弁護士法人みやび退職代行の評判は?他サービスとの違いも詳しく解説!

弁護士法人みやびの評判は? 退職

近年、利用者が増えている退職代行サービス。様々な種類の退職代行が登場していますが、その中でも弁護士による退職代行サービスが弁護士法人みやびの退職代行です。

2021年現在ではコロナウイルスが猛威を奮っていることもあり、企業によっては賃金の未払いなどが発生していることもあります。法的なトラブルになれば弁護士による退職代行サービスを利用することもおすすめです。

そこで、今回の記事では弁護士法人みやびの退職代行サービスについて詳しく解説していきます。これから弁護士による退職代行サービスの利用をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

弁護士法人みやび退職代行の評判を解説します

弁護士法人みやびの退職代行とは?

みやび ホームページ

参考:弁護士法人みやびの退職代行より

ポイント
  • LINEで24時間相談することができる
  • 料金は高めだが、法律のプロによるサポートが受けられる
  • 退職の連絡や交渉など、全てを代理で行ってくれる

弁護士法人みやびの退職代行サービスは、その名の通り弁護士によって運営されている退職代行会社です。顧問弁護士が在籍しており、適切なサポートを受けながら退職の手続きを進めることができます。

会社側の賃金未払いや、労災認定など、法的なトラブルにも対応してもらうことが可能です。数ある退職代行サービスの中でも大手であり、料金は55,000円と少し高めですが、利用する際には信頼性の高いサービスになっていると言えるでしょう。

一般的な退職代行サービスであれば、企業との交渉を行うことができませんが、弁護士が運営しているため、給与や退職金の交渉などを行ってもらうことができます。

弁護士法人みやびの退職代行お申し込みはこちら!
弁護士法人みやびの退職代行サービス

弁護士法人による、プロフェッショナルのサポートを受けたい方は、ご利用してみてはいかがでしょうか。

弁護士法人みやびの退職代行の利用者は現在増えている

現在では、退職代行サービスを利用する人が増えています。その要因として考えられるのは、新型コロナウイルスの影響もあるでしょう。ウイルスによって雇用問題や労働問題が発生し、退職代行サービスの需要が高まっていることも考えられます。

実際、人材会社であるマイナビが実施した調査でも、過去に退職代行サービスを利用した・利用意向がある20〜40代の男性の割合は25〜34%と高い数値が記録されています。(参考:マイナビ転職動向調査2020年度版)

また、退職代行サービスを利用しようと思う理由としては、上司に退職の意向を伝えるのが億劫という理由が第一位になっています。(参考:マイナビ転職動向調査2020年度版)

このように、退職する気持ちを上司に伝えることに対して強いストレスを感じる方が増えており、コロナ渦の影響と重なって利用者の増加につながっているということが分かります。

弁護士法人みやびの退職代行の評判は?

では、弁護士法人みやびを利用した方の口コミを見ていきましょう。以下では良い評判と悪い評判の両方をご紹介していきます。

弁護士法人みやびの評判

良い評判

  • 即日退職することができ、弁護士なので安心感があった(20代 男性)
  • 仕事の人間関係が辛かったですが、相談してからの対応が早く、円満退職できた(20代女性)
  • 有給を全て消化することができた。会社の人と顔を合わせずに済んだ(20代 男性)
  • 未払いだった賃金や残業代を回収できた(30代 男性)

このように、基本的には利用して良かったという声が多くみられます。

悪い評判

  • 銀行振込しか支払い方法がない(20代 女性)
  • 料金が高い(30代 男性)

悪い評判としては、支払い方法や料金の設定に関するものがありました。弁護士法人ということで、価格も他社より高めに設定されています。その点を不満に感じる方もいらっしゃるようです。

ただし、その分法的なトラブルに対応することができたり、充実したサポートを受けられることも事実です。料金面とサポート内容について吟味した上で利用する可動化を検討するようにしましょう。

普通の退職代行と弁護士による退職代行の違いとは?

よくある疑問として、「一般的な退職代行サービスと、弁護士による退職代行はどう違うのか」というものが挙げられます。退職代行サービスには次の3つの種類があります。

  • 一般的な退職代行サービス
  • 労働組合が運営している退職代行
  • 弁護士が運営する退職代行

以下では、それぞれの違いについて分かりやすく解説していきます。

一般的な退職代行サービス

一般的な退職代行サービスは、主に退職の意向を伝えたり、備品の返却などを行ってくれる業者のことです。弁護士などが運営しているわけではないので、法的な交渉を行うことができません。

そのため、労働に関する交渉やトラブルがある場合にはあまりおすすめではないと言えるでしょう。ただし、費用は低めに設定されていることが多いです。コストをあまり掛けたくない方は利用を検討してみても良いかもしれません。

労働組合が運営している退職代行

労働組合が運営している退職代行サービスもあります。労働組合が運営している場合には、退職に関わる手続きも行ってもらえるため、弁護士ほどの専門性はありませんがある程度の交渉を行ってもらいたい方は、労働組合が運営する退職代行サービスを利用するのも選択肢と言えるでしょう。

弁護士が運営する退職代行

最後に、弁護士法人が運営する退職代行サービスです。こちらは法律に関するトラブルにも対応することができるため、退職の際に法に関するトラブルが発生しそうな場合には、利用することがおすすめと言えるでしょう。

特に、労災の認定などであれば法律に関するプロフェッショナルに依頼した方が良いです。残業代の支払いや賃金未払いなどの問題に交渉してもらいたいのであれば、弁護士が運営している退職代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

弁護士法人みやび(汐留パートナーズ)の退職代行お申し込みはこちら!
弁護士法人みやびの退職代行サービス

弁護士法人による、プロフェッショナルのサポートを受けたい方は、ご利用してみてはいかがでしょうか。

弁護士法人みやびの退職代行を利用するメリットは?

では、ここからは弁護士法人みやびの退職代行を利用するメリットについて解説していきます。具体的には以下のようなメリットがあるため、参考にしてください。

  • 弁護士による信頼できるサービスを利用可能
  • LINEで気軽に相談できる
  • 退職金や残業代などの交渉が行える

弁護士による信頼できるサービスを利用可能

まず初めに、やはり弁護士が運営している退職代行サービスということで、信頼できるサービスを利用できることは大きなメリットであると言えます。一般的な退職代行サービスでは、法律に関する相談までは行えないため、法の専門家の手厚いサポートのもと退職を進められることは非常に安心できるでしょう。

特に劣悪な環境で労働を強いられている場合、会社とトラブルに発展することも少なくありません。そうした予期せぬトラブルにも弁護士が対応してくれるので、損害賠償問題などのリスクにも備えることができます。

LINEで気軽に相談できる

弁護士に相談する場合、通常であれば敷居が高いと感じる方も多いのではないでしょうか。自分で弁護士を探す場合には、事務所などを選び、過去の実績を調べて労働問題に詳しい弁護士を選定する必要があります。

より良い弁護士をリサーチする労力はもちろんですが、見つけたとしても事務所まで足を運んだり、連絡を取る必要があります。その点、弁護士法人みやびでは、LINE上で気軽に相談することが可能です。

しかも24時間対応ですので、夜中に苦しい気持ちでいっぱいになり、衝動的に退職したいと考えた場合でも相談することができます。このように、相談も簡単に行えることは弁護士法人みやびのメリットの一つであると言えるでしょう。

退職金や残業代などの交渉が行える

このほかにも、弁護士のサービスを利用することで退職金や残業代の交渉まで行ってもらえるということはメリットと言えます。このような交渉は労働組合や弁護士以外は行うことができません。また、万が一訴訟に発展してしまえば、対処することはできないでしょう。

しかし、最初から弁護士による退職代行サービスを利用しておくことで、あらゆるリスクに備えることができます。法の専門家が寄り添ってサポートを行ってくれますので、心強いでしょう。

弁護士法人みやびの退職代行を利用するデメリットは?

上記では利用するメリットについて解説しましたが、もちろんデメリットもあります。利用を検討する際には、悪い部分についてもしっかり確認しておくことが大切です。主に次のようなことを把握しておきましょう。

  • 通常の退職代行より料金は高め
  • クレジットカードが使用できない
  • 返金保証がない

通常の退職代行より料金は高め

弁護士法人みやびでは、利用料金が55,000円(税込)となっています。他の退職代行サービスであれば、3万円ほどで利用できるサービスもありますので、比較的には料金が高めに設定されていると言えるでしょう。

やはり、法律の専門家である弁護士によるサービスですので、少しばかりコストが掛かってしまうのはしょうがないかもしれません。

しかし、その分手厚いサポートを受けることができるため、コストに見合ったサービスを提供してもらえます。

クレジットカードが使用できない

また、弁護士法人みやびではクレジットカードが使用できないことも注意しておく必要があります。現金払いのみとなっているため、カード払いを行いたい方に取ってはデメリットとなるでしょう。

返金保証がない

最後に、返金保証がないことも注意しておきましょう。もし、返金保証つきでサービスを利用したい場合には、他のサービスを探す必要があります。

ただし、弁護士による退職代行は基本的に退職に失敗することはありませんので、あまり気にする必要はないかもしれません。

弁護士法人みやびの退職代行を利用手順は?

弁護士法人みやびの退職代行を利用する場合、主に以下のような流れで代行が進みます。

利用手順
  • ①無料相談
  • ②依頼・入金
  • ③退職代行の実施
  • ④退職完了

①無料相談

まずは無料相談を申し込みましょう。弁護士法人みやびでは無料相談が行われており、ライン・メールから気軽に申し込むことができます。

自分が置かれている状況や不安な気持ちなど、どのようなことでも相談可能です。現状の問題を誰かに相談するだけでも心が楽になるでしょう。

LINEから相談する場合はLINE@に登録した後に相談したい内容をチャットで送りましょう。

②依頼・入金

無料相談を行い、実際に利用してみたいと感じた場合には依頼してみましょう。そのまま手続きを進めることができるため、スムーズに退職を進めることが可能です。

③退職代行の実施

入金が確認されれば、実際に退職代行を行っていきます。法律の専門家である弁護士が退職の手続きを行ってくれるため、ストレスなく退職することが可能です。状況によっては即日で退職もできます。

④退職完了

手続きが終われば、退職は完了です。これまで苦しんできたストレスや人間関係はもうありません。自由の身になるため、これから新しい第一歩を踏み出していきましょう。

業者との失敗例やトラブルの事例は?

退職代行を利用する際に気をつけたいのは、業者と問題になってしまったり、トラブルに発展してしまうことです。実際には以下のようなトラブルがありますので、注意しましょう。

業者との失敗例やトラブルの事例
  • 退職代行サービスと音信不通になる
  • 品質に問題がある業者に依頼する
  • 最初の料金に加えて法外なオプション料が設定されている

退職代行サービスと音信不通になる

まず初めに、退職代行との連絡が取れなくなってしまう事例が挙げられます。これは、利用を決定した後に退職代行業者と連絡が途絶えてしまい、お金だけ撮られてあとは音信不通になるケースです。

電話も繋がらず、お金も返ってこないという非常に悪質なものであり、詐欺まがいの事例であると言えるでしょう。

弁護士法人みやびを利用すればこのようなことはありませんが、退職をできるだけ早くしたいと考えている利用者の弱みに付け込んでいる悪質なケースです。このような業者に引っかからないためには、やはり退職代行業者の選定が大切になるでしょう。

料金だけ支払わせて、連絡が取れなくなる業者も存在しています!

品質に問題がある業者に依頼する

退職代行を依頼できたものの、その内容に問題がある場合もあります。具体的には次のようなケースです。

  • 退職代行業者と会社の連絡がうまくいかず、本人に会社から連絡が来る
  • 約束していた期日に退職代行を実施してもらえない
  • 弁護士在籍と謳っていながら、実際には不在
  • 交渉を行ってくれない

このように、表面上はしっかりとしたサポートを行うとしていながら、その内容に問題がある業者というのも存在しているので気を付ける必要があります。

過去の実績や口コミをしっかりチェックして、本当に信頼できる業者を選ぶことが大切になるでしょう。

サービス内容に問題のある退職代行業者もいます!

最初の料金に加えて法外なオプション料が設定されている

このほかにも、料金トラブルなどが起こる場合もあります。例えば、「退職代行料金5,000円」などと設定しておきながら、実際にはオプション料として10万円支払う必要があったケースなどです。

退職代行の相場は3〜5万円程度となっており、その相場帯よりも明らかに高額であったり、その反対に安すぎるサービスには気を付ける必要があるでしょう。

また、退職代行とは別でオプションなどが設定されていないかなどもよく確認しておく必要があります。

退職代行とは別料金の設定が行われていないかチェックしましょう!

会社との失敗例やトラブルの事例は?

上記ではサービスの利用者と退職代行業者のトラブルについて解説しましたが、会社側と退職代行業者がトラブルになることもあります。具体的には以下のようなケースです。

会社との失敗例やトラブルの事例
  • 会社側が退職代行の介入を拒否する
  • 損害賠償請求を受ける

会社側が退職代行の介入を拒否する

まず、会社側が退職代行とやりとりをするのを拒否するケースが発生しているようです。最近では退職代行の認知度も高まっており、会社側も「弁護士以外との業者とは取引を行わない」と決めていることもあります。

実際、退職に関する手続きを代理で行ったり、交渉できるのは労働組合か弁護士に限定されていますので、通常の退職代行業者であれば交渉することができません。

こうした弱みを理解している会社側は、あらかじめ弁護士としかやり取りをしないと突っ込んでくる可能性もあるのです。このようなことを防ぐためには、あらかじめ弁護士による退職代行サービスを利用しておけば安心でしょう。

弁護士でなければ取り合ってもらえない会社もあります

損害賠償請求を受ける

こちらは非常に珍しい事例ですが、会社側が損害賠償請求を行ってくるケースもあります。例えば、退職することによって会社に大きな損害が出てしまう場合には可能性としてはあるでしょう。

また、あまりにも重要な仕事を引き継ぎなしに辞めようとするケースでも訴訟を起こされてしまうことがあります。実際、過去の事例としてこうしたことがあったのです。

もし訴訟を起こされてしまえば通常の業者では対応できません。法的なトラブルに備える上でも、弁護士によるサービスを利用しておくのがおすすめです。

損害賠償請求された場合でも、弁護士による退職代行を利用しておけば安心です!

まとめ

今回の記事では、弁護士法人みやびの退職代行サービスについて解説してきました。退職代行サービスは種類も多く、どの業者を選べば良いのかわからないという方も多いでしょう。

もし、法律に関するトラブルが発生しそうな場合には、弁護士が運営する退職代行サービスを利用するのがおすすめです。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました