40代におすすめの転職エージェント5選!上手な活用方法なども紹介

40代におすすめの転職エージェント 退職

40代になってからの転職をする際、どの転職エージェントを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

また「40代向けの求人は少なそうだし、転職が上手くいかなかったらどうしよう…」と不安に感じる人もいるのではないでしょうか。

そこで、今回の記事では40代の人におすすめの転職エージェントや、40代の人が転職エージェントを利用する際のポイントなどについて、詳しく解説していきます。

  1. 40代の人におすすめの転職エージェントランキング
    1. 1位:リクルートエージェント【求人数No.1の業界最大手】
    2. 2位:ビズリーチ【ハイクラス転職なら登録はマスト】
    3. 3位:dodaエージェント【求人数が多くサポートも手厚い】
    4. 4位:パソナキャリア【求人とサポートの質に定評あり】
    5. 5位:JACリクルートメント【外資系・ハイクラス求人に強い】
  2. 40代の転職は「転職活動の質」が成功のカギ
  3. 転職エージェントを利用するメリット
    1. 求人情報を余すことなく確認できる
    2. 転職活動に関する幅広いサポートが受けられる
    3. 客観的に見た自分の市場価値がわかる
  4. 転職エージェントを利用するデメリット
    1. 自分のペースで転職活動をしづらい
    2. キャリアアドバイザーの質にバラつきがある
    3. 転職が上手くいかなかった際に他責思考になりやすい
  5. 40代で転職エージェントに登録する際のポイント
    1. 複数のエージェントサービスに登録し利用しながら比較する
    2. 進みたい道があるなら特化型エージェントにも登録する
    3. 登録する前にある程度の転職準備を行っておく
  6. 40代の人が転職エージェントを上手に活用するコツ
    1. 転職活動は自分から能動的に動く
    2. 希望条件の優先順位を整理しておく
    3. キャリアアドバイザーに不満を感じたら変更も可能
  7. 40代で転職エージェントを利用する際の注意点
    1. 転職の希望時期は可能な限りの最短を伝える
    2. 経歴・スキル・年収などの申告は正直に
    3. キャリアアドバイザーが作成した推薦文を確認する
  8. まとめ
      1. カケル
      2. 最新記事 by カケル (全て見る)

40代の人におすすめの転職エージェントランキング

早速ですが、ここからは40代の転職におすすめの転職エージェントを紹介します。

おすすめのエージェントサービスは、下記を基準にランキング形式で紹介します

ランキングの基準
  • 保有する求人数の多さ
  • 転職活動のサポートの充実度
  • 求人提案の的確さ

1位:リクルートエージェント【求人数No.1の業界最大手】

求人数(2022/02/25時点)公開求人 169,332件/非公開求人 225,417件
こんな人におすすめ多くの選択肢の中から転職先を選びたい最も人気の高く間違いない転職支援を受けたい

リクルートエージェントは、数ある転職エージェントの中で最も求人数が多く、業界最大手と言われる人気のエージェントサービスです。

公開求人の多さはもちろん、非公開求人の数も10万件以上(※2021年8月時点)と圧倒的に多く、転職支援実績も豊富。

転職活動をするなら、必ず登録をしておくことをおすすめします。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

2位:ビズリーチ【ハイクラス転職なら登録はマスト】

求人数(2022/02/25時点)72,318件
こんな人におすすめハイクラス向け求人に応募したい転職は急いでおらず
より良い条件で転職したい

ハイクラス向け転職サービスとして有名なビズリーチは、年収600万円以上の求職者から支持される転職サービスです。

ビズリーチは、大手の転職エージェントとは毛色の異なる「スカウト型サービス」。

自分から求人を見つけて応募するのではなく、企業やヘッドハンターが、求職者が登録をした職務経歴を見て直接スカウトするシステムです。

そのため、今すぐ転職したい人向けではありませんが「長期的に探しながらより良い条件で転職したい」と考える人にはピッタリのサービスと言えるでしょう。

スキルや経験に自信があり、さらに上の年収を目指したい場合は、登録しておくことをおすすめします。

▶︎ビズリーチに登録して求人を探してみる

3位:dodaエージェント【求人数が多くサポートも手厚い】

求人数(2022/02/25時点)125,558件(非公開求人を含まない)
こんな人におすすめ求人数とサポート内容のバランス重視転職活動に慣れておらず不安がある

dodaは、リクルートエージェントに次いで人気のエージェントサービスです。

人材サービスの企業として30年の歴史があり(旧:株式会社インテリジェンス)、老舗企業だからこその安心感と実績があるため、幅広い年齢層に指示されています。

若手向けの求人が多いイメージを持たれがちですが、求人数自体が多く40代以上向けの求人も含めて広く探せるため、転職の際には登録をおすすめします。

転職活動のサポートも数多く展開していたり、キャリアアドバイザーとの連絡がLINEで手軽に取れたり、転職活動に不安がある人が利用しやすいのも特徴です。

4位:パソナキャリア【求人とサポートの質に定評あり】

求人数(2022/02/25時点)39,691件(非公開求人を含む)
こんな人におすすめワンランク上の求人に応募したい熱意ある転職サポートを受けたい

パソナキャリアは、質の高い求人情報と親身なサポートで人気のあるエージェントサービスです。

オリコン顧客満足度調査の転職エージェントランキングでは4年連続で1位を獲得するなど、大手のエージェントサービスに並ぶ人気を誇ります。

若手向けはもちろん、ミドル向け・ハイクラス向けの求人も扱っているため、転職の際にはぜひチェックしてみてください。

ただし、利用した人の中には、首都圏の求人が多く郊外の求人が見つからなかったという声もあるため、他のエージェントサービスと併用すると良いでしょう。

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

5位:JACリクルートメント【外資系・ハイクラス求人に強い】

求人数(2022/02/25時点)12,707件
こんな人におすすめハイクラス向け求人に応募したい転職は急いでおらずより良い条件で転職したい

JACリクルートメントは、ハイクラス求人を主に扱うエージェントサービスです。

質の高いハイキャリア求人が多いことに加え、非公開求人も豊富に揃っているため、非常に高い評価を得ています。

また、キャリアコンサルタントのレベルの高さも魅力のひとつ。

ハイクラス転職のノウハウや、外資系企業への転職などをしっかり持っているため、的確なアドバイスを受けられます。

ただし、企業に求められるレベルが高い、担当者の対応が少々ドライな場合がある、などの特徴もあるため、まずは利用してみて自身との相性を見極めるとよいでしょう。

40代の転職は「転職活動の質」が成功のカギ

「40代の転職は厳しいのではないか」「転職が成功できなかったらどうしよう」

そんな不安を抱える人もいるのではないでしょうか。

今は人生100年時代でミドル向けの求人情報は年々増えているため「40代の転職が厳しい」とされる時代は終わっています。

そのため「転職ができない」リスクは、かなり減ってきていると言えるでしょう。

ただし「転職ができたこと」と「転職の成功」は、決してイコールではありません。

「転職の成功」とは、自分に合った条件の会社へ転職し、幸せな未来が築けることです。

そのためには「転職の質」を上げることが必要不可欠。

だからこそ、転職エージェントを最大限に利用することが大切なのです。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントに登録する前に、転職エージェントを利用するとどんなメリットがあるのかを知っておきたいですよね。

そこで、ここからは40代の人が転職エージェントを利用するメリットについて解説していきます。

40代の人が転職エージェントを利用するメリットは、次の3点です。

  • 求人情報を余すことなく確認できる
  • 転職活動に関する幅広いサポートが受けられる
  • 客観的に見た自分の市場価値がわかる

求人情報を余すことなく確認できる

転職エージェントを利用すると、自分の条件に合った求人を、担当キャリアアドバイザーに提案してもらえます。

条件に合わせてさまざまな求人情報が送られてくるため、自分で一から求人情報を探すよりもずっと効率的です。

また、転職エージェントに登録していないと見ることができない「非公開求人」に応募できるのも、大きなメリットのひとつ。

このように良い求人情報を取りこぼしなく確認できるため、自分だけの力で転職先を探すのに比べ、選択肢が増えるはずです。

転職活動に関する幅広いサポートが受けられる

転職活動は、応募書類の作成や面接対策など、やることが多いうえにどれも手が抜けないものばかり。

そのため、転職エージェントのサポートを受けながら行うのが、賢い方法です。

転職エージェントに登録すると、応募書類の添削や面接のアドバイス、キャリアの棚卸しや自己PRの考察など、転職に関するサポートを幅広く受けられます。

自分の負担が減るだけでなく、転職準備をプロと一緒に行える安心感も得られるため、自信を持って転職活動に挑めるでしょう。

客観的に見た自分の市場価値がわかる

自分ひとりの力で転職活動を行っていると、今の自分が持つスキルや経験が、転職市場でどれだけの価値があるのかが分かりづらいですよね。

自分の市場価値が分からないと、条件を高望みしすぎて転職先がなかなか決まらなかったり、逆にもっといい条件を狙えるのに自分を低く見積もってしまったりと、適切な転職先を探すのが難しくなります。

しかし、転職エージェントを利用することで、プロと一緒にキャリアの棚卸しを行えるため、自分の市場価値を客観的に判断してもらえます。

市場価値を知ることで、転職先の選択肢や自分の進むべき道がはっきりするはずです。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントを利用するメリットを解説しましたが、当然メリットだけでなくデメリットも存在します。

ここからは、40代の人が転職エージェントを利用するデメリットを解説していきます。

40代の人が転職エージェントを利用するデメリットは、次の3点です。

  • 自分のペースで転職活動をしづらい
  • キャリアアドバイザーの質にバラつきがある
  • 転職が上手くいかなかった際に他責思考になりやすい

自分のペースで転職活動をしづらい

転職エージェントを利用していると、キャリアアドバイザーから頻繁に連絡がきたり、求人への応募の催促が来たりと、自分のペースで転職活動を行うのが難しくなります。

そのため、転職活動を急かされたくない人や、自分の気が向いたときだけ転職活動をしたい人は、転職エージェントの利用は向いていないかもしれません。

ただし、転職活動はスローペースで行うと間延びしてしまい、モチベーションが下がってしまうケースが多いため、ある程度のスピード感は必要となります。

そう考えると、転職エージェントのペースは転職活動において適切なスピード感であるとも言えるでしょう。

キャリアアドバイザーの質にバラつきがある

転職エージェントには、キャリアアドバイザーが数多く在籍しています。

しかし、在籍する人数が多い分、中には経験や知識が少ない人や、キャリアアドバイザーとしての力量や心構えが足りていない人もいるのが事実です。

そのため、万が一質の悪いキャリアアドバイザーが担当になった場合、エージェントサービスを利用した際の満足度が低く感じてしまうでしょう。

1番の解決法は、あらかじめ複数の転職エージェントに登録しておくことです。

登録した複数のエージェントサービスの中から、担当者との相性の良さを基準に絞り込む人も少なくありません。

また、担当のキャリアアドバイザーに不安を感じた際は、担当者の変更を申し出ることも可能です。

転職が上手くいかなかった際に他責思考になりやすい

転職活動を自分ひとりで行った場合、転職が成功するか否かは全て自分の力量によるため、自己責任で行えます。

しかし、転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーの力を借りながら転職活動を行うため、キャリアアドバイザーの力量も関わってくるでしょう。

すると、万が一転職に失敗してしまった際「キャリアアドバイザーの力量不足のせいで転職が失敗した」と、他責志向に陥ってしまう人も中にはいます。

大切なのは、例え転職エージェントを利用したとしても、転職活動の主導権はあくまで自分にあるということを、あらかじめ念頭に置いておくことです。

担当のキャリアアドバイザーを信用して任せるかどうか、キャリアアドバイザーのサポートを上手く利用できるかどうか、全ての責任は自分にあることを忘れずに利用しましょう。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

40代で転職エージェントに登録する際のポイント

転職エージェントを利用するメリットとデメリットが分かり、さっそく登録をしようと考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし、転職エージェントに登録する際にも、いくつかポイントがあります。

ここからは、40代の人が転職エージェントに登録をする際、押さえておくべきポイントについて解説していきます。

40代の人が転職エージェントに登録する際のポイントは、次の3つです。

  • 複数のエージェントサービスに登録し利用しながら比較する
  • 進みたい道があるなら特化型エージェントにも登録する
  • 登録する前にある程度の転職準備を行っておく

複数のエージェントサービスに登録し利用しながら比較する

転職エージェントに登録する際は、初めからひとつに絞るのではなく、複数のエージェントサービスに登録することを強くおすすめします。

なぜなら、エージェントサービスによって取り扱う求人情報や得意な分野、サービス内容などが異なるからです。

また、担当のキャリアアドバイザーとの相性の良し悪しも、転職エージェントを利用するにあたって大切なポイントとなります。

それぞれのサービスをよく比較し、自分に合った転職エージェントを見極めることが大切です。

目安としては、2〜4社のエージェントサービスに登録し、最終的に1〜2社まで絞ると良いでしょう。

進みたい道があるなら特化型エージェントにも登録する

転職エージェントには「総合型エージェント」と「特化型エージェント」の2種類が存在します。

前述のおすすめ転職エージェントランキングでは「総合型のエージェント」を紹介しましたが、特定の業種や職種を豊富に扱うエージェントサービスは「特化型エージェント」に分類されます。

保育や看護、介護、IT企業、製造業、飲食業など、幅広い分野においてそれぞれに特化したエージェントサービスが存在し、独占求人に応募できたり業界知識が豊富な担当者のサポートを受けられたりといった、さまざまなメリットがあるのです。

そのため、複数の転職エージェントに登録する際、もし転職したい業種が決まっているなら、その業種の特化型エージェントにも登録をしましょう。

登録する前にある程度の転職準備を行っておく

転職エージェントに登録をしたら、最初に行うのは担当キャリアアドバイザーとの面談です。

面談では、過去の経歴やスキルについて、またいつ頃までの転職を予定しているかなどをヒアリングされます。

また、転職先の希望条件や転職において大切にしたいことなども訊かれるでしょう。

その際、その場で思いつくままに答えてしまうと、正しい内容を伝え漏れてしまったり、本質に迫る答えを伝えられなかったりするため、担当者はその後の転職サポートが適切に行えなくなってしまいます。

そのため、事前にキャリアやスキルの棚卸しや自己分析、転職先のおおまかな希望条件や希望時期などを自分の中でまとめておくことをおすすめします。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

40代の人が転職エージェントを上手に活用するコツ

せっかく転職エージェントに登録をしたからには、最大限に活用したいですよね。

ここからは、40代の人が転職エージェントを利用する際に、より上手に活用するコツについて解説します。

40代の人が転職エージェントを上手に活用するコツは、次の3つです。

  • 転職活動は自分から能動的に動く
  • 希望条件の優先順位を整理しておく
  • キャリアアドバイザーに不満を感じたら変更も可能

転職活動は自分から能動的に動く

転職エージェントのサポートが充実しているが故に、転職活動をエージェント任せにしすぎて、受動的になってしまう人も中にはいます。

しかし、転職エージェントを上手に活用したいならその姿勢はNG。

キャリアアドバイザーは複数の求職者を担当しているため、転職への本気度がより高い求職者へのサポートを優先し、本気度の低い求職者へのサポートは、やむなく優先順位を下げてしまう場合があります。

つまり、転職の本気度がキャリアアドバイザーに伝われば、より熱量の高いサポートを受けられるのです。

こまめに求人情報をチェックする、積極的に担当者と連絡を取る、できるだけ多くの企業に応募するなど、能動的に転職活動を行いましょう。

希望条件の優先順位を整理しておく

40代の転職の場合、定年まで腰を据えられるような会社を探す人も少なくありません。

そのため、転職先に希望する就業条件がたくさんあるうえに、どの条件もゆずれない…という場合もあるでしょう。

しかし、希望する条件にもよりますが、全ての条件をピッタリ満たす会社などそうそうないのが現実です。

転職にはある程度タイミングと勢いが必要でもあるため、絶対にここだけはゆずれないという条件が満たされていれば、多少の妥協は必要となります。

そのため、その判断基準になる「希望条件の優先順位」をあらかじめ整理しておくことで、転職活動をよりスムーズに行えます。

キャリアアドバイザーに不満を感じたら変更も可能

「転職エージェントを利用するデメリット」でも触れていますが、担当のキャリアアドバイザーの質によって、エージェントサービスの利用満足度は大きく左右されます。

そのため、あまりにも担当者に不満や不安を感じたら、担当者の変更を申し出ましょう。

筋の通った理由と合わせて申告をすれば、別のキャリアアドバイザーに変更してもらえます。

前述のとおり、あらかじめ複数のエージェントに登録しておき、担当者に違和感がある場合は他のエージェントを利用するのが最も手っ取り早い解決方法です。

しかし、中には「求人の質やサービスはいいけど担当者だけが問題」という場合もあるはず。

そのような場合は、ぜひ担当者の変更を試してみてください。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

40代で転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェントを利用する上では、注意すべき点も存在します。

それらに気をつけることで、転職成功率の低下やトラブルなどを回避できるため、ここから解説する注意点をしっかり押さえておきましょう。

40代で転職エージェントを利用する際に注意すべき点は、次の3点です。

  • 転職の希望時期は可能な限りの最短を伝える
  • 経歴・スキル・年収などの申告は正直に
  • キャリアアドバイザーが作成した推薦文を確認する

転職の希望時期は可能な限りの最短を伝える

転職エージェントへの登録後、初回の面談でいつ頃の転職を希望するか訊かれた場合は「良いところがあればすぐにでも転職したい」と答えるのがベターです。

なぜならキャリアアドバイザーは、企業と就業者をマッチングさせることが売上につながるため、すぐに売上になりそうな求職者へのサポートを優先する傾向にあるからです。

転職を成功させるには、適度なスピード感とそのスピードに合わせられるだけの熱量、転職先の最終決定を下す決断力が必要です。

そのため、転職の希望時期を最短で伝えることで、転職の成功率を上げる効果も期待できます。

現職で退職を伝える時期や、引継ぎなどを考慮しつつ、可能な限りの最短を伝えると良いでしょう。

経歴・スキル・年収などの申告は正直に

40代の転職では、経験豊富でスキルレベルの高い人材を求めている企業も多く、ハードルが高い転職先も決して少なくありません。

そんな中で、応募の際に経歴やスキルを誇張して伝えたり、資格の有無や年収を詐称したりする人も、まれにいます。

もし内定をもらった企業に経歴などの詐称が知られた場合は、内定取り消し、または解雇となる可能性が高いです。

また、転職エージェントに詐称が知られた場合、強制退会になる場合もあります。

さらに、詐称のレベルがあまりにも悪質な場合は、法に触れてしまう可能性もゼロではありません。

そのため、転職の際は経歴やスキル、年収などの申告は、必ず事実のみを申告しましょう。

キャリアアドバイザーが作成した推薦文を確認する

多くの転職エージェントは、応募の際に担当キャリアアドバイザーが推薦状を企業へ送付します。

そして、企業の採用担当は、応募書類に加え推薦状も判断材料にすることが多いです。

しかし、担当のキャリアアドバイザーによっては推薦状に力を入れない人もおり、本当にアピールしたいポイントが書かれていないケースや、ひどい場合は経歴やスキルを箇条書きしただけというケースもあります。

せっかく転職エージェントを利用するからには、転職サポートのひとつである推薦状も、最大限活用すべきです。

応募に進む前に「内容に齟齬がないかの確認」という名目で、推薦状を事前に確認することをおすすめします。

まとめ

今回は、40代の人におすすめの転職エージェントや、転職エージェントを利用する際のさまざまなポイントについて解説しましたが、いかがでしたか?

40代で行う転職は、若い頃に比べプレッシャーが大きく感じる場合も多いかもしれません。

だからこそ、転職活動の負担を減らしつつ効率と質を良くするためにも、自分に合った転職エージェントを利用し、転職の成功を目指しましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました