20代で仕事を辞める理由とは?仕事を辞めようと感じたら読むべき記事

20代で仕事を辞める理由 退職

「会社に行くのが辛い。。。」

「仕事の量と給料が合わないように感じる。。」

「就職したばかりだけど仕事が合わない」

このようなことを感じたことはないでしょうか。

少し前までは仕事を辞めることに対してネガティブなイメージを持っていた方もいると思います。

ですが、これからは転職が当たり前の時代になっていきます。

この記事を読んでいただくことで仕事を辞めることに対してのイメージを変えていただければ幸いです。

20代で仕事を辞める理由5選

20代で仕事を辞める理由5選

それではさっそく仕事を辞める理由について見ていきましょう。

仕事を辞める理由5選

  • 労働条件や会社のやり方が合わない
  • 人間関係で問題が起きた
  • 仕事へのやりがいを感じない
  • 現状への不満や会社の将来に不安を感じる
  • 仕事についていけない(仕事が合わない)

上記の理由のどれかに当てはまったことで仕事をやめてしまう人が多いのではないでしょうか。

それではひとつずつ詳しく見ていきましょう。

労働条件や会社のやり方が合わない

まず紹介するのは労働条件が合わないことです。

労働条件にもさまざまありますが、自分の意図とは違うことをされてしまうと不満を感じてしまいます。

それがあまりにもひどい条件だと自主退職を選ぶという方もいるでしょう。

会社のHPや会社説明会などで聞いていることと違うことは多くあり、会社に入ってみないとわかりません。

入ってからでは遅いときは、働いている人に話を聞くなどして実際の状況を確認しましょう。

会社に入ってなんか違ったから辞めたということでは、次の会社も同じような理由で辞めてしまうので気をつけましょう。

人間関係で問題が起きた

人間関係が原因で仕事を辞めてしまう人は少なくないでしょう。

人間関係によって精神を病んでしまったり、人間不信になってしまう人もいます。

それほど人間関係は重要なのです。

人間関係が苦手な人でしたらなるべく人と関わらない仕事を選んだり、別の仕事では良い人間関係を築けるかもしれないと考える必要があります。

精神を病んだり、人間不信になってしまう前に仕事を辞めて休養するようにしましょう。

仕事へのやりがいを感じない

次は仕事へのやりがいについてです。

仕事が作業になってしまっている人や仕事が面白くないと感じている人は、仕事へのやりがいを感じにくくなってしまいます。

仕事のやりがいは仕事のモチベーションにも繋がり、仕事に対しての姿勢も変わってきます。

 自分がやりがいを感じないと判断したら、別の部署への移動や転職を視野に入れて行動してみましょう。

現状への不満や会社の将来に不安を感じる

仕事へのやりがいを感じなかったり、労働条件が悪かったりなど働いている会社に対して不満を感じるようになります。

また世の中の情勢などにより会社の経営が不安定になると、働いている人達にとっては不安を感じます。

このように会社に対して不満や不安を感じ始める場合は、転職を始めた方が良いでしょう。

終身雇用ができないようになっていく時代なので、一つの会社に依存しないようにしましょう。

仕事についていけない(仕事が合わない)

最後は仕事についていけなかったり、仕事が合わなかったりすることが理由です。

これについては自分の能力が追いついていないこともあるので、難しい問題ではありますが自己分析をすることで自分が何を得意としているのかを知ることができます。

その得意な分野の仕事へ転職したり、部署を移動したりすることで仕事についていけないことや仕事が合わないことを解決することができます。

仕事が合わなかったり、ついていけないなと感じた方は自己分析をしてみましょう。

あなたに合った仕事が見つかります。

20代で仕事を辞めるメリット、デメリット

ここからは20代で仕事を辞める際のメリットとデメリットについて紹介していきます。

この部分は辞める前に十分に考慮した方が良い部分になります。

会社に居続けることのメリットデメリット、辞めることのメリットデメリットを十分に考えていただき、決断するようにしましょう。

今回はメリット、デメリットを3つずつ紹介していきます。

メリット

メリットは以下の3つになります。

  • 25歳までなら第2新卒で働ける
  • 新しい職種でのスキルや知識を身に付けることができる
  • 転職しやすい情勢

それでは詳しくみていきましょう。

25歳までなら第2新卒で働ける

25歳までなら転職先の会社で第2新卒として仕事をスタートすることができます。

第2新卒は新卒という貴重なステータスを維持しながら、新しい会社で新卒としてのスタートをすることができるのでとても大事にした方が良いです。

25歳は働き始めて3年という期間ではあるので、3年で自分が入った会社と合うのかを見極める必要があります。

また20代は転職する際に未経験でも受け入れてくれる会社が多いので、若さという自分の武器を存分に使いましょう。

新しい職種や業界でのスキルや知識を身につけることができる

20代での転職は比較的転職しやすいので、未経験の職種や業界へ挑戦することができます。

そのため、新しい職種や業界でのスキルや知識を身につけることができるので、自己分析で見つかった得意なことや好きなことを仕事にすることに挑戦できます。

今の会社でスキルや知識が身につかないと感じたら、身につくことができる会社へ転職して自分を成長させていくようにしましょう。

スキルや知識を吸収しやすい20代のうちにさまざまなことを吸収していきましょう。

転職しやすい情勢

今は転職に対して悪いイメージを持つ人は減ってきていて、転職が当たり前の時代になるとも言われています。

現状、スキルアップや未経験の職に挑戦するといった形での転職は増えてきています。

一つの会社に居続けなければいけないということはないので、転職に対しての悪いイメージは捨てましょう。

そして自己成長につながる転職はどんどんしていき、自分の市場価値も高めていきましょう。

デメリット

デメリットは以下の3つになります。

  • 在籍期間が短すぎると企業からの印象が悪い
  • スキルや知識が身につかない
  • 退職金がない

それでは詳しくみていきましょう。

在籍期間が短すぎると企業からの印象が悪い

在籍期間があまりにも短すぎると転職活動も厳しくなっていきます。

会社側は採用活動にお金をかけて、人材育成にも費用をかけているため長く働いてくれる人材を採用します。

そのような意図が汲み取れず会社をすぐに辞めてしまっては、転職での印象はあまり良くありません。

無理に長く在籍することもありませんが1週間や1ヶ月と短い期間だと、自分の会社に入っても同じことをされるのではないかと企業側は考えているので、そこは知っておきましょう。

スキルや知識が身につかない

次に20代で仕事を辞めてしまうと、スキルや知識がそこまで身につかず中途半端になってしまう可能性があります。

全く別の新しい業界や業種へ転職するならそこまで重要になりません。

ですが、同じような仕事をしようとし転職をする際には、必ずと言っていいほど前職でどんなスキルや学びについて質問されます。

自分は今どんなスキルや知識を持っているかを改めて知っておくことで、それを生かすのか生かさないのかを判断することができます。

退職金がない

最初から退職金がない会社は例外ですが、退職金は勤続何年以上と定められていてそれに未達だと退職金はありません。

退職金があるのとないのでは、辞めた後の生活が楽になるか苦しくなるかを分けてしまいます。

退職する前には、きちんと就業規則を読んで円満退社し退職金がもらえるのであれば、きちんと申請しましょう。

退職金をあてにするのは危険ですが、退職金があると少し心が楽になるので転職先が退職金があるのかないのかは調べておきましょう。

退職するときの注意点

最後に退職するときの注意点について以下の4つを紹介します。

  • 退職理由は本音と建前を使い分ける
  • 転職先が見つかってから退職する
  • 自分の適性や市場価値を知っておく
  • 今の状況をきちんと書き出して転職の判断をする

上記の注意点を見逃していて円満に退社することができなかったり、焦って転職先を決めてしまったりしてしまいます。

そうならないためにも4つの注意点は知っておきましょう。

退職理由は本音と建前を使い分ける

退職の理由は本音と建前を使い分ける必要があります。

これは在籍している会社と転職先の会社の両方に対して当てはまります。

自分が本当に思っている退職理由を正直に会社に伝える必要はありません。

ですが、ここは本音を伝えた方が良いところと建前を使った方が良いところの見極めが必要です。

建前ばかり使っていると疑ってしまうので、本音と建前を織り交ぜながら上司や面接官に退職理由を話すようにしましょう。

転職先が見つかってから退職する

転職先が見つかってから退職する方が退職後の生活を不安に思うことはありません。

転職先が決まったらすぐに現職の会社に退職の意向を伝え、退職後すぐに転職先で仕事ができるようにしましょう。

退職願を提出してから2週間ほどで退職できる会社もあれば、1ヶ月前に退職願を提出しなければならない会社もあるので、きちんと就業規則をみて退職願をいつまでに出さないといけないかを知っておきましょう。

在籍期間が被ってしまったり、入社がずれてしまうというのは会社の信用を失ってしまうので注意しましょう。

自分の適性や市場価値を知っておく

自分の適性や市場価値を知るには自己分析と転職エージェントとの面談が重要になります。

自己分析をすることで自分の適性はもちろん、得意なこと・好きなこと・大事にしていることを知ることができ、どんな仕事をしたかったのかを再認識できます。

転職エージェントとの面談では今の自分の市場価値について知ることができたり、エージェントと話をすることで自分の考えを整理することもできます。

自己分析のアプリや転職エージェントを活用して、転職活動をよくしていきましょう。

今の状況をきちんと書き出して転職の判断をする

先ほど紹介した仕事を辞めるメリット・デメリットを自分に当てはめて考え、自分の現状をノートや紙に書き出しましょう。

頭で考えているだけでは見えてこなかったものが、紙に書き出すことで見えてくることもあります。

書き出したことを見て今転職した方が人生がよくなるのか、それとも今の会社でここまでのスキルを手に入れてからでもいいのかなどを判断しましょう。

一時の判断で間違った選択にならないよう、現状を書き出すことをおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は仕事を辞める理由について紹介してきました。

仕事を辞める理由はさまざまありますが、退職の理由が同じ理由で何回も転職していると成長できない可能性が高い人と思われてしまいます。

今回紹介した理由を解決できるように転職活動を行うことで、より良い環境で仕事ができたり、より良い人間関係で働くことができるようになります。

自分が仕事を辞める理由をきちんと把握して、同じような理由で辞めるのではなく自分がステップアップするための退職になるようにしましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました