薬剤師で後悔してる?辛い理由や対処法について徹底解説!

薬剤師で後悔 薬剤師

「薬剤師になったものの、後悔している・・・」

「今の仕事が辛い、毎日がきついけど、どうしたらいい?」

このようにお悩みではないでしょうか。

薬剤師は何かとストレスも多く、悩みやすいお仕事です。

今回の記事では、薬剤師になって後悔している、という方に向けて、その対策方法や辛いと感じてしまう理由について詳しく解説していきます。

薬剤師になって後悔!辛い時の対処法とは?

薬剤師になって後悔!辛い時の対処法とは?

薬剤師になって後悔しているという方に向け、具体的な対処法を解説します。

現状辛いと感じているのであれば、以下の対策を行ってみてはいかがでしょうか。

しっかりと休暇を取る

「薬剤師になって、後悔している・・・」

と感じている方は、仕事そのものに疲れ切っている可能性が高いです。

  • 職場の人間関係に疲れ切っている
  • 仕事内容に不満がある
  • 職務が忙しすぎる

など、さまざまな理由があると思いますが、とにかくまずは休むことが大切。

日々、業務に追われて疲弊していませんか?

週休2日程度のお休みは確保できているでしょうか?

もし、働きすぎていると感じるのであれば、まずはゆっくり休みましょう。

場合によっては、休職などの制度を利用してみるのも良いかもしれません。

休息することで、悩みも和らぐ可能性もあるでしょう。

趣味に没頭してみる

休みの日まで仕事のことばかり考えていないでしょうか。

日々の仕事が忙しいと、どうしても休日も仕事で頭がいっぱいになってしまうものです。

もし、仕事からうまく離れられないという方は、趣味に没頭してみるのも良いでしょう。

  • 友人とお出かけしてみる
  • スポーツをして汗を流す
  • 旅行に出かけてみる

など、とにかく仕事とは関係のないことに打ち込めば、頭と体を休めることができます。

趣味がない場合は、これをきっかけに何かを探してみるのも良いでしょう。

なぜ辛いのか理由を書き出してみる

どうしても悩みが解決しない場合は、現状の辛い理由について紙に書き出してみましょう。

あなたが薬剤師の仕事で辛いと感じていることはなんでしょうか。

  • 〜〜さんとの関係がうまくいかない
  • 患者様の対応がきつい
  • 本来の薬剤師に関係ない業務までやらなければならない

など、さまざまなストレス要因があるはずです。

こうしたことを紙に書き出すことで、自分の悩みをはっきりとさせることができます。

人間、悩みが分かっていないと不安になるもの。

紙に辛いことを書き出し、視覚化することができれば精神的にも落ち着きます。

騙されたと思って、一度紙とペンを取り出してみましょう。

信頼できる人に相談する

自分一人で悩みを抱え込んでいないでしょうか。

時には信頼できる人に相談することも大切です。

身の回りの仲が良い人に、今の気持ちを打ち明けてみてはいかがでしょうか。

  • 友人
  • 同僚
  • 上司
  • 家族

など、どのような人でも良いです。(ただし、職場内で相談するときは口が固い人にしましょう)

悩みを誰かに話すことで、頭の中が整理されて精神的に落ち着きます。

辛いことを”話す”ことは、ストレスを”放す”とも言われるほど。

まずは身近な人に相談することから始めてみましょう。

薬剤師に特化したコンサルタントにカウンセリングしてもらう

もし、近くに相談できる人がいないのであれば、薬剤師に特化したコンサルタントに相談することをおすすめします。

周囲にも話を聞いてもらえず、どうすれば良いか不安になっていませんか?

現在では、薬剤師に特化した転職サービスがたくさんあります。

こうした転職サービスは無料で利用でき、親身になってコンサルタントがカウンセリングしてくれるのです。

お悩みの方は、まずお気軽に相談してみるのが良いでしょう。

自分の状況を話すだけでも、気持ちが軽くなるはずです。

現状を打破☆チャンスを掴め!
▶︎薬剤師転職ならエムスリーキャリア

薬剤師になって後悔している原因とは?

薬剤師になって後悔している原因とは?

「薬剤師になって後悔している・・・」

と感じてしまう原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、薬剤師になって後悔しているという方の原因について詳しく解説していきます。

職場の人間関係が辛い

どのような職場であっても、社会人に人間関係の悩みはつきものですよね。

薬剤師は特に職場内の関係性が狭く、コミュニケーションでも悩みが尽きません。

他の薬剤師の方や、事務員の方との関係に悩み、今の仕事に就職したことを後悔している方もいらっしゃいます。

女性ばかりの職場なので、陰口を言われたり、陰湿ないじめを受けたりすることも多いようです。

もし、人間関係に悩んでいる場合には、別の職場へ移ることで関係が改善される可能性があります。

どうしても辛いなら、再就職することも視野に入れましょう。

ミスが怖い

薬剤師の仕事で悩みがちなのが、調剤ミスが発生してしまうことです。

薬剤師はその職業の重要性ゆえに、どうしてもミスが患者様の命に直結してしまうこともあります。

そのため、ミスが発生することに対して強いプレッシャーとストレスを感じる人も多いです。

ただし、人間である限りどうしてもミスは起こってしまうもの。

そのため、ミスを完璧に無くすのは不可能です。

ただし、職場のフォロー体制を充実させることはできます。

職場によっては新人薬剤師に対するフォローを最後まで行ってくれることも多いです。

ミスが怖いのであれば、なるべくそうした職場を選ぶのが良いでしょう。

もし、今の職場が十分にカバーしてくれる環境でないと感じているのであれば、早めに退職して再就職することも選択肢に入れましょう。

仕事が忙しすぎる

薬剤師全体の傾向として、どのような職場も人手不足に陥っているというものがあります。

薬剤師が足りておらず、一人当たりの業務量が偏っていることも多いです。

例えば、本来薬剤師の仕事ではないはずの事務仕事や雑用なども受け持っている方も多いのではないでしょうか。

その結果、業務量が多くなり、いつまで経っても仕事が終わらないということもあるでしょう。

もし、現状の業務が忙しすぎると感じているのであれば、ライフワークバランスの充実した環境に身を移すのも選択肢の一つです。

同じ薬剤師でも、どのような職場に身を置くかによって全く業務量も異なります。

風通しの良い職場であれば、業務時間も徹底して管理されているので、まずは求人を探すことから始めてみるのがおすすめです。

思ったより収入が低い

頑張って薬剤師になったものの、思ったよりも収入が低いと感じている人も多いのではないでしょうか。

特に、病院薬剤師などはドラッグストアや企業よりも給与水準が低く設定されていることが多いです。

そのため、入ってみてから、

「え?給料ってこれだけなの?他の職場の友人より少ない・・・」

と、学生時代の同級生などと比較してショックを受けている方も少なくないはず。

もし、収入アップを狙うのであれば、ドラッグストアや調剤薬局など、現在の職場よりも高収入が狙える環境に転職するのがおすすめです。

個人経営の病院などであれば、独自の水準で給与が設定されることも多く、収入アップが期待できません。

市場のリサーチなどを行ってみて、本当に今の環境で良いのか今一度考えてみてはいかがでしょうか。

薬剤師に関係ない仕事もしないといけない

薬剤師の仕事を始めてみて、雑務の多さに驚いた方も多いのではないでしょうか。

現場での仕事は薬に関するものばかりではなく、本来の業務とは関係ない作業も多いですよね。

  • 面倒な顧客の対応
  • 電話対応などの雑務
  • データ入力

など、あまりに雑務が多すぎると嫌気が差してしまうこともあるでしょう。

もし、調剤などの業務に専念したいとお考えであれば、企業の研究職などに身を移すのがおすすめです。

新薬開発などのプロジェクトに携わることができれば、スキルアップしながら働くこともできるでしょう。

悪いことばかりじゃない?薬剤師の魅力とは?

悪いことばかりじゃない?薬剤師の魅力とは?

この記事を読んでいる方は、

「薬剤師になって後悔している」

「薬剤師にならない方がよかったかも・・・?」

と考えているかもしれません。

しかし、薬剤師は職業としても非常に魅力のある職業です。

ここでは、薬剤師の仕事の魅力について詳しく解説していきます。

ホワイトな職場が多い

まず、ホワイトな環境の職場が多いことが挙げられます。

「いやいや、うちの職場はかなりブラックだけど!」

と、思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ただし、やはり一般的にブラック企業と呼ばれるような会社と比較すると、薬剤師の職場はホワイトな環境が多いと言えます。

例えば、

  • 月間の残業時間が200時間超え
  • 上司から暴力を振るわれる
  • 残業代が未払い

など、明らかに違法な問題は薬剤師の現場では起こりにくいと言えます。

その分、狭い環境で人間関係に悩みやすいなどの問題もありますが、比較的働きやすい環境にあるのは薬剤師の魅力と言えるでしょう。

転職に強い

薬剤師は資格保有者としてのアドバンテージがあり、転職において非常に有利です。

一般的な転職であれば、企業にいくつも応募し、それでもなかなか受からないということも十分考えられます。

その点、薬剤師であれば基本的には転職できる選択肢が多く、一つの職場で合わなくとも環境を変えながら自分のやりたい仕事やキャリアを積み上げることが可能です。

収入アップを狙ってキャリアチェンジもできるのは、非常に大きな魅力と言えるでしょう。

こうしたメリットについても考えた上で、薬剤師資格を生かした転職を進めることが重要です。

身分が安定している

薬剤師はその安定性も大きな魅力の一つ。

医療系の仕事は絶対になくなることがないため、突然リストラされるリスクがありません。

また、資格保有者として収入も高めに設定されているので、比較的収入を得やすい点もメリットでしょう。

やりがいなども重要ですが、やはり身分と収入が安定しているのは他の仕事と比較しても強みと言えます。

薬剤師になって後悔している方が利用すべきサービスは?

薬剤師になって後悔している方が利用すべきサービスは?

ここからは、

「薬剤師になって後悔している・・・」

という方におすすめの転職サービスをご紹介します。

今の職場が辛くても、他の職場に身を移せば状況が大きく改善される可能性があります。

また、薬剤師の転職市場に詳しいコンサルタントに相談することで、悩みも整理されるはずです。

薬キャリ

  • スピーディな転職を実現できる
  • 電話のみで転職先を紹介してもらえる
  • 最短即日で10件の求人紹介も可能

薬キャリは、スピーディさと利用の手軽さに定評がある薬剤師特化の転職サービスです。

レスポンスが非常に早く、ホームページ上でも最短即日で10件の転職先を紹介してもらえることを謳っています。

また、対面の面談などでカウンセリングを受ける必要がなく、電話で完結できるのも大きな魅力。

電話で相談するだけでも色々な情報が聞けるので、まずは相談してみたいという方はお気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

現状を打破☆チャンスを掴め!
▶︎薬剤師転職ならエムスリーキャリア

マイナビ薬剤師

  • 対面重視の徹底サポート
  • 企業の内部事情に詳しいコンサルタントが在籍
  • 転職大手の安心感

マイナビ薬剤師は、転職サービス大手のマイナビが運営している薬剤師専門のサービスです。

対面での面談を重視しており、丁寧なカウンセリングを元に転職先を紹介してもらえます。

マイナビ薬剤師には企業の内部事情に詳しいコンサルタントがおり、事前に企業の情報を聞くことも可能。

「入ってから合わなかったらどうしよう・・・」

といった不安を抱えている方も、事前にこうした情報を聞いておくことで安心して転職することができます。

▶︎マイナビ薬剤師に無料登録してみる

ファルマスタッフ

  • 正社員からパート、派遣社員まで幅広い求人実績
  • 面談にスタッフが同行してくれる
  • 派遣社員の福利厚生も充実

ファルマスタッフは、全国各地に求人を保有しており、正社員だけではなく、パートや派遣社員の求人まで幅広く取り扱っています。

地方求人も網羅しているため、地元での就職を検討している、という方にもおすすめです。

また、企業との面談にもスタッフが同行してもらえるのも魅力。

一人だとなかなか聞きづらいことも、スタッフが同行してくれることで一緒に質問することができます。

まとめ

今回の記事では、薬剤師になって後悔している方に向け、辛い理由やその対処法について詳しく解説しました。

正直、転職するかどうかは別としても、コンサルタントに相談するだけでもかなり気持ちは楽になると思います。

上記でご紹介したサービスなどを利用し、まずは自分の気持ちを整理することから始めるのが良いでしょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました