薬局の人間関係がしんどい方へ。円滑にするための対策を解説!

薬局の人間関係がしんどい しんどい

「薬局の人間関係がしんどい・・・」

「薬局の仕事がしんどいけど、どうしたらいい?」

このようにお悩みではないでしょうか。

今回の記事では、薬局の人間関係がしんどいと感じている方に向け、具体的な対策をご紹介していきます。

薬局の人間関係でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

薬局の人間関係がしんどい時の対策5選【円滑にする方法】

薬局の人間関係がしんどい時の対策5選【円滑にする方法】

薬局の人間関係がしんどいと感じているのであれば、現場の人間関係を円滑にできれば最も良いですよね。

ここでは、現場の人間関係を円滑にするための改善方法についてご紹介していきます。

嫌な仕事を率先して引き受ける

薬局の人間関係を円滑にするためには、嫌な仕事を率先して引き受けるのも選択肢の一つです。

周囲の人との関係性に悩んでいる場合、まずは他の人から信頼を獲得するのが関係改善には非常に効果的。

そのため、雑務やクレーム対応など、他の人があまりやりたがらないことも率先して引き受けてみましょう。

特に、新人や入ったばかりの職場であれば、こうした業務も積極的にこなすのが良いです。

他の人から感謝されるような存在になれば、自然とコミュニケーションも上手く取れるようになります。

自分から挨拶する

周囲の人と円滑にコミュニケーションを取るためには、まず自分から挨拶をするようにしましょう。

嫌いな人が職場にいると、どうしてもその人を避けてしまいがちになりますよね。

しかし、自分が嫌いな気持ちは相手にも伝わってしまうものです。

避けてしまっていると、どんどん気まずくなっていくので、率先して挨拶をするようにしましょう。

案外、自分から挨拶を行うことで苦手意識もなくなっていきます。

感謝の気持ちを忘れない

人間関係を円滑にするためには、相手に対する感謝の気持ちが非常に重要になります。

誰しも、他の人から感謝されれば悪い気持ちはしないものです。

細かいことでも、相手に感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

「〇〇さん、いつもこの作業を行なっていただき、ありがとうございます」

「本当に助かっています。〇〇さんがいないとやっていけません・・・」

という感じで、若干お世辞のような形になったとしても相手に感謝の気持ちを伝えるのが望ましいでしょう。

こうした些細な気配りを行うことで、人間関係も改善されていくはずです。

相手の良いところに目を向ける

苦手意識を持っていると、どうしても相手の嫌なところばかりに目を向けてしまいますよね。

  • 〜〜なところが嫌い
  • きっと性格が悪いに違いない
  • 一緒にいるのもきつい

というふうに、相手の嫌な部分ばかりが気になっていると、その人のことがさらに嫌になっていきます。

しかし、一緒に働くからにはそうした悪い部分ばかり見ていても、どんどんやりにくくなるだけです。

なるべく良いところに目を向け、苦手意識を無くすようにしましょう。

  • 実は〜〜なところが好き
  • 〜〜な時に助けてもらっている
  • 尊敬できる部分もある

など、ポジティブな視点で相手を見れれば、多少のやりにくさも改善されるはずです。

先輩や上司に相談する

どうしても人間関係がしんどいのであれば、先輩や上司に相談してみましょう。

人間関係の問題は自分一人で解決しにくいことも多く、誰かに相談することで気持ちが楽になることもあります。

また、経験豊富な先輩や上司に相談すれば、

  • あの人はああいう性格だから気にしなくてもいい
  • 自分ができる限りフォローする
  • あまり気負わなくても良い

など、気を遣ってもらえることもあるでしょう。

辛いのであれば信頼できる人に相談し、今後どうすべきか検討していくのがオススメです。

薬局の人間関係がしんどい時の対策【解決が難しい時】

薬局の人間関係がしんどい時の対策【解決が難しい時】

上記では、薬局の人間関係がしんどい時、現場で円滑な関係を築くための対策をご紹介しました。

しかし、中にはどうしても解決が難しいこともあるでしょう。

ここでは、問題が解決できない時の対策をご紹介していきます。

相手の異動を願う

人間関係でお悩みの場合、相手方が明らかにおかしい人であるケースもあるでしょう。

もし、どうしても辛いのであれば、上司や人事権のある管理職に相談し、相手を異動させてもらうことも選択肢の一つです。

  • 明らかに他の人にも迷惑をかけている
  • 職場全体がその人のせいでやりにくいと感じている
  • 患者様からその人に対するクレームがきている

など、一定の個人に対して問題のある要素が揃っているのであれば、それを管理職に報告することで異動させてもらえる可能性があります。

自分が異動する

上記のように、全体的に迷惑をかけるような人との関係性に悩んでいるわけではない場合、自分が店舗を異動する方法もあります。

人間、どうしても向き・不向きがあるので、職場内に合わない人もいるでしょう。

多少合わないくらいであれば問題ないかもしれませんが、陰で悪口を言われたり、仕事を教えてもらえないなど陰湿ないじめがある場合は店舗を異動するのも選択肢です。

店舗を変えるだけでも関わる人材も全く異なるため、状況が改善されることもあります。

まずは管理職に相談し、異動を願い出てみましょう。

転職して環境を変える

勤めている職場が異動できるほど大規模でない場合、転職して環境を変えてしまうのが一番良い方法です。

転職してしまえば苦手な人と今後関わる必要はありませんし、自分に合った職場環境を探すことができます。

薬剤師の転職サービスは全て無料で利用できるため、相談するだけでも気持ちが楽になるでしょう。

もし、転職したいと思っている場合は、以下で解説するような薬剤師向けの転職サービスを利用しましょう。

薬局の人間関係がしんどいと感じる時に利用すべきサービス

薬局の人間関係がしんどいと感じる時に利用すべきサービス

現状、薬局の人間関係がしんどいと感じているのであれば、以下のサービスを利用するのが良いでしょう。

薬キャリエージェント

薬キャリエージェントは、薬剤師の登録者数が業界トップの転職サービスです。

薬剤師の約半数が登録していると言われるエムスリーグループが運営しており、幅広い人脈を生かした転職を実現できます。

求人数も豊富で、年収600万円以上の高単価求人も保有。

正社員としてしっかり働きたい方にはおすすめできるサービスです。


▶︎薬剤師の転職サービス【エムスリーキャリア】のコンサルタントに無料相談してみる

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、転職業界でも大手の転職サービスです。

20~40代の転職に特化しており、丁寧な面談を重視する転職エージェントとなっています。

全国各地にオフィスを展開しており、企業ごとに担当コンサルタントがつきます。

そして実際に利用者の方に面談を行い、丁寧なリサーチのもとサポートが受けられます。

求職者向けのセミナーも行なっており、市場について学びながら転職活動を行うことも可能です。

▶︎マイナビ薬剤師に無料登録してみる

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、調剤薬局大手の日本調剤グループが運営するサービスです。

全国各地に求人を保有しており、地方の薬局求人なども幅広く持っています・

正社員だけではなく、派遣社員やパート社員の求人も充実しているため、要望に合わせて求人を選ぶことが可能です。

自宅でeラーニングやキャリア支援も受けられるので、働きながらキャリアアップしたい方も利用してみると良いでしょう。

薬局の人間関係は最悪?関係の悪さレベルチェック

この記事を読まれている方は、勤めている薬局の人間関係が”しんどい・最悪”と思われている方だと思います。

以下では、どれくらい人間関係が悪いのか、関係の悪さをレベル順に解説していきます。

あなたの職場がどのレベルに当てはまるか確認してみてください。

なんとなく気まずい【レベル1】

まず、職場内の関係性がなんとなく気まずいと感じている方もいらっしゃるでしょう。

この場合、

  1. 周囲との関係性が本当に悪い
  2. 自分の思い込み

という2パターンがあります。

以下で解説するように挨拶しても無視されたり、仕事をわざと回してくれない、など、あからさまな嫌がらせがないのであれば、単純に気にしすぎかもしれません。

あまり深刻になりすぎず、気まずいくらいであれば自分の工夫次第で仕事も円滑にこなすことができるでしょう。

うまくコミュニケーションが取れない【レベル2】

  • 同僚や上司とうまく会話できない
  • 二人きりの沈黙がきつい
  • 質問したいことがあるけど、聞きにくい

など、周囲とコミュニケーションが取れないことを”しんどい”と感じている方もいらっしゃるかもしれません。

このパターンもありがちですが、

  • 積極的に話しかけてみる
  • 相手の好きな話題(趣味など)で展開する
  • 小さなことでも感謝を伝える

というふうに、自分からコミュニケーションを図ってみることで解決することがあります。

受け身だといつまで経っても周囲と打ち解けられないことも。

ある程度の積極性を身につけ、うまくコミュニケーションをとってみましょう。

挨拶しても返してくれない人がいる【レベル3】

ここからは雲行きが怪しくなってきます。

出勤した時に挨拶しているのに返事をしてくれなかったり、すれ違いに簡単な会話をしても無視されたりする場合は黄色信号。

一度や二度なら相手の機嫌がただ悪いだけの可能性もあるでしょう。

しかし、毎日同じように無視されるなら、それは相手に問題がある可能性が高いです。

どんなに嫌な相手でも、社会人なら挨拶くらいするのは当然ですよね。

最低限のマナーも持ち合わせていない人と仕事をするのは相当辛いと思います。

早めに転職を検討しましょう。

パワハラやセクハラがある【レベル4】

ここからはすぐに退職を検討した方が良いレベルです。

あなたの職場で、パワハラやセクハラが発生していませんか?

  • 上司から罵声を浴びせられる
  • 男の従業員や薬局長から、体を触られる
  • ネチネチと嫌味を言われたり、わざと仕事を回されなかったりする

など、パワハラやセクハラがあるのであれば、今の職場はかなりやばいです。

そんな職場で働かなくても、もっと働きやすい環境は他にあります。

すぐに転職を検討しましょう。

精神的に病むほど辛い【レベル5】

最後に、精神的に病んでいるのであれば、すぐさま退職しましょう。

どのような理由であれ、精神を病んでいるのであれば働いている意味がありません。

  • 情緒不安定になっている
  • 職場に行く前に吐いてしまう
  • 死にたいと感じることがある

など、明らかにメンタルに異常が出ている場合、一刻も早く退職することをおすすめします。

まずは薬剤師の転職サービスを利用して、今の状況をコンサルタントに話してみてください。

きっと心が楽になるはずです。

薬局の人間関係がしんどい薬剤師はHSPかも?

少し話は変わりますが、些細なことでも人間関係でストレスを感じてしまう、という方はいらっしゃいませんか?

  • 常に他の人がどう思っているのか気になる
  • 小さな物音や些細な変化にも反応してしまう
  • 昔から人間関係で悩みやすい
  • 環境が変わるとなかなか馴染めない
  • 注意されると数日間は落ち込む

など、もしこうした特徴に当てはまっているのであれば、あなたはHSPかもしれません。

上記の特徴に、

「自分は当てはまっている・・・」

と思うのであれば、ぜひ以下の記事を読んでみてください。

HSPの概要や、おすすめの働き方についてまとめています。

薬局の人間関係がしんどい理由とは?

薬局の人間関係がしんどい理由とは?

そもそも、薬局の人間関係が”しんどい”と感じてしまう理由にはどのようなことがあるのでしょうか。

ここでは、薬局の人間関係がしんどいと感じている理由について詳しく解説していきます。

職場が狭くて対人関係で問題が発生しやすい

まず、薬局の労働環境が非常に狭いことが要因として挙げられます。

薬局で働いている薬剤師の方は、当然、薬局内という閉鎖空間で仕事をすることになります。

大手の薬局であれば一つの職場に10名以上の職員が在籍していることもありますが、小規模の薬局だと配置されている人員も少なく、薬剤師が2~3人しかいないことも珍しくありません。

狭い環境で働いていると、同僚の薬剤師との関係性に気を遣ったり、事務員の方とのコミュニケーションが上手くいかないなどの問題が起こります。

内部での関係が上手くできていないと、どうしても”しんどい”と感じてしまう人は多いようです。

現場の上司や先輩からいじめられる

薬局は基本的に女性の職員が多いです。

女性が多い職場ではありがちですが、どうしても先輩や上司から陰口を言われたり、いじめられるケースがあります。

例えば、

  • 先輩薬剤師から嫌味を言われる
  • 仕事を与えてもらえない
  • 派閥間の争いに巻き込まれる
  • 一人を集中的にいじめて仲間はずれにする

など、陰湿な嫌がらせや内部の人間関係でストレスを感じることも少なくないでしょう。

もし、どうしても辛いのであれば、こうした職場は早めに退職しましょう。

今は”しんどい”と感じていたとしても、他の環境に身を移せば気持ちも楽になります。

業務が忙しすぎる

現在、薬剤師業界はどこも人手が足りていません。

薬局であってもそれは同じで、人手不足により一人当たりの業務量が増えてしまう状況にあります。

そのことにより仕事量が増え、毎日残業が続いていたり、休日も職場に顔を出しているという方も多いでしょう。

また、外来の患者様に対する余裕もなくなり、現場がピリピリしてくるということもあります。

忙しすぎる現場だと、人間関係も悪化しやすいです。

もし、明らかに過酷な職場だと思うなら、他の求人などもリサーチし、もっと働きやすい職場を見つけてみてはいかがでしょうか。

事務員との連携が取れない

薬剤師は同じ薬剤師以外の人とも、上手くコミュニケーションを取らなければなりません。

特に、薬局であれば事務員の方との連携は必須となるでしょう。

しかし、残念ながら現場では薬剤師サイドと事務員との間で揉めているケースも少なくないようです。

薬剤師の人が事務員の方を見下していることもあり、そうした職場では上手くコミュニケーションを取ることができません。

そして内部の人間関係がこじれ、関わっている人も”しんどい”と感じてしまいます。

女性の職場であれば、ある程度の人間関係における問題は仕方のないことでしょう。

しかし、明らかに仕事ができないレベルで揉めているような職場であれば、早めに退職することをオススメします。

仕事が覚えられない

新人薬剤師や新卒薬剤師として働き始めたばかりの場合、なかなか仕事が覚えられずに”しんどい”と感じている方もいらっしゃるでしょう。

新人の頃はどうしてもベテラン薬剤師の方と比較するとできる仕事も少なく、足手まといだと思ってしまうこともありますよね。

ただ、最初の頃は誰もが分からないことだらけなので、周囲もそこまで気にしていないことが多いです。

あまり気負い過ぎず、まずは目の前の仕事に打ち込むことから頑張るのが良いでしょう。

ただし、研修が行われなかったり、上司や先輩からの指示が曖昧である職場などは、早めに転職することをおすすめします。

薬局の人間関係がしんどいと、どんな影響がある?

薬局の人間関係がしんどいと、どんな影響がある?

薬局の人間関係が”しんどい”と感じていると、さまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。

ここでは、薬局の人間関係がしんどい時の影響について解説します。

ミスが発生しやすくなる

まず、人間関係で問題が発生していると、ミスが発生しやすくなります。

人間関係が悪いことによって上手く報告・連絡・相談ができなくなるでしょう。

そして、普通なら発生するはずのないミスも、コミュニケーション不足によって発生してしまう恐れがあります。

薬剤師は患者様の命を預かる立場にあり、調剤ミスや過誤の発生により重大な事故となってしまうリスクと隣り合わせです。

人間関係が悪い職場なら、早急に対処していく必要があります。

仕事が覚えにくい

新人で入ったばかりの方だと、早く現場の仕事を覚えたいと思っているはず。

しかし、内部での人間関係が悪いと、仕事の覚えが遅くなってしまいます。

例えば、AさんとBさんという先輩薬剤師がおり、その両者が仲が悪いケースでは、お互いの意見に食い違いが生じることもあるでしょう。

「Aさんからはこのやり方で教わったけど、Bさんは違うやり方をしている・・・」

「どっちの言うことを信じたらいいの?」

という具合に、板挟みとなる可能性もあります。

そして結果的に仕事のやり方が曖昧になり、いつまでも覚えられないということも。

人間関係のトラブルはどこにでもありますが、新人の間でこうした派閥抗争に巻き込まれるのは本当に困りますよね・・・。

職場全体の生産性が落ちる

薬局の人間関係に問題があると、職場内の空気感も悪くなってしまいますよね。

全体的な辛さから、職場でコミュニケーションが取りにくいと感じてしまうでしょう。

結果的に全体の生産性が落ち、会社の業績も落ちてしまいます。

まとめ

今回の記事では、薬局の人間関係がしんどいと感じている方に向け、具体的な対策をご紹介しました。

薬局は狭い環境で働いているがゆえに、何かと人間関係で揉めやすいです。

お悩みであれば上記で解説したようなサービスもうまく活用し、転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました