調べてもわからないことを教えてくれる環境が必要だと思います。

そのため、確実に習得したい人やわからないことがあったら調べるよりも人に聞きたいという方はスクールに通って習得することをおすすめします。

▶︎未経験からエンジニアへ。転職保証付きスクール「無料カウンセリグ」へ申し込む

第4位 中小企業診断士

中小企業診断士とは中小企業の経営に関する問題や課題を解決に導く専門家であり、経営コンサルタントとして活躍している人が持っていることが多い国家資格となります。

中小企業の経営において、経営状況を診断・経営について助言といったように中小企業の経営者と密接に関わっていき、企業を成長させていく仕事になります。

そのため専門的な知識も必要になりますが、さまざまな企業や銀行などの金融機関と連携を取る必要があるため、幅広い知識と対応能力が求められるのです。

中小企業診断士を取得するためには、3つの試験に合格しないといけません。

1次試験、2次試験(筆記・口述)、実務補習・実務従事の3段階となっているため非常に取得難易度の高い資格と言えます。

ですが、経営コンサルタントとして唯一の国家資格のため取得することができると、経営コンサルタントとして活躍することができるのはもちろん、企業からの信頼を得ることができます。

経営コンサルタントとして仕事していきたいと考えている方は資格取得難易度はとても高く、取得までに時間をかけることになりますが取得するととてもコスパの良い資格となっています。

第5位 宅建

こちらの資格は不動産業界で働いている方なら一度は耳にしたことがある資格だと思います。

宅建は不動産の知識を幅広く学ぶことができ、不動産の売買に関する業務や仲介業務など不動産に関する業務を行えるようになります。

また、資格取得することで確実に年収アップに繋がり転職するにも有利な資格であると言えるでしょう。

宅建の合格率は10%〜20%と言われておりますが、宅建は簿記やFP同様に独学でも十分に取得できる資格となっていて不動産の知識がない方でも比較的短時間で取得できる資格です。

不動産業界で働いている方や不動産業で独立を考えている方は必須ですが、取得することで年収アップに繋げることができます。

第6位 TOIEC

今やTOIECは英語のスキルを測る上で一つの指標となっているぐらい有名な資格となっています。

企業選考でもTOIEC何点以上というように募集要項に記載があるほど知名度の高い資格ですが、TOIECは種類が5つあります。

この5つの中で一般的となっているのはTOIEC(Listening&Reading)であり、990点満点で評価されます。

TOIECが600以上あると海外事業部など海外で活躍することができるレベルです。

TOIECは2時間で200問解答しなければならないため、時間配分と正確に解答しながらスピードも求められるというようにとても時間に厳しい資格と言えます。

ですが、問題を何度も解いて試験に慣れることで高得点を取ることに繋がりますし、英語力も一緒に高めていくことができるため、外資系の企業に勤めている方やそれ以外の方でも英語力を高めていくにはとても良い資格と言えます。

第7位 一級建築士

最後に紹介するのは一級建築士です。

主な業務として建築物に関して設計や工事管理、その他の業務を行いますが、これらの業務を独占して行うことができるという点があります。

これまで紹介してきた資格の中で一番取得難易度が高い資格であり、一級建築士は他の資格と異なり、実務経験が必要となる資格です。

時間はかかりますが建築の知識がない方でもきちんと規定の実務経験を積むことで取得することができる権利を得ることができます。

建築物の設計をやりたいと考えている方は取得すると仕事の幅が格段に広がりますので、取得するのをおすすめします。

一級建築士の試験は一次試験(学科試験)と二次試験(製図)があり、取得難易度が高いため、独学で学ぶよりスクールに通ってきちんと指導を受けたり、製図での質問などきちんと自分が理解できるまで学習するのがおすすめです。

年収アップに有利な資格を取る時のポイント

年収アップに有利な資格を取る時のポイント

ここで資格を取るときのポイントを3つお伝えしたいと思います。

これから紹介するポイントはどれも資格を取る前にしておくと、資格を確実に取れるようになりますので、きちんと確認しておきましょう。

資格を取るメリットを押さえる

ポイントの1つ目は「資格を取るメリットを押さえる」です。

紹介してきた資格を取得するためには学習する時間を確保しなければなりません。

そのために、今までやっていたことをやめて時間を作る必要があり、資格を取得することで自分にどんなメリットがあるのかをきちんと整理しておく必要があります。

資格取得のメリットは年収アップはもちろん、昇進の機会を得ることにも繋がり、それに伴い上司からの信頼も確保することができます。

このように資格を取得することで得られるものは1つとは限りません。

自分が資格を取得することで得られるメリットを把握することでモチベーションのアップにも繋がりますので、きちんと整理しておくようにしましょう。

事前調査を欠かさない

ポイントの2つ目は「事前調査を欠かさない」です。

資格を取るメリットの話をお伝えしましたが、それと同じぐらい取得する資格の調査が必要になります。

資格取得にかかる時間や受験料、参考書費用やスクール費用など取得予定の資格のことをきちんと調査し、資格取得のための学習を無理することなく行うことができるのかを把握していきましょう。

資格について調べ、資格取得のメリットに合致しているかを確認することで学習のモチベーションを高く維持することができます。

資格を取る計画をしっかりと作る

最後のポイントは「資格を取る計画をしっかりと作る」です。

資格を取るメリットと事前の準備が整ったら、その資格を取得するための計画を立てる必要があります。

計画を立てることで日々の進捗を確認することができたり、計画に対して遅れているのであれば試験日を遅らせたり、進んでいるなら早めたりと調整することができます。

計画を立てるときはカレンダーにきちんと記録しておくことで、記憶に頼ることなく毎日コンスタントに学習することができるでしょう。

計画に遅れが出ていたりするときは、必ずその計画をもう一度見直してその時の自分に合った計画に変更するようにしましょう。

最初立てた計画を遂行するのも大事ではあるのですが、自分の体調がすぐれない時や急な仕事の時など予定は急に変更になります。

そんなときは無理することなく計画を変更し、資格を確実に取れるように学習していく必要があります。

年収アップできる資格の取り方とは?

年収アップできる資格の取り方とは?

資格を取る時のポイントを紹介しましたが、ポイントと同様に考えていただきたいのが資格取得する時の学習方法になります。

学習方法を変えることで、資格取得を格段に上げることもできるので、学習計画の時にきちんと学習方法まで決めるようにしましょう。

独学で学ぶ

まずは、独学で学ぶ方法になります。

独学は学生時代に一人でも勉強することができていた人におすすめする学習方法になります。

独学は孤独、己との戦いとなりやすく、しっかり資格取得の計画を立てたにも関わらず挫折しやすい学習方法になります。

ですが、一人でも学習できる方にとっては自分のペースで学習することができますし、時間を設定することで効率よく学習することができます。

通信講座を利用する

次は通信講座を利用する方法です。

通信講座とは独学よりも先行投資の額が高いため、学習の意欲やモチベーションを維持しやすい環境になります。

独学同様、学習環境に注意を払う必要がありますが、独学より資格取得のサポートがしっかりとしていたり、次に紹介するスクールに通うより費用も押さえることができます。

独学では少し不安という方は通信講座を検討するのをおすすめします。

スクールに通う

最後はスクールに通う方法です。

独学や通信講座に比べると初期費用が高いですが、自分で学習できない人や分からないことをすぐ教えて欲しい人にとってはとても有効な学習方法となります。

初期費用が高いかもしれませんが、短期集中し確実に資格を取得することで早々に年収アップすることができ、初期費用分を取り戻せます。

そのため、早く資格取得したいと思う方にとっては一番有効的な自己投資となります。

▶︎未経験からエンジニアへ。転職保証付きスクール「無料カウンセリグ」へ申し込む

年収アップを狙うならIT系がおすすめ

年収アップを狙うならIT系がおすすめ

資格取得することで年収アップすることができるのは事実です。

今の職種で頑張って資格をとっていくことで確実に年収をあげていくことができます。

ですが、比較的年齢が若い方にとっては今の業種からIT系の業種に転職することでも年収アップすることが容易にできてしまいます。

プログラミングの部分でも述べましたが、現代はIT系の企業が右肩上がりで成長していて、成長している企業で働くことで会社と共に自分も成長し年収もあげていくことができます。

今はどの業界、どの分野が成長していて、どの資格を取得するとより多くの年収アップに繋がるのかもきちんと調べておくと良いです。

IT業界の年収は高い

IT系の企業に就職したり、転職したりすることのなにが良いかを紹介していきたいと思います。

まず、IT企業やIT業界全体で市場価値が拡大していて、求人の募集が多いことが挙げられます。

求人の募集が多いということは、それだけ人が不足しているということで高い給料でも人を雇いたいという企業側の意図があります。

そのため、まずはIT企業に就職しスキルを磨き資格を取得することでどんどん年収を上げていくことができます。

プログラミングスクールに通うと効率的に学べる

未経験からプログラミングに通うのは不安という方はプログラミングスクールに通うのをおすすめします。

未経験の方にとって、分からないことをきちんと教えてくれる環境が整っていたり、自分に合ったプログラミング言語を学習することができるのはプログラミングスクールの最大の魅力となります。

また、未経験からの就職ができるように企業に紹介してくれるプログラミングスクールが増えてきているため、安心してプログラミングスキルを身につけることだけに集中できるようにもなっています。

▶︎未経験からエンジニアへ。転職保証付きスクール「無料カウンセリグ」へ申し込む

転職エージェントを利用して相談してみる

IT企業へ転職したいけれどどうしていいか分からないという方にとっては、転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職サイトと違い、エージェントの方がきちんと相談に乗ってくれたり、自分に合った企業を紹介してくれたりと充実したサポートを受けることができます。

IT業界も幅広いため、自分に合った企業を一緒に探してくれる転職エージェントは初めて転職する方にとってはとても素晴らしい転職方法になります。

転職エージェントは転職サイト同様全て無料でサポートしてもらえるし、登録する転職エージェントによって強い業界、弱い業界があるので、自分に合う転職エージェントに登録し転職活動をやっていきましょう。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

まとめ

取得する年収アップが狙える資格は以下の7つになります。

  • 日商簿記検定2級
  • ファイナンシャルプランナー
  • プログラミング
  • 中小企業診断士
  • 宅建
  • TOIEC
  • 一級建築士

紹介してきたように上記の資格を取得することで年収を上げていくことができます。

自分がなぜ年収を上げたいのかをきちんと理解してから資格を取得していくのも良いですし、資格取得にこだわるのではなく転職して業界を変えてみてから、その業界にあった資格取得するのも良いでしょう。

自分に合った資格、勉強方法で資格を取得して、自分の市場価値を上げていくことで、年収もアップしていきます。

ぜひいろんなことを視野に入れて、資格や仕事を探していきましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました