仕事辞めたいと毎日思うあなたへ。具体的な対策と解決策を解説

仕事辞めたいと毎日思う時の対処法 退職

仕事を毎日辞めたいと考えてしまう。

今の仕事は向いていないかもしれない。

そのようなことをお考えではないでしょうか。

社会人になって普通に働けば、大体40年くらいは労働することになります。

そのような長い期間を辛い思いで過ごすのは、非常にきついでしょう。

そこで、今回の記事では「仕事を毎日辞めたいと思う時の対処法」にいて解説します。

仕事を毎日辞めたいと考えてしまう原因や対策について解説します

この記事を読めば分かること
  • 仕事を辞めたいと思う原因
  • 仕事を辞めたい時の対処法【パターン別】
  • 仕事を辞めるときの注意点

仕事辞めたいと毎日思ってしまう原因は?

具体的な対策について解説する前に、そもそも仕事を辞めたいと思う理由とはどのようなものなのでしょうか。

以下ではその原因について解説します。

  • 職場の人間関係が辛い
  • 仕事にやりがいを見いだせない
  • 給料が低い
  • 他にやりたいことがある
  • 労働時間が長すぎる

職場の人間関係が辛い

まず、多くの方が悩む要因として、「人間関係」が挙げられます。

職場の人間関係に悩むのは、社会人になれば誰しもが経験したことのあることではないでしょうか。

実際、僕自身も何度も悩みました。

職場には毎日行くことになるので、他の人との関係があまり良くないと精神的にかなりきついですよね。

仕事を辞めたい理由でかなり多いのが、人間関係の悩みです

仕事にやりがいを見いだせない

次に、仕事にやりがいを見いだせないということも理由として挙げられます。

新卒で会社に入社したものの、自分が思っていた仕事ではなかったり、実際にやってみると面白みがないものだったということもあるでしょう。

やはり、実際にやってみなければ分からないことも多いです。

やりがいを見いだせないと感じるのであれば、他の職種を検討してみるのも選択肢と言えます。

日々の仕事にやりがいを見いだせず、辞めたいと感じている方も多いです

給料が低い

金銭的な不満を持っており、会社を辞めたいと感じているケースもあります。

入社して働き始めると、事前に受けていた説明よりも収入が低かったり、昇給による収入アップが期待できないということもあるでしょう。

先輩や上司を見れば自分の将来の収入に大まかな予想がつきます。

明らかに収入が上がらなそうだと感じるのであれば、早めに見切りをつける姿勢も必要かもしれません。

上司は将来の自分自身。将来的にその上司のような存在になりたいかどうかを見ることで、判断に役立つはずです

他にやりたいことがある

仕事を続ける中で、他にやりたいことが見つかったという場合もあるでしょう。

実際、この記事を書いている僕自身も最初は教師からスタートしました。

しかし、仕事をする中で教育よりもスキルや収入アップを狙えるITの世界に行きたいと考えるようになったのです。

誰しも、最初はやりたいことをよく分かっていません。

仕事を続ける中で、自分が本当にやりたいことを見つけた場合には方向転換するのも良いでしょう。

学生時代にはよく分からなかったやりたいことが、働く中で明確になることもあります

労働時間が長すぎる

この他にも、仕事にやりがいはあるものの、労働時間が長すぎて辛いというケースも。

どれだけやりたい仕事であったとしても、長すぎる労働では身も心もボロボロになります。

特に平日は遅くまで働き、土日も関係なく出社しているケースでは危険です。

気持ちはまだまだできると感じていても、急に限界が来て動けなくなることもあります。

あまりにもライフワークバランスが崩れていると感じたら、調整したり、転職も視野に入れましょう。

仕事内容に不満はなくとも、労働時間が長すぎて辞めたいと考えるケースもあります

仕事を辞めたいと毎日思う時の対処法は?

では、仕事を辞めたいと考えている場合にはどのようなことを行えば良いのしょうか。

具体的な対策としては次のことを解説します。

  • まず行うべきは自己分析
  • 現状に不満がある場合の選択肢
  • 特に理由はないけど辞めたい時

まず行うべきは自己分析

まず初めに、今の仕事を辞めたいと考えているのであれば、自己分析を行いましょう。

自分が置かれてある状況を上手く把握できなければ、これからどうすべきなのかを考えることができません。

自己分析としては、例えば次のようなことを行ってみると良いです。

自己分析の例
  • 自分は何を辛いと感じているのか?
  • 本当にやりたいことは何か?
  • 問題はどのようにすれば解決するのか?
  • 現状から逃れるためには何をすれば良いか?
  • 退職すべき問題かどうか

こうしたことを分析することにより、自分の置かれている立場を明確にすることができます。

上記のことを紙に書き出してまとめるだけで良いので一度試してみてください。

抱えている問題や自分自身の悩みを視覚化するだけでも、気持ちが落ち着くはずです。

まずは簡単で良いので、箇条書きにして今の気持ちや状況をまとめましょう!

現状に不満がある場合の選択肢【パターン別】

自分の気持ちや状況を把握することができれば、状況別に具体的な対処を行っていきます。

以下ではそれぞれのパターン別の対策法を解説します。

  • 職場の人間関係が辛いとき
  • 仕事にやりがいを感じない時
  • 収入に不満がある時
  • 労働時間に不満がある時

職場の人間関係が辛いとき

職場の人間関係が辛いときには、以下の3つの対策方法があるでしょう。

職場の人間関係が辛いときの対策法
  • 他の人に悩みを聞いてもらい、気持ちを楽にしつつ頑張る
  • 部署内で異動ができないか相談する
  • 転職する

仕事上で関わっている人との折り合いがつけにくい場合、基本的には「誰かに相談しながら耐える」か、「環境を変える」しか方法がないです。

このうち、耐えるパターンは上司や同僚、友達に相談しながら日々過ごすしかありません。

この方法は、根本的な解決には繋がらないのでおすすめできないと言えます。

それよりも、部署内で異動できる場合は人事や上司に相談して環境を変える努力をした方が良いでしょう。

もし、小さい会社で異動が厳しいようであれば、転職するしかありません。

そもそも、部署異動もできず、身動きが取れないのにパワハラやセクハラなどを行ってくる人がいる会社はかなり問題がある可能性が高いです。

早めに見切りをつけて環境を変えるようにしましょう。

人間関係が辛い場合、耐えるか環境を変えるしか方法はありません

仕事にやりがいを感じない時

仕事にやりがいを感じない時には以下の3つの選択肢があります。

やりがいを感じない時の対策
  • 仕事と割り切ってプライベートで楽しみを見つける
  • 真剣に仕事に打ち込んでみる
  • やりがいを感じる仕事に転職する

まず、仕事はお金のためと割り切ってしまい、プライベートのみで楽しみを見つける方法です。

完全に割り切ってしまえるのであれば、作業的に仕事をこなすというのもアリです。

ただし、多くの人はそうした方法でストレスを軽減するのは難しいと思います。

ですので、一度仕事に没頭してみるのはいかがでしょうか。

つまらない仕事でも、一生懸命頑張って成果を出せばやりがいも生まれます。

また、結果を出すことで周囲から認められ、やりがいに繋がることもあるでしょう。

そのため、割り切れない場合にはまず仕事に打ち込むのが有効です。

しかし、それでもやりがいを感じない場合、そもそも今の仕事に向いていない可能性があります。

どれだけやっても向いていない仕事で成果を出すのは難しいです。

おおよそ、3ヶ月〜半年くらい全力で仕事をしても結果が出ないのであれば、他の仕事を検討してみても良いでしょう。

どうしてもやりがいを感じないのであれば、ひとまず没頭して仕事に取り組んでみましょう!それでもダメなら、転職を検討するのが良いです

収入に不満がある時

収入に不満があるケースでは、次の対策があります。

収入に不満がある時の対策
  • 成果を出して出世する
  • 将来性がない会社であれば転職を検討する
  • すぐに収入アップが見込めないのであれば、スキルアップする

一番身近な方法としては、今の職場で成果を出して出世することでしょう。

懸命に働き、結果を出すことで収入アップを狙うことができそうであれば、まずは仕事に打ち込むのが良いです。

しかし、上司を見てもそうした可能性が感じられないことも多いはず

会社そのものが儲かっていなかったり、業界そのものに将来性がない場合にはどれだけ努力しても報われません

そうしたケースでは、できるだけ伸びている業種へ転職するのがおすすめです。

2021年現在、最も伸びているのはIT業界であることは明白と言えます。

ですので、スキルアップをしながらIT職を目指してみるのはかなり現実的な手段でしょう。

プログラミングスクールなどに通ってスキルアップをしつつ、転職を進めるのは現実的な手段です。

もしこれからスクールを検討するのであれば、RaiseTechの無料説明会でスクールの情報やIT業界の全体像の説明を聞くことができます。

Raisetechホームページ
参考:Raisetechホームページより

興味がある方は以下のリンクから無料説明会に申し込んでみてください。

労働時間に不満がある時

労働時間に不満がある場合には、以下のことを実践してみましょう。

労働時間に不満がある時の対策
  • 仕事の効率化を図る
  • 残業体質の会社なら転職エージェントを活用して転職する

まず、労働時間があまりにも長すぎる場合、自分自身の努力でどうにかなりそうであればまずは効率化を図ることをおすすめします。

例えば、to doリストを作ったり、ツールを導入するなど、早く仕事を終わらせるための対策を行ってみるのが良いでしょう。

仕事の進め方に問題がある場合は効率を高めることで解決することができます。

しかし、もしも問題が会社にある場合には転職するのが良いです。

例えば、以下のようなケースです。

会社そのものに問題があるケース
  • 仕事も残っていないのに残業しないといけない空気がある
  • どう考えても勤務時間内に終わる仕事量ではない
  • 土日出勤が常態化している

このようなケースでは、自分がどう頑張っても解決不可能です。

僕も教員時代は居残って残業するのが良いという空気感があり、仕事もないのに残らされていました。

そうした会社に勤めているのであれば、今のうちから転職エージェントを利用してライフワークバランスの整った会社を見つけるのが有効です。

転職エージェントはサポートを受けながら転職活動を進めることができます。

登録は無料で行えるので、登録だけしておいて情報を集めるのも良いでしょう。

リクルートエージェントへ無料登録

退職する前に、まずは転職エージェントに登録しておき、求人情報などを集めておくようにしましょう。事前に準備しておくことで、ストレスなく退職することができます。

▶︎リクルートエージェントに申し込む

労働時間が長いのは自分のせいなのか、それとも会社のせいなのか。見極めるのが大切ですね。

仕事を辞める時の注意点は?

上記では仕事を辞めたい時の対処法について具体的に解説しましたが、辞める前に注意すべきこともあります。

以下のことを事前に理解しておきましょう。

  • 転職する前に大まかなキャリアプランを立てる
  • 退職する前に転職活動を始める
  • 引き継ぎまでしっかりと行う

転職する前に大まかなキャリアプランを立てる

まず、大まかで良いのでキャリアプランを明確にしておきましょう。

具体的には次のことは決めておくのが良いでしょう。

事前に立てておくべきキャリアプラン
  • 10年後にはどうなっていたいのか
  • 目標とする収入やそれを達成するための業種
  • 身につけたいスキル、スキルを身につけるまでの期間

ざっくりで大丈夫なので、こうしたプランを決めておくことで今後の方針を定めることができます。

また、転職活動においても重要な指針となるので、必ず計画しておくようにしましょう。

大まかなキャリアプランは練っておきましょう

退職する前に転職活動を始める

次に、退職してしまう前に転職活動を進めておくことをおすすめします。

退職してから転職活動を始めれば良いと考える人もいますが、それだと無職期間を挟んでしまうので無収入になってしまう可能性もあるでしょう。

そのため、在職中に転職エージェントを利用して転職先を見つけておけばスムーズです。

収入のない状態で転職活動を行えば、精神的にも焦ってしまい、「とりあえずここで良いか」という曖昧な気持ちで進路を決めてしまいかねません。

余裕を持って活動を進めるためにも、早めに転職エージェントに登録しておくようにしましょう。

在職中にエージェントを利用して転職活動をしましょう!

リクルートエージェントへ無料登録

退職する前に、まずは転職エージェントに登録しておき、求人情報などを集めておくようにしましょう。事前に準備しておくことで、ストレスなく退職することができます。

▶︎リクルートエージェントに申し込む

引き継ぎまでしっかりと行う

最後に、円満退職するためにも引き継ぎ作業はしっかりと行うようにしましょう。

引き継ぎを曖昧にしてしまうと、後の人に迷惑が掛かるだけではなく、転職してからも連絡が来る可能性があります。

適切に対応し、立つ鳥跡を濁さずという姿勢を忘れないことが大切です。

引き継ぎまでしっかりと行いましょう!

仕事辞めたいと毎日思うのであれば、退職代行も選択肢

退職代行jobs

仕事を辞めたいと感じているものの、ブラック企業で退職を言い出しにくい場合もあるでしょう。

そのような方は、退職代行を利用するのも選択肢の一つです。

退職代行を利用することで、即日でストレスなく退職を実現させることもできます。

退職代行jobsはカウンセリングも行ってくれますので、どうしても辛い方は以下のリンクから相談してみてはいかがでしょうか。

退職代行jobsお申し込み

退職代行jobs・・・顧問弁護士による心理カウンセリングが受けられます。365日即日対応!

まとめ

今回の記事では、仕事を辞めたいと毎日思う時の対処法を解説しました。

まとめ
  • まずは一生懸命仕事を頑張ってみる
  • それでもダメなら環境を変える努力をする
  • 転職エージェントを有効活用する
  • 最終手段として退職代行も選択肢

基本的に努力してみてダメなら環境を変えるというスタンスが良いでしょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました